ローディング中

Loading...

スーパーフードとも呼ばれるキヌアのおいしい食べ方が知りたい!そのままでもいいの?今回は、キヌアのおいしい食べ方を方法別で詳しく紹介。おすすめレシピもまとめました。キヌアを上手く取り入れて、ヘルシーな食生活を目指しましょう!

キヌアのおいしい食べ方、知ってる?

海外セレブやモデルさんたちが愛食しているとして、日本でも人気を集めるスーパーフード、キヌア。

みなさん、キヌアを実際に食べたことがありますか?ヘルシー志向のカフェやレストランで食べたことがある、という方もいらっしゃるはず。では、キヌアを自宅でおいしく食べるには、どうすればよいのでしょうか?

実は、キヌアは様々な料理やお菓子作りに使えるんです。ここではキヌアのおいしい食べ方をご紹介します。おすすめレシピもまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもキヌアって?

キヌアは低カロリーで高たんぱく、その上、ビタミンやミネラルが豊富な雑穀類です。海外セレブが健康維持や美容目的に取り入れたことから、スーパーフードとして話題を呼んでいます。

原産国は南米のコロンビアで、5000年以上前から作られていたのではないか、ともいわれています。また、豊富な栄養素や扱いやすさ、収穫量などから、宇宙食としての活用法にも注目が集まっています。

また、豊富な栄養を得られるだけでなく、プチプチとした食感が満腹感を与えてくれるので、食事の摂りすぎも避けられそうですね。食感の面白さから、お子様にも人気です。

基本的な食べ方

まず最初に、キヌアをおいしく食べるための基本的な方法をご紹介します。

キヌアの炊き方

1. 目の細かいザルなどにキヌアを入れてしっかりと洗います。キヌアは、洗い始めるとサポニンが溶けて泡立ちます。サポニンが残ると苦味を伴うため、泡が立たなくなるまで、何度も水を変えながらしっかりと洗います。洗ったキヌアは水を切りましょう。

2. フライパンや鍋にオリーブオイルを敷き、1分程度キヌアを炒めます。

3. キヌアの倍の量の水を加えて、中火から強火で沸騰させます。

4. 沸騰したところで弱火にし、蓋をしてさらに15分間茹でてください。15分経過したら火を止めて、蓋を取らずに5分間放置して蒸しましょう。ザルにあげ、水気を切ったら、炊き上がりです。

5. 食べるときにはさっくり混ぜて器に盛り付けましょう。

おいしく炊くポイント

キヌアそのものには強い味がないので、水の代わりにスープを使ってもいいですね。コンソメスープや中華スープなどを使えば、風味豊かなおいしいキヌアが炊き上がりますよ。

炊飯器を使って簡単に炊く方法

お鍋やフライパンではなく、炊飯器を使ってキヌアを炊くこともできます。
 
炊飯器を使用する際には、キヌア2合(360㏄)に水2合(400㏄)と料理酒大さじ1を加えて炊くと、簡単に軟らかく炊き上がりますよ。

白米と混ぜてモチモチに炊く方法

キヌアを炊く際には、キヌアだけでなく白米を混ぜる方法もおすすめです。

白米を混ぜることで、もっちりとした食感に焼きあがります。白米と混ぜる場合にはキヌア1に対し白米3の割合で計量しましょう。水の分量は白米を炊く場合と同じでかまいません。

茹でておいしく食べる方法

キヌアは、茹でてもおいしく食べられます。茹でる場合の割合は「キヌア1に対し水2」。そこに塩をひとつまみ加えましょう。

きれいに洗い水気を切ったキヌアを鍋に入れ、水と塩を加えます。鍋の蓋を閉めたら沸騰するまで強火で加熱します。鍋の中が沸騰したら弱火に落とし、15分ほどそのまま茹でましょう。この段階でカタいと感じた場合には、火を止めてから蓋を閉めたまま、5分から10分程度蒸らします。

キヌアの茹で上がりの目安は?

