ローディング中

Loading...

「ちょろぎ」という食べものをご存じですか?古くから縁起物として食べられている、ちょっと珍しい形と名前の「ちょろぎ」。どんな食べものなのか、どんな風に食べるのかなど「ちょろぎ」についてと食べ方をご紹介。見つけたらぜひ食べてみてください!

「ちょろぎ」とは?

みなさんは「ちょろぎ」を食べたことがありますか?ちょろぎはシソ科の植物。根の先端部分にできる塊茎が「ちょろぎ」と呼ばれ、食べられている部分です。

珍しい見た目と独特の食感が特徴のちょろぎですが、好きな方も多い食べものなんですよ。日本では一部の地域で、よく食べられています。

今回は「ちょろぎ」の名前の由来やどんなものか、おすすめの食べ方までご紹介します。

「長老喜(ちょろぎ)」と書く由縁

「ちょろぎ」は古くから中国で親しまれてきた食材で、「食べれば長寿になれる」と考えられてきました。健康効果が期待され、実際、漢方薬などにも使用されています。以上のことから「長老喜」とも書くようです。

ちょろぎの特徴

見た目

生のちょろぎは一見虫ようにも見え、苦手という方もいるかもしれません。3cm程度の大きさで、巻貝のようにくるくると渦巻状になって新鮮な巻貝のようにも見えます。日が経つにつれて茶色く変色してしまいますが、新鮮な生の「ちょろぎ」は大根のようなきれいな白い色をしています。

感想に個人差はありますが、ちょろぎの食感は生姜や百合根の食感に似ています。味はとてもさっぱりとしていますが、人によってはエグミを感じるかもしれません。見た目は独特なちょろぎですが、生のちょろぎ自体には強く印象に残る味はないと言ってよいでしょう。

おせちで食べる地域

「ちょろぎ」はもともと中国で縁起物として食べられていました。現在では日本にも伝わり、東北地方など、一部の地域でおせちのメニューに用いられています。

長寿を願った縁起物

「ちょろぎ」は上記の通り縁起物として食べられてきた食材。長寿を願い、おせちに使われることも多いよう。国内では、とくに東北地方で食べられています。日本のちょろぎの栽培は、北海道、東北地方、岡山、広島、大分県などでされています。

縁起を担いだ食べ方

食べ方は、酢漬けにしたものが一般的。「今年もまめに働けますように」と縁起を担いで、黒豆を食べる風習がありますが、加えて長寿を願い、ちょろぎを黒豆に添えることがあるようですよ。ちょろぎは梅酢で赤くなるまで漬けてたものを食べます。さっと湯通ししたものをお雑煮の盛り付けに加える場合も。
▼関西のおせちに欠かせない「棒鱈」って知ってる?

ちょろぎの食べ方

酢漬けで食べるのが一般的な「ちょろぎ」。その他にはどんな食べ方があるのでしょうか?「ちょろぎ」の食べ方をご紹介します。

生で食べられる?

「ちょろぎ」は生でも食べることができます。ただ、特徴的な味はないので、塩漬けや酢漬けにして食べるのが一般的です。

熱を加えるとホクホク

塩漬けにしたちょろぎは食感がよく、お茶請けにもおつまみにも合います。加熱したちょろぎは、芋のようなほくほく感に変わります。生で塩漬けにするのではなく、下茹でしたものを茶碗蒸しやサラダのトッピングに使ったり、天ぷらや素揚げにしたりもできます。

ちょろぎは火が通りやすく、短時間で調理ができます。さっと塩茹でしたものを食べてもおいしいですし、カレーなどの具材にすることもあるようですよ。

ちょろぎを使ったレシピ

実際に「ちょろぎ」を使ったレシピをご紹介します。煮込み料理などには使わず、和え物や漬物として食べることががほとんどです。

1. 黒豆に添える

梅酢で漬けた、ちょろぎを黒豆に添えましょう。紅白のちょろぎを添えると、お祝いの雰囲気を演出できますね。縁起もよさそうに見えます。黒豆の下ごしらえをしたら、圧力鍋で加熱します。こんにゃくも添えると色々な食感を楽しめます。

2. ちょろぎの酢漬けサラダ

お好みのサラダに酢漬けの「ちょろぎ」を添えるだけのレシピですが、梅酢で漬け込んだ、ちょろぎは色鮮やかでとてもきれい。お酢を使うので、お弁当のおかずにもぴったりです。ブロッコリーや大根なども入れて鮮やかな見た目になるようにするとよいですよ。

