ローディング中

Loading...

苦みの強いビールが苦手でも、シャンディガフは好きな人も多いですね。今回は、シャンディガフとはどのようなカクテルなのか、くわしい情報をお届けします。シャンディガフの作り方を参考に、お家でカクテルパーティを楽しみましょう。

シャンディガフとは

シャンディガフは、飲み口の良さが魅力のカクテルの名前です。では、シャンディガフの材料は何でしょうか。また、いつ頃から飲まれているのでしょう。

今回は、シャンディガフについてくわしくご紹介します。シャンディガフが好きな人なら喜んでいただけるであろうビールベースのカクテルもまとめてみました。いろいろなカクテルをお家で作って、みんなでワイワイ楽しみましょう。

ビールベースのカクテル

みなさんは、シャンディガフを知っていますか?シャンディガフとは、ビールをベースにしたカクテルで、ビールをジンジャーエールで割ったものです。

ビール特有の苦みをジンジャエールが和らげてくれるため、ビールが苦手な人でも飲みやすい女性に人気のカクテルですよ。

シャンディガフの由来

シャンディガフは、イギリスのパブで古くから親しまれているカクテルです。名前の由来は不明ですが、昔は黒ビールにジンジャーエールを合わせて飲まれていたようです。その頃のシャンディガフのレシピは、エールビールとジンジャービアでした。今でもイギリスのパブでは、シャンディと呼ばれポピュラーな飲み物です。

また、フランスには、ビールを透明な炭酸飲料かレモネードで割った「パナシェ」という有名なカクテルがあります。このパナシェもイギリスではシャンディと呼ばれます。

カロリー

シャンディガフは口当たりが良く、女性に人気のカクテルですね。何杯でも飲みたくなりますが、カロリーはいったいどれくらいあるのでしょうか。

シャンディガフの一般的なカロリーは、グラス1杯で75キロカロリーです。一般的なレモンサワーがグラス1杯170キロカロリーですから、比較的低カロリーなカクテルと言えますね。

ジンジャービアとの違い

シャンディガフと同じジンジャーを使った飲み物にジンジャービアがあります。シャンディガフとジンジャービアは同じ飲み物でしょうか?答えは「NO」です。大きな違いはアルコール度数ジンジャービアはビアという名前ではありますが、アルコール度数は1%未満でノンアルコールとして販売されています。

ジンジャービアの原材料は、ショウガ・砂糖・水で、これらに酵母を加えて作ります。原材料を見るとアルコール飲料のようですが、日本では酒税法上アルコール度数1%未満は、お酒とみなしません。そのため、現在店頭で販売されているジンジャービアはノンアルコールとして販売されています。

これに対して、シャンディガフはアルコール度数の高いカクテルです。このように、シャンディガフとジンジャービアの大きな違いはアルコールの差にあるのです。

シャンディガフの作り方

シャンディガフはとてもおしゃれなカクテルですが、お家でも材料を用意すれば簡単に作ることができます。ビールばかりで飽きてしまったら、シャンディガフを作ってみましょう。おいしい作り方を知って、自分好みのシャンディガフを楽しんでみてください。

材料

材料は「ジンジャーエール」と「ビール」。この2つだけでシャンディガフが完成します。

一言でジンジャーエールと言っても、メーカーによって味が変わります。炭酸が強い商品や、軽い飲み口で爽快感がある商品、甘みが強い商品などお好みで選ぶといいでしょう。

そして、ビールの種類も多く販売されています。シャンディガフを本格的な味に近づけるためには、イギリス産のビールを使用してみるのがおすすめ。日本で手に入りやすいイギリス産エールビールは「バス・ペールエール」です。ぜひ試してみてください。

お好みのシャンディガフに近づけるように、色々な組み合わせを楽しんでみるといいですね!

作り方

冷やしたビールグラスにビールをグラス半分くらい注ぎます。そして、ジンジャーエールをそそぎ軽くかき混ぜたら完成です。

おいしくなるポイントは、グラスを”冷やす”ことです。シャンディガフは、氷を入れないカクテルです。常温のグラスで作ると液体温度はグングン上昇します。特に夏場の常温グラスは27度~30度位と言われていますから、そんな高温のグラスを使うと生温いシャンディガフになってしまいますね。

冷やしたグラスがない時は、氷を使って瞬時に冷やすことができます。まず、グラスの縁までたっぷりと氷を入れます。しばらくすると、グラス表面に霜が付き始めますから、これが冷えたサインです!キンキンに冷えた状態でシャンディガフが作れますよ。

ビールとジンジャエールの割合

では、ビールとジンジャエールのベストな割合はどれくらいでしょうか。ビールとジンジャーエールの割合は1:1がちょうどよいとされています。お好みによってジンジャエールを多めにしてもおいしいですよ。

