ローディング中

Loading...

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

人気カクテル「キティ」とは?

「キティ」という名前のカクテルをご存知ですか?海外の女の子をイメージさせるような、かわいらしい名前ですよね。今回は、「キティ」がどんなカクテルなのか、その由来やレシピをお伝えします。ワインベースのカクテルも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

赤ワインベースのカクテル

「キティ」とは、同量の赤ワインとジンジャエールを混ぜたカクテルです。甘いながらもさっぱりとした飲み口が特徴となっています。

実は材料の分量によって多少味わいが異なってくるのも、「キティ」の特徴です。レシピに関して後ほど詳しくご紹介しますが、まずは、お好みでアレンジ出来るということを頭に入れておいてくださいね。

名前の由来

「キティ」という名前の由来には諸説あります。

まず、「子猫(kitten)」が語源の説。アルコール度数が比較的低く飲みやすいことから、「子猫がなめるほど飲みやすい」という意味を表現。また「はじける泡の様子が、落ち着きのない子猫そっくり」などとも言われています。

他にも、英語圏で「キャサリン」という女性名を「キティ」と愛称で呼ぶことがあり、そこからきているという説。どれにしても、かわいらしさがイメージできるネーミングですね。

アルコール度数

アルコール度数は5~6度位と低めです。お酒が苦手な方にも楽しんでいただけるカクテルです。

キティカクテルの作り方

「キティ」は、赤ワインとジンジャエールさえあれば、手軽に作れます。つまり、たった2つの材料だけで簡単に作れるカクテルのひとつなのです。また、作り方には2つのスタイルがあります。 それが、「氷を入れるタイプ」と「氷を入れないで作るタイプ」です。

例えば、タンブラーグラスに氷を入れて出されるタイプのものは、ジンジャーエールを基本に、マドラーが添えられることがありますね。 これに対し、ワイングラスやシャンパングラスを用いたタイプは、氷やマドラーを使いません。ワインが中心となっているのでしょう。

各自のお好みで、どちらを選ぶこともできます。そこが「キティ」の魅力の一つです。

また、赤ワインとジンジャーエールの適切な分量は、使用するグラスサイズによってさまざまです。なので、用意したグラスの大きさに対して1:1の割合で作ればOKと覚えておいてください。味わいとしては、アルコール弱めの初心者の方向けですが、 どのタイプの赤ワインやジンジャエールを使うかによって、若干違いが出てくるでしょう。

材料

・赤ワイン
・甘口のジンジャエール (辛口でもOK)
・レモン (なくてもOK)
・氷 (なくてもOK)

作り方

「キティ」は、材料をグラスに直接入れて作ります。この作り方を、専門用語ではビルドと呼びます。今回は、氷を入れない作り方をご紹介しましょう。

1. ゴブレットグラス、もしくはワイングラスを用意します。
2. 赤ワインを先に、グラスに対して1/2注ぐ。
3. 次にジンジャエールをゆっくり、赤ワインと同量注ぎます。
4. ジンジャエールの炭酸が抜けないように軽く混ぜましょう。
5. お好みでレモンスライスを入れたら出来上がりです。
※グラスのサイズによって分量は調整してください。

以下のポイントもぜひ覚えてください!

1. 赤ワインは重厚なタイプではなく、軽めのタイプを使うと良いでしょう。
2. ジンジャエールは基本的に、甘口タイプを使用します。(もちろん、辛口タイプで大人の味わいに仕上げてもOK)
3. 味わいの好みによって、各材料の分量を調整しましょう。(飲みやすくするならジンジャエールの量を増やします。お酒に強い方は、赤ワインの分量を増やしてみてください。)

以上を踏まえて、おいしい「キティカクテル」を作ってみてくださいね!

