ローディング中

Loading...

オーストラリアが発祥のアボカドの皮をカップ代わりにしているカフェラテ、「アボラテ」。見た目も味もかなりインパクトがあるようです。こんな発想はなかった!と密かに話題の飲み物となっています。今回は、そんなアボラテの魅力に迫ります!

アボカドとラテの奇想天外コラボ爆誕!

ひとことでラテと言っても、その世界は実に奥が深いもの。いま、海外特にオーストラリアのカフェから新しいコーヒーの飲み方が現れて世界を驚かせています。その名も「アボラテ」!なんとアボカドの皮の中にラテを注ぎ込んで飲む、という飲み方!誰が思いつたのでしょうか?

アボカドの果肉には、バターのようなコクのある脂肪分が豊富なことはご存知の方も多いでしょう。ということは、コクのあるラテがいただけるのでしょうか…?ちょっと気になるメニューですね♩

発祥はオーストラリア「トゥルーマンカフェ」

このアボラテという奇妙な飲み物を考案したのは、オーストラリアのメルボルンにある「トゥルーマンカフェ」というお店だそうです。カフェ大国オーストラリアならではの発想かもしれません。
残念ながら、日本にはまだ店舗がないようなので、アボラテファンは日本出店を切に願いたいところです。オーストラリア在住または近々オーストラリアを訪れる予定のある方は下記の住所を参考に訪れてみてくださいね。
お店の外観は至ってシンプルな造り。テラスでの飲食もOKです。壁はガラス貼りになっており、外が見えるようになっているので、天気の良い日は開放感あふれる気分に浸れます。
アボラテのほかにも、ハンバーガーやエッグベネディクト、スムージーなどの定番のカフェメニューが提供されています。すべて自家製の食材にこだわっており、体にやさしい料理がそろっています。盛り付けもフォトジェニックでおしゃれ!

奇想天外!アボカドにそのまま注ぐラテ

こちらがアボラテです!本当にそのまま、アボカドにラテを注いでいるから驚きです。
皮の部分には少し果肉を残しておくことによってラテにコクが加わるということのようです。いったい誰が考えついたのでしょうね。斬新すぎて仰天してしまいますよね!
きれいなアートが施されたこちら。こぼさないよう、注意して飲みましょう。
出典: instagram.com
「アボラテはとってもクリーミー」「おいしそうにみえるね!」「飲んでみたい!」などなど、みなさん興味津々の様子。飲んでみた人はクリーミーと感じたようですね。しかし、奇想天外な発想の飲み物ですからびっくりしているという人のコメントも多くみられました。
「アボカドからコーヒーを飲むなんて本当に?!」「オーストラリアに愛をこめて」「コーヒーのトレンドはアボラテよ!」なんていう声もあがっています。

日本ではまだチャレンジしている人はいないようですよ。これから日本でも話題になっていき身近にあるアボカドでチャレンジする人が増えてくるのではないでしょうか。

そもそもなぜアボカドをラテに?

アボカドの皮は触ったことがある人はわかるかと思いますが、外側がかなりゴツゴツしていて硬いです。皮にラテを注いでも崩れることはないでしょう。しかも天然のカップなので、自然にもやさしく、耐熱作用もあるのだとか……⁉︎
また、アボカドのクリーミーさがミルク感を実現し、エスプレッソベースのコーヒーとよく合います。コクのあるアボカド果肉とエスプレッソが融合されることよって絶妙な味わいに仕上がるのだそう。

自分で作っちゃう人も……⁉︎

飲んでみたいとは思っても、なかなかオーストラリアまで足を運べる人は少ないもの。それならば自分で作ってしまおう!という果敢な人が世界中に現れてSNSに投稿しています。

作り方

1. アボカドの中身をくり抜きます。その際少し果肉を残しておきます。
2. アボカドの皮にラテを注ぎ込みます。
3. 牛乳を注いでお好みでラテアートをしてください。

◯◯ラテにチャレンジする人も!

アボカド以外にも、さまざまな果物や野菜で代用しているチャレンジャーもいるようです。その代表的なものを見てみましょう。
こちらはレモン!酸味が加わり、夏場にぴったりの飲み物になりそうです。
こちらはココナッツ。ココナッツのクリーミーさが加わり、濃厚な味わいが楽しめそうです。南国気分に浸れるかも!?
こちらはコーヒーでなく、ワインを入れてみるという強者も!?アボカドとワイン・・・いったいどのような味がするのでしょうか。

一度やってみるとクセになる!

