ローディング中

Loading...

固ゆで、半熟、とろとろ…、ゆで卵の好みの固さはひとそれぞれ。基本の作り方を今一度おさらいしてみませんか?ゆで卵の作り方の基本を、「水から」と「お湯から」の方法別にご紹介します。きれいに殻をむくポイントもあわせて参考にしてくださいね!

ゆで卵の基本の作り方

ゆで卵の基本の作り方

Photo by macaroni

ゆで卵、皆さんはどうやって作っていますか?茹でるときに卵を鍋に入れるタイミングは、水からの状態か、沸騰させた状態か、どちらがベストなのでしょうか。それぞれ、茹で時間はどのくらい必要なのでしょうか?

半熟から固ゆでまで、茹で時間によって出来上がりはいろいろですが、お好みの固さにゆで上げる茹で時間を聞かれると、パッと答えられないこともありますよね。また、ゆで卵作りの仕上げは、殻をむいて卵の中身を取り出すことですが、お料理の見た目を大きく左右してしまうのに、これがなかなか難しいものです。せっかくこだわりの固さに茹で上げた卵、キレイにむきたいですよね。

今回は、ゆで卵をお好みの固さに茹でる方法や、意外と難しい殻のむき方のポイントをご紹介します。きっと失敗なく作れるようになりますよ!

茹で時間の基本的な目安

茹で時間の基本的な目安

Photo by macaroni

まずは、基本的な卵の茹で時間を確認していきましょう!

一般的に卵を茹でる場合は、鍋にお湯を沸かし、卵を入れて再沸騰させた時点から時間を計り始めます。固ゆでの場合の茹で時間は11~12分程度です。半熟にしたい場合はおよそ7~9分とろとろ卵にしたい場合はおよそ5〜6分が茹で時間の目安となります。タイマーなどできっちり時間を計って茹でるようにしましょう。

特に半熟かとろとろ卵に仕上げたいときは、茹で時間をしっかりと理解していることが重要になります。これで包丁を入れる瞬間の緊張感もなくなり、安心してお料理ができますね!ただし、茹で時間は、あくまで目安の時間です。火力や使用する機器によって、茹で時間は調節が必要ですのでご注意ください。

基本の作り方【水から茹でる方法】

茹で方

卵が完全に浸るまで水を注ぐ

Photo by macaroni

1. 鍋に卵を入れます。卵が完全に浸るまで水を注ぎ入れ、少量の塩を入れます。塩を入れることで、殻が割れてしまっても白身が飛び出してくるのを防ぐことができます。塩の代わりに酢を使うのもいいでしょう。
茹でている間に時々菜箸でころころ転がす

Photo by macaroni

2. 黄身が真ん中に来るように仕上げたいときは、茹でている間に時々菜箸でころころ転がすようにします。
さらに12分ほど茹でます

Photo by macaroni

3. 沸騰したら火加減を弱め、弱火~中火にします。ここからさらに12分ほど茹でます。
茹で終わったらすぐに冷水にとり、しっかり冷やします

Photo by macaroni

4. 茹で終わったらすぐに冷水にとり、しっかり冷やします。

半熟にするときの茹で時間

卵を入れ、再沸騰させてから火加減を弱め、8~9分茹でます。茹で上がったら、すばやく冷水にとりましょう。放置していると余熱で黄身が固まってしまうので、茹で上がったら素早く冷水に入れてくださいね。

とろとろ卵にするときの茹で時間

卵を入れ、再沸騰させてから火加減を弱め、5~6分茹でます。半熟卵同様、茹で上がったらすぐに冷水にとりましょう。
▼電子レンジでもゆで卵は簡単につくれちゃうんです!

基本の作り方【お湯から茹でる方法】

茹で方

お湯から卵を茹でる方法

Photo by macaroni

1. 卵を冷蔵庫に入れている場合は、室温に戻しておきます。鍋に水を入れ、白身が飛び出さないように少量の塩または酢を加えたら、火にかけます。
沸騰した湯に卵を入れる

Photo by macaroni

2. 沸騰したところに、卵を1つずつおたまや大きめのスプーンにのせて、静かに入れていきます。
再び沸騰したら火加減を弱めて、12分

Photo by macaroni

3. 再び沸騰したら火加減を弱めて、11〜12分ほど茹でます。
茹で上がったら冷水につけて冷やします。

Photo by macaroni

4. 茹で上がったら冷水につけて冷やします。

半熟にするときの茹で時間

卵を入れ、再沸騰させてから火加減を弱め、7~8分茹でます。茹で上がったら、すぐに冷水にとります。

とろとろ卵にするときの茹で時間

卵を入れ、再沸騰させてから火加減を弱め、5~6分茹でます。茹で上がったら、すぐに冷水にとります。
▼これは便利!わずかなお水で茹でる方法がこちら

ゆで卵の上手な殻のむき方

ここまで基本のゆで卵の作り方を確認してきました。ですが、最後の難関といえば上手に殻がむけるかどうか、ですよね。特に半熟やとろとろの状態に茹で上げたときは、かなり慎重にむかないと白身がちぎれて黄身がでてきてしまうことも……。

せっかく上手く茹でることができても、殻をむく段階で白身が薄皮からキレイに離れず、ボロボロになってしまっては台無しですよね。次は、つるんときれいなゆで卵を完成させるために、殻のむき方をチェックしていきましょう!

