ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

6〜9月に旬を迎えるズッキーニ。鮮やかな緑は料理に彩りを加え、おいしそうに見せてくれます。でも、ラタトゥイユ以外の料理にどう使えば……?そこで今回は、ズッキーニを主役にしたオムレツをご紹介!ワンパンでできるとっても手軽なひと品です♩

ズッキーニを油で炒めておいしさアップ

夏野菜のひとつズッキーニは、料理に彩りをプラスしてくれる上に、ローカロリーで栄養たっぷり。特に女性にとっては嬉しい食材です。

でも、「ラタトゥイユに入れる以外にどう使えばいいのか分からない」という話をよく聞きます。味にクセはないのですが、料理のメインとするには味気ないようにも感じられる……。どんな食材と相性がいいのかもいまいちわかりづらいですよね。

今回は、そんなズッキーニのレパートリーに困っている方におすすめのレシピをご紹介!必要なのは、ズッキーニと卵、チーズだけ。フライパンひとつでできる、ズッキーニが主役のオムレツです。

ズッキーニは油との相性が抜群な野菜。油で炒めることで、とろりと柔らかく、甘みがより感じられます。チーズでまろやかに包み込み、せっかくの甘みを損なわないようにごくシンプルに仕上げました。

『ズッキーニが主役のオープンオムレツ』の作り方

分量(15cm 6インチサイズのスキレット使用)

ズッキーニ 1本
卵 2玉
ピザ用チーズ 30g
オリーブオイル 大さじ1
塩胡椒 少々
パセリ 少々

作り方

①ズッキーニは厚さ5mm程度の輪切りにする。
薄すぎると食感が弱くなるので、厚く切るのがポイント。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、輪切りしたズッキーニの半量を中火で焼く。
一度に全量をフライパンに入れると多すぎて焼ききれないので、2回に分けて焼きましょう。
③全体に軽く焼き色がつくまで炒め、塩胡椒で軽く味付けする。
ズッキーニに下味をつけることで、食べた時の水っぽさがなくなり、物足りなさがなくなります。
④フライパンから取り出し、残りのズッキーニも軽く炒めて下味をつける。
フライパンに油が馴染んでいるので、オリーブオイルは足さずに続けて焼きましょう。
⑤火を止め、ズッキーニをスキレット鍋に敷き詰める。
火の通りに偏りが起きないように、まんべんなく並べましょう。
⑥卵とピザ用チーズをボウルに入れて、かき混ぜる。
白身を切るようにかき混ぜると、ふんわり仕上がります。口当たりをよくするため、卵を割り入れたらカラザを取り除きましょう。
⑦ズッキーニを敷き詰めたスキレットに、Aを注ぎ込む。
卵液は自然に全体へ広がります。ピザ用チーズは最後に上に偏ってしまうので、箸などで軽く均してください。
⑧注ぎ終えたら中火にかける。
注いでから火にかけることで焼きムラが生じません。画像のようにふちがふつふつするのを待ちましょう。
⑨ふちがふつふつしてきたら、蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする。
調理器具によって火加減は調整して下さい。底が焦げないように、火は弱火〜弱めの中火にしましょう。
⑩5分経過したら、蓋をしたまま放置し、粗熱を取る。
まだ表面が固まりきっていなくても、余熱で火が入ります。また、一度火を止めてじっくりと蒸らすことで、鍋からオムレツが綺麗に剥がれやすくなります。
⑪フライ返しなどでオムレツを底から剥がす。
蓋をしたまま軽くスキレットを揺すると、取りやすくなります。
⑫皿などを用いて、鍋底に接していた面を上にする。
⑬スキレットに戻す。
焼き加減をみて、お好みで再度加熱してもOKです。

パセリをちらして完成!

ズッキーニを惜しみなく使うことで、食べごたえのあるオムレツになります。あらかじめオリーブオイルでズッキーニを炒めることで、卵を加えてから火の通りを心配しなくてもいいのも嬉しいポイント。

香ばしいチーズの香りに、玉子で優しく包まれたズッキーニの甘みを堪能してください。

輪切りにして何層にも重ねたズッキーニは、まるでミルフィーユ。ズッキーニの焼き崩れないザクッとした外側に、とろりと甘くジューシーな内側。2つの食感をゆっくりと味わっていただきたい一皿です。

白ワインやロゼ、カクテルに合わせてお召し上がり下さい。ズッキーニの甘みを楽しむには、苦みのあるカンパリをソーダやオレンジで割って飲むのがおすすめ。味の強いお酒に合わせる場合は、少量のカレー粉をふりかけるとお酒とのバランスがとれますよ。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

夏野菜 鶏肉料理 鶏肉 おつまみ

おせちに入っているイメージが強い松風焼き。今回は、鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。しそやみょうがを入れると、夏にぴったりなひと品に!夏バテで食欲のない時でもオススメです。爽やかな口当たりで、冷酒や焼酎に…

おつまみ

今が旬のゴーヤは、安くて栄養豊富で積極的に摂り入れたい野菜です。いつもの献立に飽きたら、サバ缶を使ったおつまみサラダはいかがでしょう?レモン醤油でさっぱりとしたおいしさです!ごろっとジューシーなサバ缶で、食べ…

キムチ おつまみ

夏はピリッと刺激的なものが食べたくなりますね。今回は、さわやかな食感のセロリを使ったピリ辛おつまみです。キムチの素を使わず豆板醤を使い、浸けこむ時間を短縮しました。思い立った時にすぐに作れるおつまみです♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ たまご

朝食にぴったりのスクランブルを、アレンジして食べちゃいましょう!そのままでももちろん美味しいんですが、アレンジするとまた違った味わいを楽しめます。いつものスクランブルエッグにちょっと飽きちゃった方必見です♡

レシピ まとめ サラダ

キャロットラペとはニンジンを千切りにしたサラダのことです。サラダバーやビュッフェでよく見かけますが、おうちで作る機会は少ないという人も多いかも知れませんね。でも実はアレンジ力抜群の優秀な子なんですよ♪

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

レシピ まとめ

いつも使っている油を牛脂に変えるだけで、お料理にぐっとコクと深みが出るってご存知でしたか?しかも無料のもので十分おいしいのですから、言うことなしですよね。今回はそんな牛脂を使ったアレンジレシピを7つご紹介。早…

かまぼこ レシピ まとめ

今回は、節約中にぴったりのかまぼこを使った人気レシピ8選を紹介します。練り物のかまぼこは、そのまま食べたり、火を通したりできるのでアレンジがしやすいですよね。簡単にできるので、お弁当やおつまみを作るときに、参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

お菓子

子供が大好きな懐かしのラムネ菓子が大人特有の二日酔いに効くそうです。いったいなぜこのような効果があるのでしょうか?これを覚えておけば飲みすぎも怖くない?疲れがたまったときにもブドウ糖は効果的だそうですよ♪

サラダ 作り置き レシピ まとめ

サラダは毎日食べたい!でもその都度作るのは大変。そこで、今回は便利な「作り置きサラダ」の人気レシピをまとめました。時間があるときに作って冷蔵庫で寝かせておけば、すぐにおいしく食べられるのが魅力的ですよね。毎日…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る