ジンジャーエールの「カナダドライ」を使用すると、軽くサッパリとしたテイストになり、グイグイ飲める味わいになりますよ。「ウィルキンソン」を使用した場合は、炭酸と風味がしっかりした辛口テイストに。「ウィルキンソン・ドライジンジャー」であれば、口当たりが軽くカナダドライの風味と似た仕上がりになります。いろいろな種類のジンジャーエールで試してみてください。

おすすめのビールカクテルレシピ

ビールを使って簡単に作れるカクテルレシピを集めてみました。身近な材料にビールをプラスするだけで完成!お家でも簡単に作ることができますよ。割る量を調節でき、自分好みの味が楽しめます。おしゃれなカクテルホームパーティを開きましょう!

レッドアイ

レッドアイのネーミングは、少し飲みすぎた翌朝の赤い目のイメージから来ています。さっぱりとした味わいで、トマトジュースの分量を調節するとお好みの味でいただけます。

作り方はビールとトマトジュースを半分ずつ割って飲みます。よく冷やしたトマトジュースを使うと飲み口がよくなりますよ。辛口のテイストで、アルコール度数が低めなのが特徴です。トマトジュース好きの方におすすめですよ。
▼さらに詳しい内容は、こちらでチェック!

ミントビア

爽やかなグリーンのミントビアは、ミントリキュールの爽快感とビールの苦みがおいしいカクテル。

作り方はビールを注いだグラスにミントリキュールを加えます。暑い日に飲むとクールなのど越しのビールミント味が気持ちいいです。見た目だけではなく、味も爽やかなカクテルです。

カンパリビア

ちょっとオシャレなカンパリビアは、ロンググラスで飲みたいカクテル。中甘辛口でアルコール弱め、カンパリの真っ赤な色がとても素敵です。

作り方は、カンパリを入れたグラスにビールを注ぎます。カンパリのほろ苦さがビールと相性抜群!キンキンに冷やしたビールで作りましょう。

パナシェ

シャンディガフがお好みなら、パナシェもおすすめです。中甘辛口でアルコール弱め、レモンの爽快感は真夏に飲みたいカクテルですね。名前の由来はフランス語で”混ぜ合わせる”という意味です。

作り方はビールを注いだグラスをレモネードで満たします同量で割るとすごく軽い味のカクテルが完成して、何杯でも飲みたくなりますよ。

シャンディガフで乾杯!

ビールをベースにしたシャンディガフの由来いかがでしたか。古くから海外で親しまれ、各国で愛されてきました。日本にも古くからあり、ビールが苦手な人でも好んで飲むカクテルです。

ビールベースのカクテルは、爽やかな飲み口が特徴です。シャンディガフは、より爽快感が感じられるジンジャーと割ることで飲みやすさがアップします。他にも、ビールベースのカクテルをご紹介しましたが、暑い季節にグイグイ飲みたいカクテルばかりでしたね。

お家で気軽にカクテルを作って、カクテルパーティを楽しんでくださいね。
▼お家でもっとカクテルを楽しもう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パスタ レシピ バジル

フレッシュバジルを使った本格「ジェノベーゼパスタ」を、お家で手作りしてみませんか?今回は基本のレシピや、人気のアレンジ、ジェノベーゼパスタと相性ピッタリな具材をご紹介します!ジェノベーゼソースはパスタ以外にも…

レシピ ゼリー

「青空ゼリー」をご存じですか?その名の通り爽やかな青い空と真っ白な雲をカップに閉じ込めた夏にぴったりのゼリーなんです♩作り方も簡単で夏休みに子どもと一緒に作るおやつにもぴったりですよ。詳しいレシピやアレンジ方…

レシピ

いろいろな料理にも使えるサワークリーム。自宅で簡単に、しかも低価格で手作りすることができるんです。おいしいサワークリームの作り方を覚えたら、次はサワークリームオニオンに挑戦!様々な料理に添えるだけでおいしく、…

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

レシピ まとめ

カリっと焼けたトーストにとろ~りチーズ、至福のひとときをもたらすピザトーストは朝食やおやつにおすすめです。簡単にできてゴージャス、そんな基本のピザトーストからこだわりの喫茶店風まで、おいしく作るコツと人気のピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

スイーツ おしゃれ

“フランスの国民食”ともいわれる高級冷凍食品ブランド「ピカール」が流通大手のイオンと提携し、日本に上陸します。パーティーなどにも最適な、カラフルな野菜やスイーツを取り揃えるピカール。これからの季節のピクニック…

韓国料理

韓流ブームとともに日本で知名度を上げ、今では定番のお酒になったマッコリ。すぐれた健康効果を期待できる発酵食品としても有名で、さまざまな作用が期待できます。マッコリはなぜ体にいいの?どんな効果があるの?マッコリ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る