ローディング中

Loading...

独特な見た目のドラゴンフルーツ、おいしい食べ方や切り方をご存じない方も多いのではないでしょうか?そもそも皮や種は食べられるもの?今回は、ドラゴンフルーツの基本的な食べ方から、簡単なレシピまでたっぷりご紹介します!

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)の食べ方

ドラゴンフルーツを食べたことはありますか?沖縄や南の島などリゾート地で食べたことがあっても、常備しているという方は少ないかもしれません。でも、独特な見た目をしている鮮やかなピンクの果物は、一度見たら忘れることができず、興味がある方も多いことでしょう。ドラゴンフルーツとは一体、どんな食べ物なのでしょうか?

見た目のインパクトが強すぎて、食べるのに抵抗があった方。実際はさっぱりとした食べやすいフルーツなので、ぜひチャレンジしてみましょう。今回は、ドラゴンフルーツのおいしい食べ方や切り方、そして簡単に楽しめるレシピまで詳しくご紹介します!

そもそもドラゴンフルーツとは?

ドラゴンフルーツはもともと、メキシコや南米北部で自生していたフルーツです。現在は台湾など東南アジアの国々でも栽培が盛んで、日本にも輸入されています。また、沖縄では露地栽培されており、鹿児島・宮崎など九州南部ではビニールハウスで栽培されています。

ドラゴンフルーツと言えば、何といってもそのユニークな見た目で知られていますよね。熱帯地域に生息するサンカクサボテンの果実の総称で、皮が龍のウロコのように見えることから、ドラゴンフルーツという名前で呼ばれています。

実を切ってみると、中はトロリとした半透明の果肉に黒くて小さな種が全体に散らばっています。シャキシャキとした食感で、ジューシーで酸味が少なく、さっぱりとした甘み。ビタミンB群を豊富に含んでいます。ドラゴンフルーツは病虫害や不良環境に強く、栽培にはほとんど農薬が使われないため、健康志向の方にも注目されています。

ドラゴンフルーツの種類はさまざま!

ドラゴンフルーツにはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか?実を切ってみると果肉は白・赤・ピンク、皮がイエローのものと、たくさんの品種があります。

ドラゴンフルーツのことを「ピタヤ」という名前で知っているという方もいるはず。ピタヤと呼ばれるのはベトナムが原産の果肉が白いホワイト種で、一番多く流通している品種です。形はレッド種より細長く、味は赤いものよりさっぱりとしていて甘みが強いのが特徴です。

果肉が赤いレッド種は台湾が原産の品種です。皮だけでなく、果肉まで鮮やかな赤い色をしていますが、味はさっぱりとしていてシャキシャキの食感が楽しめます。赤い果肉には多くのポリフェノールが含まれています。この種類の果汁は天然色素として口紅や染料に使われることもあり、服などに付いてしまうと取れにくいので注意が必要です。

ピンクはドラゴンフルーツの新種で、甘みやジューシーさがさらにアップしています。2007年に沖縄で品種登録された、新しいブランド品種の「ちゅらみやび」は大玉のものが多く、高級な贈答品としても用いられています。

皮が黄色で果肉が白いイエロー種は、赤や白よりも甘みが強く、酸味はありません。このように、ドラゴンフルーツと言ってもたくさんの種類があり、それぞれに特徴を持っています。手に取るときには、ぜひ果実の色にもこだわってみてくださいね。

皮の剥き方と切り方

ドラゴンフルーツはどうやって食べるのでしょうか?まずは、おいしく食べるための皮の剥き方と実の切り方をチェックしましょう!

1. 実を縦半分に切ります。

2. さらに半分に切ります。この時点でスプーンですくって食べるのもいいでしょう。

3. 手で両サイドからペロッと皮を剥きます。

4. 食べやすい大きさにカットし、フォークで食べましょう。

皮は硬くて剥きにくそうなイメージもありますが、実際は手で簡単に剥けてしまうのがうれしいですね。

おすすめの食べ方

切り方・皮の剥き方がわかったところで、次に、ドラゴンフルーツのおすすめの食べるをご紹介します。そのまま食べるのはもちろん、いろいろなおすすめの食べ方があります。いつもそのままで食べているという方は、ぜひ試してみてくださいね!

冷やしてそのまま

新鮮なドラゴンフルーツを冷やして食べる一番簡単な食べ方です。ドラゴンフルーツは食べる1時間前に冷蔵庫に入れ、スプーンですくって食べましょう。また、食べるときに少し柑橘果汁を振りかけると、酸味が加わったジューシーな味わいになります。

スムージーにして

ドラゴンフルーツをスムージーにしてみましょう!リンゴやバナナ+好きな野菜(ゴーヤ、セロリなど)に、ドラゴンフルーツを組み合わせてミキサーにかけます。トロピカルな風味で、朝に摂れば元気が出ますね。

サラダに添える

レタスたっぷりのサラダやベビーリーフのサラダは、インパクトがなくちょっと寂しい印象になることも。そこで、ドラゴンフルーツを投入しましょう!好みの色のドラゴンフルーツをプラスすれば、一気に華やかに仕上がります。

デザートのトッピング

ヨーグルトやバニラアイスのトッピングに。赤い色のドラゴンフルーツを添えると、それだけで一気に南国風のおしゃれスイーツにレベルアップできちゃいます!ドラゴンフルーツの種のプチプチした食感とさっぱりした甘みは、癖のない冷たいスイーツと相性ぴったりです。
▼フルーツボウルに使えば味も見た目も華やか!

