ローディング中

Loading...

お手頃価格の「いわし」でフライを作りませんか?下処理をしっかりしておけば生臭くなく、外はサクサク、中はふっくらと仕上がります。大葉やチーズなど、合わせる食材でアレンジもいろいろ!子どもにも大人にも喜ばれる、人気レシピを紹介します。

絶品いわしフライを作ろう♩

ボウルに入ったいわし2尾

Photo by KIBO LABO

脂溶性のビタミンDやカルシウムを含み、魚の中で栄養価が高い「いわし」。価格も1尾50~80円くらいとお手ごろなので、家庭の食卓でよく上る食材です。調理方法はさまざまで焼く、煮る、揚げる、つみれなどがあります。

中でもフライはおかずとしてボリュームがあり、いっしょに合わせる食材や調味料などでアレンジすると味や風味の変化を楽しむことができます。揚げたてのサクサク感やふんわりした身は、いわし特有のおいしさをプラスしてくれますよ!

基本のいわしフライレシピ

基本となるいわしフライ

Photo by KIBO LABO

鮮度が落ちるほど、魚は生臭くなります。内臓内の血液が腐敗するのが原因のひとつなので、購入したいわしはさばいてから冷蔵庫で保存しましょう。

臭みを消す一番簡単で身近な方法は「塩」を使うこと。さばいたいわしに塩を軽くふってから、冷蔵庫で保存。その際に水分が出るので、余分な水はしっかりとキッチンペーパーで拭き取ってから調理をしてください。

材料(2人分)

いわしフライの材料

Photo by KIBO LABO

いわし       2尾
塩(臭み消し用)  適量

ショウガ汁     小さじ1
酒         小さじ2

小麦粉       適量
溶き卵       1個
パン粉       適量

揚げ油       適量

【付け合わせ】
ミニトマト     2個
レモン(くし切り) 2個
ししとう      4本

いわしのさばき方

1. ビニール手袋、包丁、牛乳パックを開いた簡易まな板、内臓を入れるポリ袋を使います。
いわしフライに必要な道具

Photo by KIBO LABO

2. ウロコを取って、胸ひれの部分から包丁を入れて頭を落とします。次に、頭側から尾に向けて中骨を取り除きます。

包丁の背で内臓をかき出しながら、腹を開き切ります。腹の中は流水で水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。
いわしの内臓を洗っている様子

Photo by KIBO LABO

3. 中骨の上に親指を差し込んで、親指を外に向けて腹を開いていきます。次に、頭側から尾に向けて中骨を取り除きます。
いわしの骨を取っている様子

Photo by KIBO LABO

4. いわしをバットにのせて、両面に軽く塩と酒をふってから冷蔵庫で10~20分置きます。冷蔵庫に入れる際は、ラップをかけて臭いがつかないようにしましょう。
いわしに塩と酒をふっている様子

Photo by KIBO LABO

5. ポリ袋によけた内臓は、ポリ袋を2重にしてゴミの日まで冷凍しておくと、ゴミ箱が臭ったり不衛生にならずに済みますよ。
▼詳しいさばき方は、こちらをチェック!

作り方

1. 臭みを取る際に出た余分な水分は、キッチンペーパーでしっかり拭き取り、ショウガ汁と酒で下味を付けます。
いわしの水分を拭きとっている様子

Photo by KIBO LABO

2. いわしに小麦粉を薄くまぶして、溶き卵、パン粉の順番に衣をつけます。
いわしに衣をつけている様子

Photo by KIBO LABO

3. いわしの大きさに合わせたフライパンに、1cm弱くらいの油を入れて170~180℃の温度で焼くように揚げていきます。

いわしをときどき返しながら、からりとするまで揚げます。揚げあがったら、しっかりと油を切ってできあがりです。合間で、付け合わせのししとうを素揚げにしておきましょう。
いわしを揚げている様子

Photo by KIBO LABO

4. 器にミニトマト、くし切りのレモン、ししとうを盛り付けて完成です。お好みでソース、マヨネーズなどといただきましょう!
完成したいわしフライ

Photo by KIBO LABO

市販のいわしのひらきを使うと簡単!

