ローディング中

Loading...

日本ではなじみが薄いシェリー酒。シェリー酒は甘口から辛口まで様々なタイプがあり、食前や食後酒だけでなくデザートと共に味わう方法など、飲み方は多様です。そんなシェリー酒について、タイプ別に詳しい説明と味わい方、おすすめカクテルレシピもご紹介。

シェリー酒とは

酒精強化ワイン

シェリー酒はリキュールやスピリッツ(蒸留酒)と思われていることも多いようですが、フラメンコで有名なスペインのアンダルシア州で生産されている酒精強化ワインで、ポルトガルのポートワイン、マデイラワインと共に世界3大酒精強化ワインのひとつとされています。その酒精強化ワインとは何でしょうか?

スペイン南部アンダルシア地方が生産地で呼称統制があり、地元のブドウを用いて、この地方で製造されたワインのみが「シェリー酒」と名乗ることを許されています。使われるブドウの品種はパロミノ、ペドロ・ヒメネスで、いずれも白ワイン品種です。いずれもソレラ・システムという独特の熟成手法がとられています。

ワインとの違い

酒精強化ワインは、醸造過程でアルコールを添加してアルコール度数を高めたもののこと。スペインのイベリア半島など、気温が高く温度管理がむずかしい地域で酸化や腐敗防止などを目的とした技術であると共に、個性的な味わいのワイン。その優れた保存性から、長時間を要する船便による輸送にも向いています。

酒精強化は、ワインのアルコール度数が一定量を超えると酵母の働きが止まる現象を利用しており、添加アルコールにはブランデーが多く用いられています。通常のワインのアルコール度数がおよそ10~14度であるのに対し、酒精強化ワインは15~22度前後。しかも香り豊かなブランデーが加えられることで、ワイン+ブランデーという独特な製法による風味を生み出しています。

製法は独特で、酒精強化したワインをオーク樽の4分の3程度に満たし、あえて樽内の上部に空間を持たせます。これによってワインの液表面にフロールという特殊な酵母の膜(酸膜酵母)が張りワインの熟成が緩慢になるため非常にフレッシュでナッツのような香ばしい風味を持った、独特な味わいのワインができ上がります。

シェリー酒の意味

シェリー酒は食前酒として有名ですが、名前の由来には2つの説があります。シェリー酒が生まれた町の名前は「ヘレツ・デ・ラ・フロンテラ」といい、「ヘレツ」(Jerez)を英語読みすると「ジェレツ」となり、これがなまって「シェリー」となったという説。

もうひとつは「ヘレツ」ではなく「ヘレス」だったという説で、主な輸出先であったイギリスでは「セレス」の「ス」を複数形の意味だと勘違いしたことで「セレス」の単数形が「セレ」だと考えられ、それがなまって「シェリ-」となったという説です。

誤解から生じた名称なのでしょうか?面白いエピソードですね。

シェリー酒の白ぶどうの種類

シェリー酒は長い歴史を経て、アフリカに近い高温な南ヨーロッパのスペインという自然環境で、特別な製法によって出来上がったワインです。

使用されるぶどう品種や醸造方法、熟成法により、異なったタイプのワインになります。シェリー酒には幅広いバリエーションがあり、「シェリー酒」という総合名詞には、世界中のシェリー酒ファンが愛してやまない共通のアイデンティティが存在します。

主な3つの品種

シェリー酒には3種類のブドウ品種のみが使われます。甘さのタイプ別に使用品種をご説明いたします。

ビノ・ヘネロソ(ドライタイプ)
シェリーに使用されるブドウは白ブドウのみであり、3種類のブドウだけが認定されています。その中でも栽培面積の約90%を占めているのが、パロミノ種です。辛口のシェリー酒はパロミノ種のみで生産されています。麦わら、もしくは淡い金色。シャープでデリケートなアーモンドのような香りで辛口ながら軽い口当たり。アルコール度数は15度~17度。日本でもおなじみのゴンサレス・ビアス社の「ティオ・ペペ」が辛口シェリーの代名詞的な存在です。

ビノ・ドゥルセ・ナトゥラル(スイートタイプ)
ビノ・ドゥルセ・ナトゥラルは、甘味系品種であるペドロ・ヒメネス種かモスカテル種のぶどうを過熟、もしくは天日干しにして干しぶどうの状態にして糖分が増加。大気中の酸素と直接触れながら熟成。これにより深いマホガニー色がつき、濃度も増してゆきます。

ビノ・ヘネロソ・エ・リコール(ゼミドライタイプ)
ビノ・ヘネロソ(辛口)とビノ・ドゥルセ・ナトゥラル(甘口)をブレンドしたものです。
ブレンドの割合によって、いろいろな段階に甘さ・辛さの調整が可能です。

