ローディング中

Loading...

「こんにゃく」を使った料理といえば定番は煮物ですが、ほかにもステーキや炒め物など、和洋中いろんな味付けで楽しめます。今回は、そんなこんにゃくのさまざまなレシピを、あく抜きの方法とともにご紹介♩主役級のおいしさを、ぜひご堪能あれ!

こんにゃくを使って、何を作ろう?

ぷりっとした歯ごたえが楽しく、節約食材としても大活躍な「こんにゃく」。きちんと下ごしらえをすれば、いつもよりもおいしく感じるかもしれませんよ。今回はこんにゃくの下ごしらえ=あく抜きの方法から、そのあとの調理方法までご紹介していきます。

和洋中いろいろな味付けで大変身するこんにゃくレシピに大注目です!中までしっかりと味が染み込んだこんにゃくは、主役級のおいしさですよ。

こんにゃくのあく抜き方法

いろんな形にカットされたこんにゃく

Photo by mallow

こんにゃくはそのあと調理方法によって、下ごしらえを変えるのがおいしくするポイントです。

煮物やおでん用の下ごしらえ

1. 使うサイズに切り分ける。
こんにゃくを手でちぎっている様子

Photo by mallow

まず、料理で使うサイズにこんにゃくを切り分けます。
こんにゃくをスプーンで切っている様子

Photo by mallow

手でちぎるか、スプーンで切り分ける方法がおすすめです。断面積が大きくなることで、味が染み込みやすくなります。
2. 塩もみをする。
こんにゃくを塩もみしている様子

Photo by mallow

塩もみをして数分置くと、余分な水分が出てきます。この水分と一緒に、こんにゃく独特の臭みも出てきます。臭みを取り除くのと同時に、余分な水分をだして食感をよくすることができるんですよ。
3. 下茹でする。
茹でられているこんにゃく

Photo by mallow

沸騰したお湯にこんにゃくを入れて、3分ほど下茹でします。塩もみした塩分を取り除くのと同時に、こんにゃく臭さも取り除くことができます。
4. ざるにあげて、水気をしっかりと切る。
ザルにあげたこんにゃく

Photo by mallow

ざるにあげて水気をしっかりと切れば、下ごしらえは完了です。

【ポイント】
味を濃いめにつける煮物については、塩もみせずに下茹でのみにします。塩もみしてしまうと下味がついてしまい、そのあとの味がうまくのりません。薄味の煮物(おでんなど)は、ある程度塩味がついているほうが食べたときにしっかりと味を感じることができるので、おいしく仕上がりますよ。

炒め物や炒め煮用の下ごしらえ

1. 使うサイズに切り分ける。
2種類にカットされたこんにゃく

Photo by mallow

使うサイズにこんにゃくを切り分けます。炒め物や炒め煮に使う場合は、薄切りは細切りが多いですね。もちろん大きめの場合は、手でちぎるか、スプーンで切り分ける方法がおすすめです。
2. 乾煎りする。
フライパンで乾煎りされているこんにゃく

Photo by mallow

フライパンで油を引かずに炒めます(乾煎り)。余分な水分が抜けて、プリッとした食感になります。また、水分が抜けることで味も染み込みやすくなりますよ。

手網こんにゃくの作り方

3つの手綱こんにゃく

Photo by mallow

こんにゃくのレシピで使うことが多い「手網(たづな)こんにゃく」の作り方をご紹介します。
1. こんにゃくを薄切りにします。
薄切りのこんにゃく

Photo by mallow

2. 中心に切れ込みを1cmくらい入れます。
こんにゃくに切り込みを入れている様子

Photo by mallow

切り込みの入ったこんにゃく

Photo by mallow

3. 切れ込みにくぐらせます。
切り込みに端をくぐらせている様子

Photo by mallow

上または下の部分を、切れ込みにくぐらせます。
手綱こんにゃく完成形

Photo by mallow

これで手網こんにゃくの完成です。

定番人気!こんにゃくの煮物レシピ5選

1. こんにゃくの土佐煮

「土佐煮」とは、かつお節を加えた煮物のこと。かつお節は、発酵することで旨味をアップさせて芳醇な香りをつけた食材です。そのかつお節を煮物を加えれば、とても香り高く奥深い味の煮物に仕上がります。最後に加えるいりごまもとても香ばしくて、箸がどんどん進みますよ。

