ローディング中

Loading...

韓国料理のなかでも人気のチヂミですが、お店では食べたことがあってもレシピをご存知の方はあまり多くはないようです。材料を混ぜて焼くだけと簡単にできるチヂミの基本レシピから、おすすめしたいタレまでまとめてご紹介いたします。

チヂミは具材次第でアレンジいろいろ

タレのかかったチヂミ

Photo by shucyan

韓国料理のひとつとしておなじみの「チヂミ」。日本のお好み焼きに似ていますが、使われている具はニラを基本にして、タレは韓国調味料のコチジャンをベースにするなど、かなり趣きが異なります。

使われる具材は、海鮮やキムチ、豚肉など多種多様。主食とお惣菜が一緒になったようなこのお料理だけでも、食べ応えがあります。

お店ではおなじみのメニューでも、家庭で作るとなるとどうやったら良いものか困りませんか?簡単にできるレシピをまとめてご紹介いたします。

意外と簡単!チヂミの基本レシピ

タレをつけて切り分けたチヂミ

Photo by shucyan

こちらのチヂミでは、具材として基本のニラに加え、冷蔵庫にあったハムとピザ用チーズ、しゃぶしゃぶ用の板状の薄いお餅、韓国のりを使います。

材料(2枚分)

材料(2枚分)

Photo by shucyan

【生地】
・薄力粉      100g
・片栗粉      50g
・水        200cc
・ニラ       100g
・卵        1個
・板餅       4枚
・とろけるチーズ  4枚
・韓国のり     2枚

【タレ】
・コチュジャン   大さじ1
・酢        大さじ1/2
・醤油       大さじ1/2
・ラー油      大さじ1/2
・砂糖       大さじ1/2
・すりゴマ     適量

チヂミの作り方

1.生地に使う粉は、薄力粉+片栗粉を2:1の割合でブレンドします。
ボウルに入れた薄力粉と片栗粉

Photo by shucyan

2.お水に生卵を混ぜて、卵水を作ります。これはお蕎麦屋さんでも用いられますが、目的は味付けではなく、例えばマヨネーズに入れる卵が混ざりにくいお酢と油をなじませるように、いわば界面活性剤としての役割を担います。
計量カップに入った卵液

Photo by shucyan

3.ブレンドした粉に、一気に加水します。ダマにならないよう泡立て器を使って撹拌しましょう。
粉類に卵液を入れている様子

Photo by shucyan

まるでケーキ作りのよう。しっかりと混ざり合って泡立てばOKです。これがふっくらとした食感を生み出します。これで固まるのかと思うような、ユルユルな感じで大丈夫ですよ。
混ぜた様子

Photo by shucyan

4.フライパンにゴマ油を引いて加熱。すりおろした生姜を加えます。強火で加熱すると、水分を含んだ生姜が激しく飛び散るのでご注意ください。弱火でじっくりと加熱しましょう。中身が見えるガラス製のフタがあると便利です。
フライパンにひかれたごま油

Photo by shucyan

5.生地の半量をフライパンに流し込みます。
フライパンに生地を流した様子

Photo by shucyan

6.ニラとほかの具材を重ねてゆきます。ニラや海鮮など小さめにカットした具材だけの場合は、具材と生地をあらかじめ混ぜてからフライパンに投入しても構いません。
生地の上に具材をのせている様子

Photo by shucyan

7.火加減は、焦げないように中火から弱火。具材のお餅やチーズがじんわりと溶けるのをイメージしながら、フタをして蒸し焼きにします。
チヂミの作り方

Photo by shucyan

8.さあ、焼き加減を見ながら裏返します。具で焼き面が均一ではないため、綺麗なトラ柄にふっくらと焼けました。焼き上がったら器に盛って、コチュジャンベースのタレを添えましょう。
チヂミの作り方

Photo by shucyan

タレの作り方

タレの材料

Photo by shucyan

タレの作り方は、いたって簡単です。全ての材料をひとつに混ぜるだけ。お好みでラー油の分量などを調整してください。甘め、辛めなど自分好みにできるのがお家料理のメリットですね。焼き上がったチヂミに自家製ダレをかけて召しあがれ。
タレの作り方

Photo by shucyan

作るときのコツ

生地は日本のお好み焼きよりも水分を多めにして、ダマにならないようにしっかりと撹拌することがポイントです。ミキサーを使ってもOKですよ。

定番の具材!ニラチヂミのレシピ4選

1. ニラたっぷり野菜チヂミ

このレシピの最大の特徴は、生地にあります。薄力粉+片栗粉+卵水とオーソドックスですが、加えて鶏ガラスープの素とお塩も加えて生地自体にも味付け。具材にはニラだけでなく、玉ねぎとにんじんも加えてお野菜たっぷりに。タレにはお酢も入っているので、ヘルシー食材がこれだけで大量摂取できますね。

