ローディング中

Loading...

ひき肉料理などに使うスパイス、ナツメグ。そもそも、ナツメグとは何かをご存知でしょうか?ただ入れるだけでなく、上手な使い方のコツをつかめばさらに風味豊かにしてくれます!お肉以外にも大活躍してくれるナツメグを使ったレシピもご紹介します。

ナツメグとは

お料理の際に使うとより本格的な味わいにしてくれるナツメグ。スーパーなどでナツメグはパウダー状になって売られているので、身近に感じる方も多いと思います。でも、ナツメグの元の姿をご存知ですか?ナツメグは「ニクヅク」という果実の種なのです。

漢方薬にも使用されることがあり、主にひき肉料理などを作る際に用いられますね。日々のお料理に使える便利なスパイスですが、実は知らないことも色々。今回はそんなナツメグについて調べてみました。

ナツメグの特徴

ナツメグの特徴は、若干甘い香りです。香辛料として使用されるのは、においの強い食材の臭みを消してくれる働きを持つから。さらに野菜の甘みを引き出してくれる特徴ももちます。ナツメグはお料理だけでなく、お菓子作りにも活用されることがあるのですよ。

ナツメグの味

ナツメグは甘い香りと裏腹に、味そのものはほろ苦さが立ちます。ナツメグのほろ苦さを楽しむよりも、甘い香りを活用したお料理、そしてお菓子作りに使用されることが多いです。

ホール状とパウダー状

ナツメグにはパウダー状のものとホール状のものがあります。ホール状のものは、あまり見かけませんね。

一般的にはパウダー状になったものが販売されています。ナツメグは基本的に食感を活かすために用いられず、スライスやカットの状態で使用する機会がないからです。香りをしっかり効かせたいときに向いています。ホール状のナツメグを使用する際には、おろし金を使ってパウダー状にするのが一般的な使い方です。

ナツメグの使い方

では、次から具体的に、ナツメグの上手な使い方についてご紹介しましょう。

ハンバーグに入れる

ハンバーグのタネを作る際には、ナツメグが必須のレシピが多いです。ハンバーグに入れることでひき肉の臭みを消し、旨味を引き立ててくれるのです。本格的なハンバーグを作る際にはナツメグを忘れずに加えましょう!
▼肉の臭み取りといえば、こちらも気になる!

その他のひき肉料理

ハンバーグにナツメグは、もはや鉄板です。ナツメグはその他のひき肉料理にもぴったりなのです。ひき肉を使った料理といえば、ロールキャベツがありますね。ロールキャベツを作る際にもナツメグを加えると良いでしょう。その他、ミートローフやミートボールを作る際にもナツメグが役立ちます。

乳製品の臭み消し

ホワイトソースを作る際やクリームスープを作る際に、乳製品の香りを消したいこともあるでしょう。そんな時にもナツメグが役立ちます。ナツメグの甘い香りは乳製品との相性が良いのです。チョコレートドリンクを作る際にも、ナツメグを使うとカカオの香りが引き立ちますよ!

クッキーなどのスパイス

日本では一般的ではありませんが、海外ではお菓子に使用されます。ドイツではクリスマスになるとレープクーヘンというお菓子を各家庭で作りますが、その時に大活躍するのがナツメグなんです。

ナツメグを料理に入れるタイミング

お料理やお菓子作りにナツメグを使用する際には、どのタイミングで加えればよいのでしょうか?

ナツメグは仕上げに使うスパイスではありません。基本的にはタネや生地を作る段階で入れましょう。特にひき肉料理を作る際には、調味料よりも先に加えることで、肉の臭みをしっかりと消してくれますよ。その後、調味料とともに肉の旨みを引き出してくれます。

お菓子作りをする際には粉の段階でナツメグを加えるケースや、生地に加熱する直前に加えるケースまでさまざまです。基本的には加熱する前のタイミングで加えることを覚えておきましょう。

どれくらいの量を使えばいいの?

ナツメグは主に肉料理に使用することが多いスパイスです。でも、どのくらいの量を使えば良いの?と悩んでしまうこともあるでしょう。一つの目安として、お肉100gに対しナツメグを0.2g程度使ってください。もちろんお好みで増減は可能ですが、使いすぎてしまうとナツメグの風味が強くなるので注意!

