ローディング中

Loading...

クリーミーな食感が人気のアボカド。最もおいしい食べごろを迎えた完熟のアボカドを食べたいとは思いませんか?アボカドの旬と食べごろの見極め方をご紹介。まさに森のバター状のとろりとしたアボカドが食べられますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アボカドの食べごろって?

「森のバター」として知られ、とくに女性から人気のアボカド。ビタミンやミネラルを含んだアボカドは、健康にもよさそうですよね。ディップやソースにしてもよいアボカドは、完熟のとろっとしたクリーミーな状態のものが一番おいしいでしょう。

どんな状態のアボカドが、柔らかく、ほどよい甘みをもった食べごろのアボカドか、みなさんは見分けがつけられますか?アボカドのおいしい食べごろや、追熟方法、保存の仕方までご紹介します。

アボカドの旬

日本に出回っている多くのアボカドはメキシコ産です。基本的には年間を通して流通していますが、比較的市場に多く出回るのは4月頃。通年手に入るとはいっても季節によって味が変化し、4〜6月頃のアボカドは油分多く味がよいと言われています。

8〜10月頃になると、油分が少なめで、小ぶりなものが増えてきます。バターのような濃厚さがあるクリーミーなアボカドを食べたいなら、春から初夏にかけて出回るアボカドがよいでしょう。

食べごろの見極め方

店頭に並ぶアボカドは、見た目の色や固さなど様々。どれを選んだらよいのか迷ってしまいませんか?アボカドは、追熟しておいしくなっていく果物。収穫してから熟すまでに時間を要します。

買ってから食べるまでに時間がある場合には完熟前のアボカドがおすすめですし、すぐに食べたいのであれば、すでに完熟したアボカドがよいですよね。「食べごろ」の見極め方を知れば、用途にあったアボカドが選べるようになりますよ。新鮮なアボカドの選び方も一緒にご紹介します。

濃い緑で黒みがかっているものが、より完熟したアボカドです。皮の色は、熟すにつれて緑色から徐々に黒くなっていきます。ただ、黒すぎるものは熟しすぎていますので、注意してください。

表面にシワがなく張りとツヤがあるものがよいでしょう。ぷっくりしていて、形がキレイなもの、涙型になっているもの、ヘタが取れていないもの、ヘタと皮の間に隙間がないものが新鮮なアボカドです。

未成熟のまま出荷された果物は水分量が多く、乾燥するとヘタから縮んでいきます。ヘタと皮の間に隙間があるアボカドは未成熟の可能性が高いでしょう。

固さ

固すぎず、やや弾力があるものが熟したアボカドです。柔らかすぎるものは熟し過ぎています。お店で確認する際は強く押しすぎずそっと弾力を確かめてくださいね。
▼黒いアボカド、気になる方はこちらでチェック

アボカドを上手に食べごろにするには?

お店に固いアボカドしかなかった場合は、自宅に持ち帰ってから追熟しましょう。追熟方法は簡単です。

温度について

熟していないアボカドの場合は、20℃前後の室温で保存しましょう。だんだんと追熟します。

5℃以下で保存すると低温障害を起こし黒ずむことがありますし、逆に27℃以上になると追熟障害によって傷みやすくなりますので、こちらも注意しましょう。真夏に保存する場合は、数時間から1日程度常温に置いたあと、野菜室での保存がおすすめです。腐らないように様子をみながら保存してくださいね。

保存の仕方

夏場を覗いて、保存は新聞紙などにひとつずつ包み風通しのよい、日の当たらない場所で保存しましょう。冬場は室内の温度が低いため、なかなか追熟が進まない可能性があります。

バナナやリンゴなどと一緒に袋に入れておくと、追熟を早めることができますよ。

注意点

一度冷蔵庫で保存してしまうと、常温に戻しても追熟できなくなります。まだ食べごろではないアボカドは、冷蔵庫に入れないように気をつけてください。追熟が止まってしまいます。一方、既に食べごろのアボカドは冷蔵庫に保管することで、数日完熟の状態で保存ができます。

アボカドの保存期間

アボカドは、熟し加減によって、保管場所や保存期間が異なります。常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の3つの保存方法別に見ていきましょう!

常温で保存

緑色が薄く、まだ固いものは熟すまで常温保存が可能です。室温に置いて食べごろのアボカドになるまでタイミングを待ちましょう。気温の高い夏場だけは注意してくださいね。塾すまでが保存期間の目安です。

冷蔵庫で保存

食べるまでに少し時間がある場合は、冷蔵庫で保存をすれば追熟を止めておくことができます。切らずに丸ごと保存した場合は4〜5日程度、切ってしまった場合は2日程度を目安にしてください。

半分にカットしたアボカドを保存するのであれば、種を外さずに保存するとよいですよ。時間が経つにつれて断面が酸化して黒ずんできます。色止めをしたい場合には、切り口にレモン汁をかけ、空気に触れないようにラップできっちり包んで保存してください。

冷凍した場合

アボカドを長期保存したい場合は、ペースト状にすれば数ヶ月冷凍保存できます。ペースト状にして、フリーザーバッグやタッパーなどの密閉容器に入れて空気を抜き、酸化をできる限り防ぎます。この際もレモン汁を混ぜておくと、色止めになります。使う際は自然解凍してディップやソースに使用すると良いでしょう。

カットしたアボカドを冷凍したい場合には、一度に使う分ごとにラップに包み、フリーザーバッグなどの保存用袋に入れて冷凍保存します。1ヶ月を目安に使い切りましょう。
▼変色を防いで保存ができる!具体的な方法をご紹介

食べごろのおいしいアボカドを食べよう♩

アボカドの食べごろについていかがでしたか?ご自宅でも簡単に追熟ができるので、もし買ってきたアボカドが固かった場合には室温に置いて、柔らかくなるまで待って食べてくださいね。今回の内容を参考にして、とろっとした濃厚なおいしいアボカドを食べてくださいね。
▼食べごろのアボカドを使ったおすすめレシピはコチラ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

ランチ 恵比寿

アトレ恵比寿西館8F シーフードレストラン「シロノニワ」のランチメニューがリニューアル!旬のシーフードと野菜のバランスが絶妙なラインナップです♩屋上「空中花園」を眺めながら、ゆっくりシーフードランチを楽しんで…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

レシピ ホルモン

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

和食

最近のグリルは、使いやすい形、温度、スチーム設定と幅広いメニューがついて、ただ魚を焼くだけでは勿体無いですよね。そんなグリルですが、受け皿や網などどれくらいの頻度でお手入れをしていますか?定番の重曹でのお掃除…

作り置き

食材を冷凍保存する際の大敵「冷凍焼け」。食感がパサパサになってしまったり、変色してしまったり、風味が落ちたり、食材を台無しにしてしまうんです。そこで今回は、その原因や冷凍焼けを防止する対策などをまとめてご紹介…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る