ローディング中

Loading...

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

琥珀色のお酒「ブランデー」

ブランデーをお飲みになったことはありますか?最近は女性でもウィスキーが好きだという方が増えていますが、ブランデーを日常的に飲んでいらっしゃる方は、ほとんど聞きません。

ブランデーは、男性向きのお酒のようなイメージがありますが、果実酒を蒸留して作られるお酒なので、フルーティーなテイストを持っていて元になった果実酒の種類や製法によって、幅広いタイプがあります。スイーツにもたくさん使われているので、実は知らず知らずのうちに女性でもその風味をご存知の方も多いはず。

それでは、ブランデーの種類やおいしい飲み方について、まるごと詳しくご説明いたします。

そもそもブランデーとは

果実酒から作った蒸留酒

ブランデーは果実酒を蒸留して作られるお酒であり、果実酒には様々なフルーツが使われています。最も多くは白ブドウが使われていますが、他にもリンゴやサクランボ、洋ナシ、イチゴなどいろんなフルーツを原料としているブランデーもあります。

主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、長期間の熟成を待ちます。(熟成期間は5~8年、種類によっては25年以上熟成させるものも)。熟成させ過ぎたものは新しいものとブレンドして若返らせる場合もあります。

ブランデーの語源

ワインは有史以前から作られて来ましたが、ブランデーの歴史は比較的新しく、南仏アルマニャックでは15世紀ころ、今や世界に冠たるコニャックのブランデー造りは、フランスの中でも遅い方で、1番最初にコニャック地方でブランデーが企業により作られたのは1613年とされているようです。

ブランデーの語源は「焼いた(蒸留した)ワイン」という意味の「burnt wine」であり、ブランデーを世界に最初に広めたオランダの商品はブランデヴァイン(Brandewijn)と呼んでおり、後にイギリスで英語の訛りによってブランデーになったと言われています。

ちなみにフランスではブランデーと呼ばれることはあまりなく、オー・ド・ヴィー(命の水)と呼ばれています。日本においては明治時代の辞書に「葡萄地酒」と訳されています。

ブランデーとウィスキーは違う物?

原材料の違い

ブランデーとウィスキーの違いは何でしょうか?最も明確な違いは、原料の違いです。ウィスキーは穀類(大麦、ライ麦、トウモロコシ)を糖化・発酵・蒸留させ、木の樽で熟成を行ったお酒ですが、ブランデーは果物(白ブドウ、リンゴ、洋ナシ等々)を発酵・蒸留させたお酒です。

使用するフルーツの種類によってブランデーの呼び方や製造方法が変わってきます。ブドウ以外にも、アップルブランデーやチェリーブランデーなどもありますし、中にはぶどうの絞りかすを原料とした「グラッパ」や「マール」という種類のブランデーもあります。

原料以外にブランデーとウイスキーで違う所は「糖化」と「木製の樽」です。原料を発酵させるためには糖分が必要ですが、ブランデーの場合は果物に糖分が含まれているため糖化の必要がありません。ウイスキーの場合は原料が穀物なので、糖が含まれていないのために意図的に糖分を加えて糖化させる必要があります。

また、ウイスキーはどのウイスキーでも木製樽での熟成が必要ですが、ブランデーの場合は、コニャック・アルマニャック・カルヴァドス以外は木製樽を使用しないことがあります。木の香りを加えずに、素材であるフルーツの香りを活かしたい場合は木樽を使いません。

アルコール度数

同じ原材料を使ったお酒でも別の種類がありますね。例えばブドウを使ったお酒は、ワインとブランデーがあり、穀物を原料にしたお酒はビールとウイスキーがあります。同じ原料を使ったお酒でも、蒸留することによって水分が減るため、アルコール度数が極端に上昇します。

ワイン(アルコール度数は約14%)→ブランデー(アルコール度数は約40%)
ビール(アルコール度数は約5%)→ウイスキー(アルコール度数は約40%)


アルコール度数の変化だけでなく、味や香りも大きく変化します。
▼もっと詳しく知りたい人は!

