ローディング中

Loading...

タコやカニなど、お弁当の定番となっているウインナーの飾り切り。そこにこの夏は「金魚ウインナー」が仲間入り!蓋を開けたら、あれ?ご飯の上で金魚が泳いでる!夏にぴったりな「金魚ウインナー」の作り方やアレンジレシピをご紹介します。

夏のお弁当に「金魚ウインナー」!

夏のランチタイム。暑くて食欲がわかないなぁ〜なんて思いつつ、お弁当の蓋に手を伸ばすと……かわいい金魚がご飯の上を泳いでる!思わずニッコリしてしまいますよね。たちまちランチタイムが楽しくなりそうです。

今回は、暑い日のお弁当が一気に涼しげになる「金魚ウインナー」の作り方やアレンジをご紹介します!

カットするだけ!金魚ウインナーの作り方

タコやカニと同様、金魚ウインナーも作り方はとても簡単。そしてシンプルで簡単なものからアートのように凝ったなものまでバラエティも豊富。見よう見まねで作っているうちに、自分だけのオリジナル金魚ウインナーが生まれるかも?

材料(2匹分) 

・赤いウインナー……1本
・はんぺん……3cm角ほど
・海苔……3cm角ほど

手順

1. ウインナーを真ん中のところで斜め切りし、二等分にします(これで2匹分ができます)。

2. 切り口を下にして厚みがある方が頭、薄い方が尾になります。尾の方に3本切り込みを入れます。

3. 頭に近い方にも両サイドに1本ずつ、胸ヒレ用に5mmほどの切り込みを入れます。

4. 熱湯で1〜2分茹で、尾ビレと胸ヒレが広がったらザルにあげます。

5. はんぺんを厚さ1〜2mmに切って、ストローで4つ丸くくり抜きます。

6. 海苔パンチで目玉を作り、はんぺんのうえに載せ、ウインナーに貼り付けたらできあがり!
はんぺんがなければスライスチーズなどでも。くり抜く時間がなければ、爪楊枝で目の部分に穴をあけ、黒ごまを刺すだけでもOK!むしろ大人向けな金魚になるかも。

あちこちで泳いでいる金魚ウインナー♩

すでにそのキュートさが人気となっている金魚ウインナーたち。さて、どんなところを泳いでいるのかな?

1. 幼稚園では夏の人気キャラ弁

「もうすぐ幼稚園の夕涼み会。楽しみだね〜。金魚すくい、一緒にやろうね〜」なんていうママからのメッセージが届きそうなお弁当。

2. 夏バテ防止。パパや自分への「大人弁当」にも

大人のお弁当でも大活躍。金魚ウインナーは明るい彩を与えてくれます。暑さでちょっとバテ気味なときでも、思わず笑顔に。気持ちも身体もホッとひと息、ゆるめられそう。

3. これぞ夏メニュー! 冷汁やそうめんにも

暑い日に嬉しい冷たい汁物やそうめん。でも色合いと栄養的にはちょっと寂しい?そんなとき、そのうえを金魚ウインナーが泳げば……楽しくて元気ももらえそうですよね。

4. タコやカニなど仲間たちも大集合!

夏こそ子供に食べさせたいキャベツなどが入った野菜たっぷりのスープ。そこに金魚ウインナーの仲間たち、タコやカニ、イカや魚もいっしょに浮かべれば、子供も楽しくパクパク食べそう。冷製スープもおすすめです。

5. ビールのおつまみ。子供の誕生日会のオードブルにも!

サッカーや野球のテレビ観戦や一家団欒などのひとときに、こんなキャラおつまみはいかがでしょう。子供のお誕生日会でも大喜びされること間違いなし!

6. チャーハンやスパゲッティの付け合わせに

色も形もアクセントになる金魚ウインナーは、和洋中、ジャンルを問わず使えて重宝。ナポリタンやオムライスなどにも似合うので、自家製お子様ランチの夏バージョンにもいかがでしょう。

尾びれがリアルな「生ハム金魚」も!

