ローディング中

Loading...

ヘルシーで低価格な「こんにゃく」の定番メニューといえば、煮物を思い浮かべる方も多いのでは?今回は、そんなこんにゃくの煮物レシピをまとめてみました。人気の醤油味や、おつまみにもなるピリ辛風味など、お気に入りとなるひと品が見つかるはず。

低カロリーが嬉しい!こんにゃくの煮物

和食の定番食材ともいえる「こんにゃく」は、低カロリーの健康食品として注目され和食ブームとともに海外にも広がりつつあります。豊富な食物繊維を含み、昔から「お腹のそうじ役」として知られてきました。

プリッとした食感で食べ応えがありますが、実は96~97%が水分という驚異の食材であり、ダイエット向きとして人気があります。最近では、麺状に加工した製品も出回っていますが、お料理でおなじみなのは煮物ですね。

そこで今回は、こんにゃくの煮物レシピを基本からさまざまなアレンジまでご紹介いたします。

基本は簡単!こんにゃくの煮物レシピ

基本となるこんにゃくの煮物

Photo by shucyan

基本となるこんにゃくの煮物を作ります。基本さえ押さえておけば、あとは調味料の分量や種類を変えたり、具材を追加してみたりしてアレンジが可能なので、ぜひこのレシピをマスターしてみてくださいね。

材料

こんにゃくの煮物の材料

Photo by shucyan

・こんにゃく(下処理済み) ミニサイズ1個
・醤油           30cc
・みりん          15cc
・ごま油          30cc
・麺つゆ(3倍に希釈)    150cc
・唐辛子(輪切り)     適量

作り方

1.臭み抜きにサッと茹でたこんにゃくを結びます。こんにゃくの下ごしらえは、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
切り込み1本で「ねじり」、2本なら「三つ編み」ができます。詳しくは「切り方」の見出しをご覧ください。

お鍋にごま油を引いて火にかけ、こんにゃくを入れて水分を飛ばしながら炒めます。
お鍋で炒められているこんにゃく

Photo by shucyan

2.お醤油とみりんを加えて、ベースとなる味を付けます。
醤油とみりんを加えた様子

Photo by shucyan

3.だし汁として、水で3倍にのばしためんつゆを加えてうま味をプラス。中火で炊き上げます。
めんつゆを加えた様子

Photo by shucyan

4.煮汁が半量ぐらいに煮詰まったら火を止めて、そのまま含め煮にして味が入るのを待ちます。粗熱が取れたら煮汁ごと冷蔵庫へ。できれば、ひと晩そのままにしましょう。
こんにゃくを煮詰めている様子

Photo by shucyan

煮物に使うこんにゃくの切り方

こんにゃくは、味が染み込みにくい食材なので、包丁でスパッとカットせずに、あえて不揃いに切って断面積をふやしたり、表面に切り目を入れたりして加工します。また、お正月の煮しめでおなじみのように、切り目を入れて結ぶ方法もよく使われますね。

おすすめの切り方

・手でちぎる
・スプーンで切断
・貝の殻で切断
・お猪口、お椀などの器で切断
・型で抜く
・鹿の子切り(厚みの半分まで、包丁を垂直にして縦横に切れ目を入れる)
・松笠切り(包丁を斜めに寝かせて「鹿の子切り」と同様に切れ目を入れる)

おすすめの結び方

【手綱こんにゃく(ねじりこんにゃく)】

長方形に薄切りし、中央に縦の切り込みを入れて穴を作ります。
切り込みを入れたこんにゃく

Photo by shucyan

片方の端をその穴に差し込んで潜らせます。(これを1~2回)
切り込みに端をくぐらせている様子

Photo by shucyan

完成形。アイススケートの技ではありませんが、綺麗に「ひねり」が入っていますね。
ねじりこんにゃくの完成形

Photo by shucyan

【三つ編みこんにゃく】

縦の切り込みを2本入れて左右から真ん中に向かって編みます。ねじりと同様に切り込みに手前の端を通して結べば、三つ編みに結べます。
2本の切り込みが入ったこんにゃく

Photo by shucyan

左が三つ編み、右が手綱こんにゃく(ねじりこんにゃく)です。
ねじりこんにゃくと三つ編みこんにゃく

Photo by shucyan

それでは、こんにゃくの煮物アレンジを、味付け別に見ていきましょう。

醤油やめんつゆで。定番のこんにゃく煮物6選

1. 醤油が染みたこんにゃくの煮物

こんにゃくは、不思議なことに塩で揉むと柔らかくなります。たっぷりのお湯で下茹でをし、フライパンでから炒りして水気を飛ばす。こうした下処理がおいしく仕上げるポイントです。あとは、だし汁でじっくりと煮込むだけ。素朴でシンプルながら、うま味がギュッと詰まっていますよ。

2. こんにゃくの土佐煮

アク抜きした板こんにゃくを、ねじりこんにゃくにします。こうすると、単なる板状よりも表面積が増えて味が染みやすくなる上に、見た目も華やか。こうした和食の細やかな美意識が、世界的に注目の的になっています。

