ローディング中

Loading...

とんかつを作るとき、どの肉の部位を使用していますか?そもそも、とんかつにおすすめの部位ってあるのでしょうか?ロースやヒレなどそれぞれの部位の特徴や、とんかつに仕上げたときのカロリーなどについて詳しくご紹介します。

とんかつにおすすめの部位はどこ?

いざ、とんかつを作ろうと思ったとき、どの部位を使えばいいか悩んでしまうことはありませんか?使い勝手のいいロースや柔らかヒレ、から揚げにするとおいしいモモと様々なお肉が販売されています。それぞれの部位について特徴を知り、おいしいとんかつを作りましょう。

また、とんかつを食べるときには、ついついカロリーも気になってしまうもの。お肉の部位とカロリーについても一緒にご紹介していきます。豚肉の部位の特徴を知っておけば、とんかつだけではなく、今後の料理に役立つはずです。

ロースか、ヒレか

とんかつを作る際には、ロース肉を選ぶ方が多いようです。一口カツなどを作るときにはひき肉を使うケースが多いのだとか。それぞれの肉で作ったとんかつの特徴を紹介しましょう。

ロース肉のとんかつ

ロース肉は肉質が非常に柔らかく、キメが細かい部位になります。脂身も程よく含まれているので、旨味の凝縮された部位とも言われますね。

ある程度の厚みがある状態でも柔らかく、肉と脂の甘さを感じられるのでとんかつには一番向いているといえます。

ヒレ肉のとんかつ

ヒレ肉も、とんかつにするには人気のある部位です。ヒレ肉は豚肉の中で最も良質だとされており、脂肪分が少ない特徴を持っています。

さっぱりとした味わいなので、一口ヒレカツなどに用いられることも多いですね。とんかつのほか煮込み料理などにもぴったりです。

もも肉のとんかつ

もも肉はとてもさっぱりとした部位です。ヒレ肉ほどではありませんが、調理法によってはとてもしっとりした仕上りになります。とんかつのほか、ローストポークなどに使用されることが多い部位でもあります。

お肉の特徴から考えていくと、とんかつにはロースが一番向いているようです。ボリュームもありジューシーな仕上がりになるのが特徴。ヘルシーでさっぱりとしたとんかつや、一口サイズのコンパクトなとんかつを作る際にはヒレ肉が向いています。
▼せっかくなら、作り方にもこだわりたい!

その他の部位

豚肉には様々な部位がありますが、それぞれの部位について簡単にご紹介しましょう。

外もも肉

外もも肉は脂肪分が非常に少なく、とても柔らかいのが特徴です。どの料理とも相性はいいですが、特に角煮や豚汁などに用いられています。淡白な味わいなので、どの料理にも使える部位ですね。

バラ肉

バラ肉は脂身が濃厚で、三枚肉とも呼ばれていますベーコンや焼き豚、角煮を作る際にぴったりの部位です。骨がついた状態で調理すれば、スペアリブになりますよ。脂身のおいしさを味わうのであれば、バラ肉が一番人気です。

肩肉

肩肉は、赤身と脂肪のバランスがちょうどよく、濃厚でもしつこくない味わいの部位です。カレーなどの煮込み料理に使用するほか、焼肉やしょうが焼きなどにも人気。網目状の筋が多いロース肉は加熱すると縮むので、調理前に筋切りをしておきましょう。

豚トロ

豚トロは後頭部から頬の部位です。濃厚な旨味が凝縮されていて焼肉でも人気。一頭から少量しか取ることができず、希少部位としても知られています。様々な部位の中で最もゼラチン質を多く含むのも、この豚トロ部分です。

部位ごとのカロリーの違い

とんかつを作る際にはロース肉、ヒレ肉のどちらかを使用するケースが多いでしょう。ヘルシーなとんかつを食べるために、ヒレ肉を選ぶ方も多いはず。肉の部位による、とんかつのカロリーについてお話しましょう。

加熱前のカロリー

ロース肉は100gあたり263kcal、ヒレ肉は100gあたり115kcalで、2倍もの違いがあります。では、とんかつにした場合のカロリーはどうでしょうか?それぞれのお肉に衣をつけて、とんかつにした後のカロリーについてご紹介します。

揚げた後のカロリー

ひれかつ100gあたり300kcal、ロースカツ100gあたり346kcalです。ちょっと意外かもしれません、衣をつけて加熱すると、ロースもヒレも大して変わらないカロリーになるんです。

なぜかというと、衣が油を吸うだけでなく、肉自体も油を吸うから。ロースのように脂身を多く含む部位は吸収する油の量も多くありません。ヒレのように脂肪分が少なく、さっぱりとした部位は、油を多く吸ってしまうんです。

そのため、とんかつにするとカロリーはわずかな差になります。どちらの肉を使ってもカロリーに大きな違いはないので、その時の気分や好みでとんかつを作りましょう。

ロースよりヒレが低カロリーなのは、加熱前。この意外な事実を覚えておくと、今後のとんかつ作りに役立ちますね。
▼さらに詳しく知りたい人は、こちら!

おいしい部位のとんかつを食べよう!

揚げた後のカロリー、ちょっと意外でしたね。もしとんかつが食べたくなったときは、ヘルシーさを求めてヒレ肉を選ばなくても、好きな部位で作るとよいかもしれません。ヒレ肉にこだわっていた方も、ジューシーなロースとんかつを試してみましょう。ロースの脂身が気になる方は、少々カットしてからとんかつにしてもよいかもしれません。

とんかつにおすすめの部位はロース、とお伝えしました。とんかつにしたとき、カロリーに大差がない以上、カロリーのことはあまり気にせず、おいしい部位を使って作るのが一番でしょうね。
▼ジューシーさをキープする冷凍保存が知りたい!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

さつまいも お菓子 レシピ まとめ

ほくほく食感と、優しい甘さが特徴のさつまいも。おかずはもちろん、お菓子の材料としても使えます。ホットケーキミックスを使って、炊飯器や電子レンジ、フライパンで簡単にお菓子を作りませんか?気軽に作れるさつまいもの…

鹿児島 お土産 まとめ

お土産選びは旅のお楽しみのひとつです。そこで本日は、絶対外さない鹿児島のお土産を一気にご紹介していきたいと思います。空港でゲットできる定番ものから、大切な人に贈りたい珠玉の商品、さらには自宅用に買いたいお土産…

カレーうどん レシピ まとめ

きつね、たぬきなどメニューが豊富なうどん。中でもがカレーうどんは人気ですよね。カレーうどんのレシピ、みなさんはどんな内容で作っていますか?今回はカレーうどんの基本的なレシピと作り方のコツ、おすすめのアレンジレ…

今通販で話題になっている、熊本発「食べられるお箸」をしっていますか?しかも、まさかの畳味なんだとか!そもそもお箸が食べられるってどういうこと?ちょっと聞いただけではどんな物なのか想像できないですよね。今回はそ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

千葉県・レインボーヒルズカントリークラブに、ゴルフの後、手ぶらで楽しめる『BBQ場』が誕生!銚子港直送の海の幸や地元産の食材で贅沢BBQ!楽しい夏の思い出にいかがでしょうか。

サンドイッチ テイクアウト おしゃれ まとめ

同じサンドイッチでもお店によって味付けや個性が違います。お店のこだわりがつまった絶品サンドイッチ。わざわざ訪れる価値はあります。一度食べたらリピート間違いなし!あれもこれも何個でも食べられそうです。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る