金魚ウインナーはちょっと子供向きすぎて……という人達が「えっ?なにコレ!」と注目。「これなら作りたい!食べたい!」と人気をよんでいるのが生ハム金魚なんです。

生ハム金魚も芯の部分はウインナーで作るので、いわば金魚ウインナーの親戚・兄貴分!?
ウインナーを生ハムでくるむ、ちょっと贅沢な大人バージョンともいえます。そうめんに浮かべると生ハム尾びれがヒラヒラ揺らぎ、まさに金魚が泳いでいるかのようですね。

リアルなのに意外と簡単に作れるところも人気の理由。いつものそうめんが、楽しいサプライズメニューに変身します!

生ハム金魚の作り方は?

まずお尻部分がとがるようにウインナーの後部を両サイドから三角にカットします。そのうえから生ハムをかぶせ包みこみ、お尻部分をギュッとつまみます。背びれと胸びれ部分に深めに切り込みを入れ、小さく切ったハムを差し込み、目をつければできあがり!

薄い生ハムの場合、なかに海苔や梅干しを入れると、違う色合いの金魚も作れます。また生ハムで巻くので中に入れるのは赤ウインナーに限らず普通のウインナーでもOK。大根などを入れている人もいます。さっぱりとしてさらに大人向け。おいしそうですよね。

今日はどこで泳がせようかな♩

クリスマスには「トナカイウインナー」。こどもの日には「こいのぼりウインナー」。そして夏には「金魚ウインナー」と「生ハム金魚」。手軽な食材であるウインナー1本で、こんなに季節ごとにキッチンアートを楽しめるなんて驚きですよね。

これからもどんな飾り切りウインナーが登場するのか……ワクワクしながら、この夏は金魚ウインナーと生ハム金魚を楽しんでみませんか?
▼かわいいウインナーの飾り切りをチェック♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ドリンク ブルーベリー かき氷 スイーツ

今年売れに売れまくっているファミリーマートのフラッペに、新しいフレーバーが仲間入り!今回でなんと第7段、矢継ぎ早に出てきますね。ヨーグルトとブルーベリーを組み合わせた夏らしい味わいだというこの新作を、実食レビ…

麦茶 コーヒー

今すぐ麦茶を飲みたいけど、家に麦茶がない……!そんな時に役立つかもしれない裏技をご紹介します。なんと、インスタントコーヒーを使うんですよ。普通の麦茶と味比べしてみましたので、作り方と合わせてご紹介します♩…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ

人気ブロガーで料理本も出される山本ゆりさん提案のおつまみレシピ。お肉からお魚、じゃがいもを使ったレシピ、火を使わないものまで美味しくて簡単なので帰宅後にちゃちゃっと作れちゃいますよ。ビールやワインはもちろん、…

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっているので、その中か…

レシピ まとめ キャベツ

春キャベツのおいしい季節です。香ばしいアンチョビと合わせると一段とおいしさが引き立つようですよ。アンチョビと言うとちょっと高価にも思えますが、最近は100円ショップでも扱いがあるようです。手軽においしく旬のも…

レシピ おつまみ パスタ まとめ

「タプナード」は南仏・プロヴァンスのベースト食材。ソースとして様々な料理とも合うことから、じわじわと人気を集めているんです。オリーブやアンチョビなどの素材を使用しているため、ワインなどのアルコールとも相性抜群…

レシピ 韓国料理 まとめ

夏は食欲が落ちる時期です。でも冷たいものや食べやすいおそうめんなどで過ごしていては夏の暑さは乗り切れませんよ!そこで、スタミナ+ピリ辛の韓国料理レシピをご紹介!暑いときにこそピリ辛!辛いのが好きな方はお好きな…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

和食

お箸がキレイに持てないと食事の時にかなり苦労します。魚をキレイにほぐせなかったり、小さいものが掴めなかったり、柔らかいものが持てなかったり…しかし、そんな悩みを彼方に吹き飛ばしてくれるような、箸界のリーサルウ…

プリン 東京 お土産 スイーツ まとめ

東京都内で買えるおいしいプリンをまとめました。テイクアウト可能な絶品プリンは、持って帰ってお家で楽しめるのも魅力的です。なめらかで濃厚な味わいをぜひ味わってみてください!お土産にもぴったりですよ。

ページTOPに戻る