ローディング中

Loading...

屋外で楽しむバーベキュー。どうせ楽しむなら食材にもこだわりたいもの。みなさんが好きなバーベキューの食材は何ですか?定番の野菜やお肉はもちろんよいのですが、変わり種食材を焼いてみるのも楽しいですよ。バーベーキューのおすすめ食材23種をご紹介!

バーベキューをしよう!

過ごしやすい季節に人気のバーベキュー。ご家族や親しい仲間とワイワイ集まって楽しむのが醍醐味。屋外の開放的な雰囲気で食べられるのもよいですよね。

そんなバーベキュー、必ずこれは焼きたい!というこだわりの食材はありますか?定番のお肉や野菜の他、最近では少し手の込んだバーベキューメニューも人気のようです。鉄板でおいしい食材から、ちょっと変わり種まで23種の食材をご紹介!次回のバーベキューの際にぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめ食材「肉」5種

バーベキューといえば、やはりお肉。牛、豚、鶏、ラム肉など、お肉と言ってもいろいろな種類があります。集まる人の数や好みに合わせて、選びたいですね。

1. 牛ハラミ

牛ハラミは牛の肺を動かす横隔膜の筋肉。赤身肉よりも歯ごたえがあり、食べ応えも感じられるお肉です。ハラミは事前にタレに漬けて、しっかり焼いて食べるのがおすすめ。上質なハラミは肉厚で適度な霜降りです。お肉好きな人にも喜ばれる部位だと思いますよ。

2. 手羽先

炭火で焼くなら手羽先もおすすめ。弱火でじんわり焼きます。バーベキューのときは火加減が難しいのですが、できるだけ端のほうで焼くとうまく焼けると思いますよ。手羽先の油のみで焼くことで、身がしっとり焼きあがります。

3. フランクフルト

大人も子供も大好きなフランクフルトもバーベキューの定番食材ですね。焦げやすいので、まんべんなく転がすようにしましょう。表面がこんがり焼けていても中まで火が通ってないこともあります。しっかり火を通すように焼いてくださいね。

4. ホルモン

焼肉の定番のホルモン。脂ののったおいしいホルモンですが焼き方にはちょっと迷いませんか?脂の乗ったホルモンは、皮から焼くようにしましょう。脂身は焦げやすく、脂の飛び跳ねにも注意してくださいね。脂の部分から焼いてしまうと、焼き上がる前に脂が落ちてしまって旨味が逃げてしまいます。皮の部分から焼くと、おいしい脂の旨味を逃さずに焼けますよ。

5. ラムチョップ

骨つきのままかぶりつくのがおいしい、ラムチョップ。やや臭みがあって苦手という方もいらっしゃるのでは。臭みをおさえて、柔らかくジューシーにできるコツはラムチョップにヨーグルトを揉み込んでおくこと。臭みが和らぎます。弱火でじっくり焼くのがよいですよ。
▼ワンランク上のお肉目指しちゃう?最高の下味のつけ方はコチラ

おすすめ食材「魚介」5種

お肉もよいけれど、合間に魚や海老など、魚介類を使った海鮮バーベキューもよいですよね。網で焼いた魚介類は、家で食べる時とは一味違って一層おいしく感じるはず。

1. ホタテ

ホタテは殻つきなら醤油とバター、お好みでお酒を少し足して焼くととてもおいしいです。醤油やお酒がふつふつとしたら食べ頃です。

2. イカ

イカは事前にはらわたと軟骨を取り除きましょう。切り身の場合には塩コショウで味付けをして焼くだけでおいしくなります。仕上げにレモンを絞ると爽やかな味わいになります。

3. 牡蠣

牡蠣は平らな面を約3分焼き、深い面を約5分ほどじっくり焼きます。新鮮なカキは焼きすぎない方が美味しいと思いますよ。焼きすぎると身が縮んでしまいます。牡蠣の殻が開いたら完成です。

4. 鮭

スーパーへ行けば手軽に手に入る鮭はバーベーキューの食材としてもおすすめです。ビールとの相性もばつぐん。そのまま焼くだけでも十分おいしく食べられますが、バターを加えたり、味噌で味付けして野菜と一緒にホイル焼きにするのもよいですよ。

5. エビ

バーベキューにエビがあるととても豪華になりますよね。竹串を刺して焼くと丸まらずに焼けます。食べる時も串があった方が食べやすくなりますよね。塩をふって下味をつけたら、じっくり焼くとよいでしょう。

おすすめ食材「野菜」5種

バーベキューでお肉をおいしく食べるために、野菜は欠かせません。お肉やお魚ばかりだと、ついつい野菜を食べたくなってしまうものです。そんな、バーベキューの欠かせない野菜の数々を紹介します。

