ローディング中

Loading...

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介いたします!

杏を使ったリキュール!アマレットとは?

イタリア生まれの「アマレット(Amaretto)」は、アーモンドやココナッツのような香りが特徴のこはく色のリキュール。主原料は杏の種子の“杏仁”と呼ばれる核のような部分。中華料理のデザートでおなじみの杏仁豆腐と同じ原料で、両者の風味はどことなく近いところがあるそう。
アマレットリキュールの用途はカクテルとして使うだけではありません。パンナコッタやティラミス、パウンドケーキなどのお菓子にも使われるなど、色々な使い方をすることができます。もちろん、杏仁豆腐をご家庭で作る時にも使えますよ!

杏仁豆腐に使われる「仁」は「苦杏仁(くきょうにん)」と言われる苦みが強いもので、アマレットに使われるのは「甜杏仁(てんきょうにん)」と言われる甘みが強いタイプです。苦杏仁は主に生薬として使用されており、漢方としては鎮咳剤・去痰剤として用いられているようです。

厳密に言うと仁の種類は異なりますが、味や香りは似ているため、ご家庭で作る分にはアマレットで代用しても十分においしい杏仁豆腐ができますよ!

アルコール度数

甘い芳醇な香りを放ち、お酒の弱い人でも飲みやすい味のアマレットリキュール。ですが、リキュール類の中でも、アルコール度数は少し高めの28度ぐらいあります。アマレットと同じように甘くて女性が好みやすい「カシス」や「カルーア」は20度、「カンパリ」は25度。甘くて飲みやすいリキュール類の中でもアルコール度数が高いということがお分かりいただけますでしょうか。

リキュールは割って飲むことが多いと思います。割り方にもよりますが、だいたい3割程度のアルコール度数に薄まります。3割と仮定すると8〜9度ぐらいに薄まりますが、ビールや缶チューハイ(5度前後)よりはアルコールは強めです。

甘くて飲みやすいためグイグイ飲めてしまいますが、お酒はお酒です。ご自身の体質や体調を気にしながら、飲み過ぎないようにおいしく楽しく飲みましょう。

アマレットの元祖「アマレット・ディ・サローノ」

アマレットリキュールは色々なメーカーから販売されていますが、アマレットの元祖である「アマレット・ディ・サローノ((Amaretto Di Saronno)」はあまりに有名ですね。アマレットリキュールと言えば、この四角いボトルをイメージする方が多いのではないでしょうか。

アマレットの歴史は「アマレット・ディ・サローノ」の誕生年である1525年からはじまります。イタリア、ミラノ北部のサローノ村にあるサンタマリア・デレ・グラツィエ教会の聖堂に、キリスト降誕の壁画を書くためにベルナディノ・ルイーニという画家が赴いたそうです。そこで壁画に描く聖母マリアのモデルにしたのが、宿泊していた民宿の女主人でした。いつしか、二人には愛する気持ちが芽生え始めました。そして、彼女がベルナディノ・ルイーニの為に作ったリキュールがアマレットリキュールの起源だと言われています。
19世紀に入って、サローノ町で食料品店・薬局を経営していたカルロ・ドミニコ・レイナがこのレシピを買い取って復元し、町で売り出しました。当時のミラノ地方の名物であった「アマロット」というアーモンドケーキに香りがとても似ていたため、「アマレット・ディ・サローノ(サローノのアマレット)」の名前がつきました。今や150カ国以上の国々で愛されている有名なアマレットリキュールです。
もちろんアマレットリキュールは前述した通り、他のメーカーからも多く販売されていて、メーカーによって味わいが異なります。差が出る1つ目のポイントは、杏のエキスの量です。含有量が多いと甘みが強く、少ないとさっぱりとした仕上がりになっています。2つ目のポイントは香りです。エキスを抽出した後に、様々なハーブをブレンドしているのですが、利用するハーブよって香りが全く異なります。メーカによって一番特徴が出るポイントかもしれません。

まだアマレットリキュールを飲んだことがない方は、まずは王道の「アマレット・ディ・サローノ」を試してみてはいかがでしょうか?その後、ご自身の好みに合わせて、様々なアマレットリキュールを試してみると楽しいかもしれませんね。

アマレットの飲み方

そもそもどんな味なの?

アマレットは、杏の核「仁」を主原料に、「仁」の蒸留液に10種類以上のハーブや果実を抽出します。その後、アルコールを配合し、バランスよくブレンド、熟成させて作ったものです。甘さの中にもややほろ苦さが感じられ、杏仁豆腐の甘い芳醇な香りとアーモンドに似た香ばしい香りがします。甘過ぎず、後味の良い杏仁の上品な甘さと香りが合わさった、完成度の高いリキュールです。

ロック

ソーダやミルクで割って飲むことが多いアマレットリキュールですが、ぜひ一度ロックでシンプルに飲んでみてください。香りや甘さをダイレクトに感じることができ、この数世紀もの間、人々に愛されてきたリキュールの完成度の高さを味わうことができますよ。

ソーダ割り/アマレット45ml + ソーダ適量

甘さを控えに味わいたい方には、ソーダ割がオススメ。すっきりとした味わいと炭酸の発泡が口の中ではじけちょうどいい味わいに。夏には、レモンを添えて更にさっぱりといただくのも良いですよ!

