ローディング中

Loading...

「口の中で作るサイドカー」と呼ばれるカクテル、ニコラシカ。見た目はグラスが帽子をかぶったようにカワイイですが、実はお酒の強い人向けのハードボイルドなカクテルです。ニコラシカの飲み方、作り方、味の特徴などを詳しくまとめました。

ニコラシカとは?

ブランデーをベースとするカクテルであり、分類はショートドリンクのニコラシカ。見た目と飲み方のインパクトの強さが有名です。ブランデーを使うカクテルの中でもひときわ異彩を放ち、不動の位置を占めています。

まず、他のカクテルと違うのはジュースやソーダなどで割らないこと。「ブランデーをベースにしたカクテル」というよりも、ベースのブランデーの他は使用しません。

ニコラシカは、お客に提供される時点では、まだ未完成の状態。シェーカーやミキシング・グラスなどの器具を使用せず、口の中でカクテル状に混ぜて完成させ、そのまま飲むのが最大の特徴です。

ブランデーの入ったグラスの上に、レモンスライスが乗せられ、その上に砂糖が盛られた状態は、まるでグラスが帽子をかぶったような愛らしさ。ただしレモンと砂糖が加わるとはいえ、アルコール度数はほぼブランデーのストレートに相当します。

さらに一気に飲むのが基本的な飲み方と言うので、まさにお酒の強い人向け。ストレートのブランデーに挑戦する前に、試すカクテルでもあるのだとか。

砂糖の量は自分で調節可能ですが、味わいはほぼ、使用するブランデー次第といえるでしょう。

名前の意味

ニコラシカとはロシアの男性の代表的な名前「ニコライ」の愛称。20世紀初めにドイツのハンブルクで誕生したと言われていますが、詳細は謎に包まれています。

一説には、帝政ロシアの皇帝ニコライニ世が、常にレモンと共にウオッカを一気飲みしており、そのウオッカがいつの間にかコニャックをベースにするようになったからとか。

アルコール度数

アルコール度数は40度と、かなり高めです。お酒に弱い人は、可愛い見かけにつられて、飲みすぎないようにご注意を。

ニコラシカの味

味の特徴

レモンの酸味と砂糖の甘味、ブランデーの風味が口中で渾然一体となった濃厚な味わいと、強烈なアルコールの熱いのどごしが特徴。ブランデーそのものの香りや風味を味わうというより、一気に流し込みます。どちらかといえば、口の中でレモンの酸味とブランデーのハーモニーを楽しむ、といった味わい方です。

また、ちょっと変わった味わいを楽しみたいのであれば、カルヴァドスを使用しても。コニャックやアルマニャックを使用するよりフルーティーな味わいになるそうですよ。

高価なブランデーにこだわらない

ブランデーにもさまざまなランクがあります。こだわりのある場合は別として、家庭で楽しむ場合には、そこまで高価なブランデーでなくても大丈夫。そもそも一気に飲むのが前提なので、あまり香りやブランデーそのものの味わいを堪能する暇がないそうですよ。

あまり高級なブランデーを使うのももったいないので、比較的お手頃なランクのブランデーでOK。ボトル5000円くらいのブランデーでもよいでしょう。ニコラシカにおすすめのブランデーはクルボアジェXOやレミーマルタンVSOPなどです。

ニコラシカの作り方

一般的な作り方をご紹介します。

1. グラスにブランデーを注ぎます。(グラスの8分目か30ml程度)
2. スライスしたレモンを1のグラスの上にのせ、ふたをします。
3. 砂糖(上白糖かグラニュー糖)をレモンスライスの上に盛ります。

グラニュー糖を使うか、上白糖を使うかはお好みです。ザクザクした歯触りがお好きなら、グラニュー糖を。ただ盛る場合に、粒が大きく形が調えにくいので、レモンの上に広げて盛ることが多いです。

逆に、ふんわりした食感にしたいなら、上白糖。グラニュー糖より溶けにくく口の中に残りやすいので、人によっては甘すぎると感じるかも。湿り気があり形が整えやすいので、小さいメジャーカップなどに入れて形を整えて盛りたい場合はコチラを。メジャーカップがない場合は、コーヒーフレッシュが入っているような小さな容器で代用もOK。

日本のバーでは、上白糖を使い形を整えるのが主流。欧米では、グラニュー糖を使用し、平べったく盛る傾向にあります。そのため、見た目は日本で飲む場合の方が、山高帽をかぶったようなニコラシカになります。

形を整えた方が、口に入れる際にこぼれにくいというメリットはあります。ただ、ご家庭で楽しむ場合には、レモンの上に広げて盛るだけでも十分ですよ。

ニコラシカの飲み方

のどが熱く燃えるようなニコラシカは、景気づけに、すっきりと気分を一新させたい時に、体を一気に温めたい時などに大活躍。

だらだらと飲みたくない場合は、スタンドバーで1杯空け、スマートに帰るのも大人の雰囲気が漂うでしょう。ポーカーフェイスで立ち去る姿は、海外ドラマを彷彿とさせます。

どんなグラスで飲む?

