ローディング中

Loading...

ハンバーグをオーブンで焼くと、ふっくらおいしく仕上がることをご存知ですか?時間や温度、焼き方を覚えて、自宅で本格ハンバーグを作りましょう。今回は、ハンバーグをオーブンで上手に仕上げる方法をご紹介します。

ハンバーグをオーブンで仕上げる!

ジューシーなハンバーグを作ろうと、フライパンを使ってハンバーグを焼く際、温度や焼くに悩んだことはありませんか?焼き具合を見ながら、箸や竹串などで何度もさした結果、肉汁が漏れ出てパサパサになってしまった、なんて経験をしたことがある方もいらっしゃるはず……。

しかし、オーブンを上手に使うことで、ふっくらジューシーなおいしいハンバーグに仕上げることができます。また、オーブンで一度焼いてみれば、次に作るときも同じ温度と時間を設定できるので、いつでも同じハンバーグを食べられる点もメリットです。

今回は、ハンバーグをオーブンでおいしくふっくら仕上げる方法やコツをご紹介します。

オーブンの温度はどれくらい?

では実際、オーブンを使ってハンバーグを焼く場合、オーブンの温度を何度くらいに設定すればよいのでしょうか。焼きすぎてしまったり、焼きムラを防いだりするためにも、温度設定には気を配りましょう。

200℃の余熱で10分を目安に

温度は、200℃に余熱したオーブンで10分を目安にして下さい。ハンバーグを程よく温めるように焼くことが、ふっくらとジューシーに焼き上げるコツです。また、ハンバーグの厚さが同じであれば、大きさが異なっていても、ムラなく焼くことが出来ますよ。

加熱時間は短めがオススメ

また、オーブンを使う際に気をつけたいことは、オーブンで長く焼きすぎると、パサパサになってしまう点。せっかく一生懸命に作ったハンバーグが、最後の仕上げで台無しにならないように、注意して下さいね。
▼牛乳がなくても、ハンバーグは作れるんです!

オーブンを使った基本的な焼き方

1. ハンバーグのタネを作る

パン粉や牛乳、ミンチ、玉ねぎ、卵を混ぜ合わせ、お好みの調味料で味付けします。粘りを出すことが大切です。手のひらにうちつけるようにして、空気を抜きながら成形します。
▼ところでハンバーグの玉ねぎって、炒めるべき?必要ない?

成形したハンバーグの両面を焼く

成形したハンバーグを、しっかり余熱したフライパンで、焦げ目がつくくらいまで両面を焼きます。ここで、お肉の脂を逃がさないように閉じ込めてきます。

余熱したオーブンで焼く

両面を焼いたハンバーグを、200℃で余熱したオーブンで、じっくりと温めるように10分焼きます

オーブンだけで仕上げる作り方

デミグラスハンバーグ

玉ねぎをみじん切りにして、パン粉と牛乳を大きめのボウルに合わせておきましょう。パン粉と牛乳が入っているボウルの中に、合挽きミンチ、玉ねぎなどを入れて混ぜ合わせて成形します。オーブンシートを引いた天板にタネをのせて、オリーブオイルを回しかけていきます。余熱したオーブンで焼き、ソースをかければ完成です。

オーブントースターで焼く場合

チーズinハンバーグ

玉ねぎをみじん切りにして、飴色になるまで炒めます。ひき肉、たまご、飴色玉ねぎ、豆腐をボールに入れてかき混ぜ、ヨーグルトを入れます。しっかりと混ぜ合わせたら、形を整えて中にピザ用チーズを入れたら、材料をかぶせて成形します。フライパンにバターを入れ溶かしてから、タネを入れて両面を焼きます。その後、オーブントースターで約5分焼き、中まで火が通れば完成です。
▼オーブンだけで簡単とろ〜り!

オーブンハンバーグのアレンジレシピ

蒸し焼きハンバーグ

玉ネギはみじん切りにして炒め、人参はすりおろしておきます。合いびき肉、玉ネギ、パン粉、牛乳、卵、人参などを入れて混ぜ合わせたら、空気を抜きながら成形し整えます。強めの中火で両面をそれぞれ少しだけ焼き、うまみを封じ込めます。耐熱容器の中にソースを少量広げたら、先ほど焼いたハンバーグをのせます。アルミホイルで包み、余熱しておいたオーブンの中に入れて蒸し焼きにすれば完成!

