ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

透き通ったピンク色が美しい白えびは、「富山湾の宝石」「海の貴婦人」とも呼ばれています。富山湾だけで獲れるレア食材ですが、最近ではスーパーにも流通しているんですよ。今回は、そんな即買い必須の白えびを使った塩唐揚げのレシピをご紹介します。

富山の特産『白えび』って知ってる?

赤エビや甘エビに比べて目にする機会の少ない白えび。5〜8cmの小ぶりなえびで、透き通ったほのかなピンク色が美しく、その見た目から「富山湾の宝石」「海の貴婦人」とも呼ばれています。

春から秋が漁の最盛期で、まとまった漁獲を行っているのは富山湾だけ。そのおいしさと希少さから、刺し身や釜揚げ、かき揚げとしてそのものの味を楽しむように食されています。

今回は、素材そのものの味を生かした塩唐揚げのレシピをご紹介。必要なものは「白えび・油・塩」の3つだけ!白えびをまるごと堪能できちゃいます。

小ぶりな白えびなら油の量も少なめで済むので、ぜひ気軽にチャレンジしてくださいね。

殻ごとサクサク『白えびの塩唐揚げ』の作り方

分量(作りやすい量)

白えび 100g
片栗粉 大さじ1
塩 適量
レモン 1切れ

作り方

①白えびは水洗いし、キッチンペーパーなどで表面の水気を拭き取る。
水洗いすることで、表面の汚れや臭みが取れます。

揚げる際に油ハネしやすい食材なので、しっかり水気を切りましょう。表面の水分を拭き取ることで、油ハネが緩和されます。キッチンペーパーで拭き取る時は、こすらず、キッチンペーパーで包み込んで優しく押さえるようにすると、身に傷をつけずに拭けます。
②ポリ袋に白えびと片栗粉を入れて振り、白えびに片栗粉をまぶす。
水気が残っていたり、白えびの量が多い場合は様子を見て片栗粉を足しましょう。白えび全体にしっかりと片栗粉がまぶされているのが綺麗な仕上がりのために重要です。
③170℃に温めた油(分量外)に白えびが重ならないように入れ、揚げていく。
一片に大量白えびを入れると、油の温度が急激に下がってしまい上手に揚がりません。まずは揚げる鍋の半分を埋める程度のエビを入れ、白えびのふちがきつね色になってきたら、同じ量を追加で揚げていくようにしましょう。
④ふちがきつね色になったら、ひっくり返して反対側も揚げる。
写真のように全体がほんのりきつね色で、箸でつついたときに硬く(カリッと)していれば、上手に揚がった合図です。
⑤揚がった順にバットにあげて、余分な油を落とす。
⑥全体に塩をまぶす。
全体にまんべんなく塩をまぶしましょう。もしくは、食べる時に好みの量をつけるようにしても。

器に山盛りにしてできあがり!

盛る時は、重ねて山のようにすると見栄えよくなりますよ。上品な味わいでありながら、しっかりとエビの香りがする唐揚げです。

味付けは塩だけでも充分!お好みでレモンを絞れば、すっきりとした口当たりに箸が止まらなくなります。
コクのあるビールや、すっきりとした口当たりの日本酒でどうぞ。香りと味がしっかりとしているおつまみなので、すっきりとキレのあるお酒とすこぶる好相性です。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

おつまみ

今が旬のゴーヤは、安くて栄養豊富で積極的に摂り入れたい野菜です。いつもの献立に飽きたら、サバ缶を使ったおつまみサラダはいかがでしょう?レモン醤油でさっぱりとしたおいしさです!ごろっとジューシーなサバ缶で、食べ…

キムチ おつまみ

夏はピリッと刺激的なものが食べたくなりますね。今回は、さわやかな食感のセロリを使ったピリ辛おつまみです。キムチの素を使わず豆板醤を使い、浸けこむ時間を短縮しました。思い立った時にすぐに作れるおつまみです♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

ベジタリアンの彼と同棲を始めた20代女性から相談に対して、国際恋愛専門家のCocoさんが、ベジタリアンの彼向けに簡単につくれるヘルシーベジタリアンレシピを紹介しちゃうぞ♡

レシピ まとめ

2月3日の節分に食べるものと言えば恵方巻き。ひとえに「恵方巻き」と言っても皆さん自由に好みに合わせて様々なものを楽しんでいるみたいです。!今回は恵方巻きのアレンジレシピを紹介します。是非参考にしてみて下さい♪

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

レシピ まとめ お弁当 おにぎり

「おにぎらず」レシピは皆さんもうご存知かと思いますが、おにぎらずの断面や表面をかわいくキャラクターにした「デコおにぎらず」を作っている方がたくさんいるみたいですよ!これはどこから食べればいいの?というかわいさ…

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

まとめ

お料理の下ごしらえの際、人参の皮って気になりませんか?なんとなくピーラーで皮をむいていても、実はむかずに食べても大丈夫なんです!今回は、人参の皮について解説します。皮ごと食べるレシピも併せてご紹介しますよ。

寿司

ネット上で噂されてる「パック寿司を10倍おいしく食べる方法」、知っていますか?なんでもある2つの工夫だけで、スーパーやコンビニのお寿司が高級寿司の味わいに変化するというのです。とっても気になる裏技を、実際に編…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る