茹でた後すぐに冷水にとる

茹で上がり後すぐに冷水に取る

Photo by macaroni

茹で上がった卵は、すぐに冷水または氷水ににとりましょう。急速に冷やすことによって殻も卵の中身も縮みますが、殻よりも中身のほうが縮みやすいため、殻の内側にある薄皮と中身の間に隙間ができます。これにより、むきやすくなるのです。

できるだけ早く卵を冷やすことが重要なので、冷たい水を使うことがツルンとむけるポイントです!きちんと冷えていることを確認してから、殻をむくようにしましょう。

茹でる前に、卵のおしりにヒビを入れる

茹でる前に、卵のおしりにヒビを入れる

Photo by macaroni

茹でる前の卵に小さなヒビをつけてしまうのもおすすめです。そんなことをして大丈夫なのかな?と心配になる方もいるかもしれませんが、大丈夫!

卵のおしり側には、「気室」と呼ばれる空気が入った空間があり、その場所に軽くヒビを入れると、卵の中身と殻の間に水が入るので、殻がむけやすくなるのです。ちなみに、卵のお尻側は、先端がより丸みを帯びている方のことをいいます。

この方法のポイントとしては、スプーンなどを使って軽く卵のおしりの部分を叩いて、わずかにヒビを入れること。あとは、いつも通りに卵を茹でていきましょう。冷水にとりしっかり冷やしてからむくのも忘れずに!

基本を押さえて、キレイなゆで卵を作ろう!

ゆで卵の作り方をマスター

Photo by macaroni

今回はゆで卵の作り方の基本をおさらいしました。ゆで卵はお料理の基本中の基本と言えますが、なんとなく作っている方も多いのではないでしょうか?なかなか思ったような茹で具合に仕上がらないと悩んでいる方は、基本的な作り方をもう一度確認して成功させましょう!

また、なんとなく苦手意識のあるゆで卵のむき方にもテクニックがありました。お料理を盛り付けるときにも活躍するゆで卵がキレイに仕上がっていると、見た目にもおいしく見えます。ワンポイントにもなるゆで卵をきれいに完成させるためにも、上手なむき方を習得して失敗のないようにしたいものですね。

ゆで卵を上手に作れるようになって、お料理をもっと楽しんでいきましょう!
▼今日はゆで卵が主役!おしゃれ&かわいいレシピはこちら!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

スープ レシピ まとめ

玉ねぎのスープといえば、定番なのはじっくり時間をかけて作るオニオンスープですよね。でも忙しい中で手間のかかるスープを作るのは大変です。今回は、手軽に作れる玉ねぎスープレシピをご紹介します。玉ねぎを丸ごと使った…

お菓子 レシピ 甘酒 まとめ

おいしい甘酒に欠かせない酒粕ですが甘酒以外のレシピに挑戦したことはありますか?酒粕の香りを活かした、おつまみ、煮物、粕漬けなど、おすすめレシピ25選をご紹介します!使いきれなくなった酒粕、ぜひおいしく料理して…

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

ブロッコリー レシピ サラダ まとめ

エビとブロッコリーを使った、おすすめのレシピを20選してご紹介します。定番のパスタから炒めもの、サラダまで大きく4つに分け、各5レシピずつをピックアップしました。エビ×ブロッコリーを使った料理のレパートリーを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

レシピ まとめ

おせち料理はもう食べ終わりましたか?たくさんある料理の中でもよく余ってしまうのが「数の子」。数の子は高価で貴重品なので捨てるのはもったいない。おいしくリメイクしてみませんか?パスタや簡単おつまみなど、おいしい…

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

レシピ おつまみ まとめ アレンジレシピ

ポテトチップそのまま食べてもおいしくてついつい食べすぎちゃいます。でも、コストコのポテチ大袋!アメリカンサイズ!!もてあます事ありません?ポテトチップをお料理に使って一気に消費!大丈夫♡だっておいもが原料です…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

そば 和食 埼玉

普段私たちが食べているそばの多くが「二八そば」。そば専門店でもほとんどが二八そばを提供しています。この二八そばとは一体どんなそばなのか?「二八」という数字にまつわる秘密や二八そばがおいしいおそば屋さんも合わせ…

使い勝手の良いカフェオレボウル。おしゃれなデザインが増え、アンティーク柄も大人気!また、色んな使い方ができるとあって、おうちに飾る人が増えています。今回は食卓やおうちが華やかになるカフェオレボウルの使い方をご…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る