頭つきのいわしよりも、すでに開かれて下処理されているものは、1パック100円増しくらいの割高ですが、いわしの調理に慣れていない人にはおすすめです。スーパーの鮮魚コーナーによっては、無料でフライ用にさばいてくれるところもあるようなので、店員さんに聞いてみましょう!

いわしフライを作るときのポイント

小骨はどうする?

いわしは、どうしても小骨が気になりますよね。手開きにして尾から腹に向かってゆっくりと剥がすと、かなりの骨が一緒にとれます。あとは包丁で両側の固い腹骨を削ぎ取ります。

フライは油で揚げることで骨が柔らかくなり、子どもでも食べやすくなるので、細かく取らなくてもOKです。気になる方は、下処理のときに大きな骨をピンセットで取るようにしましょう。

塩と酒で臭みをとる

いわしは白身の魚に比べ、青魚特有の臭みがありますが、下処理をきちんとすると臭みが取れます。

さばいたいわしに塩と酒を振り、しばらく置いてから流水で洗い流して、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。塩をふってから長く置きすぎると、新鮮なものはうま味まで出てしまい、水分が減りすぎると身のふっくら感が減るので、加減には注意してくださいね。

ベストな揚げ時間は?

揚げ時間は170~180度の油で小さいものなら1分半くらい、大き目は2分でカラリと揚がります。

お肉の揚げ物などに比べて揚げ時間は短いので、注意をしてくださいね。加熱時間が長くなると身が硬くなってしまうため、せっかくのふんわり食感が失われ、おいしさも半減してしまいます。揚げ時間は、調理のなかで特に気をつけたいですね。

それでは、おすすめしたいいわしフライのアレンジレシピをご紹介!

いわしフライの人気アレンジレシピ5選

1. いわしのチーズフライ

いわしとチーズの相性はよく、イタリア料理でもこの組み合わせはよく目にします。レシピでは手開きしたいわしに、スライスチーズとベーコンを巻いてサクッと揚げています。クルクルと巻いてあるフライはスペースを取らないので、お弁当のおかずにもよいですね。

2. 梅と大葉のいわしフライ

手開きをして背ワタを取った小いわしに、梅肉をぬって大葉を敷いてくるくる巻いたフライです。臭み取りと下味で酒、しょう油、ショウガに10分ほど漬け込みます。さわやかな梅の風味と大葉の香りが、食欲をそそる一品ですね!お酒のおつまみにもよさそうです。

3. 揚げ焼きいわしの香草フライ

擦りおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを混ぜた香草パン粉を、フライの衣にしています。フライパンに揚げ油を1~2cmまで入れて揚げ焼きにしてあるので、とってもヘルシーないわしフライです。

パルミジャーノは、トマトソースにも混ぜ合わせてフライによく合うトマトクリームソースに仕上げています。

4. ガーリックソース入りいわしロールフライ

いわしにガーリックマーガリンと大葉をのせ、くるくると巻いたいわしフライです。ガーリックの香りが、いわし特有の生臭さを消してくれます。揚げたてを食べると中からジュワッと熱々のガーリックソースが出てくるので、ヤケドには気をつけてくださいね。

5. カレー風味のいわしフライ

いわし特有の臭みは、カレーパウダーを使うと軽減されます。これはほかの青魚も同様に、スパイスが効いて臭みがなくなります。香ばしいカレー味とサクサクの衣で、よくご飯にも合うレシピです。子どものお弁当のおかずにも、おすすめですよ!

いわしのフライにぴったりな献立3選

1. 豆腐の味噌汁

豆腐とワカメとネギのシンプルなお味噌汁は、いわしのフライによく合いそうです。いわしフライがボリューミーなのので、お味噌汁は少ない食材で素朴な味わいのほうが、すっきりと飲めます。ここに熱々のご飯が加わって、定食屋さん風ですね。
▼味噌汁を作るコツは、こちらをどうぞ♩

2. 水菜とツナのサラダ

油ものを食べるときに、やっぱり気になるのは野菜をどうやって摂取するかではないでしょうか。そんなときは、ヘルシーな野菜サラダがいいですが、なかでも食感のよい水菜のサラダがおすすめ!

