ローディング中

Loading...

ジンを使ったさっぱりカクテルのジンリッキー。癖のない口当たりは食事にも合い、男女問わず人気のカクテルですよね。今回は、ジンリッキーの由来や作り方、おいしい飲み方まで詳しくご紹介します。ジンリッキーの魅力に触れてください!

カクテル「ジンリッキー」とは

ジンを使ったさっぱりしたカクテルのジンリッキー。甘味がほとんどなく、どちらかというと辛口なジンリッキーは、料理にも合うため、食事と一緒でも飲みやすいカクテルです。

ところでジンを使ったカクテルはいろいろとありますが、ジンリッキーは何を使ったカクテルか知っていますか?

正解は、ライムと炭酸水です。ライムの酸味と炭酸のシュワシュワが、ジンをさっぱりとしたカクテルにしてくれます。ジンジャーエールを使っているジンバック、トニックウォーターとレモンを使っているジントニックなど、勘違いされることが多いようです。

ちなみに「リッキー」は、スピリッツ(ジン、ウォッカといった蒸留酒)にライムの果肉とソーダを加えて作る、カクテルのスタイルを意味します。ジンリッキーの飲み方はいろいろありますね。飲み手がマドラーでライムをつぶし、酸味を調節するなどして、好みの味に調節して楽しむことも魅力です。

カクテルとしてはこんなにメジャーなジンリッキーですが、名前の由来や基本的な作り方や飲み方など、意外と知らないという人が多いです。今回は、そんなジンリッキーについて詳しくご紹介します!

発祥と由来

ジンリッキーの発祥や由来には諸説ありますが、比較的有名なものを2つご紹介します。1つ目の説は、19世紀末、ワシントンの「シューメーカー」というレストランで、夏向きのドリンクとして考案されたという説。最初に飲んだお客さんの名前が「カーネル・ジム・リッキー」だったため、その名前にちなんで付けられたというもの。

2つ目の説は、米軍将校の「ジョー・リッキー」が愛飲していたことにちなんで付けられたというものです。このように、飲んだ人の名前が由来となった説が多いですね。

アルコール度数

ジンリッキーのアルコール度数は、使用するジンの度数や炭酸水との割合によって変わりますね。ジンは、大体が40度前後ですが、50度のものもあります。40度の方が値段が安いこともあり使われることが多いです。

ビールが5度、日本酒が15度程度、焼酎が25度程度と考えると、ベースとなるジンの度数は非常に高いことが分かりますね。それを炭酸水で割るので、割合にもよりますが、基本的には12度~16度ほど。度数は高すぎず、低すぎず、飲みやすいカクテルです。

炭酸水の量にもよるので、自分がおいしいと感じる、無理のない程度の度数に調節するようにしましょう。

カロリー

ダイエットをしているときなど、飲みたいけどカロリーが気になる……ということもありますね。では、ジンリッキーのカロリーはどれくらいでしょう。

ジンのみのカロリーは、100mlあたり264kcalあります。ジンは穀物類から作られているので、カロリーが高いのは当然と言えば当然ですが、同じ穀物で作られているビールよりも高いです。

しかし、ジンリッキーのカロリーは、バーなどで使われているグラス1杯(300ml)あたり約125kcalほど。カロリーのない炭酸水で割っていること、甘味料を使用していないことで、このカロリーになります。カクテルの中でも、比較的辛口で低カロリーなカクテルといえますね。

リッキースタイルのお酒

上記でも説明したとおり、「リッキー」の意味は、スピリッツ(ジン、ウォッカといった蒸留酒)にライムの果肉と炭酸水を加えてつくる、カクテルのスタイルのことです。砂糖やシロップは使わず、爽快な酸味がリッキーの魅力

日本ではレモンジュースを用いることもあるようですが、ライムを使うのが正式です。コリンズ、サワー、フィズと違って、甘味料が入りません。ジンリッキー、ウォッカリッキーなどが、このスタイルのカクテルです。

スピリッツのクリアな味わいと、ライムの組み合わせは癖がなく、飽きのこない味わいが人気の秘訣なのかもしれませんね。

ジンリッキーの基本的な作り方

材料

ジンリッキーの基本的な材料は、以下の通りです。

・ジン 45ml
・ライム 2分の1個
・ソーダ 適量

作り方

1. グラスの上でライムを絞り、絞ったものをそのままグラスの中に落とす。
2. 氷とジンを入れ、ソーダで満たします。
3. マドラーを添えましょう。

ジンリッキーの飲み方

ライム(レモン)の使い方

ジンリッキーに欠かせないライム。使い方は、絞って果汁だけを入れたり、そのまま入れて中でつぶしたり、人それぞれです。ライムは主に風味を出すためや、香りづけのために使います。ライムを使うことで、あまり味のないジンと炭酸水の組み合わせに、爽やかなアクセントが付くのです。

ジンリッキーを注文した際に出てくる、扇形にカットしたライムやレモンは、「どうぞ絞ってください」という意味です。そして輪切りにスライスしたライムやレモンは、酸味が足りなかった場合に絞って使います。グラスの中に入れて、マドラーでちょっとつぶして飲んでもいいです。そこは、お好みで調節しましょう。

ただしマドラーでやたらと掻き混ぜると、炭酸ガスが飛んでしまって刺激が少なくなるので、あくまでも軽く混ぜることが大事です。

絞ったあとは?