2. 白玉粉でもちもちニラチヂミ

チヂミの生地としては珍しく、お菓子に使われる白玉粉を2割ほど使っています。そのおかげでもちもちの食感になりました。生地にはお塩を少々入れるのがポイントです。ほのかに塩味を感じることで、パンケーキのようなスイーツっぽさがなくなります。卵焼き器を使うと綺麗な形に焼けますよ。

3. 豚肉とニラのふわもちチヂミ

生地の作り方にはいろんな方法がありますが、こちらは薄力粉+片栗粉+卵水という3要素に調味料を加えて、見るからにもっちりとした弾力を生み出しています。具材には豚肉の切り落としとニラをたっぷり入れて、このひと品だけで主食とお惣菜を兼ねる食べ応えあるお料理になっています。

4. ニラ納豆のチヂミ

納豆とニラという、どちらもスタミナ食材が入った健康チヂミです。生地は小麦粉+上新粉。泡立て器でよく混ぜて、冷蔵庫で寝かせておきます。つけダレは、酢醤油にラー油やすりゴマをなどを加え、チヂミに合うお味に調整。実は生地にゴマ油がたっぷりと入っています。納豆の味わいやいかに?

もっちり食感♩じゃがいもチヂミ4選

5. じゃがいものシンプルチヂミ

すりおろした男爵いもを生地のメインにすることで、まるでお餅を入れたかと思うほどのもっちりとした食感に。生地には、ほかに少なめの片栗粉と顆粒の鶏がらスープを加えます。

具は豚コマとお好みのお野菜。豚コマの代わりにソーセージやベーコンなどでもOK!ポン酢でサッパリと召しあがれ。

6. じゃがいもそのままチヂミ

このレシピでは、粉類は全く使いません。すりおろしたじゃがいもの生地に、具材や調味料を入れて焼き上げます。小麦粉を使わないので、糖質ダイエットやグルテンフリー食の方にもおすすめです。

タレは、酢醤油にコチュジャンを加えただけのシンプルなもの。不必要なものは使わない潔さを感じますね。

7. じゃがいもとキムチのチヂミ

ホクホクとした食感の男爵いもを使い、もっちり感を出すために水にさらさずすりおろして、薄力粉にニラと白菜キムチが入った生地に加えます。タレは、酢醤油をベースに各種スパイス、辛味には粉唐辛子を使用。

フライパンでゴマ油で焼き上げれば、我が家は韓国レストラン(気分)!

8. 粉不使用のじゃがいもニラチーズチヂミ

粉類を全く使わずに、すりおろしたじゃがいもにチーズを加えて粘りを出します。具材はニラのみ。これで、とろけるような食感に。焼く工程は、フライパンを使って円形にするのが普通ですが、こちらでは角型の卵焼き器を使います。カットしたときに形が不ぞろいにならず、綺麗ですよ。

旨みたっぷり◎ 海鮮チヂミのレシピ3選

9. キムチたっぷり!海鮮チヂミ

こちらのレシピでは米粉を使用。小麦粉(グルテン)→米粉が、最近のヘルシー・トレンドになっていますね。生地はボウルで泡立て器を使って、空気を取り込みながらフンワリと混ぜます。

具材は、白菜キムチに玉ねぎと空心菜を使用。キムチに加えて、カラフルなお野菜がいっぱいです!

10. 塩辛で作る海鮮チヂミ

塩辛をチヂミに使うという斬新なアイデア。ただし塩辛だけではなくて、桜えびさんも友情出演。塩辛はむしろ、調味料として使っています。生地は、薄力粉+片栗粉+卵水という基本アイテムに加えて、鶏ガラスープの顆粒を加えてコク出し。

言わなければ、誰も塩辛に気付きませんよ。ホームパーティーでクイズにしてみては?

11. 米粉の海鮮チヂミ

かつてはお米大国の日本でありましたが、その消費量は年々減少を続けています。そんな状況のなかで注目されているのが「米粉」です。このレシピも米粉を使用。小麦粉と違ってダマになりにくいというメリットがあります。海鮮はイカげそ。卵焼き器を使えば、形もスッキリ整います。

ピリ辛がいい!キムチチヂミのレシピ3選

12. はんぺんを混ぜるだけ!超絶簡単カリふわチヂミ

生地のつなぎにはんぺんを使うという、独創的なレシピです。粉物は薄力粉のみを最小限だけ使い、ポテトサラダを作るときにじゃがいもをマッシュするように、はんぺんをくずして生地のベースにします。

薄力粉はダマにならないように、あらかじめ水で溶いてから加え、ニラとキムチを加えて焼き上げましょう。
▼詳しいレシピはこちら

13. もやしのピリ辛チヂミ

もやしをひと袋使った、お野菜たっぷりヘルシーなチヂミです。生地は小麦粉+片栗粉に、顆粒チキンスープの素を加えています。もやしは水洗いしたら、しっかりと水を切ることがポイント。できれば調理始めるしばらく前に洗って、ザルに上げておいたほうがよいですね。ゴマ油でカリッと焼きましょう。