おいしいワインカクテル

それでは、ここからはおいしいワインベースのカクテルをご紹介していきましょう。お好みのものを見つけてくださいね。

オペレーター

赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテルが「キティ」なのに対し、白ワインをジンジャーエールで割ったものが「オペレーター」です。フルーティですっきりとした味わいが人気の、飲みやすいカクテルです。

【材料】
・白ワイン…1/2
・ジンジャーエール…1/2  
・レモンジュース…5ml

【作り方】
1. グラスに氷を入れます。
2. レモンジュースと白ワインを注ぎ、ジンジャーエールで満たしましょう。
3. 軽くかき混ぜたら出来上がり。

スライスレモンで飾り付けしても、おしゃれになりますね。

アメリカンレモネード

「アメリカンレモネード」は、レモンジュースに赤ワインをフロートさせたカクテル。飲んでいくとともにワインの赤とレモン色が混ざり合い、ロマンティックな雰囲気に浸れそうです。アルコール度数も少なめなので、お酒が強くない方にもおすすめです。

より甘口にしたいときは、砂糖の分量を多くするか、赤ワインのかわりに、ポートワイン(ポルトガルの甘口赤ワイン)を用いても良いです。

【材料】
・赤ワイン…3/13  
・砂糖…3ティースプーン
・レモンジュース…4/13  
・ミネラルウォーター…6/13

【作り方】
1. グラスに赤ワイン以外の材料を入れます。
2. よくかき混ぜる。
3. グラスにクラッシュド・アイスを投入。
4. 最後に赤ワインを静かに注ぎます。

きれいに二層に分けるために、通常のカクテルとは作り方が少し異なります。見た目からワクワクする「アメリカンレモネード」お試しください。

キールロワイヤル

「キール」というカクテルをご存知ですか?白ワインとクレームドカシスを合わせて作られる、世界的にも有名なカクテルです。「キール」の白ワインをシャンパン、またはスパークリングワインに変えたものが「キール・ロワイヤル」ですね。

「キール」と同じように、食前酒としても幅広く愛されています。グラスの中ではじける泡が、キールにさわやかさをプラスし、「ロワイヤル(=王家風)のキール」と名づけられました。

【材料】
・スパークリングワイン(シャンパーニュ)…9/10
・クレーム・ド・カシス…1/10

【作り方】
1. グラスにクレーム・ド・カシスを注ぐ。
2. スパークリングワインを数回に分けて静かに注ぎます。
3. 自然に混ざるように軽くかき混ぜましょう。

甘口にしたければ、カシスの量を増やすとよいです。本来であればフランスの「シャンパーニュ」を使用しますが、シャンパーニュは高価なので、辛口のスパークリングワインで代用しても。記念日や、ここぞ!という時に飲みたいカクテルですね。

スプリッツァー

赤ワイン+ジンジャーエール=「キティ」、白ワイン+ジンジャーエール=「オペレーター」でしたが、白ワイン+ソーダ水の組み合わせが「スプリッツァー」です。

スプリッツァーの語源は、ドイツ語で「はじける」という意味の『スプリッツェン(Spritzen)』からきた英語。オーストリアのザルツブルグ生まれのカクテルです。

【材料】
・白ワイン…3/5
・ソーダ水…2/5

【作り方】
1. グラスに白ワインを注ぎます。
2. ソーダ水で満たしましょう。
3. 軽くかき混ぜたら完成です。

アルコール度数が低めになるので、アルコールに弱い方にもおすすめです。

ミモザ

続いての「ミモザ」。フランスではシャンパン・ア・ロランジェとして、古くから貴族の間で飲まれていたといわれています。鮮やかな黄色がミモザの花に似ているところから「ミモザ」と名づけられたようです。

【材料】
・スパークリングワイン(シャンパーニュ)…1/2
・オレンジジュース…1/2

【作り方】
1. グラスによく冷えたオレンジジュースを注ぐ。
2. スパークリングワインを数回に分けて静かに注ぎます。
3. 軽くかき混ぜます。

鮮やかな色と飲みやすさから、女性にも人気のカクテル。「最もおいしく贅沢なオレンジジュース」とも言われているようですよ。おいしそうですね。

ちなみに……かわいい名前のカクテルは他にも

シンデレラ

「シンデレラ」は、フルーティーなノンアルコールカクテルです。

オレンジジュース(20ml)、パイナップルジュース(20ml)、レモンジュース(20ml)をシェイクして、カクテルグラスに注ぐだけで作れます。お酒が飲めない人も楽しめる、シンデレラの魔法のようなカクテルなんですよ。