「レモンラテでメルボルンに勝ってやる!」「ココナッツでも作れるよ」「赤ワインでアボワインを作ればポリフェノールの効果もあるし、なんでだれもやっていないの?」など、これらを作って試してみた人はそのようにコメントしています。

アボラテがこれからブームの予感!

いかがでしたか?まだまだ、日本ではまだ提供する店舗はないですが、トレンドをいち早く取り入れている人たちの間では密かに話題になっています♩さて、どんな飲み物なのでしょうか…。飲んでみたい気持ち半分、チャレンジするには少し勇気がいるなという気持ち半分…はたして日本人に受け入れられる飲み物になるのでしょうか。

アボラテ発祥の「トゥルーマンカフェ」もはじめはウケを狙って作ってみたら、なんと世界中から注目が集まり脚光を浴びてしまったという意外な結果に……!日本のカフェでこのアボラテを始める1号店になるのはいったいどこなのでしょう?期待して待ってみましょう!

店舗情報

■店舗名:Truman Cafe(トゥルーマンカフェ)
■住所:381 Montague St, Albert Park VIC 3206 Australia
▼海外には奇想天外なグルメ&ドリンクがたくさん…!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コーヒー

コーヒーの上に生クリームがたっぷりとのった「ウインナーコーヒー」。注文したはいいけど、上手に飲めなかった……という経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ウインナーコーヒーの飲み方やおうちでの…

スイカ お土産

暑い夏にぴったりの、スイカにそっくりな新スイーツ「スイカバームクーヘン」が、バームクーヘン専門店『ら・それいゆ』から販売されています!通販も可能で、スイカを見事に再現した「スイカバームクーヘン」の魅力をご紹介…

旅やレジャー、フェスなどにも持ち運びやすく、伸縮自在で軽量、耐久性と安全性にも優れた新感覚のボトル「que Bottle(キューボトル)」がクラウンドファンディングにて今注目をあびています。利便性も抜群なので…

コーヒー

フェリシモのユーモア雑貨ブランドYOU+MORE!(ユーモア)から、人気者の“ハシビロコウ”がパッケージモチーフの、「じっと待ってる ハシビロコウの水出しコーヒー」がウェブにて発売!コーヒー好き、動物好きな方…

コーヒー

カルディコーヒーファームから、「グラスマグ&ドリップコーヒーセット」が数量限定で発売されます。豊かな日常を生み出すためのテーブルウェアーを展開する「KINTO」の耐熱グラスマグと、いれたてのコーヒーを楽しめる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ イギリス スイーツ

イギリス料理はまずい、というイメージがありますが、本当なのでしょうか?確かに質素なものがおおいイギリス料理ですが、最近は様々な要素を取り入れて、昔よりはだいぶおいしくなったとか、そうでないとか……。そんなイギ…

パン 渋谷 神楽坂 フランス まとめ

日本テレビ系列「ネプ&イモトの世界番付」にて、フランス人が選ぶ日本一美味しいパン屋BEST3が発表されました!バケットの本場フランスで生まれ育った人たちが選んだこちらのパン屋さんが、どれも本当に美味しそうだっ…

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

チーズ まとめ おつまみ

ワインが好きな人はもちろん、そうでない人もチーズが好きな人は多いはず。今回はそんなチーズの「変わり種」から「王道人気商品」まで、お取り寄せ可能な商品を紹介します。

まとめ

果物のエキスがいっぱいに詰まったジュースって飲んでいるだけで体に染み渡るというか...HAPPYな気持ちになりませんか?今回はそんな満足感でいっぱいになるお取り寄せ可能なおいしいジュースをご紹介します。お友達…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

代官山 パンケーキ

2016年3月、代官山にオープンした「ベリーファンシー ラブズ アンティーナ」。全国5店舗で行列のできる、専門店のパンケーキを味わえるのは都内でここだけなんです!自家製チーズを練りこむことで生まれるしっとりふ…

レシピ おしゃれ クッキー

「エディブルフラワー」という食べられるお花を使った、見て美しい、食べておいしいクッキーを作ってみませんか?プレゼントやおもてなしにもピッタリですよ。今回は、そんな「エディブルフラワークッキー」のレシピとアイデ…

ちひろ

元メーカーの企画・広報。現在は子育てに奮闘しながらも根っからの流行...

ページTOPに戻る