ブランデーの種類

グレープブランデーとフルーツブランデーの違い

ブランデーは、原料や産地によって分けられますが、まず次の2つに大きく分けられます。

グレープブランデー
フルーツブランデー

これは、名前のとおり原料の違いによる分類です。ブドウを原料にしたものがグレープブランデーで、それ以外の果実を使ったものがフルーツブランデーです。

日本では「ブランデーにフルーツを漬け込んだお酒」をフルーツブランデーと呼ぶことがありますが、これはリキュールになりますのでここでは触れません。

コニャック

ブランデーの代名詞ともいえるのが、フランス産のコニャックです。知名度と人気が抜群に高く広く、知られています。フランスのコニャック地方で、定められた製法によって作られたブランデーがコニャックを名乗ることができます。コニャックの成功は、品質の高さに加えてボルドー北部の海に面した地理的な条件にあり、輸出の成功が大きいと言えます。

コニャックに使われるぶどうの品種はほとんどがユニブラン(別名サンテミリオン種)という品種です。単式蒸留を2回行い、フランス産のオーク樽による熟成を2年半以上行って製品化されます。これは「悪魔のお告げに従い、僧侶が2度の蒸留を試みた」という曰くつきのエピソードがあります。

コニャック地方は細かく6種類の地域に分かれており、それぞれでランクが異なり、ちょっとややこしいです。コニャックは、王侯貴族を始め今でも「社会的成功者の酒」というイメージは衰えておらず、ハイクラスなブランデーとしてますますその人気を高めています。

アルマニャック

コニャックと肩を並べるほどの高級ブランデーとして知られているのがアルマニャックです。フランスのアルマニャック地方で原産地呼称統制法(AOC)によって厳しく保護、管理されていて、その規定に沿って製造されたブランデーだけがアルマニャックを名乗ることができます。

アルマニャックの歴史は700年以上とコニャックを上回ります。食後酒として人気がある高級ブランデーで、男性的でフレッシュな風味が特徴です。

アルマニャックは、その多くがダム・ジャンヌと呼ばれる丸く膨らんだ、独特な形状の瓶に詰められており、未開封なら数年間の保存が可能です。芳醇な香りが漂い、若返りの妙薬とも言われており、食後酒として広く親しまれている琥珀色のリキュールです。

カルヴァドス

ノルマンディー地方の特産品であるリンゴを使ったシードルを蒸留して造ったものがカルヴァドスで、女性でも飲みやすいブランデーとして最近、人気が高まっています。カクテルやスイーツにも使われているので、比較的身近なブランデーと言えるかもしれません。

カルヴァドスの誕生は、1553年に貴族ジル・ド・グベルヴィルが、自らの果樹園で栽培したリンゴで作ったお酒に由来するとされています。1940年以降に原産地の呼称規制が厳しくなったことにより、ノルマンディー地方以外で作られる同様の蒸留酒は「カルヴァドス」と名乗ることはできなくなりました。

ピスコ

ピスコは南米のペルーで作られている、ブドウを原料とした無色透明のブドウの蒸留酒です。16世紀にブドウがカナリア諸島からペルーに持ち込まれ、気候等の条件が合っていたため栽培が盛んとなり、ピスコの製造が始まりました。

ピスコはジュース状にしたブドウを自然発酵させ、一般的な製法では樽熟成を行なわないため液色が透明なまま出荷されます。アルコール度数は42度もあります。さわやかな風味と優しい口合当たりが魅力で、カクテルのベースとしても人気のブランデーです。

キルシュヴァッサー

サクランボから作られた蒸留酒で、日本では略して単にキルシュと呼ばれることが多いですね。種子ごと潰したサクランボ(ドイツ語: Kirsche)を醗酵させ、6週間前後寝かせた後に蒸留した無色透明のスピリッツで、ドイツ・シュヴァルツヴァルト地方の名産品です。主に製菓やカクテル用に使われます。

キルシュヴァッサーのおすすめの飲み方はストレートです。北ドイツでは、ビールをチェイサーとして交互に飲みます。

フランボワーズ

フランス語で「木いちご」のことであり、英語では「ラズベリー」と言います。製菓には各種ハーブやハチミツなども加えられたリキュールがよく使われますが、ブランデーは他の果物とも相性がよいことが特徴です。

