ローディング中

Loading...

爽やかな飲み口で人気のカクテル、ジンバック。でも、ジンバックの作り方や名前の由来って意外と知らない人も多いかもしれません。今回は、ジンバックの作り方や由来について詳しく調べてみました。バーで注文するとき、ちょっと夢が広がります。

ジンバックとは

ジンバックとは、どんなお酒なのでしょうか。バーなどお酒を楽しめる所で注文する機会が多く、爽やかな飲み口でスッキリとした印象のカクテルです。ジンバックという名前は有名なため、何でできているかを知らずに飲んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジンをベースにしたカクテルは多くあり、ジントニックなどもよく耳にしますね。今回は、ジンバックの作り方をメインに、ジンバックとジントニックはどのような違いがあるのか、ジンバックの名前の由来から作り方など、ジンバックについて詳しくまとめてみました。

ジンベースのカクテル

ジンバックとは、カクテルの一種です。ジンにジンジャーエールとレモンジュースを加えて作ります

ジンは、蒸留酒といわれるスピリッツのアルコール度数が高いお酒です。大麦やライ麦、じゃがいも等が原料です。酒屋さんでも見かける身近なお酒ですね。

ちなみに、ジンバックのベースをブランデーやラムなどの蒸留酒に変えると、ブランデーバックやラムバックを作ることができますよ。

ジントニックとの違い

バーや居酒屋で飲むジントニックも有名なカクテルですね。ジントニックは、その名の通り、ジンとトニックを混ぜたカクテルのことです。

トニックとはトニックウォーターのことを指します。これは、炭酸水と柑橘エキス、糖類などを配合した清涼飲料水です。トニックウォーターで、ジンを割ることでジントニックが完成します。ジンバックとは、ジンの割りものが違うのです。

ジンとバックの意味

ジンジャーエールの爽快感がたまらなく、ジンバックが大好きな人も多いはず。何が使われているかはわかりましたが、名前の由来は何でしょう。そもそも、バーなどでメニューを見ると、カクテルには「ジン」と言う名前が多く使われています。どのようなお酒なのかもあわせて調べてみました。

ジン(gin)

ジンとはライ麦などを原料にしたお酒です。ジュニパーベリーと呼ばれる、植物の球果の上に流して香りを付けられています。日本ではスピリッツに分類され、蒸留酒の中ではクセが少ないので、そのまま飲んだりカクテルの材料として親しまれたりしています

ジンを使ったカクテルはとても多くあるので、身近なカクテルであり好きな人も多いようです。

バック(back)

ジンバックは別名ロンドンバックとも呼ばれ、バックは「雄鹿」と言う意味です。飲み口がキックのある飲み物なので、命名されたそうです。

ちなみに、バーボンウィスキーをベースにすると、バーボンバックと呼びます。

自宅でできるジンバックの作り方

自宅でカクテルを作るのは難しいと思いがちですが、材料さえあれば作ることができます。多くの材料を用意しなくても、ジンバックは楽しめます。

バーで飲む雰囲気も素敵ですが、自宅では自分好みにアルコールなどの調節できます。ロングタイプのグラスを用意して、さっそく作ってみましょう。作り方をマスターしたら、友人や大切な人を自宅に招いて、カクテルパーティを楽しむのもいいですね。

材料

たった3つの材料を用意するだけで、自宅でバー気分が味わえます。

・ジン…45ml
・レモンジュース…20ml
・ジンジャーエール…適量

作り方

氷を入れたタンブラーにジン、レモンジュース、ジンジャーエールを注ぎます。軽くかき混ぜ、ライムまたはレモンを飾って完成です。このとき、お好みでアルコールやレモンの量を調節して、オリジナルのジンバックを作るとより楽しめますよ。

とっても簡単に作れるので、自宅でも楽しめますね。材料は冷やしておくとよりおいしく、夏に最適なカクテルですよ。

ジンを使ったおすすめカクテル

ジンを使ったカクテルはとても多くの種類があります。ここでは、特に有名なジンベースのカクテルをご紹介しましょう。歴史のあるカクテルが数多く、聞いたことがある種類も少なくないのではないしょうか。

バーや居酒屋で注文をするときに、どのようなお酒なのかを知っていると自信をもって注文ができ、よりおいしく楽しめそうですね。

ジンフィズ

1888年アメリカの人気サロンオーナーが、レモンスカッシュにジンを入れたのが始まりと言われています。ジンフィズは、ジンをベースにしたソーダ割りです。フィズとは、ジンなどのスピリッツにレモンジュースや砂糖を加えてシェークし、タンブラーに注いでソーダを加えたものです。

