ローディング中

Loading...

「粗熱をとる」、レシピでよく見かけますよね。粗熱をとると言っても、実際どうするのが正しいのか、ご存知ですか?料理の下ごしらえや、お菓子作りには欠かせない粗熱をとる。そもそも粗熱とは?仕上がりを左右する粗熱の意味と正しい取り方をご紹介!

粗熱をとるって、どうしたら……

レシピでよく見かける、「粗熱をとる」。どのようにするのが正しいやり方かご存じですか?適当に冷ますことだと思われている方もいるかもしれませんが、実は、粗熱をとる工程は料理にとって、とても大切な作業の一つなのです。また、お菓子作りの際に粗熱をとる意味は、肉や野菜を使った料理で粗熱をとる意味と、また異なってくるんですよ。

そもそも、粗熱とはどんな熱を言うのか、料理を一度完全に冷ますことが粗熱をとることになるのか、疑問ばかりですよね。粗熱の意味と、その効果や正しい方法をご紹介します。知っておくと料理の仕上がりがきっとよくなりますよ。

粗熱とは?

粗熱とは、字の通り粗いままの熱さ、加熱直後のアツアツの状態のことを指します。つまり、手では触れない程の熱さを意味します。

粗熱をとるとは

粗熱をとるとは、指でさわってやや温かく感じる程度まで冷ますこと。完全に冷やさず、湯気がおさまる程度まで置いておくことをいいます。ただ熱をとるだけではなく、後の調理工程のための準備にもなります。

肉料理や煮物料理などは、粗熱をとることで味が浸み込みおいしくなります。粗熱をとると取らないとでは随分違ってくるんですよ。

お菓子作りはこれらと異なり、パンやケーキなどは粗熱をとることできめを細かくし、食感と味をよく仕上げます。また、生クリームやチョコレートなどでデコレーションする時に、パンやケーキの生地が熱いままだと溶けてしまうので、粗熱をとる意味もあります。

粗熱をとる意味

粗熱を取るのと取らない場合とでは、違いが出てきます。続いては、粗熱をとる意味についてご紹介します。

皮を剥きやすくする

粗熱をとることで、皮が剥きやすくなります。例えば里芋は買って来てすぐに、ピーラーなどで皮をむく事もできますが、茹でて粗熱をとった後は手で簡単に皮が剥けます。また、じゃがいもにも有効です。電子レンジや熱湯でじゃがいもを串が通るくらいまで温めた後、粗熱をります。すると、こちらも簡単に皮をむくことができますよ。

香りが残りやすくなる

風味を損なわないように粗熱をとってから味付けをするということもあります。

熱いうちに香りづけをしても香りが飛んでしまうため、粗熱を取ったあとに香りをプラスすることで、よい風味を残した仕上がりにできます。

水滴をつけないため

粗熱をとるのは、調理した食材を守る目的もあります。

粗熱をとって保存をすると味が染み込みさらにおいしくなる、おでん料理や煮物料理があります。粗熱をとらずに保存容器に入れて保存をしてしまうと、容器の中に水滴ができてしまいます。

余分な水分が料理に入ってしまい本来の味を損なうだけでなく、食材にカビが生えたり、早く傷んでしまう原因になったりもします。せっかくのおいしい料理をダメにしてしまわないためにも、粗熱をとることは大切です。

粗熱をとる代表的な料理

パン

最近はホームベーカリーを使って、自宅でパンを焼く方も増えてきましたよね。どの程度粗熱をとって保存すればよいのでしょうか。

ホームベーカリーなどでパンを焼いた後は、室温20℃ぐらいの部屋で1時間~1時間半ほど冷まして下さい。温度差が激しくなる冷蔵庫に焼きたてのパンを入れるのは、傷む原因になります。

表面は冷えても、中はまだ熱々の場合もあります。熱を残したまま袋などに入れて保存をすると、水滴によってカビの原因にもなりますから、よく熱を取ってくださいね。

プリン

焼きあがったプリンは、浅く冷水を張ったバットの中に入れて粗熱を取ります。冷蔵庫で冷やすのは、粗熱が取れてから。冷めないうちに冷蔵庫に入れると、プリンに水滴が発生してしまいますよ。

また、粗熱を取らないまま素材を冷蔵庫の中へ入れると、入れた素材だけでなく冷蔵庫に入ったいる別の食材の温度も上げてしまいます。食材の痛みを早める原因にもなりますから、熱々のものは冷蔵庫に入れないようにしましょう。

ケーキ

自宅でケーキを焼く場合にも、粗熱のとるのにポイントがあります。

ケーキを焼き上げた後は、型から出して冷まします。型に入れたまま冷してしまうと中で水蒸気がたまり、生地が湿っぽくなる原因になります。

型から外してしまうことで、ケーキの形が崩れてしまわないか心配な場合は、テーブルの上にタオルなど敷き、焼き上がったケーキを5センチくらいの高さからトントンと衝撃を与えながら型ごと落とします。こうすることで、ケーキの中にたまった空気が一気に外へと出て、しぼむのを抑えられますよ。

その後、型から外して粗熱を取ってください。

粗熱をとることの大切さを知ろう!

粗熱についていかがでしたか?なんとなく冷ましていた方も多いかもしれませんが、粗熱を取ることにはとても意味があります。皮剥きひとつとっても、粗熱を取る前と取った後では随分と処理の時間も変わります。

今回の内容を参考に、正しい粗熱の取り方をしてみてくださいね。料理の仕上がりの違いを感じると思いますよ。
▼粗熱を取っておいしく作る!おすすめレシピはコチラ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ケーキ スイーツ

不二家のケーキバイキングをご存知ですか?お店で売られている商品と同じものがとってもお得な価格で食べ放題になるという、スイーツ好きにとってはたまらないサービスです。メニューや実施店舗について詳しくご案内しますの…

ケーキ おやつ まとめ

ケーキは手間と時間がかかるイメージが……しかし!今回ご紹介するレシピを参考にすれば、簡単にチーズケーキやロールケーキが作れるんです。ホットケーキミックスを使った材料少なめのレシピや、時短で作れるレシピなどを参…

スイーツ プリン

佐賀県の新名物として注目を集めている「人妻プリン」をご存知ですか?ネタ的な商品かと思いきや、SNSではそのおいしさを讃える声が鳴り止まず、テレビや雑誌も続々と取り上げ始めています。いったいどんな味わいなのか、…

プリン

飴色の「カラメルソース」は、プリンをはじめとした洋菓子に使われるトッピングアイテム。今回は、そんなカラメルソースの基本の作り方や、レンジで簡単に作る方法、プリン以外にも使えるさまざまな活用法をご紹介します。

エビの背わたの簡単な取り方ってご存じですか?エビの背わたを取るために、殻をむいてしまっていませんか?今回は、背わたを上手に取る方法のほか、簡単な殻の剥き方、おすすめの下処理の仕方などをご紹介します。ぜひ参考に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ

柿を丸ごと使った「柿酢」をご存知ですか?柿とお酢の栄養素をいいとこどりの調味料で、お料理に使うのにはもちろん、そのまま飲むこともできちゃうんですよ。しかもアンチエイジングや疲労回復などにも効果があります。その…

レシピ パン おしゃれ

動物の「ヒョウ」を連想させるヒョウ柄パンは、ココアパウダーを生地に混ぜ込んで作るチョコ好きの方にはたまらないパンなんです。Instagramでも作って投稿している方が多いのだとか。どのように作ればいいのか、ア…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る