ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

夏野菜の代表的な存在である茄子を使った、お酒に抜群に合うおつまみレシピをご紹介します。フライパンで簡単に、まるで揚げたかのような、とろりとした食感に仕上がるんですよ。おろしと明太子の辛味が食欲を大いにそそるひと品です。

揚げない「揚げ茄子」でおいしいとこ取り♩

夏においしい野菜といえば、茄子。油との相性がよく、揚げると色が鮮やかでとろりとした食感がいいですよね。

でも、油をよく吸う茄子は、調理法次第ではカロリーや油焼けが気になる食材です。そこで今回は、揚げない揚げ茄子のレシピをご紹介。少量の油でも、まるで揚げたようなでき栄えですよ!

とろりと柔らかく、味がよくてカロリー控えめ。油の処理要らずなところもポイントが高いレシピです。

揚げない『揚げ茄子の辛子明太のせ』のレシピ

分量(2人分)

茄子 2〜3本
サラダ油 大さじ3
塩 ひとつまみ
大根 5〜6cm
明太子 1/2〜1/4腹
ポン酢・醤油 お好みで

作り方

①茄子を大ぶりの乱切りにする。
乱切り後、茄子は苦みが気になる場合はアク抜きをしましょう。ただ、6月旬の茄子はえぐ味が少ないのでアク抜きしなくてもそのままでおいしくいただけます。
②フライパンにサラダ油を熱し、茄子の皮が下になるように並べ、中火で炒める。
最初は必ず茄子の皮を下にして加熱しましょう。先に油を吸わせて加熱することで、茄子の色が抜けずに揚げたかのような色に仕上がります。

先に断面を加熱すると、茄子の色が抜けてしまうので注意。
③中火で、茄子の下半分に火が通るまで4〜5分炒める。
茄子が油を吸い、火が通ってくると写真のように透明がかった外観になります。
しっかりこの状態になるまで炒めることで、茄子がつややかでとろりと柔らかく仕上がります。
④ひっくり返して、反対側を弱火〜中火で3〜4分焼く。
焦げないように火加減は調整して下さい。じっくりと加熱して、残りの半分にも火を通しましょう。
⑤しんなりしたら火を止め、塩をまぶして軽く混ぜる。
加熱後に塩をまぶすことで、下味をつけます。切ってすぐや加熱前に塩を振ると、水分がでて色が抜けたりするので必ずこのタイミングで入れましょう。
⑥器に盛り付ける。
皮目が上にくるように盛り付けると、見栄えがよくなります。
⑦大根をおろして、軽く絞る。
大根は時間が経つとアクの匂いが目立つようになるので、食べる直前におろしましょう。

おろしと明太子をのせたら完成!

少量の油でも、必要な分はしっかり吸わせているので揚げたかのような仕上がりに。コツは、油をじっくり染み込ませ、中までしっかり加熱すること。難しい火加減などはなく、油の処理が不要な分、揚げるよりも手軽でいいですよ!これなら、ダイエット中や夜更けに食べても安心ですね。

明太子の量はお好みで加減してください。醤油やポン酢を垂らしてもいいですが、明太子の塩気で丁度よい味になります。

辛いものが好きな方は、仕上がりに七味唐辛子をまぶすのもおすすめ。すっきりとした口当たりの日本酒や焼酎、ビールがよく合いますよ。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

きゅうり おつまみ 鶏肉 鶏肉料理

「鶏胸肉のきゅうりのおかか煮」は、余ったきゅうりを消費するのにオススメのレシピです。熟しすぎたきゅうりは、そのまま食べるにはいまいちですよね。そんな持て余しがちなきゅうりをおいしく食べるには、きゅうりを「煮る…

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

レモン 〆ご飯

暑さでぐったりしちゃう日は、冷たいものが欲しくなりますね。汁物は余計に熱くなってしまうので、この時期は避けたいもの。でも水分不足に気をつけたい……そんな時にオススメな、爽やかな冷製スープのレシピをご紹介します…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

身近にある食材を使った家庭料理をベースに、センスのいいアイディアが光り、多くの年齢層から注目される料理家の飛田和緒さん。今回は飛田さんの常備菜レシピを集めてみました。東京から相模湾の近くに移り住みその生活スタ…

うどん レシピ まとめ

カルボナーラうどん、イタリアンうどんなど、アレンジうどんが話題になっています♪マンネリしがちだったうどんを、洋風・中華風などおしゃれにアレンジして、おいしくいただいちゃいましょう☆

大根 レシピ まとめ

よく飲食店でみるちょこんと食べ物の上にのっかった「もみじおろし」。これがまたいいお仕事をしますよね♪食をかきたてます!!暑い夏はもみじおろしを使って色々な料理にチャレンジしてさっぱりと食事しませんか?

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪そんなお酒にも合うなめろ…

レシピ アイスクリーム まとめ

甘酒というと、お正月に飲むものかな、ひな祭りに飲むのは白酒だったっけ...とか恥ずかしながらそんな知識でしたが古来は夏バテ対策に飲むものだったようですね。「飲む点滴」とも言われています。アイスにすると美味とい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ 唐揚げ まとめ

菊芋って、あまり聞きなれないですよね。まだまだ珍しい食材ですが、菊芋とはどんな野菜なのか、どんな食べ方ができるのかをご紹介。加熱して柔らかくするのもよし、生のままサラダにするのもよし!今回は菊芋を使った人気の…

レシピ

春から夏にかけて旬を迎える新じゃが。ほくほくとした食感が人気ですが、新じゃがは皮まで食べる?皮をむいて食べる?どちらもおいしくいただけますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、そんな新じゃがと皮の関係に…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る