ローディング中

Loading...

料理の中でも安定の人気を誇る焼きそば。具を変えると、一気に違った料理に変身してしまうのも大きな魅力です。今回は、焼きそばのおすすめの具をレシピ付きでたくさんご紹介します!みなさんもぜひ試してみてください。

おいしい!焼きそばの具

定番のソース味はもちろん、アレンジの幅が最も広く、世代を問わない人気料理の一つ、焼きそば。皆さんは、自分だけのオリジナルの焼きそばレシピを持っていますか?

定番の焼きそばレシピだけでなく、アレンジレシピを知るとご飯のレパートリーも増えて、便利ですね。具をちょっと変えるだけで、全然違った料理になるので不思議です。

今回は、野菜、肉類、シーフード、そしてちょっと変わった具材をメインとした、焼きそばのアレンジレシピをご紹介します。みなさんもぜひ作ってみてください。

野菜がメイン!焼きそばの具

1. ツナとレタスのサラダ焼きそば

ツナとレタスのサラダ焼きそば見た目の鮮やかさや、さっぱり柚子胡椒が香る、ヘルシーが嬉しい、簡単サラダ焼きそばの作り方をご紹介!

トマトを角切りに、キャベツは細切りにしましょう。白だし、柚子胡椒チューブを混ぜ合わせておきます。フライパンに、ツナ缶の油を入れ、焼きそば麺を炒め、先に混ぜ合わせておいた調味料を入れます。麺に塩胡椒をして皿に盛り、トマト、レタス、ツナを盛り付けたら完成です。

野菜の色が変色しないように、翌日までには食べることをおすすめします。

2. 小松菜のオイスター焼きそば

手抜きには見えないけどすぐできる、オイスターソースの香りが食欲をそそる焼きそばの作り方です!

ごま油でひき豚肉を炒めたら、焼きそば麺と食べやすい大きさに切った野菜を加え、酒で蒸します。オイスターソースとしょうゆを加えて味付けをし、塩コショウと花椒粉で味を調えたら完成です!

あまり日持ちはしないのでお早めに。

3. 菜の花の塩焼きそば

桜の花のくすんだピンクと、菜の花の鮮やかなグリーンが春を感じさせてくれる、オシャレな焼きそばの作り方です!

フライパンにごま油でにんにくを熱し、香りがたってきたら切った菜の花と焼きそば、塩を加えて炒め合わせます。器に盛り塩抜きをした桜の花を散らせば、春を感じさせてくれるオシャレな焼きそばのできあがり。

菜の花の風味を味わうなら、早めに食べましょう。

4. 大根おろし焼きそば

大根おろしとポン酢の組み合わせがあっさり食べやすい、夏の暑い時期にぴったりの焼きそばの作り方です!

フライパンに油を入れて熱し、中火で 豚バラ肉、切った玉ねぎ、人参、キャベツの順に炒めていきます。そこに焼きそば麺と水を加え、炒めながらほぐし、鶏ガラスープの素と粗挽き塩こしょうで味付けをしましょう。器に盛り大根おろしと青ねぎをのせ、ポン酢をかけたらできあがり。

大根おろしとポン酢をかけないで保存すると数日はもちそうです。

魚介がメイン!焼きそばの具

1. シーフードたっぷり焼きそば

まるでパエリアのよう!シーフードたっぷりで色とりどりの、オシャレな焼きそばの作り方です。

焼きそば麺を炒めます。ネギを食べやすい大きさに切って、フライパンで表面に焦げ目がつくまで焼きましょう。次に、ボイル済みのエビ、ベビーホタテ、かにかまを加え炒めます。そこに先ほど炒めた麺を入れ、黒酢と魚醤"いしる” 、塩コショウ を入れよく混ぜます。最後に皿に盛り付け、水菜を散らしたら完成です。

海鮮なので早めにいただきましょう。

2. あさりと菜の花のめんつゆバター焼きそば

まるでパスタのよう!? あさりのダシと麺つゆとバターがよく合い、ほのかにほろ苦い菜の花がアクセントな洋風焼きそばの作り方です。

フライパンにオリーブ油をひき、にんにくを入れます。にんにくの色が変わったら取り出し、焼きそば麺を加えてほぐしましょう。あさりと調味料を加えて蓋をし、弱中火で蒸し焼きにします。あさりの口が開いたら菜の花と輪切り唐辛子を加え、水分を飛ばし火を止めて、最後にバターを和えます。塩こしょうで味を調えれば完成です。