ドラゴンフルーツを使ったおすすめレシピ

1. ドラゴンフルーツのサラダ

ホワイト種のドラゴンフルーツとキュウリを角切りにします。ボウルにドラゴンフルーツとキュウリ、ブルーチーズを入れてさっと混ぜ、レモンペッパーをふります。器にベビーリーフと一緒に盛り付けたらできあがり。ブルーチーズの風味がドラゴンフルーツの甘みを引き出し、癖になるサラダに仕上がります。

2. アサイーとドラゴンフルーツのスムージー

アサイージュースとドラゴンフルーツ、レモン汁を容器に入れ、ミキサーにかけるだけで簡単にスムージーの出来上がりです。しっかり冷やしていただきましょう。アサイーの酸味がドラゴンフルーツの甘味でまろやかに、飲みやすくなります。

3. ドラゴンフルーツゼリー

ドラゴンフルーツを小さくカットし、ボウルに入れます。レモン汁・はちみつを加えマッシャーで混ぜ、ゼリーカップの底に流し入れます。鍋にアガー、キビ砂糖、水を入れて混ぜ、溶かします。沸騰したらオレンジジュースを加え、混ぜながら再沸騰させます。残しておいたジュースを加え粗熱を取り、カップに注ぎ入れ冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

オレンジの酸味とドラゴンフルーツの甘みがとてもいい組み合わせ♩はちみつはドラゴンフルーツの甘みに応じて量を調節してくださいね。

4. 生ハムとドラゴンフルーツのピンチョス

ドラゴンフルーツを一口大にカットし、生ハムでくるみます。輪切りにしたオリーブと交互にピンで刺せば、もう完成です。

生ハムの塩気とドラゴンフルーツの甘みが癖になりそう。ありそうでないモノトーンのピンチョスはとってもオシャレで簡単なので、おもてなしメニューとしても。

5. ドラゴンフルーツのドレッシング

ドラゴンフルーツをカットし、カップに入れてマッシャーで潰します。裏ごしし、こしきれなかったものはしっかり潰します。残った種はこしたものに混ぜましょう。レモン汁・塩こしょう・はちみつを合わせたものと、オリーブオイル・ヨーグルトを加え、泡だて器で混ぜればできあがりです。

種をミキサーにかけると風味が変わってしまうので、ヘラなどで種が潰れないように果肉を潰しましょう。種のプチプチ食感も楽しいフルーツドレッシングは、レタスやトマトなどのサラダにはもちろん、温野菜にかけたり野菜スティックをディップしても合いそうですね。

おいしいドラゴンフルーツの選び方

旬の時期

ドラゴンフルーツは、熱帯地域では1月から5月にかけて収穫されています。沖縄県など国内産の場合は、7月から11月にかけて収穫され、8月から11月にかけて旬を迎えます。

新鮮なドラゴンフルーツの特徴

新鮮なドラゴンフルーツを選ぶポイントは、皮にハリがあり、ウロコのような突起部分の幅が広く短いこと。皮の突起がしなびていないものを選びましょう。残念ながら、皮の色など見た目で判断するのはプロの方でないと難しいのです!できるだけ大きな果実がよいとされ、手に持った時にずっしり重みがあるものがおすすめです。

果物が収穫後に熟すことを追熟するといいますが、ドラゴンフルーツは追熟するタイプの果物ではありません。そのため、産地で完熟した状態で収穫されたドラゴンフルーツと完熟していないドラゴンフルーツを食べ比べると、甘みにかなりの差が出てしまいます。ドラゴンフルーツがあまり味がしないと思われているのは、これが原因です。

最近では、沖縄県など国産のドラゴンフルーツも販売されています。熟すのを待って収穫されているため、輸入物と比べても甘みは強いので、選ぶときにチェックしてみてくださいね。

ドラゴンフルーツを保存するときはビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れてください。追熟しないので、早めに食べきりましょう。

ドラゴンフルーツでトロピカルな夏気分

今回はドラゴンフルーツをご紹介しましたが、いかがでしたか?見たことはあるけれど、これまでは食べるのはちょっと抵抗があったという方も、その中身を知ると試してみたくなったのではないでしょうか。果肉の色もたくさん種類があるので、食べ方に応じて色味を変えてみるのも楽しいでしょう。

そのまま食べるのはもちろん、おなじみのスイーツに添えたり、サラダの具材として使ったりという食べ方もありましたね。食べたことがある方も、これまで試したことのない他の食べ方をぜひ味わってみてくださいね。トロピカルなドラゴンフルーツで、暑い夏を楽しみましょう!
▼その他のスーパーフードもチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

パクチー 経堂 専門店 女子会

東京・経堂にある「Paxi House Tokyo(パクチーハウス東京)」はパクチー好きの聖地と呼ばれているお店だ。「ノーパクチーノーライフ」の看板をかかげ、メニューはパクシー尽くしで妥協のないパクチー専門店…

シュークリーム スイーツ 専門店 紅茶専門店 六本木

創業明治4年の石田老舗がプロデュースするシュークリーム専門店「Crème de la Crème(クレームデラクレーム)」が2013年4月4日にオープンしました。直訳すると「クリームの中のクリーム」という意味…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る