ローディング中

Loading...

夏に旬をむかえる枝豆って準備が面倒なイメージ。でも、レンジを使った簡単でおいしい茹で方があるんですよ!今回は、枝豆をレンジで簡単に茹でるコツを方法別にお伝えします。時短で便利なので、ぜひ試してみてくださいね。

枝豆をレンジでおいしく茹でる

夏になるとお店では生の枝豆をみかけるようになりますよね。枝付きのものは香りもよく新鮮で、茹でてビールのおつまみすると喜ばれるのはご存知のとおり。しかし、大きな鍋にお湯を沸かすのは時間もかかり、なんだか面倒ですよね。

そこで今回は、時短で簡単に枝豆を茹でられる方法をご紹介します。その方法とは、レンジを使うこと!今後、夏を迎えたら、レンジを使って枝豆料理を試してみましょう!

茹でる前の下処理が大切!

加熱前には必ず下処理をしてください。そうすることで、茹で上がりに違いが出て、よりおいしく食べられますよ。

まずは、枝豆を水洗いします。産毛と汚れを洗い流したら、水を切ります。次に、枝の方を少しだけキッチンバサミで切り落とします。切り落とすことで、味が染みやすくなり見た目もきれいな枝豆に仕上がるのだそうです。

ひと手間加えるだけで、味に違いが出てきます。茹でる手間を省ける分、下処理をお忘れなく!

枝豆をレンジで茹でる方法

じつは、枝豆はお湯で茹でるよりもレンジを使う方法がおすすめ。お湯で茹でたときよりも食感がよく、糖度も高く仕上がるのだそうです。またレンジを使うことで、別の調理が進められるので効率も上がりますよ。

耐熱容器で茹でる方法

ふた付きの耐熱容器を使って、枝豆をレンジで茹でてみましょう。枝豆を水洗いし綺麗にしたら、枝豆を入れて蓋がきちんと閉じるくらいの量の枝豆を入れます。ふたをしてレンジで加熱しますが、枝豆1袋につき500wで5分程度です。あとはお好みで塩をふれば完成!蓋をすることで、甘みのある枝豆が完成しますよ。

ちなみにガラス製の耐熱容器を使用すれば、蓋を取るだけで食卓に出せるので、洗い物が減って便利です。

耐熱皿で茹でる方法

枝豆を水で洗い、塩を振ってうぶ毛を取り除きます。よく洗い流し、さっと水気をきります。そして、先ほどもご紹介したように、枝豆のえだの方をキッチンバサミでカットしておきます。耐熱皿の上に枝豆と塩、水を入れまして軽くラップし、レンジで5分ほど加熱します。お好みの固さに仕上げ、ザルにあけて冷水で冷やしてできあがり。
▼塩の量も知っておきたい!

シリコンスチーマーを使った茹で方

調理の時短に欠かせないアイテム「シリコンスチーマー」を使っても、塩味が程よく付いた枝豆を作ることができるのです。

そしてまず、やはり下準備が大切!水洗いした枝豆のさやの両端を5mmほどカットし、枝豆を塩もみし水洗いをします。そしてシリコンスチーマーの中に枝豆を入れ、水を入れます。電子レンジで加熱して、熱いうちに塩をふれば完成です。

フライパンを使った蒸し茹でもおすすめ

次は、フライパンと蒸し器を使った方法です。枝豆にフライパン?と思う方もいるかもしれませんが、甘みがある枝豆に仕上がりますよ。

まず、コップ1杯の水をフライパンに入れて沸騰させます。そこに、よく洗った枝豆を入れ、5分ほど蒸して完成です。お好みで塩をふっていただきましょう。

ちなみにこの方法は、枝豆に含まれるオルニチンという体にいい栄養素を、無駄なく摂取できるそうです。オルニチンは水に溶けやすいため、お湯で茹でる方法だと流れ出てしまいます。しかし蒸すことで、甘みやうま味が引き出され、おいしい枝豆に仕上がるだけでなく、オルニチンもしっかり摂れるそうですよ。

枝豆を使ったおすすめレシピ

枝豆をシンプルに茹で、さやから出しながら食べるのもおいしいですが、料理に枝豆を使うことで、いつもとは違った枝豆が一層おいしく感じられます。どのレシピも下ゆでをした枝豆を使用しているので、先にご紹介した茹で方を参考にしながら下準備をした上で、アレンジレシピを見てみてくださいね。

枝豆のスープ

まずは、ダシの風味と枝豆の味がマッチしている冷たいスープです。

茹でた枝豆とだし汁と牛乳を入れ、ミキサーで撹拌します。そして、撹拌したスープとバターを入れて温め、塩で味を調えれば完成です。冷蔵庫で良く冷やしてから食べれば、夏でも食欲そそるひと品になります。そのままの枝豆にはもう飽きた!という方にまず試してみて欲しいレシピです。

枝豆ご飯

食欲のない暑い日でもモリモリ食べられそうな、サッパリ味のレシピです。

塩ゆでした枝豆と細かく刻んだ梅干、ちりめんじゃこを加えて炊きたてのご飯と混ぜ合わせます。ごま油などの調味料で味を調えて、器に盛り付けゴマを散らして完成。枝豆を房から出して、ご飯に混ぜるだけの簡単レシピなのに、彩りも鮮やかになるのでオススメ。夏バテで食欲不振になりがちな時期、梅干しを食べることはいいですね。
▼おすすめの枝豆ご飯レシピ、まだまだあります!