シェリー酒のタイプ

辛口で軽い口当たり「Fino(フィノ)」

美しい金色でシャープな辛口で軽い口当たり。デリケートなアーモンドのような香り。冬の訪れとともに固形物はタンクの底に沈み、透明できれいなワインになります。“フロール”と呼ばれる膜が樽の中でワインの表面を完全に被い続けます。この膜はワインを空気から遮断し、酸化を防いでくれる働きをします。蒸留酒を使ってフィノは15度までアルコール度を上げます。

アルコール度:15度~17度

辛口で重厚な味わい「Oloroso(オロロソ)」

こちらはアルコール度が高いためフロールが生育できません。この遮断膜が消えると、ワインは常に酸素と接することになります。辛口で琥珀色からマホガニーのような深みのある色あい。木樽やナッツを思わせる華やかな香りが特徴的で、スペイン語で「匂い」を意味する”オロール”に由来します。フルボディで充実度の高いワインです。

アルコール度:17度~22度

軽やかな風味「Amontilado(アモンティリャード) 」

アモンティリャードはパロミノ種のぶどうから造られ、2段階の熟成をたどる、とてもユニークな製法のワインです。まず典型的なフィノやマンサニーリャ同様にフロールの膜の下で最初の熟成が行われ、その後にフロールが消えて空気にさらされ熟成します。生物学的熟成と酸化熟成という2段階の熟成過程を経ることによって、特別に複雑で魅力的なワインにしているのです。

深く光沢のある黒色で、ブーケは極めて豊か。レーズンやイチジクなどのドライフルーツの香りが支配的で、ハチミツやジャムなどのアロマと同時にコーヒーやダークチョコレート、ココアのような複雑な香りがします。まるでシロップのような強い甘さにもかかわらず、その高い糖度を和らげるのに十分な酸味があって、さわやかな余韻が長く続きます。

アルコール度:16度~22度

深い香りと濃厚な味わい「Pedro Ximenez(ペドロヒメネス)」

ペドロ・ヒメネスは、おそらく世界で最も甘口のワインでしょう。非常に高く凝縮した糖分を得るために過熟し、天日干しされたブドウから作られます。酸化熟成されたワインは、フレッシュなブドウ品種の個性を残しながら、凝縮された素晴らしい香りと複雑な味わいを与えてくれます。

アルコール度:15度~22度

ほのかな甘さ「Pale Cream(ペイル・クリーム)」

長い伝統のあるブレンドされたシェリーと違って、ペール・クリームは1960年代に法改正によって原産地呼称に加った比較的新しいカテゴリーのシェリー酒です。

麦わら色から淡い金色までの明るい色調。フロールの下で生育して、ライトで活々とした酸があり辛口の感覚が引き立ちます。やわらかな甘味と滑らかさが特徴の飲みやすいシェリー酒です。

アルコール度:15.5度~22度

シェリー酒の飲み方

日本では、シェリー酒は食前酒として飲まれることが多いのですが、糖度が高いので食後に飲む他、カクテルのベースとしてもおすすめです。甘口だけでなく、さわやかな辛口タイプもありますのでお料理との相性もよく、カクテルのベースにも使われます。いくつかシェリーベースのカクテルをご紹介しましょう。

レブヒート

作り方は簡単です。ドライ・シェリーをタンブラーに注ぎ、炭酸飲料で満たして軽くステアするだけ。お好みでライムやミントを添えて。シェリーと炭酸を1:2または1:1で注いでもよく、炭酸水以外にジンジャーエールや、フレーバーと甘味入りの炭酸飲料を使って作ることもあります。

アドニス

シェリー酒をカクテルグラスの2/3、ベルモット・ロッソ(赤)を1/3、オレンジビターズを1ダッシュ注いで作るカクテル。

アドニスとはギリシア神話に登場してくる美少年の名前で、1900年代の初頭にはすでにレシピが完成していたと言われています。アぺリティフ(食前酒)としても人気が高い、シェリー酒の風味を楽しめるカクテルの傑作です。

バンブー

シェリー酒をグラスの2/3、ベルモット・エクストラドライ1/3、オレンジビターズを1ダッシュ注いで作ります。

明治時代横浜ニューグランドホテルのチーフ・バーテンダー、ルイス・エッピンガー氏の考案したと言われています。スイートベルモットをドライベルモットに変え、その名も日本の“竹”をイメージしてつくられたカクテルです。

キリッとクリアな味わいは、横浜を訪れる外国人来航者によって人気を得てヨーロッパにへ。やがてニューヨークにまで海を渡って評判が伝わり、今もアメリカでは「食前酒としてパーフェクトな味わい!」という声も多いのだとか。清酒と同じ程度のアルコール度数が和食にもよくあい、ほどよい辛口が食欲をそそります。