こちらのレシピ、ドレッシングはレモン汁と塩コショウのみなので、とってもあっさりと食べられますよ。
▼水菜サラダのレシピは、ほかにもいろいろ!

3. 根菜ときのこのホクホク煮物

いわしフライを揚げている間に、先に鍋に仕込んでゆっくりと煮込んでおけば、フライができるころには煮物も完成です。根菜やキノコをたっぷり入れて、栄養満点なものがいいですね!さつま揚げやはんぺんを入れると、ボリュームもアップしますよ。

いわしフライを冷凍するには?

フライを揚げる前の衣をつけた状態で、取り出しやすいようにいわし1枚ずつをラップに包み、フリーザーバッグに入れて平らに並べて冷凍します。空気が触れさせず密閉して冷凍しておくと、味の劣化を防ぐことができますよ。

冷凍したいわしフライは、約2週間ほど保存ができますが、バッグには忘れずに冷凍した日付を書いておきましょう!

解凍せずに揚げるのがベスト!

冷凍保存したいわしフライを食べるときには、解凍せずにそのまま揚げてください。しかし、中まで火が通るか心配になりますよね。

そこで、おすすめの揚げ方が「コールドスタート」です。油を温めず常温の状態から揚げるため、外側がカラッとなる頃には中にも火が通ります。油はねも少なく、揚げ物が苦手な方にもおすすめの方法ですよ。

いわしフライをぜひ作ってみて♩

いわしのフライは小骨の処理や、臭み取りなど、下処理の手間は多いほうです。しかし、手順を覚えておくとおいしいフライが食べられるので、ぜひチャレンジしてみてください。チーズや大葉、カレー粉、マヨネーズなど、いろいろな食材や調味料ともよく合います。油っぽさが気になる方は、ヘルシーに焼き揚げもできますよ!

時期によって1尾50~70円くらいと、いわしはとってもリーズナブルにもなるので、たくさん買って冷凍をストックしておくと、忙しいときのお弁当の一品や夕食にいいですね。
▼こちらのいわしレシピはいかが?
▼缶詰を使えば、もっと簡単!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サムギョプサル 京都 ランチ 韓国料理 まとめ

男性にも女性にも大人気の韓国料理「サムギョプサル」。雅やかな印象の京都ですが、京都にも絶品サムギョプサルが食べられる人気のお店があるんですよ!今回は京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしいサムギョプサルが食べら…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

レシピ まとめ キャベツ

美味しく、これがポイントです。購入してから時間が経って、クタッてしまったキャベツを、すてずに美味しく食べるレシピ、ありますよ。冷蔵庫に元気の無いキャベツが眠っている人必見のまとめレシピです。

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

まとめ レシピ パン

初心者さんのパン作りには『ソーダブレッド』が絶対オススメ!発酵する時間がいらないから、材料を計り始めてあっという間に完成!周りはサクッ(ザクッ)、中はしっとりの時短パン♡見たらすぐに作りたくなるアレンジアイデ…

レシピ まとめ

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち。そこで今回は暑い夏を乗り切るスタミナ料理のレシピをご紹介します。鶏肉やにんにくなどの食材を使った簡単レシピは、すぐに真似できますよ。夏風邪も防いで元気に過ごしま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

牛肉 キャベツ まとめ

牛肉とキャベツといえば、炒め物などで定番の組み合わせ。しかし、何となくいつも似たような調理法になってしまいがちではありませんか?本記事ではそんな牛肉×キャベツの人気レシピをたっぷりご紹介します!これでマンネリ…

パスタ まとめ

お料理の彩りに使われることが多いミニトマト。じつはミニトマトは、調理をすると甘味が増してさらにおいしくなるんです。人気のドライトマトを使った料理や、マリネ、パスタまで、おいしいミニトマトのレシピをご紹介します。

KIBO LABO キボー ラボ

山口県出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病...

https://www.facebook.com/KIBOLABO421/

ページTOPに戻る