ホワイトスワン

「ホワイトスワン」は、甘いアーモンドの香りのアマレットに牛乳を加えたまろやかな味わいのカクテルです。

ディサローノ・アマレット(20ml)とミルク(40ml)をシェイクして、カクテルグラスに注げば完成です。デザートにもぴったりの味わいなので、ぜひお楽しみください。

マリン・スノウ

「マリン・スノウ」は、ブルーキュラソーのさわやかな風味、ビールの苦み、カルピスの甘さが絶妙なハーモニーをかもし出すカクテル。まろやかでさわやかな口当たりです。

ビヤグラスにブルーキュラソー(30ml)とカルピス(20ml)を注ぎ、かき混ぜます。そこにソーダ(10ml)とビール(100ml)を注ぎ、軽くかき混ぜればできあがり。

ブルーの見た目とすっきりした味わいがこれからの季節にもぴったりですね。

クーニャン

「クーニャン」は中国語で「娘」という意味。ピーチリキュールをウーロン茶で割っており、飲みやすさが特徴です。

氷を入れたタンブラーにピーチリキュール(35ml)とウーロン茶(適量)を注ぎ、軽くかき混ぜます。レモン・スライスを飾れば完成です。

アルコール度数も低いので、お酒が弱い方にもおすすめです。

色々なカクテルを試してみよう

今回は「キティ」を初めとしたワインベースのカクテル、さらには可愛いネーミングのカクテルについてもご紹介してきました。

おうちでの作り方も載せたので、ぜひ活用されてみてくださいね!
▼いろんなカクテルを試してみよう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

カクテル

「口の中で作るサイドカー」と呼ばれるカクテル、ニコラシカ。見た目はグラスが帽子をかぶったようにカワイイですが、実はお酒の強い人向けのハードボイルドなカクテルです。ニコラシカの飲み方、作り方、味の特徴などを詳し…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

日本酒 おつまみ レシピ まとめ

日本酒といえばオジサンが飲むお酒…そんなイメージはもう昔のことですね。「Sake」として海外での評価も高く、外国人やワイン好き女子の間でも人気急上昇中の日本酒。そんな日本酒に絶対合う、おいしいおつまみのレシピ…

カクテル

近年カクテル業界に革命が起きています。何でもロンドンやNYのバーでは「ボトルドカクテル」という新たなカクテルがトレンド化しているのだそう!今回は、東京でボトルドカクテルが楽しめるバー情報、人気の種類や飲み方な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ポテトサラダ レシピ サラダ まとめ

ポテトサラダといえばマヨネーズが必須かと思いきや、そうでもないようです♪マヨネーズなしのヘルシーポテトサラダ紹介します。意外とバラエティ豊富なので好きな方法で作ってみてください。

レシピ まとめ

「しそ」の良い香りって食欲をそそりますよね♡でも、「しそ」には食欲をそそるだけではなく、身体によって良いものがたくさん含まれているんです。料理の添えに置かれていることが多い食材ですが、その「添え」にも意味があ…

調味料 レシピ まとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、まずくなったり……そんなときに役立つのが「黄金比タレ」のレシピ。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♩みなさんもぜひ作ってみてくださ…

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

話題のアイテムが多いセリアから行楽シーズンにぴったりのおしゃれな紙皿が登場しています。従来のシンプルなものとは異なり、ポップなカラーで吹き出し風やアニマル型など遊び心たっぷりのデザインが人気です。そこで大人買…

レシピ まとめ

副菜になりがちなお豆腐を主役級に変えてくれる「豆腐ステーキ」。なかでも柔らかな絹豆腐にアツアツのあんをかけたあんかけ豆腐ステーキは人気ですね。今回は、簡単でヘルシー、さらにコスパ抜群の豆腐ステーキの人気レシピ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る