2. 里芋とこんにゃくの煮物

「いつもの味付けの煮物は飽きてきたな」という方におすすめなのが、こちらのレシピ。仕上げに加える柚子の皮の香りが、とても爽やかな煮物です。

おいしくするポイントは、柚子の皮のおろし方。白い皮の部分は苦味や渋味があって、おいしくありません。表面の黄色い皮だけをを、薄くおろしましょう。

3. 鶏肉とこんにゃくの甘煮

甘じょっぱい味付けは、まさにおふくろの味という感じ。食べると思わずほっこりと笑顔になれる煮物です。

鶏もも肉が入っているから旨味とコクがあり、ごはんが進みますよ。彩りにさやいんげんを添えるのもおすすめ。できあがる直前に加えれば、鮮やかな緑色に仕上がります。

4. 牛すじとこんにゃくの甘辛煮

てりてりな見た目は、おいしさを物語っています。ごはんにも、お酒のおつまみにも最高なひと品。

下ごしらえをしっかりとおこなった牛すじ肉は、くせがなくトロトロに仕上がります。肉汁の旨味が溶け込んだ甘辛いタレをたっぷり吸ったこんにゃくは、それだけでごはんが何杯でも食べられそうなご馳走になりますよ。
▼詳しいレシピはこちら

5. 手羽元とこんにゃくと卵の煮物

地味になってしまいがちな煮物は、彩りを入れるのが料理上手になるコツ。こちらのレシピは、卵を彩りにした煮物です。にんにくと鶏手羽元が入っているので、ガツンと食べごたえがあります。「煮物は物足りないよ」といっているご主人をびっくりさせちゃいましょう。

ダイエットに◎ こんにゃくステーキのレシピ4選

1. ガーリックバターのこんにゃくステーキ

格子型に切れ込みを加えて焼くことで、見た目もお肉っぽくて食欲を刺激。切れ込みがあることで、味がしっかりと染み込んでこんにゃく感を和らげています。

みんな大好きガーリックバター味は、間違いないおいしさ。一緒のフライパンでしめじやマッシュルームなどを焼いて添えれば、立派な主菜に大変身します。

2. 梅おろしステーキ

お給料日前でも大丈夫!こんにゃくでかさまししてステーキを食べましょう。梅、大葉、大根おろしでさっぱりといただく、こんにゃくステーキです。お肉の旨味がでた脂でこんにゃくを焼くから、お肉の風味がしっかりと感じられます。お肉は2枚でも、3枚食べたような満足感が♩

3. こんにゃくステーキ パクチー&きのこソース

パクチー好きの「パク女」におすすめしたいのが、こちらのレシピ。香り高いパクチーと、白ワインときのこを使ったソースが香り高く旨味もあり、まるで和風フレンチのような仕上がりです。醤油を絡めて焼くときに、ちょっと焦げるくらいにしても香ばしくてGood!

4. こんにゃく入り!? 和風ステーキ

「ステーキ肉は高いから買えないな」そんなときは、こちらのレシピにおまかせです。すき焼き用の肉をこんにゃくに巻いて、なんちゃってステーキ肉に。

おいしくするポイントは、こんにゃくに下味をしっかりとつけること。そうしてからお肉を巻くことで、こんにゃく感を和らげ、お肉のおいしさを味わうことができますよ。

食感を堪能♩こんにゃく炒めのレシピ5選

1. こんにゃくのごま炒め

冷めてもとてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめのレシピです。前の日の晩ごはんにちょっと多めに作っておけば、当日はお弁当に詰めるだけで楽チン♩調味料を加えた出汁で炒め煮にするから、しっかりと味が染み込んでいます。ごまをたっぷり加えるのも、おいしくするポイントです。

2. こんにゃくと豚バラ肉のごま味噌炒め

こってりとおいしい豚バラ肉の旨味を吸い込んだこんにゃくは、脇役なんて言わせない味わいです。甘じょっぱくて香ばしいごま味噌味で、ごはんが進むこと間違いなし!おかわりの用意は忘れずにしてくださいね。

にんにくの芽が手に入らない場合は、さやいんげんやピーマンでも◎

3. こんにゃく入り酢豚風炒め

こちらのレシピなら、おいしい酢豚がヘルシーにいただけます。おいしくするポイントは、こんにゃくの水分がなくなるまでしっかりと炒めること。こうすることで、あとで加えるタレの味が染み込みやすくなりますよ。

4. アスパラとこんにゃくの柚子胡椒炒め

柚子胡椒の爽やな香りとピリッとした辛さが、あとをひくおいしさ。こんにゃくを乾煎りしたフライパンに、そのほかの食材を加えて炒めていきます。洗い物も少なくて片付けも楽チン、まさに忙しい主婦の味方レシピです。