キヌアは茹で上がると輝くような透明感のある見た目になり、輪のように見える白いひげがあらわれます。食べてみて、芯がなければ茹で上がりです。

電子レンジを使う方法

鍋や炊飯器を使わず、電子レンジでもキヌアを炊くことができます。時間がないときには、こちらの方法がおすすめですよ。

炊き方

キヌア1に対して水3を用意します。もちろんスープでも構いません。よく洗ったキヌアと水またはスープを耐熱ボウルに入れ、ひとつまみの塩を加えて軽く混ぜます。

ラップをし、600Wならば10分間加熱。一度上下をひっくり返すようにサッと混ぜ、再び10分間加熱してください。2度目の加熱終了後、ラップをしたまま10分ほど蒸らしましょう。まだ芯が残っているようであれば、5分ほど加熱して様子をみてください。これで完成です。

キヌアの使い方について

キヌアは茹でる、炊く以外にも、炒めて使うことができます。加熱したキヌアはお好みに応じてどんどん活用していきましょう。主食として食べることもできますよ。スープに入れてもプチプチとした食感が残りますから、楽しめます。

サラダのトッピングや、ハンバーグなどに混ぜる方法もおすすめです。キヌアはお米と違い、ふやけてベチャベチャになってしまうことがないため、とても使い勝手がいいんです。

キヌアのおすすめレシピ

次に、キヌアを使ったおすすめレシピをご紹介します。サラダ、スイーツ、主食など、アレンジ自在なキヌアの魅力がおわかりになるはずです。

キヌアのサラダ

キヌアと野菜で簡単に作れるサラダです。手作りのバジルドレッシングとの相性も抜群!オリーブオイルを使うことでヘルシーになりますね。ドレッシングのテイストはお好みに合わせて、調味料を調節しましょう。

鍋でキヌアを茹でます。茹で上がる前にブロッコリーとニンジンを加えて一緒に茹でたら、水気をきります。ドレッシングを作り、キヌアと野菜と和えたら、冷蔵庫で冷やします。器に盛ったらできあがりです。

ヒジキ入りサラダ

キヌアとひじきのヘルシーなサラダです。コーンやひじきにキヌアを加えることで、様々な食感が楽しめますよ。ひじきの煮物が苦手な方でも、このサラダならパクパク食べられるかもしれません。

酢、ドライバジル、オリーブオイルなどでドレッシングを作ります。キヌアと芽ひじきを、それぞれに茹でて水気をしっかりと切り、温かいうちにドレッシングと混ぜ合わせます。そこに水煮コーンとツナを加えて混ぜ合わせれば完成です。

ヨーグルト入りマカロニサラダ

マヨネーズを使わず、ヘルシーに仕上げていくプチプチマカロニサラダです。濃厚なクリームチーズとさっぱりとしたヨーグルトで和えた、満足度の高いメニューですね。

クリームチーズとヨーグルト、塩でドレッシングを作ります。茹でたマカロニと茹でたキヌア、キュウリ、かにかまぼこをドレッシングで和えて、ブラックペッパーを振ればできあがり。

キヌアクッキー

キヌアを加えることで、プチプチとした食感が楽しめるクッキーです。トッピングにも炒めたキヌアを使うことで、さらに食感が増しますよ。

キヌアはフライパンできつね色になるまで炒ります。クッキーの材料を混ぜ合わせ、粉類と一緒にキヌアを入れ、天板に並べます。表面にキヌアをトッピングして、オーブンで焼き上げたらできあがりです。

キヌア入りの七草粥

炊飯器で簡単に作れるおかゆです。七草ではなく、お好みに合わせて鶏肉や薬膳食材を加えるのも良いでしょう。

炊飯器に米とキヌアを入れて、「おかゆモード」で炊きます。七草はよく洗い、それぞれに下処理して火を通し、ざく切りにします。おかゆが炊きあがったら塩と七草を加えて、よく混ぜ合わせて茶碗に盛ったら完成です。
▼キヌアや押し麦など、スーパーフードを加えたサラダ!