和風ポテトサラダ

いつものポテトサラダとは、まったく違った和風ポテトサラダが出来上がります。

アジをグリルで焼き上げ、身をほぐしておきます。じゃがいもは茹でてマッシャーで潰し、梅マヨネーズ風味のドレッシングで和えます。そして、アジと茹で枝豆、大葉を加え塩コショウで味を調えればできあがり。ポテトサラダにアジが入ってるなんて驚きですが、これがまたジャガイモとも合い、おいしいのです。アジが少し残ってしまった、なんてときにお試しあれ!

枝豆とひじきのつくね

おろしポン酢でさっぱりといただける、枝豆を使ったヘルシーレシピです。

ボウルに鶏ひき肉、塩と調味料を加えよく練ります。そこへ茹でた枝豆と、水でもどしたヒジキを加えてさらに混ぜ合わせます。良く混ざったら、小判形に成形をしフライパンで焼いていきます。焼き上がったつくねに、大葉や大根おろしを添え、ポン酢をかけて完成。ボリュームもあるのに健康的なのはありがたい一品ですよね。

長芋と枝豆の春巻き

春巻きの皮を使って、手軽にパクパク食べられるメニューです。

春巻きの皮を広げ、カットした長芋と枝豆を置きます。巻いていき、巻き終わりはしっかりと水溶き薄力粉で口を止め、油で揚げて完成です。塩の加減はお好みで調節してください。ちなみにこのレシピのポイントは、クレイジーソルトをふりかけて巻くこと。ちょうど良い塩気でおつまみにもなること間違いなしですよ。

上手にレンジを使って時短で枝豆料理!

「お湯を沸かして茹でる」という少々面倒なイメージから、枝豆は意外にも簡単に食べられる、もっと身近な食材へと変わったのではないでしょうか。用意するものもご家庭にある調理器具ばかりですので、お好みの方法でぜひ一度試してみてください。そのまま食べるのもおいしいですが、せっかくならレシピにも積極的に取り入れてみませんか?

枝豆のシーズンが到来したら、気後れせずスーパーでどんどん手に取ってみましょう!
▼こんなおいしいレシピも試してみて!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

プリン

飴色の「カラメルソース」は、プリンをはじめとした洋菓子に使われるトッピングアイテム。今回は、そんなカラメルソースの基本の作り方や、レンジで簡単に作る方法、プリン以外にも使えるさまざまな活用法をご紹介します。

まとめ

夏はさっぱりと冷たいものを食べたくなりますよね。そんなあなたにおすすめ!暑さに打ち勝つ行列必至の人気冷やしグルメ特集です。最近は定番のものだけでなく、意外なものも冷たくおいしくいただけちゃうんです♩2017夏…

レシピ スイーツ

セブンスイーツ「抹茶練乳」と「わらび餅&白玉ぜんざい」のかけ合わせレシピがTwitterで話題になっています。専門店さながらのパフェと噂を聞きつけ、さっそく作ってみました♩発案者であるディスク百合おんさんの他…

ブルーベリー ジャム レシピ

お家で簡単にできる、ブルーベリージャムの作り方をご紹介します。パンにつけたり、ヨーグルトにかけたり、使い方は無限大!冷凍のブルーベリーでも作れるので、一年中ホームメイドが楽しめますよ。レンジで簡単に作れるレシ…

ドリンク ブルーベリー かき氷 スイーツ

今年売れに売れまくっているファミリーマートのフラッペに、新しいフレーバーが仲間入り!今回でなんと第7段、矢継ぎ早に出てきますね。ヨーグルトとブルーベリーを組み合わせた夏らしい味わいだというこの新作を、実食レビ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スムージー スイーツ まとめ

ヨーグルトパフェの進化した形、スムージーボールをご紹介しましょう。冷たくてクリーミィーでスプーンですくって食べるこのスムージーボールはまるでアイスクリームみたいです。必要なのはブレンダーと5分間の時間だけで栄…

鶏肉 レシピ アレンジレシピ まとめ

鶏肉を買ってもいつも唐揚げや照り焼きばかり…それ以外のレシピはないかな?そんな方におすすめの、鶏肉を使った簡単アイデアレシピです。難しい手順がないものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

お弁当 レシピ まとめ

「あ〜るママ」さんは大人も子どももワクワクしてしまう、かわいいお弁当作りで人気のママブロガーさん。見てるだけで楽しい気分にさせてくれます♩凝ってるんですが作り方は意外と簡単。日頃のお弁当がワンパターンと悩みが…

イタリアン スイーツ お菓子 レシピ まとめ

イタリアの焼き菓子ピッツェルを知っていますか?薄焼きクッキーなのですが、形も美しくおいしそうです。ピッツェルプレートなるものも売られているようですが...そのおすすめレシピをご紹介します。あなたも作ってお友達…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

さつまいも レシピ

ホクホクのさつまいもにちょっとバターをのせるとおいしい!さらに上をいくおいしさを求めるあなたに「さつまいももち」のレシピをご紹介!クリームチーズを中にたっぷり入れた絶品スイーツで、食べればほっぺた落ち必至です…

レシピ

ご飯にかつお節とおしょうゆをかけて食べるねこまんま。今回は焼きおにぎりにアレンジしてみました!そんじょそこいらのおにぎりではありません。ウマすぎ注意の「カマンベール入りねこまんま焼きおにぎり」です。独り占めし…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る