その伝統は、家庭料理にも活かされていますね。見た目だけなく、もちろんそのお味にも。

3. 里芋とこんにゃくの煮物

ザックリとちぎったこんにゃくを、里芋、ニンジンとともに炒めてから煮合わせます。合わせ調味料は煮物の基本。だし汁にお醤油、お砂糖、そしてお酒を加えてコトコトと煮汁が半量になるまで味を含ませましょう。

プックリとしたこんにゃく、ねっとりとした里芋、サックリとしたニンジンといった歯応えの違いが妙。

4. 煮物の王道、筑前煮

これは、煮物の王道ですね。このお料理は全国に普及していますが、元は九州、筑前地方の郷土料理でした。福岡などでは「がめ煮」とも言います。

鶏肉とこんにゃく、根菜を甘辛く煮つけます。煮しめのひとつですが、彩りにサヤエンドウやサヤインゲンなどの青みを加えるのが普通です。

5. ちくわとこんにゃくの煮物

味がよく染みるように、板こんにゃくを手でちぎって使います。大きめに乱切りにしたちくわをごま油で炒め煮にして、ちょっとワイルドでシンプルな調理法。煮汁が半量くらいになるまで煮込みましょう。すっかり味がなじんだら火を止めて、仕上げにカツオ節を混ぜ合わせれば、お酒が恋しくなる逸品に。

6. めんつゆで。タケノコと鶏の土佐煮風

こんにゃくに切り目を入れて手綱のように加工すると、スッパリと角型に包丁で切っただけのこんにゃくと比べて、見た目の美しさだけでなく煮汁との絡みがとてもが良くなります。煮物にご家庭でダシを引くのは大変なので、めんつゆをお使いになるのが便利です。

ピリ辛がクセになる!こんにゃくの甘辛煮4選

7. こんにゃくの甘辛煮

「甘辛煮」とは、お醤油と砂糖で文字通り甘辛く味付けをした煮物で、煮汁がなくなるまで煮詰める調理法です。しっかりとした味付けなので、ご飯もお酒も進みますね。お弁当のおかずにもおすすめ。

幕の内弁当や駅弁などにも使われることが多いですね。少量で全体のアクセントになります。

8. 鶏手羽元とこんにゃくと卵の煮物

食べ応えのある鶏の手羽元とこんにゃくを煮込んで、ゆで卵を加えて煮卵にします。比較的控えめな味付けなので、煮汁をかけてめしあがってもOK。

ゆで卵は、お好みのゆで加減でどうぞ。8分間ゆでた場合は、中心がまだ完全に固まっていない状態です。最近のラーメン店のように、半熟トロ~リもよいですね。

9. 牛肉とゴボウ、こんにゃくの甘辛炒め煮

ちょっとリッチに牛肉を、太切りにしたゴボウとともにごま油で炒め煮にします。唐辛子の輪切りも入ってピリ辛に。すき焼きと佃煮の間くらいの味付けでしょうか。ご飯のおかずに、お酒のおつまみに、お弁当のおかずにも好適です。牛丼風にご飯にのせて、生卵をかけていかがですか?

10. ねじりこんにゃくとそら豆の甘辛煮

切り込みが入った「ねじりこんにゃく」を使うことで、味が染み込みやすくなります。ごま油で炒め煮にしたこんにゃくは、唐辛子をきかせたピリ辛の味付けです。色鮮やかなそら豆は、仕上げに加えます。普通の板こんにゃくを使う場合は、表面に細かく切り目を入れてください。

こっくりおいしい。こんにゃくの味噌煮3選

11. 牛すじとこんにゃくの味噌煮込み

圧力釜を使ってやわらかく下茹でした牛モツを、赤みそ・米みそ・ナンプラーなどの合わせダレで濃い目の味付けで煮込みます。こんにゃくは手でちぎって、臭み抜きに下茹でをしてからフライパンで乾煎りして水分を飛ばすのがポイント。ご飯にかけても、お酒のおつまみにもどうぞ。

12. 簡単!こんにゃくと豚肉のどて焼き風

お肉は、豚のこま切れを使います。こんにゃくと一緒に、調味料と水を入れたお鍋で煮込むだけの超簡単クッキングです!水気がなくなるまで、じっくり煮込みましょう。

七味唐辛子と薬味の青ネギがたっぷり。血液の循環が良くなりそうなヘルシーレシピですね。ご飯のおかずにも、お酒も合いますよ。

13. 豚ホルモンとこんにゃくの味噌煮

豚ホルモンは、コラーゲンのほかにビタミンB群やビタミンA、鉄分や亜鉛といったミネラル分を豊富に含み、女性の強い味方となる食材です。さらにヘルシーなこんにゃくを加えることで、これは鬼に金棒です。

茹で卵とニンニクも使って栄養満点!ホルモンは茹でこぼすことで、臭みはありませんよ。

こっちもアリ!玉こんにゃくの煮物レシピ4選

14. 山形風 味しみ玉こん

山形は昔からこんにゃく芋の産地で、家庭で手作りしたこんにゃくの名残りとして伝えられてきたと言われています。

伝統的な食べ方は、水を使わずにお醤油だけで煮て、からしをつけて食べる方法。このレシピでは天然のだしパックを使って、うま味をアップさせています。具はこんにゃくだけというシンプルさ。