おいしいうちに食べましょう。

3. シーフードいっぱいタイ風焼きそば

見た目が華やか!シーフードたっぷり、チリソースがアクセントの本格タイ風焼きそばの作り方です。

フライパンにスライスニンニクをいれ、香りが出たら下処理し下味をつけたシーフードを入れましょう。油を足して玉ねぎ、マイタケ、ネギ、焼きそば麺を入れ、干しエビと干し貝柱の戻し汁を加え炒めます。水分がなくなってきたらシーフードを戻し入れ、ピーマンを加え、タレを入れて全体をからめる。皿に盛り、炒り卵とバジルの葉をのせて完成です。

肉がメイン!焼きそばの具

1. 牛肉と野菜のあんかけ焼きそば

香ばしく焼いた麺に、牛肉の旨味がたっぷり入った餡かけが絡んで、食べる手が止まらない!餡かけ焼きそばの作り方です♩

フライパンで焼きそば麺の表面に焼き色が付くまで両面焼きます。ニンニク、生姜、豆板醤を油で炒めて香りが出たら、牛肉を炒めます。長ネギ、椎茸を加えて炒め、水、鶏ガラスープの素、調味料を加え、ひと煮たち。小松菜、もやしを加えしんなりしたら、 風味つけをしましょう。香ばしく焼いた麺に、餡をかけたらできあがり!トッピングに茹で卵をのせると、色みもよくなりますね。

日持ちはしますがなるべく早めに食べましょう。

2.鶏塩焼きそば

さっぱりしている塩焼きそばが、柑橘系でさらにさっぱり!お肉などがっつり食べるBBQにもオススメ。子どもから大人まで大人気の焼きそばの作り方です。

鶏肉は角切りにして塩胡椒をし、にんにく、玉ねぎは薄切り、にんじんは細切りにします。ごま油で鶏肉、にんにく、野菜、焼きそばを炒め、その上から水をかけほぐしながらさらに炒めます。水気がなくなってきたらナンプラー、塩、胡椒、砂糖、ナツメグ、パプリカを入れて炒めましょう。器に盛って、スダチをのせたら完成です。

かんきつで塩味なので比較的日持ちします。
▼塩焼きそばのレシピなら、こちらでも詳しく!

3.牛肉とたけのこのあんかけ焼きそば

オイスターソースと牛肉のうまみたっぷりの餡がかかっている、餡かけ焼きそばの作り方です。作り方もとっても簡単なのでランチにぴったり!

焼きそばの麺は両面こんがりと焼き色がつくまで焼きます。別のフライパンで調味料、片栗粉をもみ込んだ牛肉、たけのことパプリカを加えてサッと炒めます。そこに、合わせた調味料、砂糖、鶏がらスープ、水を加え、火を止めてごま油を回しかけ、お皿に焼きそばの麺をのせてあんかけをかけたら完成です。

日持ちはしますが早めに食べましょう。

変わり種!焼きそばの具

1. ちくわとネギの焼きそば

具はちくわとネギだけ!ネギの香りとごま油の風味と、ちくわの旨味がマッチしたシンプルな焼きそばの作り方です。

熱したフライパンにごま油をひき、焼きそば麺と鷹の爪を炒めます。食べやすい大きさに切ったちくわと長ネギを加え、水加えて炒める。最後に塩コショウで味を調えたら完成です。

しっかり火が通っているので、日持ちはしますが翌日には食べましょう。

2. イタリアン焼きそば

まるでナポリタン!焼きそば麺と夏野菜のナポリタン味の焼きそばの作り方です。

野菜は細切りにして、オリーブオイルで炒めましょう。そこに、焼きそば麺を加え蓋をして中火で蒸し焼きにします。粗みじん切りにしたトマトとケチャップ、ソースを加え味付け。盛り付け、好みで粉チーズをかけていただきます。できあがったら、翌日までには食べましょう。

3. ゴーヤの塩にんにく焼きそば

きりっとシンプルな塩味に、にんにくがきいた、夏に美味しいゴーヤを焼きそばに作り方です。

ゴーヤは種と綿を除き、薄切りにします。塩をまぶしてしばらくおき、しんなりしたらさっと水にさらして水気を切ります。玉ねぎは薄切りに、にんにくは薄切りとみじん切りにしましょう。フライパンに油とにんにくを熱し、玉ねぎを炒めます。続いてゴーヤ、もやしを加えて炒めます。麺を加えて酒と塩を振り入れほぐすように炒めたら、お皿に盛り、薄切りのカリカリに焼いたにんにくをトッピングして完成です。

野菜のみの焼きそばですが、翌日までには食べましょう。

4. たっぷりコーンのしょうゆ焼きそば

甘くておいしいとうもろこしにねぎも加えて、香ばしいしょうゆ味の焼きそばの作り方です。

フライパンにごま油を熱して、とうもろこしを加え塩をふり、鮮やかな黄色になるまで炒めましょう。ねぎと焼きそばを加えて、ほぐすように炒める。しょうゆを回し入れて、全体に味をなじませたら完成です。

野菜のみの焼きそばですが、翌日には食べましょう。

5. しば漬け入り塩焼きそば

鮮やかなしば漬けの色がキレイな、少し変わった焼きそばの作り方です。しば漬け好きにはもちろん、今まで試したことがないという人にもおすすめのひと品です。

熱したフライパンにサラダ油を少量入れて豚肉、キャベツと人参を中火で炒めます。ガラスープを加え、水分が半分くらいになったら焼きそば麺ともやしも加え、よく混ぜ合わせながら炒める。塩こしょうをふりかけ醤油を加えて少し炒めたら、最後にしば漬けを加えてできあがりです!

