ローディング中

Loading...

夏になるとおいしい枝豆。この枝豆を茹ですぎて余ってしまった場合、冷凍保存がおすすめです!今回は、枝豆を長持ちさせるための冷凍&解凍方法をご紹介します。冷凍枝豆の簡単おすすめレシピも併せてお伝えしますので、ぜひお役立てください。

枝豆を冷凍保存!

枝豆は、お酒のおつまみやおやつにすると、とてもおいしいですよね。子供たちにも人気が高く、お弁当の彩りや隙間を埋めるのにも大活躍してくれます。旬の時期は6~8月、この季節になるとスーパーで枝付きの枝豆が売られていますね。

また、海外でも非常に注目されている食材で、北欧やヨーロッパでも親しまれています。ニューヨークの居酒屋では、日本と同じくおつまみで提供されており、スタジアムの売店でも売られていたりするほどメジャーな食べ物になっています。日本と同じで「EDAMAME」と呼ばれているのですよ。

家庭菜園でも育てる事のできる枝豆は、4月下旬ごろに種を購入して植えつけると夏には大きく育ちます。自宅で栽培すると、大量に獲れすぎて困ることもあるようです。そんなときには、冷凍保存をすると旬が過ぎても食べられます。

これからご紹介する冷凍保存方法で、枝豆の食感を落とさず長くおいしく食べることができますよ。枝豆の状態別保存方法と冷凍枝豆の簡単おすすめレシピもご紹介しますから、今年の夏は枝豆をたくさん食べましょう。

生のまま冷凍する方法

枝豆は茹でてから冷凍するより、生のまま冷凍する方がおいしく食べられます。面倒な茹で加減の調整や、冷ましたりする手間も省けて簡単です。たくさん買ってきて、食べきれない分は生のまま冷凍しましょう。

やり方は簡単!枝豆はサヤに入ったまま水で軽く洗いほこりなどを取り除きます。水分をしっかりふいてから、ジップ付きの保存用袋に入れて冷凍。この時、なるべく平らにして急速冷凍がおすすめです。

急速冷凍できない冷凍庫の場合、保存用袋をアルミ箔でつつむといいそうです。熱伝導率が高くなって、急速冷凍と同じように冷凍できますよ。食べる時は冷凍のまま熱湯でゆでればOKです。

茹でてから冷凍する場合

茹でてから冷凍する方法は、解凍してすぐに食べられるので便利です。大量に茹ですぎた時に冷凍保存をしておくと、いつでも食べたい時に食べることができますね。上手に保存すれば、おつまみなどで一人前だけ解凍して食べることができますから、お父さんもお子さんも大喜びでしょう。

下処理

枝豆のさやは、両端をはさみで切ります。こうすることで、中まで塩分がしみこみやすくなり、おいしい仕上がりになります。少し手間がかかりますが、仕上がりに差が出るためぜひやってみてください。

そして、さやに入った枝豆をしっかり塩もみします。この下処理で塩味がしみこみやすくなり、サヤのうぶ毛がとれて茹で上がりが色鮮やかになりますよ。塩もみ後は、10分~1時間程度おいて茹でましょう。

茹で方

枝豆の茹でるときのポイントは塩加減です。一番おいしく出来上がる目安は、塩分濃度4%です。水1リットルで茹でると、塩40gが必要となります。

茹で方は、たっぷりのお湯を沸かし、枝豆を入れ再度沸騰してから1~2分です。すぐ食べる場合の茹で時間は3~4分ですから短いですね。茹であがれば、お湯を捨ててざるにあげ冷まします。

ここで、気を付けたいのが、塩もみした塩の分量を引くことです。塩もみで使った量を引き、塩もみ後は洗い流さず、茹でるようにしましょう。

冷凍方法

枝豆を少し固めに茹でたら、うちわなどで扇いで冷ましましょう。この時、ゆであがった枝豆を水にさらさないのがコツです。水にさらしてしまうと、枝豆が水っぽくなりおいしくいただけません。

また、自然に冷めるまで置いておくと、予熱で柔らかくなり、歯ごたえの無い枝豆になってしまいます。うちわや扇風機で一気に素早く冷ますとおいしい枝豆になりますよ。

そして、水気を拭きとって冷凍しましょう。ジップ付き保存袋になるべく平らに入れて、急速冷凍がおすすめです。この時、枝豆を大量に保存袋に詰め込みすぎると、解凍するときに小出しにできません。なるべくトレイなどで平らに冷凍してから、大きな保存袋へ移しましょう。面倒な方は、1回分を小分けにして冷凍するとラクですよ。
▼枝豆をレンジで茹でるコツも知りたい!

むき枝豆の冷凍方法

枝豆は、サヤから中身を出して冷凍することもできます。この方法で冷凍すると、料理にすぐに使えて便利です。豆ごはんなど、枝豆を使ったレシピつくりにも簡単に利用できますよ。

茹でたサヤから豆を取り出し、水気をよくとってフリーザーバッグなどに入れて冷凍します。小分けにして冷凍すると使い勝手がいいでしょう。薄めに冷凍をすると、使いたい分だけ手でポキポキ折って使えますよ。
▼おすすめの豆ごはんレシピは、こちら!