15. ひじきとこんにゃくの煮物

食物繊維の多い芽ひじきとこんにゃくの組み合わせ。お野菜と油揚げも入って、ビタミンとタンパク質も摂れる低カロリーなヘルシーメニューです。

200ccのだし汁と調味料を使っていますが、ほとんど水分がなくなるまでじっくりと煮込みます。赤唐辛子が入って、ちょいピリ辛の味付けを楽しめますよ。

16. 豚肉と玉こんにゃくのうま煮

豚バラ肉と玉こんにゃくを煮合わせます。サラダオイルで豚肉を先に炒めたら、余分な脂は拭き取ることがポイント。でないと、脂っぽい煮物になってしまいます。下ゆでした玉こんにゃくとだし汁を加えたら、煮汁が少なくなるまで弱火で煮詰めましょう。できあがる頃には、しっかりと味がしみ込んでいますよ。

17. 即席!低カロリーなこんにゃく親子丼

玉こんにゃくに缶詰の焼き鳥とめんつゆを使って、簡単&ヘルシーな親子丼を作ります。玉こんにゃくは、臭み消しにしっかりと下茹でしておきましょう。フライパンで具材と調味料を加えて、卵でとじれば完成!低カロリーなので、夕食でも罪悪感が少なく楽しめますよ。

こんにゃくの煮物はどれくらい日持ちする?

こんにゃくは水分を多く含んでおり、一緒に使うことが多いお野菜も同様なので、あまり日持ちはしません。冷蔵なら3〜5日ほど保存が可能です。特に食品が傷みやすい梅雨時や高温になる夏場は、室温のままで放置するのは控えたほうが賢明ですね。
冷凍保存ではら2〜3週間ほど保存できますが、こんにゃくは冷凍すると解凍時にスポンジ状になり、食感が全く違ったものになります。弾力性が失われてお肉に近い食感になってしまうため、こんにゃく持ち味を大切にしたいなら冷蔵庫で保存しましょう。

こんにゃくの煮物はお弁当にも◎

こんにゃくの煮物は弾力があり、一緒に煮たほかの材料と入れる場所がバラバラでも個々の味には問題ありません。煮汁を切って詰めれば、ほかのおかずへの味移りもあまりありませんので、お弁当の隙間を埋めるおかずとしてぴったりです。

ヘルシーな上に腹持ちもよいので、ダイエットに限らず、お弁当などでも日常的に摂りたい食材。こんにゃくの煮物を隙間に限らず少し多めに入れて、揚げ物などハイカロリーなおかずを少なめにしたいものですね。
▼こんなこんにゃくレシピはいかが?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さつまいも お菓子 レシピ まとめ

ほくほく食感と、優しい甘さが特徴のさつまいも。おかずはもちろん、お菓子の材料としても使えます。ホットケーキミックスを使って、炊飯器や電子レンジ、フライパンで簡単にお菓子を作りませんか?気軽に作れるさつまいもの…

作り置き レシピ お弁当 まとめ

平日のお弁当作り、夕飯のおかずに困っている主婦はたくさん!でも、冷蔵庫に作り置きがあればあとはメインを考えるのみ。こんな嬉しいことはないですよね。今回は作り置きレシピの人気レシピを厳選。冷凍保存もできる便利な…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

レシピ パスタ

ふっくらとした、ほどよい塩味がおいしい、しらすを使ったレシピをご紹介。ご飯をはじめ、パスタやサラダ、炒め物やおつまみなど、しらすをおいしく食べられるレシピがいっぱいです。あと一品がすぐにほしい時に役立つ簡単レ…

レシピ うどん まとめ

食欲が落ちる夏は、冷たい麺が恋しくなりますね。今回は、人気のぶっかけうどんレシピをつゆ別にご紹介!定番のめんつゆ、醤油を使うレシピから、ナンプラーやオリーブオイルを変わり種まで、多彩な味付けで飽きずに楽しみま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 鶏肉

普通に焼くと、パサパサになってしまうことが多い鶏むね肉を、ふっくらジューシーに仕上げてくれるレシピを集めました。鶏むね肉の調理方法に悩んでいる女性はぜひご覧になってみてくださいね!

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

レシピ まとめ

安くておいしい便利な食材「ひき肉」、ハンバーグやミートボールが定番ですよね。でも実は「ひき肉」を使ったおいしいレシピってたくさんあるんです!そこで今回は簡単に作ることのできる「ひき肉」レシピをご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

パン

パン作りに不可欠なドライイースト。生のイーストよりも賞味期限も長く、家庭で使いやすいタイプのイーストです。今回はそんなドライイーストの使い方や保存方法、生のイーストとの違い、おすすめのドライイーストの商品まで…

レシピ スイーツ

サツマイモに少し詳しい人であれば、「鳴門金時」がどれだけ甘いかは知っていますよね。フルーツのような糖度と、ほくほくの食感……。その魅力に少しでもふれたなら、もう一度食べたいという気持ちを抑えることはできないに…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る