きのこハンバーグ

ハンバーグをフライパンにいれ、片面をこんがりと焼いておきます。焦げ目を下にしてオーブンへ入れ、230℃で20分ほど焼きます。フライパンにバターとニンニクを入れてきのこをざっと炒めたらいったんよけ、ケチャップ、焼肉のたれ、赤ワイン、スパイス類、ソースを入れて煮込みます。きのこを戻してソースができたら、ハンバーグにかければ完成です。

おいしいハンバーグを焼くコツ

・ハンバーグのタネはしっかりと捏ねましょう。
・オーブンに焼きムラがあるようであれば、途中で天板を入れ替えましょう。
・オーブンにより、温度や焼き時間には違いがでます。家のオーブンの特徴を知っておくことをおすすめします。
・長い時間焼いてしまうと、パサパサになってしまいますので要注意です。

オーブンでジューシーなハンバーグ!

いかがでしたか?フライパンで焼くのと違って、オーブンで焼くコツさえつかんでしまえば、色々な種類のハンバーグも簡単に作れることがわかりました。

両面を焼いておくことで、お肉のジューシーさを逃がすこともありません。また、厚みを合わせておけば、オーブンの中に入る限り何個でもハンバーグが同時に作れてしまうのも嬉しいですよね。

手間だと思っていたハンバーグ作りも、これで身近なおかずの仲間入りです!ぜひ、次回はオーブンを使って、ハンバーグ作りを試してみてくださいね!
▼おいしいハンバーグができたら、合わせる食事も気にしたい!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ソーセージ

お弁当に朝食に人気のウインナーですが、ソーセージとの違いはご存じですか?生がソーセージ?焼いたものがウインナー?2つは同じだと思っていた方はぜひご覧ください。今回は、 それぞれの違いや、おいしいソーセージの見…

ハンバーグ まとめ

さっぱり和風ハンバーグのおいしい作り方を、「和風ソース」のレシピや、「タネに入れる具材のアイデア」レシピなどでご紹介していきます。悩みがちな和風ハンバーグに合う献立アイデアも、ぜひ参考にしてみてください!

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

まとめ

「ホムパのトリセツ」第3回となる今回は、ずぼらな人の強いミカタ!そのままドーンと並べるだけでフォトジェニックな食卓になるおしゃれな調理器具を7つご紹介します。見た目がいいだけでなく、実用的!入手と同時にホムパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

ピクルス レシピ まとめ

ピクルスとは、キュウリなど野菜を酢・砂糖などからなる漬け液に漬けて乳酸発酵させたもの。最近では日本でもお馴染みですよね。今回は、浅漬け風やしっかり漬けなど、ご自宅でもお手軽に作れちゃうレシピを集めてみました。

おにぎり レシピ まとめ

天かすはうどんや蕎麦への人気のトッピングとしてだけではなく、簡単アレンジレシピにも使えるんです。味に強い特徴がないため、いろいろな素材と相性がよく、たくさんの料理に使うことができますよ。ご自宅にある方は試して…

レシピ 牡蠣 まとめ

これからの時期旬となる「岩牡蠣」。毎年楽しみにしている人もいると思います。でも美味しいけど毎年なんだか変わり映えしない調理法。岩牡蠣はちょっとひと工夫すればこんなにたくさんのレシピがあるのです☆ぜひ作ってみて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

牛肉 にんにく バター レシピ

今回は、にんにくとバター、塩コショウが効いた食べ応え抜群のレシピ「牛肉巻き巻きガーリックライス」をご紹介します。旨味たっぷりの肉汁が、ガーリックライスに染み込んで、絶妙な味わいを生み出しているんです……♩お腹…

豆腐 レシピ

今回ご紹介するのは、フライパンで簡単に作れる「玉子豆腐の枝豆あんかけ」のレシピです。思わずホッとしてしまいそうな香りと味わいが私たちをやさしく包んでくれます。疲れたときに、この玉子豆腐を食べれば心温まる、そん…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る