3. しめ鯖に添える

焼いた〆鯖にマヨネーズと明太子を合わせたソースをかけて、グリルで加熱。ソースとしめ鯖にこんがり焼き色がついたらでき上がりです。梅酢漬けのちょろぎを添えると、見た目がとってもよくなります。〆鯖の箸休めにもよいですね。

ちょろぎを栽培

ご自宅の付近でちょろぎが中々手に入らない場合は、栽培することもできますよ。

塊茎は3月下旬から4月下旬頃に行うのがよいでしょう。土に植え溝を掘ったら塊茎を並べ、5cm程度覆土します。芽が伸び10cmくらいになったら追肥し、軽く土寄せも行いましょう。成長すると倒れやすくなるので、支柱を立てることをおすすめします。

茎葉が枯れはじめたら、株を引き抜いて収穫します。

ちょろぎを通販で注文!

秋田の田舎漬 酢ちょろぎ

近くのスーパではちょろぎを見かけない方も多いでしょう。その場合には、ネットショッピングを利用して購入がおすすめです。酢漬けされたちょろぎは、さっぱりとした味わいで、おやつや、お酒のおつまみにもぴったり。

チョロギ 梅風味

食べきりサイズのちょろぎもおすすめ。オフィスなどで、ちょっとお腹が減ったときにもよさそうですね。

「ちょろぎ」を食べてみよう

ちょろぎについて、いかがでしたか?全く知らなかった方は見た目に驚いてしまったかもくしれませんね。漬物や料理の付け合わせとしておすすめのちょろぎ。調理の仕方によってシャキシャキとホクホクの2つの食感が楽しめるのも面白いですよ。

生のちょろぎは関東ではあまり見かけないかもしれませんが、興味があればネットショップなどを利用してちょろぎを試してみてくださいね。
▼ちょろぎだけじゃない……見た目がちょっとアレな食べ物

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

オムライス レシピ

子供から大人まで人気のオムライス。包み方が難しくて自信がないという方はいませんか?卵を破かず、きれいに、しかも簡単にオムライスを作るコツがあります!誰にでもできるオムライスの包み方をご紹介!コツを覚えればオム…

レシピ ホルモン

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまと…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

お土産

山梨県で有名なお土産のひとつ「信玄餅」。きなこがこぼれて少し食べにく印象がありますが、実は公式で発表されている食べ方があるんです。その食べ方をマスターすれば、もう食べにくいなんて言わせません!おすすめのアレン…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズ トースト まとめ

朝のトースト、いつもバターかジャムばかりでマンネリ化していませんか?一日の力の源である朝食、大切にとりたいですよね。そこで栄養たっぷりのトッピングを使って、エネルギーをパワーアップするトーストメニュー21選を…

レシピ 寿司 まとめ

もうすぐひな祭りですね♫ひな祭りといえばちらし寿司!まだ少し時間がありますが、今年のちらし寿司はいつもと少し違ったおしゃれなものにしてみませんか?今回は見た目もとっても可愛くておしゃれなちらし寿司をご紹介しま…

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

サラダ 作り置き レシピ まとめ

サラダは毎日食べたい!でもその都度作るのは大変。そこで、今回は便利な「作り置きサラダ」の人気レシピをまとめました。時間があるときに作って冷蔵庫で寝かせておけば、すぐにおいしく食べられるのが魅力的ですよね。毎日…

スイーツ レシピ まとめ

新茶も出始め、お茶の美味しい季節になってきましたね♡それにちなみ、抹茶を使った簡単スイーツのレシピをご紹介します。比較的簡単に出来るものを中心にご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

鶏肉 イタリアン レシピ

鶏のささみを使った「ささみチーズピカタ」のレシピをご紹介します!ぱさつきがちなささみも、衣はカリッと、中はしっとりジューシー♩チーズとパセリがふんわり香る、おしゃれなイタリアンメニューです。衣をつけて揚げるだ…

レシピ

焼き物、炒め物、揚げ物など、どんなお料理にもおいしい「ナス」ですが、ナスは生でも食べられると思いますか?生で食べても問題ないのか、その食べ方とは?ナスを生で食べる方法と、おすすめのレシピも含めてご紹介します。…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る