ドイツで伝統的に作られてきたトリュフやミルクチョコレート、スポンジケーキなどには最適で、その名を冠した甘酸っぱい「フランボワーズ」は生クリーム系のケーキとは全く違う味覚の大人のスイーツです。

スリヴォヴィッツ

スモモの一種ダムソン・プラムから造られる蒸留酒で、プラム・ブランデーと呼ばれることもあります。果実から造られる蒸留酒全般を指す言葉としてバルカン半島ではラキヤ、ハンガリーではパリンカと呼び、スリヴォヴィッツはそのひとつとみなされています。

スリヴォヴィッツは中欧および東欧のスラヴ諸国が中心ですが、アメリカでも生産されています。このプラムを原材料としたブランデーは香りも強く、独特の風味があります。

バラック・パリンカ

バラック・パリンカは、杏子(あんず)を原料として作られるブランデーです。

主にオーストリア、ハンガリー他東欧諸国で作られているアプリコット・ブランデーですが、単に杏子を漬けただけのリキュールもアプリコットブランデーと呼ばれているので、購入する際は注意が必要です。製造は木樽を使わず、杏子の風味を保ったままタンクで3年間もじっと熟成を待ちます。

ブランデーの定番&おいしい飲み方

ストレート

ブランデー本来の香り、味を楽しむならストレートが、いちばんです。スニフターと呼ばれる大きめのチューリップ型のグラスにブランデーを注ぎ、グラスを手のひらで包み込むようにして持ち、軽く静かに回します。手の体温がグラスに伝わって、ブランデーの芳香が立ちのぼって来ます。口に含んだら少し時間をかけて味を確認しましょう。

ロック

夏場など暑い時期には、氷を入れた方がおいしく感じられるものです。ゆっくりとステア(かき回す)すると香りが広がります。氷の大きさは、大きなものとクラッシュしたアイスでは、感じる味わいが異なります

水割り

ブランデーを水割りにするとまた違った表情を見せます。アルコール度数が下がってマイルドになり、ぐっと飲みやすくなります。加える水は軟水と硬水では含まれているミネラル分が違うので、味わいに微妙な差が出ます。日本の水のほとんどは軟水ですが、一般に洋酒には硬水が向いていると言われます。

ブランデーソーダ

ブランデーソーダは爽快感があって飲みやすくなります。ジントニックに使われるトニックウォーターで割って飲む方法もあります。相性がよく、ソーダとトニックの両方で割った「ソニック割り」もお試しください。
▼トニックウォーターって、なに?

ブランデーコーヒー

コーヒーにブランデー数滴をたらすカフェロワイヤルや、角砂糖にブランデーをたっぷり加えて火を付けてかき混ぜる飲み方があります。そのコーヒーの表面にバニラエッセンスを加えたホイップクリームをかけ、すりおろしたチョコレートを振り掛けるドイツ式の飲み方があります。

カクテル アレキサンダー

ブランデーの芳ばしい香りに、カカオのまろやかさと生クリームがマッチしたカクテルです。ブランデーをベースにクレーム・ド・カカオと生クリームを十分にシェイクし、カクテルグラスに注いで、すりおろしたナツメグを振りかけます。

ブランデーのためのグラス

一般的なブランデーグラスの特徴

ブランデーグラスは一般的に大き目で、胴が丸く張っています。それはグラスに香りを充満させるためです。ブランデーの量はショットくらいのして、ストレートで手のひらで包み込むようにして持つと、香りが立ちやすくなります。

実は小さめがおすすめ

最近では、違う形状のブランデーグラスが登場しています。サイズが小さめで、形状はくびれたところがあり、グラスのふちが外側に広がっています。揮発性を適度に抑え、比較的少ない量を細い流れで飲むことで、舌の刺激を抑えます。十分な熟成を経ていないブランデーの場合でも、口中では大変優しく口当たりがよく感じられます。

持ち方

ステレオタイプのブランデーグラスと違って、ワイングラスのようにステム(脚)部分が長いグラスの場合、ステム部分を持つことで、中身のブランデーを無駄に温めなくてすみます。体温で温めてしまうことでアルコールの揮発性を余分に強くしてしまい、ブランデー本来のアロマを活かすことが出来ないということが明らかになったからです。
▼さらに詳しくまとめています!