1. なす

なすは、塩をふって焼くだけでおいしい野菜。破裂しないように表面に数箇所穴を開けてから焼きましょう。お好みで甘味噌や生姜じょうゆで食べるのもおすすめです。

2. キャベツ

キャベツは直火で焼くと、キャベツの甘さが際立っておいしく感じられます。春キャベツであれば何もつけなくても香ばしさと甘さで十分美味。ゴマだれやウスターソース、お好みのドレッシングで食べてもおいしいと思いますよ。

3. トマト串

プチトマトの串焼きはいかがでしょう。皮が弾けて崩れる前に取り上げましょう。豚肉や鶏肉と一緒に串にしてもよいですね。トマトの酸味が混じってお肉もさっぱりと食べられます。

4. とうもろこし

とうもろこしは、皮ごと焼くなら生の状態のまま焼きます。皮をむいたものはボイルしてから焼きましょう。皮つきのとうもろこしを焼くのは難しそうなイメージがありますが、蒸し焼きのような状態になり、簡単にふっくらジューシーなトウモロコシが焼けます。時間をかけて転がしながら焼くのがポイントです。

5. アスパラ

アスパラは下半分をピーラーで皮をむき、塩コショウとオリーブオイルを入れたポリ袋に入れて下味をなじませてから焼きます。豚バラやベーコンを巻いても焼いてもおいしいですね。その場合は、アスパラの中まで火を通すと、お肉が焦げてしまいますので、軽く下茹でしたアスパラを使うとよいですよ。

変わりダネ5種

みんながあっと驚く変わり種を用意するのも楽しいですね。これはバーベキューに向いていないかも…というのも、炭で焼くと意外といつも以上においしく焼けることが多いのですよ。

1. ピザ

スーパーで買ったピザや宅配ピザももちろんおいしいのですが、目の前で焼いて焼きたてのピザを屋外で食べるのはもっとおいしいはず。ピザ生地の作り方はとても簡単です。発酵のための時間を合わせても数十分でできるので、バーベキュー場でみんなでワイワイ言いながら作るのも楽しいですよ。

2. バゲットとカマンベールチーズ

炙って溶けた熱々のカマンベールチーズはそのままでもよいですが、はちみつを付けるとデザートにもなります。バゲットに挟んで食べたり、お肉と一緒に食べたり、葉物野菜で巻いて食べたりと、いろいろな食べ方が楽しめそうですね。ビールやワインのおつまみにも最高です。

3. ホットケーキ

ホットケーキは網にのせたスキレットなどの上で焼きましょう。ホットケーキミックスを使って作ったホットケーキの種でいつも通り焼くホットケーキも、屋外で焼きたてを食べるとまた格別だと思いますよ。

4. 冷凍コロッケ

市販の冷凍コロッケはそのまま網焼きにしてもおいしいんですよ。解凍せず凍ったままのコロッケを焼くのがおすすめ。クーラーボックスから出したら、早めに遠火で焼くとよいでしょう。電子レンジで温めたものとは違う香ばしさが感じられるはずです。

5. 焼きパイン

パイナップルなどのフルーツは、焼くことで水分が飛び甘みが凝縮されます。生で食べるフレッシュさとは違うおいしさを楽しめます。焼いたパインは、ウィンナーやお肉と一緒に食べるのもおすすめです。

豪華食材をプラス!おすすめ3種

豪華食材が一品あると、バーベキューを盛り上げるにもよいですよ。

1. ウニ

ウニは焼くことで香ばしさの中にほんのりと磯の香りがただよいます。甘みが増しますので、野菜や他の食材と合わせて食べてもおいしいですよ。ご飯が用意できたら、その場でうに丼を作ったり、贅沢なウニチャーハンに挑戦するのもよさそうですね。

2. リブロース

リブロースを炭焼きするのであれば、遠火で強火で焼くのをおすすめします。グリルや七輪によっては距離を取るのが難しい場合もありますが、網とグリルの間にレンガを置くなどして距離を調節するとよいでしょう。

脂が落ちて火が上がってしまう場合は、位置をずらしながら炭から離して調整してくださいね。 焼いている間に何度もお肉を返すと旨味が抜けてしまいます。片面ずつ焦らずゆっくり焼きましょう。

3. カニ

バーベキューでカニを食べるなら、足の太いタラバガニや花咲ガニがよいでしょう。甘みもあっておすすめです。殻が焦げても問題ありませんが、焼きすぎには注意しておいしく焼きましょう。軽く塩をふって食べてもよいですし、ポン酢しょうゆもおいしいですね。
▼おしゃれに開催するならフレンチバーベキューがおすすめ

お肉の量と予算の目安

お肉

メインになるお肉の量は、男性なら300g、女性やお子さんは一人あたり200gを目安にします。だいたいハンバーグ1つ分くらいの量です。野菜や魚介など、他の食材の量も考えてお肉の量を決めるとよいですよ。