できあがったら、翌日までには食べましょう。
▼カルボナーラを焼きそばで!?

ところで…定番の具の切り方どうしてる?

人参

人参は皮ごと薄くスライスして、千切りにしたり、幅1センチ程の短冊切りが定番です。

キャベツ

焼きそばで使うキャベツは外側は葉脈がかたいので、薄くスライスしましょう。内側は柔らかくて火が通りやすいので、ざく切りで一口大にざくざくと切るのが定番です。

ピーマン

ピーマンは幅5ミリ程に縦切りするのが定番です。

玉ねぎ

焼きそばで使う玉ねぎは、2、3ミリのスライスが定番です。

具材を入れる順番も重要

おいしい焼きそばを作るには、具材を入れる順番も重要です。

1. 先にフライパンに油をひいて、火の通りにくいニンジンなどをはじめとした野菜を炒めて置きます。

2. 次にフライパンで豚肉を炒め、赤身がなくなったら準備しておいた野菜をいれる。

3. その後、焼きそば麺をいれます。

4. 焼きそば麺と野菜や肉をしっかり絡めたら、ふたをして蒸しましょう。

5. 蒸したら粉末ソースをかけて、よく混ぜればできあがり。
▼おいしくできたら、どんな食べ物と合わせる?

定番以外のさまざまな具で焼きそばを楽しもう♩

いかがでしたか?たくさんの焼きそばアレンジレシピをご紹介しました。具を変えるだけでこんなにもレパートリーが増えるのかと思うと、わくわくしてしましますね!

他にも、少し味付けを変えるだけ、具を変えるだけで自分だけのオリジナルレシピができますね。定番にとらわれず、様々なアレンジに挑戦してみましょう!
▼焼きそばの人気レシピ、こちらからもチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ おつまみ サラダ お菓子 まとめ

カロリーが低いだけでなく、栄養もしっかりとれるヘルシーレシピをご紹介します。普段不足しがちな栄養をとれるレシピもありますよ。サラダ、メイン、おつまみ、スープ、お菓子など人気のレシピばかりです。簡単ですので、献…

ブロッコリー レシピ サラダ まとめ

エビとブロッコリーを使った、おすすめのレシピを20選してご紹介します。定番のパスタから炒めもの、サラダまで大きく4つに分け、各5レシピずつをピックアップしました。エビ×ブロッコリーを使った料理のレパートリーを…

レシピ まとめ

ごはんやお酒に合う人気の定番おかず「れんこんのはさみ揚げ」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方と、豚・鶏・合挽肉など具材別人気のレシピ20選をご紹介します。おすすめの献立レシピや、お弁当用に便利な冷凍保存…

ビーフストロガノフ レシピ ロシア料理 まとめ

名前からして難しいと思われがちな「ビーフストロガノフ」ですが、実はとっても簡単に作ることができるんです♩そこで、今回はサワークリームを使用した基本的なビーフストロガノフのレシピや、人気のアレンジレシピなどをご…

まとめ

牛乳寒天やプリンなど、さまざまなデザートに活躍する「寒天」。今回は、そんな寒天を使ったレシピをまとめてみました!デザートだけでなくおかずに使用したレシピもあるので、ヘルシーに仕上げたい方は必見ですよ。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっているので、その中か…

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

レシピ まとめ お弁当

レシピブログのユーザーであるkotoriさんの「男子中学生弁当」。ガッツリだけどとってもキレイな盛り付けが参考になります。今回は、kotoriさんの「男子中学生弁当」のお弁当のアイデアをまとめました。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ スイーツ 佐賀 お菓子

みなさん、佐賀のソウルフード「丸ぼうろ」をご存知ですか?丸ぼうろは可愛らしいフォルムで素朴な味わいがクセになるお菓子です。今回は、そんな丸ぼうろの作り方やアレンジレシピ、購入できる店舗の紹介など、丸ぼうろの魅…

レシピ

マグロといえばお刺身で食べることが多いですが、「血合い」という部位を知っていますか?見た目は赤黒い色をしてますが、実は女性にうれしい栄養をたくさん含んでいます。下処理をして臭みをとれば、煮付けなど美味しい節約…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る