大量に使うと中毒症状が起きる?

ナツメグは中毒症状を起こす、という話を聞いたこともあるかもしれません。極端に多量のナツメグを摂取すると中毒症状が出ることもあるようです。一般的な肉料理などに使用する分には中毒症状を引き起こす心配はないので、安心してください。

ナツメグは漢方薬や生薬としても扱われています。その点を踏まえても、少量摂取する分には特に問題ないことがわかります。毎日のようにホールのナツメグを食べる、ということは一般的に考えられません。大量に摂取しなければ、中毒症状などの体に対する悪影響はないと言ってよいでしょう。

ナツメグとメースは違うの?

ナツメグと同じような香りを持つスパイスに「メース」があります。ナツメグとメースには、どんな違いがあるのかをご存知でしょうか?ナツメグは種子だとお話ししましたが、メースは種子であるナツメグを包み込むように存在する仮種皮です。

ニクヅクの実を割ったとき、最初に見えてくるものがメースです。そしてメースを取り除くと黒い種子であるナツメグが姿を現すのです。どちらも元々は同じ植物ですが、部位が違うため、香りにも若干の違いがあります。ナツメグの甘い香りに比べてメースの香りはやや緩和されていますl。

肉料理などに使用されるナツメグに比べ、メースはソースやスープなどに使用されることが多いスパイスです。塩味のついた料理を作る際はメースの方が相性が良いのだそうですよ。

ナツメグの保存期限は?

ナツメグはスパイスですので、保存期間を意識しない方もいるようです。ですが、食材ですのでやはり保存期間は意識しましょう。未開封の状態であればおよそ1年が保存期間。開封したものは冷蔵庫や冷凍庫で保存し、半年程度で使い切るようにしましょう。

ナツメグは冷凍保存をしてもカチカチに凍ってしまうことがありません。ビンに入って販売されていることが多いので、しっかりと蓋を閉めて保存してくださいね。直射日光の当たる場所に置いてしまうと、変色したり風味が劣ったりすることがあります

ナツメグを使ったおすすめレシピ

ナツメグを使ったおいしいレシピについても紹介していきましょう。ナツメグを使った場合と使わない場合で、比較してみるのも楽しいかもしれません。

1. メンチカツ

キャベツは千切りにして、みじん切りの玉ねぎと共に塩もみしておきましょう。合い挽き肉にナツメグやパン粉、牛乳を加えて混ぜ合わせます。塩もみしたキャベツと玉ねぎを全て混ぜ合わせ、こねます。バッター液を作り、形成したタネを通してパン粉をつけたら、熱した油で揚げたら完成。お好みのソースをかけて食べましょう。

2. ハンバーグ

パン粉をふやかし、調味料を混ぜ合わせてソースを作ります。みじん切りにした玉ねぎはフライパンでしっかりと炒め、粗熱をとります。ひき肉や冷ました玉ねぎ、パン粉、ナツメグ、調味料を入れてよく混ぜ合わせて形成したら、フライパンで加熱しましょう。あらかじめ合わせておいた調味料をフライパンで熱し、ハンバーグに絡めたら完成です。

3. 鮭とポテトのグラタン

薄切りにしたジャガイモを、水にさらしておきましょう。そのあと水気を切り牛乳と共に柔らかくなるまで加熱します。ジャガイモが柔らかくなったらお鍋の中で潰し、トロトロの状態にしてください。鮭を加えて耐熱容器に移し、オーブンで焦げ目をつけたら完成。

耐熱容器に移す前の段階で、ナツメグや調味料を加えて味を調えます。ピザ用チーズやパン粉をのせてこんがりと焼きましょう。鮭は切り身をほぐしたものでも、フレーク状のものでも構いません。お好みでブロッコリーなどを加えるとボリュームがアップします。
▼不思議なミートボールも作ってみよう!

