ローディング中

Loading...

農家の人がオススメするとうもろこしの茹で方をご存じですか?それは、皮ごとレンジで加熱する方法!この記事では、レンジでの加熱時間や、作り方のコツをご紹介。皮なしとうもろこしの調理方法も合わせてチェックしてみてくださいね♩

とうもろこしを皮ごとレンジで加熱!

とうもろこしを皮ごとレンジで加熱!

Photo by macaroni

6月~9月はとうもろこしのシーズン!スーパーや八百屋へ行けば、たくさんのとうもろこしが並んでいるのを目にしますよね。この時期に購入できる新鮮なとうもろこしは、糖度がとっても高く、おやつにもぴったりです。

そんなおいしいとうもろこしではありますが、調理が面倒だという人もいるのでは。食べたくなって買ってきたはいいけれど、どうやって調理するか悩んだり。また、とうもろこしの旬は気温が高い季節ですから、お鍋でグツグツお湯を沸かして茹でることに面倒を覚えてしまうこともありますよね。
とうもろこしを皮ごとレンジで加熱!

Photo by macaroni

今回ご紹介するのは、そんなあなたにおすすめしたい、とうもろこしの調理法!農家の方がとうもろこしを食べる時に行うというその方法は、皮ごとレンジで加熱するというもの。テレビや雑誌でも何度か取り上げられ、茹で上がりのおいしさと手軽さが話題になりました。
ちなみに、お店に並ぶたくさんのとうもろこしからおいしいものを見つけるには、まずひげの数をチェックしましょう。ひげの数は実の数と比例するので、ボリュームのあるものを探してくださいね。さらに黒褐色になっているのは完熟している証拠!
とっておきの1本を見つけたら、さっそく調理を始めましょう♩

どうしてオススメなの?

どうしてオススメなの?

Photo by macaroni

とうもろこしを皮ごとレンジで調理する方法には、いろいろとメリットがあるんですよ。ひとつは、おいしく仕上がるという点。

実は、とうもろこしというのはとってもデリケートな野菜で、皮をむいた瞬間からどんどん糖度が下がってしまいます。皮をはずさずそのままレンジで温めることで、糖度を下げることなく調理ができるだけでなく、旨味が凝縮され、糖度(甘さ)の高い茹で上がりに!
また、お湯で茹でるとせっかくの栄養分が損なわれてしまいますが、レンジでの加熱ならそういうこともありません。さらに、レンジ加熱後はヒゲが取りやすくなり、面倒が少なくなります。

買ってきたとうもろこしをそのままレンジでチンするだけなので、余計なゴミが出ませんから、環境にもやさしいですね♩

農家直伝!基本の加熱方法

農家直伝!基本の加熱方法

Photo by macaroni

とうもろこしの調理法といえば、沸騰したお湯で茹でるのが一般的ですが、ここ最近はテレビでも何度かレンジを使うこの方法が紹介され、とうもろこし生産者にもこの方法でとうもろこしを食べている人が多いということで話題を集めました。
具体的に、どんな風に加熱すればいいのか、気になる方法をお教えします!

材料

皮付きとうもろこし……1本

作り方

作り方

Photo by macaroni

①皮がついたままのとうもろこしをお皿にのせて、電子レンジ(500w)で5分程度加熱します。
作り方

Photo by macaroni

②茎と葉のつけ根から約2cmの部分を切り取ってください。そうすることで、加熱後スルっと実の部分を取り出すことができます。
作り方

Photo by macaroni

③ヒゲを持ちながらとうもろこしを軽く振り、実を取り出します。本当に簡単に皮から実がはなれますよ。
作り方

Photo by macaroni

④実がきれいに落ちたら完成!面倒な皮むきの手間が省けますし、加熱後のとうもろこしはヒゲを簡単に落とせるので、一石二鳥なんですよ。

ラップで巻いてレンジで加熱する方法

ラップで巻いてレンジで加熱する方法

Photo by macaroni

とうもろこしを皮ごと加熱することに抵抗があるという方には、皮を剥いてからラップで巻いて、電子レンジで加熱する方法がオススメです。その場合は、軽く水洗いをしたあとに、水分を拭きとらずにラップで包み、500Wで4分ほど加熱すればできあがり!
ラップで包んでいるので加熱後そのまま保存できますから、子どものおやつを朝のうちに準備しておきたい時や、夜食用に作り置きしておきたい時などにもオススメです。

