ローディング中

Loading...

味を表現するときに使う単語「コク」。甘いや辛いなど、わかりやすい味があるのに対し、コクの意味ってわかるようでよくわからない……。そもそもコクと旨味って一緒?今回はコクの意味を中心に、その他の表現との違いなどを詳しくまとめました。

コクとは?

味を表現する言葉に「コク」というものがあります。料理以外でもビールなどに使われていますよね。では、「コクって何?どんな味?」と質問されたら、どのように答えますか?

コクの意味は、「濃厚なうまみ」と辞書に載っています。また、語源は「濃い」や「酷」から来ていると言われています。いまひとつわかりにくい気もしますが、改めて考えてみるとなかなか表現するのが難しい言葉です。

今回は、そんな「コク」について説明していきます。

五味のバランスがいいのが「コク」

コクが味の表現に使われる食べ物やメニューには、どのようなものがあるのでしょうか。チーズなどの乳製品やビーフシチューのような肉料理、煮込み料理にラーメンなど、わりとこってりしたものが多く思い浮かびます。

しかし、こってりした味=コクのある味ではありません。人が舌で感じられる味には、五味と言われる5つの味があります。甘味、旨味、苦味、塩味、酸味です。

この中にコクは入っていないので、コクはいわゆる味ではないことがわかります。コクとは、五味がバランスよく感じられたときに使われる言葉です。味覚が反応する色々な味が混ざっているので、濃厚なコクになるんですね。

ただ、コクは味のバランスなので、感度には個人差が出てきます。実際にコクの明確な定義や科学的な根拠はなく、あくまで個人の感覚や感性による味覚と言われています。

コクと旨味は違うもの?

コクは味のバランスだということがわかりました。一方で、旨味という言葉がありますが、コクとは何が違うのでしょうか。旨味は五味の一種で、素材の持つ味を指します。

旨味は食材の実だけではなく、実を除いた出汁にも含まれることから、素材の中にある味自体だということがわかります。またコクとは違い、アミノ酸であるグルタミン酸など明確に成分で表現することができます。コクが感性の味覚なのに対し、旨味は明確に定義された味覚だということです。
▼旨味についてもっと詳しく知りたい方は、こちら!

キレって何?

ビールなどの飲料の味の表現で、コクと一緒に使われることが多い言葉に「キレ」があります。キレも五味に含まれる言葉ではありませんが、味を表現する言葉です。

では、キレとはどのような味なのでしょうか。コクが味のバランスなのに対し、キレは、後味がどれぐらい尾を引かないかを表現した言葉だと言われています。飲みこんだ後の味が、きれいにスッと消えて爽快感があるものを「キレがある」と表現します。

コクが意味するバランスのいい色々と混ざった味は、濃厚な味になることも少なくなく、どうしても後味が長く残りがちです。

それに対し、キレがあるものは後味がスッと消えるので、コクとキレをどちらも感じられる飲食物は珍しいと言えます。結果、対比が可能になるので、ビールはコクとキレの両方をキャッチフレーズに使っているのでしょう。

微妙なニュアンスの味の表現

コクやキレ以外にも表現するのが難しい味について説明していきます。ここで紹介する言葉もコクと同様、個人の感覚によるところが多い味です。どんな状態がより、その味を強く感じるかは明確にされていませんが、一般的な意味を紹介します。

味わい深い

味わい尽くせないような奥深さが感じられるときに使う言葉です。趣が深いという意味もあるので、味だけでなく芸術作品や人生の経験話などにも使われます。

まろやか

まるみがあって、おだやかな味を意味します。強い刺激がない味で、舌に乗せるともったりと広がっていく柔らかいイメージです。

たとえば、初日に作ったカレーは辛さが際立つ味なのに対して、二日目のもったりとしたカレーの味は、まろやかになったと言えます。

深みのある味

食材の成分そのものによる味や香りが、複雑だけれどおいしく絡み合っている状態を指します。安い塩分だけの塩とミネラルをたっぷり含んだ岩塩をイメージすると、深みを理解しやすいかと思います。

数値化してコクは測れる?

コクは成分の濃淡ではなくバランスなので数値化はできないかと思いきや、ちゃんと数字で測ることが可能です。ただバランスなので、五角形の形で表します。五味それぞれを数値化し、五角形それぞれに値を入れることで測ります。

そして、五角形に近い結果がでると、よりコクがあるということです。そのバランスのよさを数値化することで、測ることができるのです。

ただしこれは量によるバランスなので、それが人間の舌であっても同じようにバランスよく感じるかどうかは個人差があります。

きめ細かい味の表現力

言葉で説明するのが難しいコクという味についてご説明してきました。舌が感じる味覚は五味しかないけれど、それらのバランスや後味などで表現できる味があるのは面白いですね。

ちなみに五味の中でも旨味は、日本人が最初に言語化したのだそうです。英語圏では旨味に相当する明確な言葉がなかったことから、旨味を「Umami」と言うようになりました。

せっかくそんな文化のある日本に住んでいるのだから、きちんと食べ物の味を自分の舌で感じて、自分の言葉で表現できるようになりたいですね。
▼カレーやビーフシチューにコクを出すなら、こんな調味料!
▼コクを感じるレシピをまとめて紹介します!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ビール好きの人がビールを飲む様子を見るとすごくおいしそうに見えますが、実際に飲んでみて「苦い」と感じたことはないでしょうか?しかし、大人になるとビール特有の苦みを「おいしい」と感じるようになるとか…?…

ジャムやバターをつけずに食べたパン、どんな味がしますか?香ばしい?甘い?そんな小麦そのものの味わいを表す言葉が、アメリカの研究で見つかったのです!その名も「でんぷん味」。でんぷんの味とは一体……?気になる最新…

カレー にんにく レシピ

お家で作るカレーの隠し味は何ですか?カレーにニンニクを入れるとばつぐんにおいしくなるといいます。スライスしたものやチューブ状、パウダータイプなど、ニンニクといっても様々。カレーに入れておいしいニンニクの入れ方…

調味料 エスニック

ナンプラーという調味料がどんなものか?またどんな味かご存じですか?タイやベトナム料理に欠かせない調味料ですが、日本の家庭ではなじみの薄い調味料かもしれません。日本では魚醤とも呼ばれるナンプラー。今回はナンプラ…

高級食材にして日本三大珍味のひとつ、からすみ。お土産でいただくことが多いかもしれませんが、なかなか口にすることがないため、味や調理方法がわからないという方も多いかもしれません。そんなあなたは、ぜひこれを読んで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

金沢 カフェ

石川県金沢市の「フルオブビーンズ」は築100年越えの古民家を改装したおしゃれなカフェ。靴を脱いでゆったりくつろぎながら、能登の食材を使ったおいしい料理やスイーツを楽しむことができる人気のスポットです。

銀座 ランチ

「銀座 KOSO(コウソウ)」は、東京都中央区で生肉を許可された最初のお店で、絶品高級生肉をとことん堪能できます。特に人気な「牛トロ重」は、ここでしか食べられない絶品料理です。ランチタイムだとお得に絶品生肉が…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る