解凍方法

サヤ付きの枝豆を解凍する場合は、もう一度サッと湯がきます。固めにゆでていますから、柔らかくなりすぎる心配もありません。自然解凍でも使用することができ、凍ったまま調理もできますよ。一気に解凍する場合は、保存用の袋のまま流水解凍しましょう。

電子レンジなら簡単に解凍できそうですが、解凍にムラができるのでおすすめできません。手軽なのでつい利用したくなりますが、ここは使わないようにしましょう。

冷凍枝豆のおいしい茹で方

塩分濃度4%

一番おいしいとされる塩分濃度は水1リットルに対し塩分濃度4%です。とてもおいしく仕上がる濃度ですから、しっかり覚えておきたいですね。

万が一、この加減で塩気が足りないと感じる場合は、茹で上げた水分が残っているうちに塩を足しましょう。冷えてからでは、塩がなじみにくくなります。

生で冷凍した枝豆

生で冷凍した枝豆は、凍ったまま熱湯に入れます。塩分濃度を調節したお湯をたっぷりと沸かし、冷凍枝豆を入れ再度沸騰してから3~4分程茹でましょう。茹であがったら、お湯を捨ててざるにあげ冷まします。うちわや扇風機で手早く冷ましましょう。固さは1つ食べてみて、お好みより少し固いくらいがおすすめです。

茹でて冷凍した枝豆

凍ったままの枝豆を熱湯にさっとくぐらします。この時、塩は1Lのお湯に対して10gです。たっぷりのお湯に入れ、再度沸騰してから1分程度茹でましょう。こちらも1つ食べてみて時間を調節してくださいね。塩加減が足りない場合はお湯から上げた後に塩を足しましょう。
▼さらに詳しくまとめています!

冷凍枝豆の簡単おすすめレシピ

冷凍枝豆を激ウマにする簡単レシピです。家庭で冷凍した枝豆や市販で売っている冷凍食品の枝豆でもOKです。スキレットでもおいしく仕上がりますよ。

1. 冷凍枝豆とフライパン、塩を用意します。

2. 冷凍枝豆を食べる分だけフライパンに入れ弱火にします。

3. 枝豆に塩を振ります。

4.しばらく待つと、サヤのいろが変わってきます。白っぽくなると水分が抜けたサインです。何度か混ぜながら、均等に水分を抜きます。

5. サヤの両面が茶色くなると完成です。

フライパンに入れて1時間弱で出来上がりです。少し時間がかかりますから、キッチンに本やスマートフォンを持ち込んで、のんびり作りましょう!
▼こちらも簡単で旨い!

冷凍枝豆の保存期間

ところで、冷凍した枝豆はどれくらい保存可能でしょうか?冷凍だと、かなり長期間保存ができるイメージですが、実際は違います。冷凍した枝豆は一か月を目安に食べきりましょう

冷凍庫を頻繁に開け閉めする場合ですと、温度変化が激しくなり、鮮度が落ちやすくなります。なるべく温度変化の少ない冷凍庫の下の方に保存をし、早めに食べましょう。

枝豆は冷凍保存こそ賢い!

一番おいしく保存する方法は、意外にも生のままで冷凍保存する方法でした。小出しにして使う事もでき、必要な分だけ茹でたてが食べられるのが魅力です。また、茹でてから保存する方法は一般的でしたが、下処理が大切なことがわかりましたね。

枝豆は、ただ茹でればいいと思いがちですが、丁寧な下処理をすることで仕上がりに差が出ます。解凍した後においしく食べるためにもがんばりましょう。冷凍するときは、どのような調理法で使うのかを考えた上で、保存袋に分けると使いやすくなりそうですね。

お好みの方法で、旬の枝豆を上手に冷凍保存してみてくださいね。
▼枝豆のおすすめレシピ、こんなにあるんです!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

レシピ

みなさんは「マルチョウ」を食べたことがありますか?焼肉屋さんでも人気のホルモンのマルチョウですが、今回はその部位や、その他ホルモンとの違い、おいしい食べ方までご説明します。ころころ、プリプリとしたマルチョウの…

レシピ まとめ

焼くだけでおかずになるとても便利な塩さば。下味も不要で臭みが少なくとても便利な食材です。でも焼いただけだと、代わり映えのない食卓になりがち。今回は、フライパンで簡単にできる料理からサラダまで、覚えておけば重宝…

レシピ おつまみ キャベツ

無限シリーズの新たな刺客「無限キャベツ」がTwitterで5万リツイート超えの話題になっています。今回は電子レンジは使わないようですが……一体どんなレシピなのでしょうか?実際に作ってみたので、作り方やアレンジ…

さつまいも レシピ まとめ

秋が旬の甘いさつまいも。美容と栄養満点のさつまいもをまるごと美味しくいただくには、なんと言ってもお味噌汁が一番! 定番から新しい組み合わせの簡単レシピ20品をご紹介します。ほっこり美味しいさつまいもの新しい組…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ まとめ

沖縄料理の定番、ゴーヤチャンプルー。めんつゆを使えば、自宅でも簡単においしく味付けができるんです。今回は、めんつゆを使ったレシピを中心に、身近な調味料を使った簡単レシピも併せてご紹介します。暑い夏に、ぜひおた…

レシピ

ゴーヤの味付けにマンネリぎみの人、苦味が強くて調理したことがない人、おいしいゴーヤチャンプルーに挑戦しませんか?味付けひとつでおつまみからごはんがすすむおかずに大変身するんですよ。ゴーヤチャンプルーの人気の味…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る