皮ごと調理する場合と同じく、とっても手軽な方法ですが、レンジで加熱後、常温になるまで冷ます必要がありますので、少し余裕をもって調理を始めるようにしましょう。
▼詳しい手順は以下の記事でご確認いただけます。

皮ごと加熱でおいしさの違いを実感しよう!

皮ごと加熱でおいしさの違いを実感しよう!

Photo by macaroni

皮ごと電子レンジで加熱したとうもろこしとお湯で茹でたとうもろこしの糖度を計ると、レンジで加熱した方が糖度が高いという結果になるそうです。数字でもはっきりと結果がでているので、食べてみればすぐに甘さの違いを実感できますよ!
せっかく買った新鮮なとうもろこし、どうせならそのおいしさを最大限に楽しみたいですよね。農家の方もオススメする、とうもろこしを皮ごと電子レンジで加熱する方法、ぜひ試してみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

パスタの茹で方の定番アルデンテ。最もパスタを美味しく食べられる茹で方とも言われていますが、どれくらい茹で時間が最適なアルデンテなのでしょう?茹で方や茹で時間、時短の仕方やパスタの種類によるやり方など、アルデン…

半熟卵を作るとき、お鍋を使うのを面倒に感じたことはありませんか?今回は、レンジを使った作り方をご紹介!500Wで約1分温めるだけであっという間にできあがります。便利な100均アイテムを使った方法もあわせてチェ…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

とうもろこし

とうもろこしは、レンジで簡単調理がおすすめ!わずかな加熱時間で作れるので、鍋で茹でるよりも時短で手軽に楽しめます。この記事では、とうもろこしを皮ごと調理する方法と、皮なしでラップを使う方法の、調理時間や作り方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 寿司 まとめ

もうすぐひな祭りですね♫ひな祭りといえばちらし寿司!まだ少し時間がありますが、今年のちらし寿司はいつもと少し違ったおしゃれなものにしてみませんか?今回は見た目もとっても可愛くておしゃれなちらし寿司をご紹介しま…

レシピ まとめ

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち。そこで今回は暑い夏を乗り切るスタミナ料理のレシピをご紹介します。鶏肉やにんにくなどの食材を使った簡単レシピは、すぐに真似できますよ。夏風邪も防いで元気に過ごしま…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

レシピ まとめ カフェ

syunkonでおなじみの人気料理ブロガー、山本ゆりさんをご存知ですか?彼女のレシピは多くの人から支持され、ブログも本になって200万部突破の大ヒットを記録するほど。そんな山本さんのカフェ風ごはんからおすすめ…

サラダ おつまみ レシピ まとめ

お酒もできればヘルシーに楽しみたい!それにはおつまみ選びも大きなポイント。そこで今回はおつまみサラダのレシピをご紹介。お肉やチーズなど脂っこいものにかたよりがちですが、サラダなら安心ですよね。ぜひご家庭にある…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ちゃんこ鍋 東京 まとめ

相撲部屋の料理として有名な「ちゃんこ鍋」ですが、実際に食べる機会は少なく、全く経験がないという方もいらっしゃるでしょう。どのお店を選んだらよいか迷ってしまいますね。ちゃんこ鍋がおいしい、おすすめのお店を選んで…

カレー ハロウィン レシピ

いろいろな場所で、今年も大がかりなフェスやパレードが行われ盛り上がりそうなハロウィン。でも、おうちでのハロウィンパーティもいいものです。今年は、子どもも大人も一緒に楽しめる「おばけカレー」でハロウィンを彩って…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る