キヌアの保存方法

キヌアを使い切れなかった場合には、どのように保存すればよいのでしょうか?適切な保存方法を知っておくと安心ですね。キヌアの状態に合わせた保存方法をご紹介します。

そのままのキヌア

手をつけていない状態でキヌアを保存する際には、冷蔵庫がおすすめです。未開封の状態であれば常温でもいいですが、虫やカビなどの不安が残ります。キヌアは栄養価の高い雑穀類なので、虫の大好物なんです。

保存する場合には、フリーザーバックやタッパなどの容器に入れ替えて冷蔵庫で保存しましょう。

炊いたキヌアの保存

炊いたキヌアを保存する際には、冷蔵保存または冷凍保存が適しています。冷蔵であれば一食ずつラップで包むか、タッパーに入れて保存しましょう。冷凍の場合は、ラップで包んだキヌアをフリーザーバッグやタッパー容器に入れて冷凍してください。

解凍方法

冷凍しておいたキヌアを食べる際には、使うタイミングに合わせて2時間ほど前に常温の場所に出します。電子レンジで30秒から1分程度温めてもいいです。その後、調理して食べましょう。

保存期間

生で保存する場合には、パッケージに記載してある賞味期限を目安にしてください。炊いたキヌアは冷蔵保存であれば3日ほど、冷凍保存で2週間ほどが賞味期限です。

キヌアを取り入れてヘルシーな食卓!

キヌアは、雑穀類のなかでも特に低カロリーで、栄養素がたっぷり含まれています。また、食感にも特徴がありますね。

まだ食べたことがない方も、まず少量を購入して、プチプチのキヌアを食べてみましょう。そして今回の記事を参考に、様々なレシピにチャレンジしてみてくださいね。
▼こんなスーパーフードにも注目!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

レシピ チーズ まとめ

手軽に使える食材として便利な油揚げ。油揚げのレシピはどのようなものを作っていますか?味噌汁や炒め物、お稲荷さんなど、定番メニューもおいしいのですが、チーズを使った洋風アレンジやお好みのもので楽しめる巾着レシピ…

レシピ

そばがきを食べたことはありますか?簡単にできるヘルシーなそばがきの作り方をご紹介。通常のそばのように打つ必要はなく、おうちですぐにできますよ。めんつゆで食べる以外にも、好きな薬味で食べたり、甘味にしたりと食べ…

冷たくてツルツルの食感がおいしい心太(ところてん)ですが、なぜ心太と書くかご存じですか?心に太いと書きますが、心と何か関係があるんでしょうか?今回は、気になる心太の漢字の由来やその意味についてご紹介。各地によ…

細巻きでおなじみの「かんぴょう」ですが、かんぴょうが一体、何からできているのか、ご存じでしょうか。スーパーで見かけるかんぴょうは、カラカラに乾いたひも状のもの。今回は、かんぴょうがどんな食材からどんな風に作ら…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豚肉 レシピ まとめ

安い豚肉でも簡単な調理法でおいしくなる「紅茶豚」。基本の紅茶豚から圧力鍋で楽々作る方法まで人気レシピをご紹介します。臭みが抜けて、上品な香りと味わいが、おもてなしにもぴったり!普段の豚肉料理を格段にアップでき…

レシピ まとめ

餃子の皮=餃子を包むものという認識でいましたが、これが意外にも他の料理にも参加できてしまうらしいんです。餃子の皮があまって困ったことはありませんか?このレシピを使ってあまった皮も上手に料理に使っちゃいましょう!

まとめ レシピ

とっても簡単なのに、しっかりおいしいズボラ飯のレシピを8点ご紹介します。混ぜるだけのご飯ものや、のせるだけの丼物など、ズボラなあなたもこれなら重い腰をあげるはずです!料理する時間も短く、おいしいものが食べられ…

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スイーツ ケーキ

千葉県柏市の「おめかしおやつEat Me」は、まるでおとぎ話の様な可愛いスイーツが沢山あります。その中から、今まで見た事ない「おめかしおやつ」のプリントケーキやオリジナルケーキをご紹介!驚くほどのキュートさに…

レシピ

節約料理に欠かせない大根。お鍋に煮魚にと、使い方もいろいろあります。甘辛く煮た大根はご飯が進む絶品メニューですね。そんな大根をたまには、煮るのではなく焼いてみてはいかが?夕飯のおかずにおすすめの「大根ステーキ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る