中甘口のソーダを感じる爽やかな飲み口です。アルコール度数が高くないので、多くのバーで親しまれています。

オレンジブロッサム

ジン・オレンジと呼ばれるように、オレンジジュースのフルーティな味わいとジンの爽やかさがマッチした味わい。オレンジジュースは甘酸っぱくて飲みやすいので、女性に好まれるカクテルです。ジンとオレンジジュースを注ぐだけで完成するため、自宅でも作れそうですね。

ジンリッキー

トニックが甘くて苦手な方には、ジンリッキーがおすすめです。生のライムを使用しているので、サッパリとした飲み口が特徴。名前にもなっている「リッキー」は、スピリッツにライムの果肉とソーダを加え作るカクテルスタイルのこと。注文したら、マドラーを使ってライムをつぶして好みの味にしましょう。

19世紀末にアメリカのレストランで夏向きに開発されたカクテルで、最初に飲んだ客の名前から命名されたカクテルです。

ギムレット

ショートグラスで飲む、アルコール度数の高いカクテルです。小説にも登場し、「ギムレットには早すぎる」という名セリフでとても有名になりました。

このカクテルが生まれたのは1890年頃。当時のイギリスの海軍には、将校にはジン、船員にはラムの水割りが毎日配給されていたようです。海軍の軍医が、健康のために薄めて飲むようにアドバイスをし、このカクテルが生まれました。

生のライムジュースを使うか、既製品のライムジュースを使うかは、好みによって分れそうですが、ジンと割れば簡単にギムレットが完成します。暑い日に自宅で飲めば、気分転換できそうですね。

マティーニ

マティーニはとても有名なので、知っている人も多いカクテルですね。カクテル中の傑作と言われ、カクテルの帝王と称されるお酒です。マリリンモンローが出演した映画や、ジェームズボンドが登場する映画「007」でもおなじみです。

レシピは当初甘口でしたが、時代と共に辛口へと変化。レシピも当初はスイートベルモットを使っていましたが、ドライベルモットを使ったレシピに変わっていきました。それによって、デコレーションとなるオリーブも辛口の場合は使用されますが、甘口の場合はチェリーが使用されていました。

オリーブに切り込みを入れグラスに刺したり、カクテルピンにオリーブを差してグラスに刺して完成します。

ダービー

ダービーには、ジンベースとウィスキーベースのカクテルがあります。ドライジンとビーチビターをシェークし、ミントの葉で飾り付けをします。ミントの葉を飾り付けないダービーもあり、ジンに直接ミントの若葉を入れて、スプーンで押しつぶして香りを付ける方法もあります。

ウィスキーベースのダービーは、鶏卵を使うのが特徴で、レモンジュースで爽やかに仕上げます。炭酸のさっぱり感があり、飲みやすいカクテルです。

ジンのおすすめ銘柄を通販で注文

ジンバックのベースとなるジンは手軽に通販で注文することができます。代表的なジンをご紹介しますので、ネット通販で購入して自宅でジンバックを作ってみてください。

通信販売を利用すると、ジンを探し回る手間が省けて好きな時に購入できます。買うサイトによっては、お酒の説明が詳しくされているので買いやすいですよ。

近所に酒屋が無い場合や、どのようにして探していいのかわからないときは、通信販売を利用してみるといいでしょう。

ボンベイ・サファイア

ボンベイ・サファイア

出典:楽天市場

ボンベイ・サファイア (ボンベイサファイア) 47度 750ml

¥1934

楽天市場で購入
世界№1プレミアムジンブランド、ボンベイのサファイアです。一般的なジンは、香りと付ける時に、ジュニパーベリーを中心とした4~5種類のボタニカルを使用します。ボンベイ・サファイアは、世界各国から集められた10種類のボタニカルを使用したプレミアムなジンです。製造方法は、ヴェイパー・インフュージョンと言う独特の製法を採用しています。

独特の製法で作られたボンベイ・サファイアは、特徴的な華やぐ香りがします。ボトルから注いだ瞬間にカクテルを感じるプレミアム・ジンです。優雅なひとときが楽しめます。

タンカレー・ナンバーテン

タンカレー・ナンバーテン

出典:楽天市場

タンカレー・ジン No.10(ナンバーテン) 47.3゜ 750ml(並行品)

¥2614

楽天市場で購入
1830年創業以来変わらない製法をしている、世界的に有名なトップブランド、タンカレーのナンバーテン。世界大会で3年連続でベスト・スピリッツに選ばれたブランドです。商品名になっている「ナンバーテン」は、タンカレーに現存する蒸留器の中で最も古い、10番目に製造された、小型単式蒸留器タイニーテンで製造されていることから由来しています。