マヨネーズをプラスするのも◎ コクが足され、さらに食べ応えが増しますよ。罪深いおいしさです。

5. こんにゃくの明太子炒め

明太子のプチプチとした食感が、とても楽しい炒め物レシピです。義父母が訪ねてきたときのおもてなしにもおすすめ。お料理上手な奥さんと褒めてもらえそう♩

サラダ油ではなくバターで炒めるのもGood。こってり感をプラスできて、若い人に合った味付けに大変身します。

おつまみに!こんにゃくのピリ辛レシピ5選

1. 大根とこんにゃくのピリ辛コロコロ

コロコロとした見た目が、とてもかわいらしいひと品。見た目だけではなく味も絶品です。牡蠣の旨味がたっぷりと詰まったオイスターソースを使うことで、濃厚な旨味と磯のよい香りをプラス。

しっかりと下茹でしているので、味も染み込んでいます。仕上げにいんげんを加えると、彩りも華やかになりますよ。
▼詳しいレシピはこちら

2. メンマとしめじのピリ辛こんにゃく

お酒のおつまみにぴったりな、メンマと合わせたレシピです。市販のメンマを使う時短メニュー。旦那さまに急におつまみをお願いされたときにも大丈夫です。あっという間に、おいしい小鉢を作ってあげましょう。

青ネギを飾るのもおすすめ。彩り華やかになりますし、ねぎの香りでおつまみ感もアップします。

3. かみなりこんにゃく

とてもおいしいけど、ちょっと見た目が地味な「かみなりこんにゃく」。こちらのレシピなら、ピーマンが入っているので見た目もばっちりです。

ピーマンの苦みと、唐辛子のピリッとした辛さで、ちょっと大人な味付け。ビールにも日本酒にも焼酎にもぴったりなおつまみです。

4. こんにゃくとベーコンのピリ辛炒め

お肉よりも簡単にカットできる、ベーコンで作る中華風レシピ。やろうと思えばキッチンばさみだけでも調理できるので、疲れているときにも作りやすいです。

ベーコンの旨味と塩分が、お酒のおつまみにぴったり。冷めてもおいしいので、多めに作っておいてお弁当にもいかがですか?

5. なすとこんにゃくのバジル炒め

淡白な味のこんにゃくは、和洋中どんな味付けにしても大変身してくれます。こちらのレシピは、おしゃれな洋風の炒め物メニュー。こんにゃくだけど、ワインにも合いそうですね。

味付けは、旨味と塩分があるアンチョビにおまかせで楽チン♩バジルのよい香りもたまりません。

田楽も煮込みも。味噌を使ったこんにゃくレシピ4選

1. こんにゃく味噌田楽

こんにゃくを使った味噌のお料理といえば、味噌田楽は外せませんよね。田楽味噌は電子レンジで作るので、とても楽チン♩なのにおいしいという最高なレシピです。ある場合は、柚子の皮をおろして添えましょう。上品な香りが加わって、より本格的な味わいになります。

2. もつの味噌煮込み

こっくりと甘じょっぱい味噌とお肉の旨味が染み込んだこんにゃくと大根は、主役級のおいしさです。もちろんとろとろのもつ&すじ肉もたまらない!しっかりと下ごしらえをしてから、さらにしょうがを加えて煮込むので、まったく癖がなく食べやすいですよ。

3. ちぎりこんにゃくの味噌汁

七味唐辛子で風味よく、ぴりっとした辛さで体が温まるお味噌汁。寒い日に作りたいレシピです。さつま揚げのほどよい脂が味噌汁に溶け込んで、とてもコクがあります。

おいしくするポイントは、こんにゃくを手でちぎること。断面が多くなるので、味が染み込みやすくなりますよ。

4. 味噌マヨこんにゃくステーキ

こんにゃくで満足感があるボリューム料理を作りたいなら、こちらのレシピがおすすめ。味が染み込みやすいように切り込みを入れたこんにゃくを、味噌マヨネーズで1~3日ほど漬け込みます。しっかりと味がついて、こんにゃくがごはんのおかずに大変身しますよ。

お弁当にも♩レンジでできる簡単レシピ3選

1. きぬさや、ちくわ、こんにゃくのレンジ煮

こんにゃくを細く切ることで、下ごしらえをしなくてもこんにゃく臭さが感じられません。気になる方は、熱湯をかけてから調理しましょう。加熱時間は、なんと1分!朝寝坊したときでも作れるお弁当の副菜です。彩りもよく冷めてもおいしいので、お弁当にもってこいですね。

2. 電子レンジ炒り鶏

煮崩れをしてしまったり味が染み込んでいなかったりと、料理初心者にはちょっと敷居が高い「炒り鶏」。こちらのレシピなら、電子レンジでできちゃいます。お鍋で煮込むよりも、調理時間を短縮できるのが嬉しいポイント。早起きできたら、その日の朝でも作れますよ。

3. 電子レンジで卵豆腐焼き風

ひとつ前でご紹介した炒り鶏を、次の日はおいしくリメイクしましょう♩お弁当に入れる場合は、加熱対応のシリコンカップなどで作ってくださいね。そのままお弁当箱に詰めることができて、とても楽チンです。

