ローディング中

Loading...

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントをご紹介します!

蒸し器でおいしく調理しよう!

自宅でもふかし芋や中華まんが作れる蒸し器。茶碗蒸しやプリンも蒸し器で作ると、おいしいですよね。蒸し器は蒸気で間接的に火を通す調理法で、慣れていないと難しいのでは、と思っている方も多いはず。

ここでは、蒸し器を使う際のポイントやコツをご紹介します。簡単に出来る方法ですので、ぜひ調理に取り入れてみましょう。蒸し器で作るおいしいレシピも合わせてチェックしてくださいね!

基本的な蒸し器の使い方と手順

1. 蓋にふきんを巻きつける

ここでは、一般的なステンレス製蒸し器の使い方をご紹介します。

まず、調理に入る前に蓋にふきんを巻きつけます。ふきんを巻きつけることで、料理が水っぽくなるのを防ぎ、よりおいしく仕上げるのです。ふきんを蓋と本体の間にはさむだけでもいいのですが、万が一、ふきんに火が付くと危険なので、しっかり上に折りこみ結んだ方が、安全に調理ができるのでオススメです。

2. お湯を沸かす

お湯はたっぷり5~7割ほど入れ、しっかりと沸騰してから蒸し始めます。ここでお湯を入れすぎてしまうと、沸騰した時に素材にかかってしまいます。逆に水が少なすぎた場合は空焚きとなり、火災の原因となるので注意しましょう。

3. 内鍋の中に素材を入れる

お湯がしっかりと沸いて、蒸気が出ていることを確認したら、内鍋の中に素材を入れます。素材を入れたものが二段ある場合、蒸している途中で一度上下を返すと、均一に火を入れることができます。また、蒸し時間が長い時は、お湯が無くならないように注意して、足らない場合はお湯を足していってください。

4. 火加減を見ながら蒸しあげる

蒸しはじめてからも、火加減には注意が必要です。中強火のほどの火加減で、中のお湯が冷めないようにキープすることが重要。また、レシピ等に記載されている蒸し時間よりも、その素材に合わせて必ず火が通っていることを確認しつつ、調整しながら仕上げていきましょう。

蒸し器の使い方のポイント

蒸し器を使う際、先ほどもご紹介したとおり、お湯の量や火加減の調整が大切で、食材の仕上がりにも違いが出てきます。ここでは、蒸し器の使い方のポイントを掘り下げてご紹介します。上手な蒸し方を覚えておいしい蒸し料理を頂きましょう!

蓋に巻くふきんについて

ステンレスの蒸し器を使用する場合、ふきんを巻いておくのが良いというのは先にも記載したとおり。そのふきんを使う際、できれば薄手の長いサイズがおすすめです。

薄いふきんであれば、鍋蓋をくるんで結ぶことができ、安全に使用できます。また、大きなふきんや、てぬぐいも巻き付けやすく便利でしょう。今後は、蓋にふきんを巻きつけて、今までの水っぽい出来上がりとはおさらばです!

お湯の量

これも繰り返しにはなりますが、水は多すぎず少なすぎず5~7割程度入れることを心がけてください。そして、火にかけてしっかりと沸騰させますが、容器の中に十分な蒸気が上がっていない場合、仕上がりが水っぽくなってしまったり、臭いが残ってしまったりすることがあります。おいしく仕上げるためにも、よく沸騰させることが大切です。

素材の並べ方

茶わん蒸しを作る場合は、素材の並べ方にもコツがあります。それは、容器と容器の間をきちんと等間隔で並べること。容器同士がくっついていると、均等に火が通らず仕上がりにムラが出て来てきてしまいます。また、沸騰してから蒸し器へ入れることも忘れないでくださいね。

火加減

蒸しはじめてから中強火の火加減で調理しますが、レシピによって火加減の調整が必要です。特に茶わん蒸しや蒸しプリンを調理する場合、高温で調理すると失敗しやすくなるので注意してください。

ちなみに茶碗蒸しや蒸しプリンなど、卵を使用したレシピは、高温で加熱することで「す」ができてしまいます。しっかり沸騰した状態の蒸し器に素材をいれたら、弱火にしてください。そして、蓋と本体の間に箸を1本はさむなどして、鍋の中が高温になるのを防ぎましょう。じっくりと蒸し、中の状態が熱くなりすぎないようにすることがコツなのです。

蒸し時間について

レシピに書かれている時間通りに蒸してみたら失敗してしまった……なんて経験も少なからずあるかと思います。これは、同じ素材の蒸し器であっても、それぞれの厚みや容量が違うためだとか。素材やお手持ちの蒸し器にあわせて、加熱時間を調節するよう心がけてください。

そして、必ず火が通ったか確認をしてから火を止めてください。また、確認するときには必ず奥側に蒸気を逃すように蓋を開けましょう。手前に開けてしまいますと、熱い蒸気が一気に出てきて、やけどの危険があります。
▼蒸し器の代用品も知っておこう!