厳選されたボタニカルと爽やかなグレープフルーツやオレンジ、ライムが使用され、深い香りと繊細な味わいが特徴です。上品な気分が感じられるジンです。

ウヰルキンソン・ジン 37°

ウヰルキンソン・ジン 37°

出典:楽天市場

ウヰルキンソン・ジン 37°1920ml

¥1782

楽天市場で購入
1825年創業のベン・ネヴィス蒸留所で作られました。スコットランドで最も古くからライセンスを持つ蒸留所で、1983年にはいったん操業停止になりました。その後、1989年にニッカウヰスキーの所有となり操業を再開しました。

ウヰルキンソン・ジン37°は、10種類のハーブが織りなす柔らかな飲み心地が特徴です。香りを楽しみながら飲んでみたい本格的なドライジンです。

ジンバックをもっと身近に!

ジンバックについて、いろいろご紹介してきました。ジンバックやジンを使用したカクテルについてもわかりましたね。詳しくは知らないけれど名前だけでカクテルを注文していた方やよく知らないから注文できなかった方も、これで自信をもって注文できるでしょう。ジンは通販で買う事もできるので、自宅でも気軽にジンバックを作ってみてくださいね。

また、ジンを使用したカクテルはどれも歴史のあるものばかりです。有名なカクテルは映画などに使われ、長く愛されてきました。映画のワンシーンのように、バーでグラスを傾ければいつもとは違った雰囲気が楽しめそうですね。
▼カクテルのこと、もっと知りたい!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スイーツ

セブンスイーツ「抹茶練乳」と「わらび餅&白玉ぜんざい」のかけ合わせレシピがTwitterで話題になっています。専門店さながらのパフェと噂を聞きつけ、さっそく作ってみました♩発案者であるディスク百合おんさんの他…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

ハヤシライス レシピ

マイルドでコク深い「ハヤシライス」は、子どもから大人まで大人気の料理!今回は、市販のルーを使わずにトマト缶で作る、本格ハヤシライスのレシピをご紹介します。余った次の日は、ドリアやグラタン、コロッケにリメイクで…

助六寿司はスーパーなどでも見かけることが多いですね。助六寿司には、いなり寿司、巻き寿司が入っています。このお寿司の助六とは誰かの名前のこと?それとも巻き方?ここでは助六寿司の助六について詳しくご紹介しましょう…

レシピ パスタ まとめ

独特のとろみと塩気がやみつきになる「なめたけ」ですが、みなさんはどんなレシピに活用されていますか?今回は自宅で簡単に作れる自家製なめたけのレシピをはじめ、麺類やおつまみにできるなめたけの使い方をご紹介。もちろ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お菓子 レシピ スイーツ フルーツ まとめ

果物はそのまま食べる以外にもアレンジの楽しみ方がいろいろ♩コンポートとは果物をシロップやワインで煮こむヨーロッパの保存方法という意味。今回は定番のりんごや梨を含むコンポートレシピをまとめました。ぜひ参考にして…

ドリンク レシピ ホットドリンク まとめ

寒い時期がやってくると外に出るのが億劫になってしまいますね…。ホットドリンクでもどうでしょうか?心も身体も温まりそうな牛乳(ミルク)を使ったホットドリンクをまとめました♪緑茶、紅茶、キャラメル、はちみつなど、…

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

レシピ 牛肉 まとめ

アイルランドの有名な黒ビール「ギネス」で牛肉を煮込むとやわらかくおいしくなるそうですよ!そんなおすすめレシピを国内外問わず探してきてみました。硬いお肉でもビールで煮るとあら不思議。ソフトになっちゃうそうです♪

レシピ まとめ 揚げ物

美味しい物はやっぱりカロリーが。揚げ物もその一つですよね。。。揚げないで揚げ物が作れたらなんて素敵なんだろう。ちょっと待って下さい!そんな夢のようなレシピがあるんです☆という事で、今回は揚げないけど揚げ物が作…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食事のとき気をつけたいマナーはいろいろありますよね。例えば「クチャクチャ噛む」「箸の持ち方が変」「犬食い」など。その中に「迎え舌」があるのをご存じですか?あまり馴染みのない名前なのではじめて聞いた人も多いでし…

気温が下がり、煌びやかなイルミネーションの季節になりました。友達や家族と一緒にクリスマスパーティーを企画している人も多いのでは。今回はオーブンがなくてもフライパンで手軽に作れるローストチキンの作り方と10通り…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る