14. タコとキムチのチヂミ

ゆでダコの足とキムチの、劇的な出会い。それをチヂミの生地で包み込みます。まずは生地の半量をフライパンに流し込んで、少ししてから残りの生地を注ぎます。次に卵を水で溶かずに少しの生地と混ぜ合わせて回しかけ、焼き色が付いてきたら返しましょう。

焼き上がったら、酢醤油ベースのタレで召しあがれ。

カリッと香ばしい。チーズチヂミのレシピ3選

15. 卵なしで簡単にチーズチヂミ

生地は卵なしで作り、代わりにすりおろしたじゃがいもを加えます。お水は生地とほぼ同量を入れましょう。具は基本アイテムのニラに加えて、ツナとチーズひと掴み。片栗粉を使わずに、じゃがいも2個に増量しても、もちもちの食感に仕上がります。タレは餃子のタレか、ポン酢でいただきましょう。

16. キムチーズチヂミ

キムチ入りの真っ赤なチヂミを作ります。ニラと白菜キムチを混ぜ合わせて生地の上に。生地が焼けたら火を止めて、ピザ用チーズ散らしてフタをして溶けるのを待ちます。ゴマ油を多めに使うのがポイントです。酢醤油ダレで、さっぱりといただきましょう。食べ応えがありますよ。

17. パセリチーズのチヂミ

添え物として使われることが多いパセリを、チーズと共にたっぷりと具に用います。生地は小麦粉のみ。ゴマ油ではなく、チーズと相性が良いオリーブオイルで焼き上げます。ひと束買ったパセリは一度では食べ切れないので、冷凍保存しておくと便利です。もっちりしているので、お弁当にも好適ですよ。

そのほか人気のチヂミレシピ8選

18. そうめんのもちもちリメイクチヂミ

蒸し鶏やハムなどのお好みの具材に加えて、茹でたそうめんを加えるという独創的なレシピです。生地は薄力粉+片栗粉。卵水と鶏ガラスープの素、お塩も加えて味わい深い生地に。

そうめんは、水っぽくならないように、しっかりと水を切ることが大切なポイントです。お野菜多めがおすすめですよ。

19. 冷凍うどんチヂミ

そうめんで驚くのは早すぎます。こちらのレシピは、まさかの冷凍うどんを具に使用。うどんを細かくカットして、生地の主原料にします。少量の小麦粉と片栗粉を加えて焼き上げましょう。

具には天かすと桜エビ、ネギを。考えてみれば、うどんの主原料は小麦粉ですから、これは流用可能なわけです。うどんらしく、めんつゆベースのタレで召しあがれ。
▼詳しいレシピはこちら

20. とうもろこしのチヂミ

とてもユニークなレシピです。茹でたとうもろこしの粒を生地に入れるのではなく、芯に近い部分ごとにカットして、そこに生地を塗り付けてオイーブオイルで両面を焼きます。ピリ辛のテンジャン味噌でいただくと、とうもろこしの甘さが引き立ちますよ。おやつ感覚で食べるチヂミです。

21. たっぷり春菊とじゃこのチヂミ

チヂミの具としてはニラがもっともポピュラーですが、このレシピでは春菊をたっぷり使い、ちりめんじゃこを加えます。ほろ苦い春菊とじゃこの組み合わせは、クセになりますよ。ビタミンCとカルシウムを摂取しましょう。

22. ズッキーニのチヂミ

ズッキーニのサクサクとした食感が魅力です。1cm厚に輪切りにしたズッキーニを小麦粉→溶き卵の順に両面につけたら、フライパンに少量のオリーブオイルを入れて焼きます。タレは酢醤油をベースに、炒りゴマやお砂糖、ゴマ油などをミックス。直接かけずに付けて食べるようにしましょう。

23. 米粉で作るチヂミ

米粉を使ってチヂミを作ります。米粉は消化が良く腹持ちもよいので、お野菜をたっぷりと入れましょう。今回は豚こま肉、ニンジン、ネギを使用。ランチをはじめ、お子様のおやつやお弁当にも喜ばれそうですね。酢醤油やラー油など、お好みのタレで召しあがってください。

24. 桜えびのパリパリチヂミ

韓国チヂミは、日本のお好み焼きよりも比較的多めの水分を使うレシピが多いのですが、粉を少なめにしてパリパリ感を出したレシピです。具には桜エビが入っているので、食感を楽しめますね。タレは食べるラー油+酢醤油のミックス。ピリ辛の刺激と酸味があとを引きます。