アマレットミルク/アマレットリキュール30ml + 牛乳適量

杏仁豆腐が好きな方なら絶対気に入ること間違いありません。アマレットリキュール30mlを牛乳で割るだけのとってもシンプルなカクテルです。とても甘くて優しい味です。まるで杏仁豆腐を食べているかのようで、デザート感覚でお楽しみいただけます。甘いものがお好きであればぜひ一度お試しください。

また、アマレットミルクはホットミルクとの相性も抜群です。温めたミルクにリキュールを適量入れてあげれば、ホットアマレットミルクの完成です。ミルクが温まったことにより、アマレットの甘い香りがより一層口の中に広がります。就寝前の一息入れたい時に、この香りと甘さがホッと癒してくれますよ!

女性に人気「アマレットジンジャー」の作り方

アマレットリキュールを使ったカクテルの中でも人気のカクテルが、「アマレットジンジャー」です。アマレットの爽やかな甘い香りに、シュワシュワッとした刺激とピリッとした後味が特徴のジンジャエールがマッチした女性に大人気のカクテルです。さらにすっきり、ピリッとした後味が欲しい場合は、ドライ系のジンジャエールを使うと、キレがある味に仕上がりますよ!

材料

・アマレット 30ml
・ジンジャエール 適量

作り方

氷の入ったロンググラスにアマレットリキュールを入れ、お好みの量のジンジャエールを入れて、軽く混ぜてください。ポイントは、あまり混ぜすぎないことです。混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので気をつけましょう。最後に、スライスしたレモンをグラスに浮かべたら完成です!

アマレットを使ったカクテルレシピ

これまでご紹介した飲み方以外にも、アマレットを使ったカクテルはたくさんあります。有名な映画にちなんで名付けられたカクテルや、アマレットジンジャーより飲みやすくゴクゴク飲めてしまうカクテルまで、厳選したカクテル4選をご紹介します。

ゴットファーザー/ウイスキー40ml + アマレット15ml

1972年に公開された映画「ゴットファーザー」にちなんで作られたカクテルです。強いお酒が好きな方には、ぜひゴッドファーザーをオススメします。なんとアルコール度数は34度!このネーミングに力強さを感じますよね。アルコール度数は高いですが、ほのかな甘さがあるので、意外と飲み易い飲み口です。「ゴットファーザー」を鑑賞しながら、一杯しっとりと味わうのはいかがでしょうか。

ゴットマザー/ウオッカ 45ml + アマレット 15ml

ウイスキーを使うゴッドゴッドファーザーに対して、こちらはウオッカをベースにしたカクテルです。ウオッカは味や香りが無いため、よりアマレットリキュールそのものの味や香りをご堪能いただけます。こちらもゴッドファーザーと同じようにアルコール度数は高く、34度です。

イタリアンアイスティー/アマレット 30ml + ウーロン茶 90ml

アマレットにウーロン茶を加えるだけのとてもシンプルなカクテルです。アマレットの甘さとさっぱりしたウーロン茶が絶妙にマッチ。お食事と一緒に召し上がっても、食事の味を邪魔しない爽やかな仕上がりになっています。ウーロン茶のおかげで、口をさっぱりとしてくれるので脂っこいお食事にも合い、ゴクゴクと飲めてしまう一杯です。

フレンチコネクション/ブランデー 45ml + アマレット 15ml

こちらは1971年に公開されたアメリカの映画「フレンチ・コレクション」にちなんで命名されたカクテルです。ブランデーをベースにしたカクテルになります。ブランデーの香りの高さとアマレットの甘い香りが見事にマッチした一杯です。

アマレットでカクテルライフを楽しみましょう!

アマレットリキュールを使ったカクテルを飲んでみたくなりましたか?! 甘さを活かして初心者でも飲みやすい仕上がりにしたり、ウィスキーやウオッカと合わせて大人のドライ系カクテルに仕上げたり、色々な飲み方ができます。

また飲むだけではなく、コーヒーや紅茶に数滴入れて香りを愉しんだり、アイスクリームなどのデザートにかけたりと色々なお召し上がり方をお楽しみいただけます。お店で試してみるのも楽しいですし、お家でリキュールを買って色々な使い方を試すのも良いですね!

ぜひ、あなただけのアマレットリキュールの飲み方、使い方を見つけてみてください。

夏に飲みたい爽快カクテルはこちら♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

イカ まとめ

佐賀県名物「呼子のイカ」を知っていますか?他のイカとどんな違いがあるの?と気になりますね。呼子のイカは、スーパーで買えるイカとは全く違います!今回は、佐賀県民が愛してやまない驚きの美味しさを持つ呼子のイカと、…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バジル ローズマリー まとめ

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

今、ブームになっている「おにぎらず」の人気アレンジレシピを10種類まとめました。握る必要がないので簡単で尚且つ食べやすいので、お弁当に入れる方も多数♡「おにぎらず」という響きも可愛いですよね♪

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

お花見 お弁当 揚げ物 レシピ まとめ

お花見などのお弁当には欠かせない揚げ物料理。お花見ではお酒を飲む方も多いと思いますが、おつまみにもなるレシピを8選ご紹介します。彼とお花見を計画している方、必見ですよ♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トマト トマトソース

ホームメイドのトマトソースが、わずか5分で出来るなんて話があれば、パスタ好きの方は是非知りたいですよね。ある調理器具を使うと、フレッシュで無添加、低カロリーのトマトソースが本当に5分で作れるそうです。その調理…

フルーツ スイーツ 東京

フルーツパフェってファミレスとかでも食べられるけど、本当に美味しいフルーツパフェって食べた事ありますか?今回は旬のフルーツを使った、まさに剥き立て・作りたての絶品パフェを食べる事の出来るカフェをご紹介します♡

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る