ちなみに、焼きそばもバーベキューの定番といえますが、焼きそばなどは3人に一玉くらいでも十分でしょう。飲み物の水やお茶は、2リットルのペットボトルを3人で一本ずつくらいあるとよいですね。

予算

参加人数を10人とした場合で全て成人男性と考えると、300グラム×10人でお肉は3キログラム必要となります。野菜やその他の食材、飲料は適宜として考えて一人当たりの予算はおよそ3千円くらいが平均的です。

参加する人の数や好みによって食材の値段は上下すると思いますが、なるべく食材を残したり持ち帰ったりしないで済む量を考えましょう。食器類などは100円ショップなどで簡易のものが揃いますが、炭なども含めて食材以外に必要な備品についても予算に含めるのを忘れないようにしてくださいね。
▼これで困らない!炭の使い方をマスターしよう

通販の利用も便利

大人数でのバーベキューの場合、分担して少しずつ持ち寄るのも良いですが、まとめて購入できると楽ですよね。通販を利用して準備するのも一つの手ですよ。

メガ盛りバーベキューセット

様々な種類のお肉が1.75キロ分も入っているので、こちらを注文すれば、まとめて食材がそろいますね。

海鮮セット 4種15品

こちらは海鮮盛り合わせ。大勢で集まるときの海鮮食材が一気にまかなえそうです。定番の海鮮が4種入っているお得なセットですね。

ギガ盛り1.5kg BBQセット

こちらはちょっと贅沢なバーベキューセット。お付き合いで開催するバーベキューの際にも活用できそうなセットです。

好きなものを楽しく焼いて賑やかに♩

バーベキューにおすすな色々な食材をご紹介しました。焼いてみたい食材はありましたか?バーベキューはとにかく楽しめるのが一番!集まる人に合わせて好きなものを焼くとよいと思います。今回ご紹介した食材の他にも、まだまだ焼いてみたらおいしい食材はたくさんあります。みなさんの好きなものを焼いて、バーベキューを楽しんでくださいね。
▼バーベキューの準備スイスイ♩食材も食器もパパッとそろうのはコチラ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

ステーキ レシピ まとめ

部位によるステーキの焼き方や、おすすめのレシピをご紹介します。ソースの味付けのポイントや、肉を柔らかく仕上げるコツなど、おいしいステーキのポイントが盛りだくさん!付け合わせのレシピもありますので、これを読めば…

ハンバーガー

2017年7月20日(木)ロッテリア「メガ盛やわらか焼肉バーガー」が発売されました!なんと、ふっくらジューシーな焼肉パティが7枚もサンドされているんですよ!肉好きにはたまらないスタミナ満点のひと品。実食レビュ…

池袋

大阪・兵庫で人気のボリューム満点な肉どんぶりが楽しめるお店「肉劇場」が、東京第1号店として池袋にオープン!たっぷりボリューミー&ジューシーなお肉をご飯にのせてガッツリ味わう、ひとり焼肉感覚の丼がリーズナブルに…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

サラダ レシピ まとめ

何かとマンネリしがちなサラダレシピ。そこで今回は、チキンやトマト、キャベツなど食材別に、人気の簡単サラダレシピを30選ご紹介しますよ!また、野菜の洗い方などいつものサラダをもっとおいしくするポイントも交えてご…

レシピ まとめ おつまみ 豆腐

豆腐を水切りして味噌に漬けると「チーズ」のようになって美味なんだそうです。以前沖縄のお土産でもらった豆腐ように似た感じかな?と思いつつ...ご紹介させていただきます。

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

サンドイッチ おしゃれ レシピ まとめ

インスタなどを中心に話題となったボリューム満点なサンドイッチ「沼サン」。沼夫サンドの略称で、陶芸家である大沼道行さんの奥さんが名付けたんだそう。おいしそうだと人気に火がつき、真似する人が続出!みんなのアレンジ…

イワシ レシピ まとめ

カルシウムやビタミンDが豊富なイワシ。イワシは、秋に旬を迎える美味しい食材です。いざ調理しようとすると、何を作ろうか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんなイワシを使ったおすすめレシピをいくつかまと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スイーツ レシピ まとめ

プリンにしたりケーキにしたり、何かと重宝する豆乳☆ ちょっと内容を変えれば低炭水化物なスイーツになるし、なんといってもヘルシーですね♪栄養たっぷりの豆乳を使ったスイーツ、ご覧下さい♡

フランス まとめ スイーツ 東京

7月末に東京・自由が丘にオープンした「マドレーヌラパン」は添加物を一切使わず素材にもこだわりぬいた日本初のマドレーヌ専門店です。どのようなマドレーヌが売られているんでしょう?イートインスベースもあるようですよ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る