25. 玉ねぎとホタテのチヂミ

小麦粉と米粉を同量ブレンドして、もっちり食感にしています。具は缶詰のホタテを使い、うま味のある煮汁ごと使いましょう。お野菜は玉ねぎを使用。

表面をこんがりと焼き上げて、サックリとした歯応えを楽しんでくださいね。タレは、コチュジャン入りのピリ辛さっぱり酢醤油です。

チヂミにぴったりのタレレシピ3選

1. 万能便利なコチュ酢ダレ

チヂミをおいしく召しあがるためのタレをご紹介しますね。まずは、基本のコチュ酢ダレレシピです。酢醤油にコチュジャンとお好みでレモン汁、白だしを混ぜます。水を足して濃さを調整。用途によって、オリーブオイルやゴマ油など好きなオイルと白炒りごまや小ねぎを加えてくださいね。

2. 豆板醤タレ

タレは寿司酢にお醤油、豆板醤とゴマ油、すりゴマを加えています。韓国調味料のコチュジャンではなく、豆板醤を使っているので中華風ですね。長芋をすりおろして使った、粉なしでパンケーキのようにふわふわトロトロの生地によく合いそうです。

3. ポン酢タレ

すりおろした大根をたっぷりと入れたチヂミに合わせるタレは、ポン酢と同量のお砂糖、炒りゴマが入った甘酢っぱい味付けです。ニラ以外に玉ねぎとニンジン、さらにちくわが1本分入った具だくさんのチヂミの味を引き立てます。辛味は入っていませんが、食欲をそそりますね。

チヂミが余ったら冷凍庫へ

チヂミを作りすぎて食べ切れなかったときは、食べやすい大きさにカットして冷凍しておけば、忙しいときの一品にも、お弁当のおかずにもなって便利です。冷凍食品として販売されているチヂミもあります。

保存方法は、空気に触れると劣化しますので、1枚ずつラップで包んだ上で密閉袋か容器に入れて保存しましょう。じゃがいもを具に使ったチヂミは食感がボソボソになってしまうので、冷凍には向いていません。適した保存法で、おいしくいただきましょう。
▼こんな韓国料理にもトライしてみて!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

プロがつくったのかと思うほど、素晴らしいクオリティのキャラ弁がたくさんSNSに投稿されています。その中でも根強い人気を誇るキャラ弁がアニマル弁当。びっくりするようなかわいい動物達がたくさん♩今回はかわいいキャ…

まとめ

仕事・家事・育児に忙しい女性にとって、パパッと作れる時短レシピは強い味方。今回は、人気の時短レシピ25選をご紹介します。夕食のメイン料理・あと一品の副菜・ランチ・お弁当・ティータイムのお菓子まで、どれも10分…

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

上野 カフェ おしゃれ まとめ

広々とした公園、美術館や博物館に囲まれた街、上野。上野は、アートだけでなく、おしゃれなカフェも堪能できる場所です。今回は、上野駅周辺のおすすめカフェを18店舗ピックアップしてご紹介。いずれも魅力的なお店ばかり…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズ トースト まとめ

朝のトースト、いつもバターかジャムばかりでマンネリ化していませんか?一日の力の源である朝食、大切にとりたいですよね。そこで栄養たっぷりのトッピングを使って、エネルギーをパワーアップするトーストメニュー21選を…

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、もやし料理のレ…

パン レシピ ランチ クロワッサン まとめ

優良ブランドの食材や日用品を格安で購入できると日本でも人気の、会員制倉庫型店「コストコ」。中でもサクッと美味しい『バタークロワッサン』に結構みんなハマってるみたい!アレンジ次第で色んな具材と楽しめるので、朝食…

調味料 レシピ まとめ

塩レモンがとても流行しています。そして同じ要領で作られる、「塩ゆず」がじわじわ人気を上げてきています。果たしてこの「塩ゆず」、どんなお料理に使われているでしょう?美味しそうな活用法を探してみました!どうぞご覧…

レシピ お弁当 チーズ まとめ

食卓の一品やお弁当の具材、おつまみやおやつにも役立つチーズインおかずの紹介です。ボリュームのあるものからヘルシーなものまでレパートリー豊富!チーズを入れる料理がマンネリ化してしまっている方はぜひレシピを参考に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

虎ノ門 カフェ おしゃれ

おしゃれで開放的な「虎ノ門コーヒー」ではバリスタがいるスペースがあり、コーヒーの苦味や酸味の加減、温度、ミルクの量などまで自分の好みをオーダーすることも可能。特製トーストもあるので朝食や休憩中の軽食にもおすす…

チーズフォンデュ レシピ まとめ チーズ

なんとなく涼しい気がするけれど、まだまだ残暑厳しい日が続きますね。早く涼しくなってチーズフォンデュしたい~!と思うあなたに朗報です♪冷たいチーズソースに野菜やソーセージを絡めて!暑い最中でも美味しく食べられる…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る