ローディング中

Loading...

エビの背わたの簡単な取り方ってご存じですか?エビの背わたを取るために、殻をむいてしまっていませんか?今回は、背わたを上手に取る方法のほか、簡単な殻の剥き方、おすすめの下処理の仕方などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

エビの背わたを上手にとる方法

プリッとして、うま味たっぷり。色も鮮やかなエビは和食、洋食、中華と大活躍の食材ですね。一年を通じて、大小様々なサイズや種類のエビが出回っています。

そんなエビを調理する際に、忘れてはいけないのが、背わたを取ること。エビの消化管なのですが、砂が混ざっていたり、臭みが強く、残しておくとせっかくのお料理が台無しになってしまうこともあるのです。

殻を先にむくかで、背わたの取り方、下処理の仕方が少し違います。今回は、エビの殻むき、背わた取り、下処理の方法など、いろいろご紹介します。作る料理に合わせて、下処理の仕方も変えてみましょう。

背わたを取る意味

茹でたえびは、赤と白のコントラストが美しく、お皿を華やかにしてくれます。しかし背わたが残っていると、加熱した時に黒い線のように見えて、見た目が悪いです。また、食べるのにちょっと気が引けます。食べるとジャリっとして、せっかくのぷりぷりの食感を損ねます。また消化管なので、強い臭みを感じることもあります。エビ本来の味を楽しむためシンプルに味付けした料理の場合、特に生臭みは気になりますよね。

頭の取れたえびは、加工の段階で背わたも抜き取られている場合も多いですが、念のため、背わたの有無をチェックしましょう。

背わたを食べたらどうなる?

ごく小さい小エビや、エビチリなどにする時は、背わたを取らずに調理する方もいらっしゃるのでは?きちんと取ったつもりなのに、食べたらジャリっということもありますよね。

食感や臭みが気にならないならば、食べても有害ではありません。大量の小エビの背わたを取るのは、時間がかかり、細かくてうまく取りきれない場合もありますよね。

殻つきのまま背わたを取る方法

蒸しエビや下茹でして食べるときは、殻付きのまま調理するのがおすすめです。身の縮みが最小限に抑えられますし、加熱後の方が、殻をむくのが楽だからです。まずは、殻付きで背ワタを取るやり方をご紹介します。

・有頭エビの場合
1. 頭と身の節の間に竹串を刺して、背わたを見つけ出し、親指と竹串で挟んで引っ張り出します。
2. 途中で切れてしまったら、さらに下の節に刺して、探して引っ張り出しましょう。
3. それでも取り残しがあるときは、加熱後に殻をむき、背中に沿って軽く切込みを入れて、背わたを掻き出します。

無頭エビの場合は、身の真ん中の節の間に竹串を刺してください。あとは有頭と同様です。少し取りにくいのですが、殻からもうま味が出るので、料理によっては、このやり方がベストです。

爪楊枝を使った取り方

エビチリ、エビフライ、天ぷらなどにおすすめ。細かい背わたも爪楊枝を使えば、スルッと取れます。殻をむいてから背わたを取る方法をご紹介します。

1. エビの殻をむき、しっぽから一節目あたりに爪楊枝を入れ、背わたを探します。
2. 爪楊枝を引き抜き、エビの身を破り、背わたの端も引き出します。
3. 背わたを爪楊枝でくるくる巻き取りながら引き抜きます。

しっぽの方からくるくる優しく取るので、途中で切れにくいです。身の傷も目立ちにくいので、きれいなままいただけます。

殻のむき方と尻尾の下処理

殻をむく

3ステップでスルリとむけてしまう、まるで脱皮のような、魔法のようなむき方です。

1. しっぽの中のとんがった部分を折ります。
2. 頭側の一節をむきます。
3. 頭側の身としっぽを持って引っ張ります。

とても簡単で、楽しいので、あっという間に終わってしまいます。

尾の先の水を抜く

エビフライや天ぷらなど、しっぽの殻だけ残す料理も多いですよね。その場合の処理は、もうひと手間必要です。しっぽには水分が残りやすく、油はねが心配です。しっぽの先を形よく残してカットします。それから、しっぽを包丁で削いで、中に残った水分を出しましょう。

味には関係ありませんが、見た目はとてもよくなります。油はねが原因で揚げ物が苦手な方は、水分をしっかり取ってから、そっと油に入れてみましょう。

殻をむいた後の処理もポイント

殻を先にむいてしまうなら、もうひと手間かけて絶品になる、おすすめの下処理の方法があります。臭みが取れて、とってもぷりぷりになります。

1. 殻をむいたえびを塩で揉み、身を引き締め、汚れや臭みを浮き出させます。
2. 片栗粉をまぶし、浮いてきた汚れや臭みを吸い取らせます。
3. 水で洗い流します。

ぬめりと余計な水分が取れ、エビのうま味が感じられます。素材の味を生かした料理には、断然おすすめの下処理方法です。

背わたを上手に取り除いておいしく調理

エビは大きければ、大きいほど、背わたは取りやすくなりますが、値段も張ります。ですので、少しでもおいしくいただきたい。そのためにはやはり、下処理が重要なのですね。

料理によって、殻を先にむくか、殻つきで加熱するか、見極めてくださいね。細かいことは面倒という方も、気持ち悪いという方も、簡単に楽しく背わたを取り除いてみましょう。

今夜はエビ料理に決まり!
▼上手に下ごしらえしたら、こんなレシピはいかが?
▼エビは冷凍保存して賢く使おう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パン レシピ

時間が経って、フワフワだったパンが固い!というショックな出来事がたまに起こりますよね。固いパンを柔らかくする方法や、おすすめのアレンジパンレシピをまとめました。手軽にできる方法ばかりなので、すぐに実践できます…

お菓子

最近じわじわ人気が高まっている、お菓子袋のリメイク。中でも話題になっているのが、お菓子袋を使ったポーチです。自分好みな菓子袋を手に入れたら、100均でファスナーをゲット!あとはちょっとした工作道具さえあれば、…

調味料

「だし醤油」とはどんなものかご存じですか?じつは料理に利用する頻度が高い調味料なんですよ。今回は、だし醤油の使い方と作り方、活用レシピをご紹介していきます。これを覚えれば料理上手になること間違いなし!

唐揚げ レシピ まとめ

揚げたてジューシーな唐揚げ、大好物の人も多いのではないでしょうか?唐揚げ献立の時、副菜やスープに悩むことが多いですよね。そんな時に役立つ献立作りを提案します。サラダやスープ、副菜、混ぜご飯などたっぷりご紹介し…

唐揚げ

食卓に登場することが多い唐揚げ。サクッとジューシーに仕上げる揚げ時間って、どのくらいがベストなのでしょうか?今回は、おいしく唐揚げを仕上げる揚げ時間や、揚げ方のコツをおつたえします。おすすめレシピもご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

カクテル レシピ

花言葉ならぬ「カクテル言葉」というものがあるんだそうですよ。覚えておいて、お酒を飲む場で雑学として披露すれば盛り上がりそうですね。有名なカクテルを中心に、レシピと一緒にご紹介します。最後にカクテル言葉の一覧も…

パン まとめ

『ヒルナンデス』でも紹介された今人気のパンをまとめました。もちもちのベーグルサンドがおいしいオーゾウベーグル、日本に初上陸したカナダの人気スイーツ・ビーバーテイルズ、さらに話題のパン屋リチュエルも紹介します!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る