シェリー酒の楽しみ方

シェリー酒は、辛口から極甘口まで多様な味わいを持つワインです。多くのタイプがあるので、いろんなお料理との相性を楽しめます。

フィノやマンサニーリャ
オードブルやタパス、マイルドなチーズなどに合います。特に魚介のフライはシェリー酒産地の得意料理。

アモンティリャ―ド
各種スープやコンソメ、白身肉、青身魚を各種ソースで調理したものや熟成タイプのチーズと好相性。中華系のソースともマッチします。

オロロソ
ジビエや赤身肉などしっかりした味の煮込み、熟成タイプのチーズに合わせるのがおすすめ。

ペイル・クリーム
フォアグラやフレッシュ・フルーツ、そして中華の辛口およびスパイシーな料理や甘辛ソース味のものとどうぞ。クリームはボディと甘さがあるため、デザート類にも合うシェリーです。

ペドロ・ヒメネス
どんなデザートにも合わせやすいペドロ・ヒメネス。アイスクリームのソースにもなりますし、チョコレート系スイーツやブルーチーズにも合います。

おすすめのシェリー酒を通販で注文!

ゴンザレス ソレラ 1847 クリームシェリー

ゴンザレス ソレラ 1847 クリームシェリー

出典:楽天市場

ゴンザレス ソレラ 1847 クリーム シェリー 18度 750ml

¥2280

楽天市場で購入
ゴンザレス・ビアス社は1835年創設。このブランド名は、1847年にこのシェリー専用のソレラ(熟成・ブレンドシステム)が設置されたことに由来します。輝きのあるマホガニー色をしています。甘口でリッチな味わいをしており、干し葡萄、スパイスを連想させる深みのある香りがします。甘口でビロードのようになめらかな味わいは、デザートワインやナイトキャップに良く合います。

ゴンザレス・ティオペペ

ティオ・ペペとはスペイン語で、ペペ叔父さんという意味。創業者のマヌエル・マリア・ゴンザレスの叔父、ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャのことを指しています。

ゴンザレス・ビアス社の自社畑の石灰分の含有量の多い、真っ白な土壌で育ったパロミノ品種から造られる辛口のシェリー酒です。淡く黄金色に輝く優雅な色合いに、シェリー特有の香りが特徴です。世界中のレストランで食前酒の定番として選ばれています。
ゴンザレス・ティオペペ

出典:楽天市場

シェリー酒の代表銘柄! ゴンザレス・ティオペペ 750ml 15度 (ドライシェリー辛口・白) Tio Pepe kaw

¥1274

楽天市場で購入

シェリー酒の魅力をご堪能あれ!

シェリー酒は、世界的にも独特な製造法による稀有な存在です。一般的なワインとは大きく異なり、その魅力は多くの人を惹き付けてやみません。

食前酒・食後酒、あるいはデザートにも使われて、その魅力は留まるところを知りません。甘口から辛口まで様々なタイプがあり、きっとお好みのテイストが見つかるでしょう。シェリー酒は、日本ではまだあまり広く知られていませんが、例えば、中華料理にシェリー酒を合わせるなど、もっと楽しまれてはいかがでしょうか?

余談ですが、女性が「シェリー酒を飲みたいわ」と男性につぶやいたら、愛の告白(今夜は帰りたくないの意)がありますので、誤解されないように気をつけてくださいね。
▼あのお酒って結局どんなもの?知識が増える記事はコチラ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブロッコリー レシピ サラダ まとめ

エビとブロッコリーを使った、おすすめのレシピを20選してご紹介します。定番のパスタから炒めもの、サラダまで大きく4つに分け、各5レシピずつをピックアップしました。エビ×ブロッコリーを使った料理のレパートリーを…

ハヤシライス レシピ

マイルドでコク深い「ハヤシライス」は、子どもから大人まで大人気の料理!今回は、市販のルーを使わずにトマト缶で作る、本格ハヤシライスのレシピをご紹介します。余った次の日は、ドリアやグラタン、コロッケにリメイクで…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ サラダ

ダイエット中でも、安心して食べられるマヨネーズ不使用、低カロリーのサラダのレシピです。具材は栄養豊富なアボカドと茹で卵。シンプルですが、驚く程美味しく頂けます。トーストの上に乗せても、サンドイッチの具としても…

レシピ パンケーキ チーズ

パンケーキと言えば甘いものがほとんどですが、今回は残り物のマッシュポテトを再利用した、甘くないおかず系のパンケーキの作り方をご紹介します。マッシュポテトとチーズ入りで、さっぱりとした味わいは サワークリームと…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る