せいろを使った場合の蒸し方と手順

1. せいろをぬらす

せいろは、使う前にはサッと水で濡らしておくのがオススメ。ちなみに竹や木などで作られるせいろは、蒸し器と同じような使い方ができます。ステンレス製の蒸し器に比べると、蓋から水滴が落ちにくいのがメリット。そして、蒸し上がってそのまま食卓へ出せるのも、見かけもオシャレで便利ですよね。

2. 鍋にお湯を沸かす

お湯はたっぷりと、とくに小さいお鍋だとお湯の減りが早いので、小さいお鍋を使う場合は9分目位までお湯を張りましょう。火にかけお湯が十分に沸騰したら、食材をセットし蒸しあがるまで、火加減をキープしてください。この時、蒸し器とは違って蓋から余分な蒸気がぬけるので、食材が水っぽくならないのはありがたいですよね。

せいろを使って調理するメリットとして、重ねて使用できること。違う種類の食材を一度に蒸すことができて時短にもなります。ちなみに、火の通りにくい素材を下段にしてしておけば、火の通りのバランスが良いそうですよ。また、シュウマイや餃子を蒸す場合は、くっつき防止にクッキングシートやキャベツを敷くと、底に食材がつかずきれいに仕上がります。

そして、調理中の空焚きには十分注意してください。お湯の残量に注意しながら調理し、予備のお湯を足しながら作りましょう。また出来上がった食材を取るときには、トングを使用して取り分けたり、本体を移動するときは鍋つかみを必ずつけてくださいね。
▼とうもろこしをせいろで蒸すとき、時間ってどのくらい?

蒸し器を使ったレシピ

シュウマイを蒸す

ほかほかに仕上げたいシュウマイは、蒸し器を使用してまず作りたいおかずですよね。これはシイタケとたまねぎを使い、具沢山なレシピです。また、出来上がったシュウマイには、通常の醤油やからしに加えて、XO醤を付けて食べるとおいしいようです。

ちなみに、シュウマイつくりで面倒に感じる包みの作業。このレシピでは、シュウマイのたねを包むとき、スプーンを使って簡単に包んでいます。シュウマイの包み方のコツをつかめば、テンポよく作業が進み、あとは蒸し器に投入するだけです。

さつまいもを蒸す

さつまいもをふかすには、やはり蒸し器がピッタリです。さつまいもの甘みとホクホクの食感がたまりません!

さつまいもをふかす時には、塩をふってから蒸し器にセットし蒸し始めるのがポイント。中まで熱が通っているかは、竹串を刺して確認してください。おやつにも最適な、ふかしイモは作り方が簡単なのでありがたいですよね。

黒糖蒸しパンを作る

朝食やおやつに最適な黒糖を使う黒蒸しパンです。蒸し上げることでふわふわの食感に仕上がりますよ。

作り方はとっても簡単!材料を手順通りに混ぜてプリン型に入れるだけです。あとは蒸し器に入れ、蒸すだけです。

野菜を蒸す

蒸し器を使ってブロッコリーやカボチャを蒸しあげるレシピです。

蒸し野菜は、炒めたり煮たりするよりも、野菜の栄養価が失われづらいと言われています。その理由として、緑黄色野菜などに含まれるビタミンなどは、水に溶けやすい水溶性なのです。そのため野菜を煮る、炒めるという作業をすることで、水分と一緒に栄養価が外に逃げてしまいます。

そこで、このレシピのように蒸し野菜にすることで、栄養もしっかりと摂れます。油で炒めたり、調味料を多く使用したりしないので、脂肪や塩分の摂りすぎも防げます。ミニトマトやアスパラで代用してもおいしくいただけますよ。

蒸し器を上手に活用しましょう!

蒸し器を上手に使いこなせるようになると、おかずからおやつまで幅広いレシピに応用でき、便利です。蒸し器に食材をセットし、後は火加減や水切れなどのポイントだけ気をつければよいので、同時に他の調理を進めることができる点も料理を作る上でありがたいところ。

ぜひ蒸し器やせいろを上手に使って、素材そのものの味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。
▼こんな料理も蒸し器でいかが?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キャンプの経験がある方は飯盒炊飯(はんごうすいはん)でご飯を炊いた経験はありませんか?外でご飯を炊くのに便利な飯盒炊飯ですが、飯盒炊爨(すいさん)じゃないの?と思われたかたはいるでしょうか。果たして正しいのは…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

ぶどう フルーツ

罪なフルーツ、ぶどう。食べる手が止まらなくなるほどおいしいのに、皮が薄くて食べづらい。でも実は、そんなぶどうの皮を手軽に除けるむき方があるんです。ぶどうを食べる時にもう手を汚したくないあなた!必見です。

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パスタ パン まとめ

ご家庭によくある「お茶漬けの素」ですが、パスタやおにぎりなど、色々なアレンジレシピに活かせるということをご存知だったでしょうか?ただお茶漬けにするだけではもったいないですよ!これでお料理の幅がぐっと広がること…

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ まとめ たまご

疲労が溜まる仕事やストレスの多い生活をしている彼の食事に卵を加えてあげませんか?茹でる、煮る、焼く。卵はオールマイティに活躍できる栄養のある食材です。普段の食事に卵を一つ加えてエネルギーとパワーをアップさせま…

パン まとめ レシピ サンドイッチ 食パン

シュープリーズと言うお料理がこの頃人気をじわじわと集めているようです。シュープリーズとは英語で「surprise」ビックリするという意味です。パーティーなどにぴったりな一品。一体どんなお料理なんでしょうか?

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ うどん ラザニア イタリアン

ラザニアといえば平たい板状のパスタにひき肉のソースを段々に重ねたあと上からたっぷりのとろけるチーズをかけて焼き上げたイタリア料理です。今回はラザニア用のパスタをゆでるよりももっとお手軽にできるうどんラザニアを…

スイーツ まとめ お菓子

ランキングと口コミで探せるグルメサイト食べログが「ジャパンスイーツアワード」として、国内で人気のスイーツショップ50店舗を発表しました!今回はその中で、ベスト10に選ばれたスイーツを紹介したいと思います。スイ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る