では、絞るなどして使用済みのライムやレモンは、どうしたらいいのでしょう?居酒屋やバーによっては、始めからグラスの中に入っている場合も多くみられます。そのためライムやレモンが別に出てきた場合でも、絞ったあと、そのままグラスの中に落とし入れる人が多いかもしれません。

しかし、別に出てきた場合、絞ったあとにいらなくなったら、バーテンダーに一言伝えて手渡せば問題ありません。バーテンダーが受け取って処理してくれます。サービスのよい店だと、あらかじめバーテンダーが紙ナプキンを広げて待っていることも。使用済みのものを置くように小皿を用意してくれていることもあります。

基本的にルールはないので、自分の好きなようにするのが一番です。困ったら、バーテンダーに任せてしまえばOK。また、こちらからライムやレモンを頼んでもかまいません。その日の気分で、増やしたり減らしたりしてもいいですね。

トニック・フィズ・バック……どう違う?

ジントニックとは

ジントニックとは、ジンをベースにしたカクテルの1つで、一番ポピュラーなものです。ライムやレモンを使用すること、透明な色など、ジンリッキーと似ているため、間違われやすいカクテルです。

ジンリッキーは炭酸水やソーダを使っていますが、ジントニックは名前にもあるように、トニックウォーターを使用しているという点が違います。トニックウォーターとは、炭酸水に各種の香草類や柑橘類の果皮のエキス、糖分を加えて調製した清涼飲料水です。そのため、ジンリッキーよりも甘いカクテルとなります。

ジンフィズとは

ジンフィズとは、ジンをベースにしたカクテルの1つです。フィズとは、スピリッツ(ジンやウォッカ)やリキュールに、砂糖などの甘味、レモンなどの酸味を加えてシェークし、ソーダ水で割ったものをいいます。

ジンにレモンジュース、砂糖、ソーダを入れて作る、さっぱりした甘めのカクテルです。ちなみに「フィズ」の由来は、ソーダの炭酸がはじける音にちなんで名づけられたのだとか。

ジンバックとは

ジンバックとは、ジンをベースにしたカクテルの1つで、メジャーなカクテルです。ジンにジンジャ―エールとレモンを加えて作ります。さっぱりしていて、甘味と酸味のバランスがちょうどよいカクテルです。

「バック」は、雄鹿という意味で、キックのある飲み物ということでつけられました。使用するジンジャーエールによって、味がかなり変わるのが特徴的です。辛口のジンジャーエールを使うと、辛味が加わり、かなりさっぱりとしながらもパンチのある味になります。アレンジもしやすいカクテルですね。

ジンリッキー、飲みたくなりましたか?

ジンリッキーについて詳しくご紹介しました。爽やかでさっぱりした味わい、シュワシュワした炭酸、鼻を抜けるライムの香り……想像するとだんだん飲みたくなってきますね!

何気なく飲んでいたカクテルも、その発祥や由来、作り方から飲み方まで、よく調べてみると奥深いものです。ダイエット中だけどお酒が飲みたい……という人も、手が出しやすくなったのではないでしょうか。

ジンリッキーの常連さんも、自分なりのこだわりを追及してみるのもよいかもしれませんね。そして、新しいカクテルにチャレンジしたい人は、ぜひ頼んでみてください。
▼いろんなカクテルに詳しくなろう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

今日の献立に、お豆腐のおいしさを存分に味わえる「湯豆腐」を作りませんか?ヘルシーで栄養豊富な湯豆腐は、ダイエット中やカロリーを抑えたい女性にもピッタリ。今回は、基本の作り方や、おすすめのたれ、人気アレンジなど…

レシピ

いろいろな料理にも使えるサワークリーム。自宅で簡単に、しかも低価格で手作りすることができるんです。おいしいサワークリームの作り方を覚えたら、次はサワークリームオニオンに挑戦!様々な料理に添えるだけでおいしく、…

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

シャキシャキ食感で人気の豆苗。炒め物やサラダなど、色々なレシピで活用することができます。簡単で人気のレシピを集めていますので、ぜひ日々の料理に取り入れてみてくださいね。実は栄養価も高く、もちろんカロリーも低い…

レシピ お菓子 アレンジレシピ まとめ

お菓子などによく使われるナッツ類の代表的存在とも言えるアーモンド。ついカロリーを気にしがちですが、栄養豊富でダイエットやアンチエイジング効果もあるんですよ!そんなアーモンドを使って、朝食やおやつ、おかずを作っ…

花見 お弁当 まとめ レシピ

春はお花見の季節ですが、欠かせないのが食事です。みんなでお花見をするときお弁当や料理を持ち寄るという人も多いんじゃないでしょうか?そこで、お花見のときフタを開けた途端テンションが上がるようなかわいいお弁当アイ…

メイソンジャー パスタ サラダ レシピ まとめ

もうすっかりおなじみとなったメイソンジャー・サラダ。パスタサラダにすれば一品でしっかりお食事として召し上がっていただけます。液漏れも少ないメイソンジャーなら、おしゃれなお弁当としてもいいですね!

レシピ まとめ

豆腐がつくれる豆乳も販売されていますが、豆乳は体にやさしく、コレステロールも0!美容にいいと言われるビタミンBやビタミンEが非常に多く含まれているということで女性の強い味方です。そのまま飲むのが苦手な方も料理…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ケーキ レシピ スイーツ

シャルロットケーキがかわいいと注目を浴びていますよね。今回のデリッシュキッチンはそんな話題のシャルロットケーキのレシピを紹介します。シャルロットケーキをマスターすれば、プレゼントにもとってもいいですよね。それ…

チョコレート

今年も、ロッテリアから期間限定で「ガーナミルクチョコレートパイ」が販売されています。今年は、パイだけではなくオリジナル商品が4種類に増え、更に人気を集めているんですよ。そこで、今日はロッテリアのガーナミルクシ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る