お豆腐が入っているので、電子レンジ加熱でもふんわりとした仕上がりになりますよ。

そのほか人気のこんにゃくレシピ4選

1. トマトと炒めこんにゃくのサラダ

こんにゃく、トマト、オクラのヘルシーサラダ。55Kcalというカロリーは、とても嬉しいですね。オクラのねばりのおかげで、全体の味がよく馴染んでいます。

トマトとしょうがドレッシングで、とても爽やか。暑い日にもさっぱりと食べられておすすめです。こんにゃくは調味料で炒めるので、しっかりと味がつきますよ。

2. ごぼうとこんにゃくの混ぜご飯

炊き込みごはんではなく混ぜごはんなので、冷やごはんが残っているときにも作ることができます。淡白なささみも旨味たっぷりな出汁で煮込むことで、とてもコク深い味になりますよ。たっぷり作って、2杯目は刻み大葉と練り梅で味変してみてもいいですね♩

3. 豚肉とこんにゃくの生姜焼き

こんにゃくでかさ増しする、ヘルシーな生姜焼きです。「昨日ちょっと食べ過ぎちゃったな」という次の日のコントロールメニューにいかがですか?

お肉を少なくできるので、給料日前のお助けメニューとしても大活躍。タレに漬け込んでから炒めるので、こんにゃくにもしっかりと味が染み込んでいます。

4. 凍りこんにゃくの酢味噌和え

冷凍することで、こんにゃくはスポンジ状になります。スポンジ状のこんにゃくはどんどん酢味噌を吸収するので、味付けは少量でもOK。減塩にもつながります。

濃い味付けを好みがちな現代人にぴったりなレシピ。出汁で伸ばした酢味噌なので、お酢が苦手な方でもまろやかで食べやすいですよ。

こんにゃくレシピは無限大!

淡白な味のこんにゃくは、味付け次第で和洋中どんな料理にも大変身します。いつもの味付けには飽きた方も、こんにゃくの魅力にまた気付くことができるレシピに出会えたはずです。

どんな料理も大切なのは下ごしらえ。どんなにおいしいレシピでも、下ごしらえを怠ってしまっては、おいしさは半減してしまいます。こんにゃくはそのなかでも、下ごしらえが重要な食材です。きちんと下ごしらえをして、おいしいこんにゃくレシピをお楽しみください。
▼こんなこんにゃくレシピもおすすめ!
▼常備しておきたいですね♩
▼こんにゃくを冷凍すると…!?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

中華料理 チャーハン 中華 まとめ

中華料理屋で人気を誇る「チャーハン」!今回はそんな中華の定番メニューにスポット当ててみました。都内でやみつきになる絶品チャーハンを堪能できる穴場スポットをご紹介します。気になるお店をチェックしてみてくださいね。

かぼちゃ サラダ スープ まとめ

夏から冬にかけて旬を迎えるかぼちゃは、ほくほくとした食感と程よい甘味さで、煮物やサラダ、お菓子までレシピが豊富にあります。今回は、定番からアレンジまで人気のかぼちゃレシピを紹介!1個買ったら、食事からスイーツ…

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

鶏肉 レシピ アレンジレシピ まとめ

鶏肉を買ってもいつも唐揚げや照り焼きばかり…それ以外のレシピはないかな?そんな方におすすめの、鶏肉を使った簡単アイデアレシピです。難しい手順がないものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

オムライス レシピ まとめ

オムライスはみんな大好き!ケチャップかけたシンプルオムライスはお母さんの懐かしい味♡そして進化系オムライスはひとくち食べたら驚き♪食べた人を幸せにしますよっ♡ケチャップライスの入った基本のオムライスとアレンジ…

にんにく レシピ まとめ クリームソース

「にんたま」と言ったら「乱太郎?」と思ってしまったんですが(笑)違っていまして、にんにくと玉ねぎのジャムなんだそうです。いろいろな料理にも使えそうな「にんたまジャム」基本の作り方とそれをアレンジしたレシピをご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ まとめ

エスカルゴバターってご存じですか?手軽に作れてどんな食材とも相性のいい香味野菜入りのバターのことです。知っておくと、ホームパーティーなどに大活躍のエスカルゴバターの作り方と、おすすめレシピをご紹介!マスターし…

関西

関西のおばちゃんが「飴ちゃん」と呼んでいるのを耳にしたことはありませんか?関西以外の人からすれば「何で飴にちゃん付け?」と思う人も多いでしょう。何で飴ちゃんと呼ぶのか?ちゃん付けする理由と、関西のおばちゃんが…

調理師 製菓衛生師 kii

調理師、製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。...

https://kii-kitchen.blogspot.jp

ページTOPに戻る