おすすめ銘柄を通販で注文

ヘネシー

世界を代表するブランデーの有名ブランドです。1765年の創業以来、技術と情熱を8世代に渡って受け継いでいます。厳選された畑の葡萄によるオー・ド・ヴィー(原酒)のみを使用し、最高の相性のブレンドを見つけ出しています。
ヘネシー

出典:楽天市場

ヘネシー V.S(ヘネシーV.S ヘネシー VS ヘネシーVS) 40度 並行 700ml あす楽

¥2570

楽天市場で購入

ルボアジェ

1805年創業で、「ナポレオン」の名を冠したコニャックメーカーの草分けです。コニャック地域の800以上のワイン生産者と密接な関係を育んでおり、最適なブドウを入手しています。フランスで最も高品質なオーク樽でじっくり熟成させ、特有の樽香を含ませた極上のコニャックに仕上げられています。
ルボアジェ

出典:楽天市場

クルボアジェ VSOP ブルーラベル 40度 並行 700ml あす楽

¥2595

楽天市場で購入

アルマニャック ラフォンタン

アルマニャックのノガロ地区にある名門で、ヴィンテージ・アルマニャックが有名であり、ひとつずつ手で瓶詰めを行っているのが特徴です。誕生日などのプレゼントとして人気があり、柔らかい口当たりとオレンジのような香りが特徴で、リーズナブルな価格で幅広い層から支持を集めています。
アルマニャック ラフォンタン

出典:楽天市場

[1985]年昭和60年生まれの方へ アルマニャック ラフォンタン [1985] 200ml 40度 (Armagnac

¥7799

楽天市場で購入

ブランデーをもっと楽しみましょう!

少し敷居が高い感じを受けるブランデーですが、水割りや炭酸で割って気軽に飲むこともできます。これまでの常識に捉われない新しい小型のグラスも販売されていて、歴史や伝統だけでなく、ブランデーは新たな時代を迎えようとしているのかもしれません。

女性でもスイーツなどではブランデーの味はご存知の方も多いので、今度は、ブランデーをダイレクトに味わってみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

イカ まとめ

佐賀県名物「呼子のイカ」を知っていますか?他のイカとどんな違いがあるの?と気になりますね。呼子のイカは、スーパーで買えるイカとは全く違います!今回は、佐賀県民が愛してやまない驚きの美味しさを持つ呼子のイカと、…

まとめ

奈良県の「イコマ製菓」が製造・販売している「レインボーラムネ」。幻のお菓子としていま大注目を浴びている人気絶頂の商品です。見た目や味、そして幻と呼ばれる理由や購入の仕方など、気になる情報について詳しくご紹介し…

神戸 お土産 お菓子 まとめ

本日ご紹介するのは神戸でおすすめのお土産ランキングTOP15です。チョコレートやクッキーなどのお菓子系はもちろん、プリンやチーズケーキなどのスイーツ、さらには豚まんや佃煮など、あらゆるジャンルの中から選りすぐ…

サーティワンアイスをモチーフとしたネイルアートが「まるで本物みたいでおいしそう♩」と大人気! 暑い夏も指先が涼しげで、とってもかわいいアイスクリーム柄のネイルだったら気分も乗ってくるかも!? そんな話題のネイ…

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

まとめ チョコレート フランス ベルギー

人気番組『マツコの知らない世界』で、楠田枝里子さんが登場し、この冬おすすめのチョコレートを紹介してくれました。フランスの新星ショコラティエや、フランスでも認められている日本人ショコラティエのチョコレートも♩バ…

トースト パン レシピ

かわいい朝食が簡単にできたら、忙しいママやOLさんにとってそんなうれしいことはないですよね。今回は、忙しい朝でも思わずにっこりしてしまうスーパーキュートな簡単メニュー!とてもかわいい「テディベアトースト」の作…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る