基本はカクテルグラスを使います。グラスの上にレモンスライスが載る、リキュールグラスを使用する場合が多いです。

ニコラシカは一気に口に流し込むため、ブランデーの流動性を高める必要があります。またあまり香りを楽しむカクテルではないので、グラス内部に香りを滞留させる必要もありません。

というわけで、ニコラシカの場合は飲み口は出来るだけ真っすぐなグラスのほうがよいでしょう。小さめのテイスティンググラスやショットグラスだと、飲みやすくおすすめです。

飲み方

ここで、ニコラシカの飲み方をご紹介。バーなどでかっこよく飲めると、ツウな気分になれますね。

1. 砂糖の量を好みで調節して、多ければ減らしましょう。
2. 砂糖が乗っているレモンスライスを二つ折りにして、口に入れて噛み、レモン果汁と砂糖を口の中で混ぜます。かみ切った果肉を混ぜてもOK。
3. 口の中に甘酸っぱい味が広がったところで、ブランデーを一気に口に入れます。口の中でブランデー・サワー状態になったら、ニコラシカは完成です。
4. 口の中でカクテル状になった「ニコラシカ」を、そのまま飲みましょう。

バーでニコラシカを飲むときは、余分だと思った砂糖やレモンの余った皮はペーパーナプキンや灰皿に捨ててしまって構いません。注文時に「砂糖少なめで」と頼んでもOK

お酒の弱い方や、もう少し手軽に同様の味を楽しみたいという場合もありますよね。そんな時には、しっかりと果汁の入った本格的なレモネードにブランデーをお好みの量だけ足して飲む「逆ニコラシカ」もどうぞ。

レモンの皮も一緒にかむ

皮は好みで、出すときに、皮あり、または皮なし(果肉のみ)にします。女性の場合は皮なしを好む方が多いようです。ただし、これは本当に人によって好みが分かれるところ。皮ありと皮なしで、どちらが自分に合うか一度お試しを。

皮付の場合は、基本的には皮は出さずに一緒に噛んで飲み込みます。皮ありと皮なしの味の違いは、レモンを噛んでブランデーを口に含んだ時のほろ苦さです。これは、レモンの皮の渋みがあるかどうか。ブランデーを口に含んだ時に、この渋みが絶妙な味わいを出すのですが、これは好きな人と苦手な人に分かれます。

また、あまりレモンを口の中で噛み過ぎると皮の「えぐみ」が出過ぎてしまうので注意が必要です。

渋みやほろ苦さは必要なく、レモンの酸っぱさや爽やかさだけを楽しみたい方は、レモンはあらかじめ皮なしで飲むのがよさそうですね。

ですが、皮ありの方がさまざまな味の変化を楽しめます。ニコラシカをより楽しみたい方は、ぜひ皮ありで試してみてください。

ニコラシカでカクテルの魅力を知る!

ニコラシカというカクテル、いかがでしたか?

ニコラシカの由来については諸説ありますが、ニコライという名の漁師が難破し、助けてくれた異国の船乗りたちに感謝の意味を込めて振舞ったという話があります。シェイカーなどの器具もないので、レモンと砂糖は口の中でミックス。海の男はお酒も豪快に一気飲みしていたのでしょうか。

謎は謎のままのほうが素敵ですが、世界最古のカクテルの影には、世界最古の友情の物語がよく似合う気がします。そして独り飲みでも、誰かと一緒でも、絵になるニコラシカは、ロマンをかきたてるカクテルですね。

ご紹介した飲み方を参考に、ぜひ一度試してみてくださいね。ただし、くれぐれもお酒の弱い方はご注意を。レモネードにブランデーはちょっぴりにして、ニコラシカの味わいだけ楽しんでください。
▼いろんな味わいのカクテルを楽しもう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル レシピ まとめ

チンザノはフレーバーワインの一種で、香草やスパイスを配合した「ベルモット」の中の1つです。今回は、存在は知りつつ試したことがないという方のために、チンザノの種類、飲み方、カクテルレシピをまとめてみました。

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

カクテル

近年カクテル業界に革命が起きています。何でもロンドンやNYのバーでは「ボトルドカクテル」という新たなカクテルがトレンド化しているのだそう!今回は、東京でボトルドカクテルが楽しめるバー情報、人気の種類や飲み方な…

カクテル

50種類以上のお酒を飲み比べできるイベント「夏の酒フェスフルーツチューハイ」が、LIVING ROOM(東京・恵比寿)で開催!今回は酒フェス名物フルーツポンチカクテルの中身が、全国から取り寄せられた「キリン …

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ

今Twitterで話題になっている「トマタマスープ」をご存知ですか?トマトと卵があれば作れるトマタマスープ。あっという間にできちゃうので、面倒くさがりやさんにもぴったり。お好みに合わせて味付けも変えられます。…

にんにく レシピ

にんにくの風味も香ばしいホタテを使った料理を作りましょう。なんと15分でできちゃうので急なお客様の時にもいいですよ。また一緒に食べたいスパイシーなエビを使ったサラダのレシピも紹介しますので是非あわせて作ってく…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る