ローディング中

Loading...

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

焼酎の賞味期限ってどれくらい?

一般的に食べ物や飲み物には賞味期限または消費期限が記載されています。焼酎には特に記載されていないものもあり、賞味期限や消費期限が気になってしまうでしょう。

焼酎には賞味期限があるのでしょうか?焼酎はどのような保存方法が適しているのでしょうか?焼酎について保存方法や、賞味期限などを詳しくご紹介していきます。

未開封の焼酎の賞味期限

未開封の状態で、焼酎の賞味期限はいつまででしょうか?賞味期限というのは主に品質の劣化などもなく、おいしく飲める期間になります。
また消費期限については安全に飲める期間です。消費期限を過ぎると雑菌の繁殖などの理由から安全性が損なわれるのです。賞味期限に関しては品質が低下することで風味などが劣ります。

焼酎の場合には基本的に賞味期限や消費期限がありません。なぜなら焼酎は、多くがアルコール度数20度以上。様々な雑菌は度数の高いアルコールの中で増殖することができないのです。一般的に雑菌やウイルスにはアルコール消毒をしますね。
それよりもはるかに焼酎の度数は高いのです。焼酎は高い殺菌効果があり、そのため雑菌が増殖して食中毒を起こす懸念もありません。こうした部分から未開封の焼酎ならば賞味期限、消費期限ともに気にせず扱うことができますよ。

開封後の賞味期限

開封した焼酎は、どのくらいを賞味期限にすればよいのでしょうか。

開封後も腐らない

焼酎は上記の通りアルコール度数が高いので開封後も腐ることはありません。開封後はホコリの混入を防ぐためしっかりとフタを閉めて保存するのが適しています。

風味は落ちるのでお早めに

開封した焼酎には賞味期限がありません。そのため一度開封した焼酎は、風味が劣化してしまいますので、できるだけ早く消費するのがベストですね。
飲んだ際に劣化していると感じた焼酎は、お料理などに使うと良いでしょう。焼酎は日本酒と同じように使うことができます。煮物をする際や、お肉、お魚の下味付けなどに活用しましょう。

焼酎の上手な保存方法

焼酎はどのように保存するのが良いのでしょうか?
それぞれの焼酎の風味を楽しみたいものですね。少しでも風味が劣ると、美味しい状態では飲めなくなります。できるだけ品質の劣化を避けおいしい状態で保存する方法をご紹介しましょう。

日光を避けて保存

焼酎は直射日光を避けて保存しましょう。直射日光が当たってしまうと焼酎の温度が上昇することになります。極端に温度が上昇してしまうと、焼酎は劣化してしまうのです。

温度差のない場所で保存

ガスコンロの周りなど温度差の激しい場所を避けて保存してください。日光の光だけではなく、ガスコンロの周りはとても高温になります。やはり高温になると焼酎の品質が劣化してしまいますので、ガスコンロ周りや夏場に高温となるキッチン等は避けて保管した方が良いでしょう。

空気に触れさせない

焼酎はできるだけ空気に触れないように保存しましょう。蓋を開けたまま忘れてしまったりすると、劣化して風味が落ちてしまいますよ。しっかりと蓋を閉めて保存することを心がけましょう。

冷蔵庫には入れない

焼酎を保存する際には、冷蔵庫で保存することも多いのでは?できれば冷蔵庫には入れずに保存するほうが良いです。なぜなら冷蔵庫は低温になりすぎてしまうから。
高温でも低温でも温度差があるのは焼酎の劣化を招くのです。開封後1週間程度で飲みきってしまうのであれば、冷蔵庫で保管するのも一つの方法。

飲みきることができない大きな瓶などは冷蔵庫で保存せず、その他に涼しい場所を探して保存しましょう。そうすることで焼酎の風味が落ちず、美味しく飲める期間が長くなりますよ。

匂いの強いものの側に置かない

焼酎は様々な食材などの匂いを吸収してしまう性質を持ちます。匂いの強いものの近くで保存すると焼酎に匂いが移ってしまうのです。
しっかりと蓋をしていても、ごくわずかな隙間から匂い成分が焼酎に移ってしまうので気をつけましょう。匂いの強いもののそばでは保存しないことが鉄則です。

しっかり栓をする

焼酎の蓋に使用されているのはネジ式キャップのほか、ビンの口にはめるタイプのものもあります。はめるタイプは揮発する心配があり、保存には少々のコツが要りますよ。
揮発を防ぐため、蓋をはめた後ラップを巻きつけましょう。その後、輪ゴムでしっかりと止めます。
この状態で保存するのが適していますよ。また、瓶内の空気を抜くためのバキュバンを使用するのも良い方法です。

上記のように、焼酎の保存には避けるべきポイントがあります。要するに気温差があまりなく、直射日光の当たらない場所が適しているのですね。ご家庭の中で最も涼しい場所を探すのが良いでしょう。
焼酎の瓶が入っていた箱があれば、この箱に入れたまま涼しい場所で保存しましょう。箱に入れておくことで温度差からも焼酎を守ってくれます。

焼酎は保存さえ間違えなければ何年経っても飲める

焼酎の保存方法は決して難しいものではありません。方法さえ間違わなければ、数年後でも飲むことができますよ。
珍しい焼酎を購入した際や、高級な焼酎を頂いた際なども安心ですね。数年前に頂いた焼酎を保存していて忘れていた……という状況の中でも飲めるのです。
▼未開封、開封後で賞味期限はどう違う?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも レシピ まとめ

じゃがいもは安価で一年中手に入るので、常備してなにかと料理に使う方も多いですよね。特にじゃがいもとひき肉は相性が良いのでとても多くのレシピがあります。チーズを使ったものやグラタン、あんかけ、煮物などのレシピか…

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

まとめ

夏はさっぱりと冷たいものを食べたくなりますよね。そんなあなたにおすすめ!暑さに打ち勝つ行列必至の人気冷やしグルメ特集です。最近は定番のものだけでなく、意外なものも冷たくおいしくいただけちゃうんです♩2017夏…

サーティワンアイスをモチーフとしたネイルアートが「まるで本物みたいでおいしそう♩」と大人気! 暑い夏も指先が涼しげで、とってもかわいいアイスクリーム柄のネイルだったら気分も乗ってくるかも!? そんな話題のネイ…

今通販で話題になっている、熊本発「食べられるお箸」をしっていますか?しかも、まさかの畳味なんだとか!そもそもお箸が食べられるってどういうこと?ちょっと聞いただけではどんな物なのか想像できないですよね。今回はそ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ

ほんのり甘くて瑞々しい新玉ねぎですが、一方で保存方法に困る方も多いようです。ここでは、正しい保存期間や長持ちさせるコツなど新玉ねぎに関する知識をご紹介。保存食にできるおすすめレシピも載せているので、ぜひ作って…

香港 チーズ トースト

レインボーケーキやレインボーパスタなど、絵本の中から出てきたみたいな虹色の食べ物が注目を集めていますが、香港では虹色のチーズがとろける「カラトースト」が登場しています。バジルやトマトフレーバーのチーズを使った…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る