ナツメグを通販で注文

スーパーに出向けばパウダー状のナツメグを購入することができます。頻繁に使う方はネットで購入しておけば、スーパーで売り切れていた時も安心ですね。インターネットならホール状のナツメグも購入することができますよ。

ホールナツメグ

ホールナツメグ

出典:楽天市場

ナツメグホール 500g,Nutmeg Whole,原型,ナツメグ,ニクズク,インド,スペイン,中華,イタリア,スパイス

¥2630

楽天市場で購入
ホール状のナツメグはスーパーで見かけることも少ないでしょう。ナツメグは種子となり販売できる状態になるまで最低でも7年程度は必要だとご存知でしたか?

通販でホールのナツメグを購入しておけば、使いたいときに風味豊かな状態で使うことができます。新鮮なナツメグを使ったお料理は、いつものレシピでも高級感がプラスされることでしょう。

ナツメグのパウダー

ナツメグのパウダー

出典:楽天市場

ナツメグパウダー 100g,Nutmeg Powder,粉末,ナツメグ,パウダー,ニクズク,インド,スペイン,中華,イタ

¥1200

楽天市場で購入
一般的なスーパーでもよく見かけるパウダー状のナツメグです。手作業で取り除いた種をパウダー状にしています。

ナツメグを使って香り豊かな料理を!

ナツメグは少量を加えるだけで、お料理の風味がとても豊かになります。今までお菓子作りに使用したことがない方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?肉料理ばかりに使っていた方もお魚料理やスープなどに加えてみましょう。

今までとは違った使い方をすることでオリジナルメニューがみつかりそうですね!甘い香りを生かして、様々なドリンクやスイーツ作りにも活躍してくれるのではないでしょうか?
▼こんなレシピにもナツメグを活用できます!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

みなさんは「マルチョウ」を食べたことがありますか?焼肉屋さんでも人気のホルモンのマルチョウですが、今回はその部位や、その他ホルモンとの違い、おいしい食べ方までご説明します。ころころ、プリプリとしたマルチョウの…

レシピ スイーツ

セブンスイーツ「抹茶練乳」と「わらび餅&白玉ぜんざい」のかけ合わせレシピがTwitterで話題になっています。専門店さながらのパフェと噂を聞きつけ、さっそく作ってみました♩発案者であるディスク百合おんさんの他…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

レシピ パスタ まとめ

独特のとろみと塩気がやみつきになる「なめたけ」ですが、みなさんはどんなレシピに活用されていますか?今回は自宅で簡単に作れる自家製なめたけのレシピをはじめ、麺類やおつまみにできるなめたけの使い方をご紹介。もちろ…

レシピ まとめ

焼くだけでおかずになるとても便利な塩さば。下味も不要で臭みが少なくとても便利な食材です。でも焼いただけだと、代わり映えのない食卓になりがち。今回は、フライパンで簡単にできる料理からサラダまで、覚えておけば重宝…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

レシピ まとめ たまご アレンジレシピ

誰でも手軽に作ることができる「ゆで卵」、ちょっとしたひと手間をかけるだけでとってもおいしく可愛く変身しちゃうんです!朝食やお弁当にはもちろん、パーティーメニューの前菜にも使えちゃう素敵な「ゆで卵」のアレンジレ…

春雨 レシピ まとめ

「たくさん食べたいけどカロリーが気になる…。」そんな時は春雨の出番!!カロリーが低いだけではなく栄養豊富な春雨♪サラダやスープが一般的ですが、ちょっと変わった食べ方をご紹介☆簡単なヘルシーレシピでお腹いっぱい…

レシピ まとめ アレンジレシピ

つくりすぎちゃったら温め直して次の日も・・でもあんまり美味しくないんだよね〜。困りますよね、そういうとき。でも捨てずに、かつ美味しく最後までいただく方法もあるんですよ♪そんなアレンジレシピ、たくさん見つけたの…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子

アメリカンな駄菓子の代表ともいえる「PEZ」。そのPEZから、POPなかわいさそのままにした、色つきの「リップクリーム」が登場しました!あまりのかわいさにSNSでもいま大注目!今回は、そんなPEZリップの魅力…

まとめ

「あのニュースで得する人損する人」で家事えもんが紹介して、一躍有名になった「ピーピースルー」。シンクやお風呂などのパイプ詰まりにすぐ役立つ、大変便利な製品なんです。どのように役立つのか、具体的な掃除の仕方や商…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る