ローディング中

Loading...

つるっと口に入って、「ハフハフ」とおいしい水餃子。今回は、水餃子の基本の作り方や、水餃子を使った人気のレシピをご紹介します。スープやお鍋などで温まったり、具材をアレンジして簡単に普段と違う味を楽しんだり……もっと水餃子を好きになれるはず!

水餃子のいろんなレシピ、知りたくない?

ぷるぷるで、つるっとした食感が楽しい水餃子。焼き餃子は食べることが多いけれど、水餃子は普段あまり食べたいという方もいらっしゃるかもしれません。水餃子を活用すれば、スープやお鍋など、ぽかぽかと身体が温まる料理を作ることができるんですよ!

今回は、水餃子スープやお鍋、包む具材にアレンジを加えて味わいに変化をつけたものなど、さまざまなレシピをご紹介します。基本の作り方もご紹介しますので、そちらを参考にしつつ、気になるレシピにトライしてみてくださいね。

水餃子、基本の作り方

基本となる水餃子

Photo by tumu

こちらでは、基本的な水餃子の作り方をご紹介します。
今回、野菜はニラとネギを使用。白菜が出回る季節になれば、そちらを利用するとさらに食感の良い餃子ができあがりますよ。

餃子の包み方は、お好みの形でOK!普通の餃子の形に包んでもよいですし、ただ縁を閉じるだけでも、煮てしまえば固まるので大丈夫です。

材料

水餃子の材料

Photo by tumu

・餃子の皮  40枚ほど
・豚ひき肉  200g
・ニラ    1束
・ネギ    1本
・しょうが  ひとかけら
・ニンニク  ひとかけら

【調味料】
・塩こしょう 少々
・醤油    小さじ2
・酒     小さじ2
・片栗粉   大さじ1
・ごま油   小さじ1

作り方

1.ニラとネギはみじん切りにし、しょうがとニンニクはすりおろしておきます。
ニラを切っている様子

Photo by tumu

2.ボウルに豚ひき肉、ニラ、ネギ、しょうが、ニンニク、調味料をすべて入れ、粘りが出るまでよくこねます。
ボウルに材料を入れた様子

Photo by tumu

3.できあがった具を餃子の皮の中央にのせ、縁に水をつけて包みます。
皮にタネをのせた様子

Photo by tumu

4.たっぷりのお湯を沸かし、ひとつずつ水餃子を入れていきます。
餃子を茹でている様子

Photo by tumu

5.沈んだ餃子が浮いてきたら、一度差し水をします。こうすることで鍋の中の温度が一瞬下がり、中までしっかりと火を通せます。
差し水をしている様子

Photo by tumu

6.再度沸騰してから餃子が浮いてきたら完成です。
茹で上がった水餃子

Photo by tumu

作るときのポイント

4番目の工程において「ひとつずつ餃子を入れるように」と解説していますが、これは一度に多くの餃子を入れるとお互いにくっついてしまうため。無理に剥がそうとして、お湯の中でくずれてバラバラになってしまうと残念なので、ひとつずつ入れるようにしましょう。

水餃子スープのレシピ7選

1.水餃子のかき玉スープ

こちらは時間をかけるずに作ることができる、水餃子のかき玉スープのレシピ。お鍋に調味料を入れ、餃子を投入。卵を回し入れれば完成するので、簡単で時短につながります。

冷凍餃子を使えば、調理の時間をぐっと抑えることができて嬉しい!時間がないときや、ささっと食事を済ませたいときにおすすめです。

2.アサリと水餃子のスープ

こちらは、アサリと餃子の旨味をたっぷり味わえる水餃子スープのレシピ。アサリで魚介の風味を出し、餃子からお肉の旨味が溶け出します。

さっぱりとした味わいにも関わらず、十分に満足することのできるこちらのレシピ。こちらも冷凍餃子を使うことで、より手軽に作ることができますよ!

3.野菜たっぷりスープ水餃子

野菜をたくさん摂りたい方は、こちらの水餃子スープがおすすめ!にんじん、大根、チンゲンサイやキノコなど、さまざまな野菜を使い、盛り付けを工夫すれば見た目も鮮やかな仕上がりに。

十分な食べ応えと栄養があるので、メイン料理はこのひと皿だけでOK!ポトフやシチューと同じ感覚で楽しめます。

4.とろ〜り五目スープ水餃子

こちらはトロトロとしたとろみがほっと身体に沁みる、あったか五目スープのレシピです。味付けは醤油と顆粒だしだけなので、シンプルな味わい。野菜の旨味や水餃子の旨味をダイレクトに楽しめるスープです。

しょうがが入っていて身体も温まりやすく、卵も溶き入れるので、風邪のときにもぴったり!

5.ひと口水餃子の味噌仕立てキムチスープ

キムチ味が大好きな方必見のレシピがこちら!キムチの素と味噌で仕上げる、具材たっぷりの水餃子スープができあがります。

味噌のコクやキムチの辛味があとをひき、大根やニラ、豆腐を入れて具だくさんにすれば、お腹もいっぱいに!スープを楽しみながらいい汗をかきましょう。

6.水餃子で野菜たっぷりあんかけスープ

こちらは、野菜がたっぷり入ったあんかけスープのレシピ。味付けはさっぱりとさせ、とろみをつけたスープと一緒に水餃子や野菜の味わいを楽しみましょう。とろみがついているので冷めにくく、熱々のスープが身体をぽかぽかと温めてくれます。キクラゲを入れれば、コリコリ食感も楽しめてGood!

7.激辛水餃子チゲスープ

激辛好きの方は、ぜひこちらのレシピにトライしてみてください!野菜や水餃子の入ったスープを辛く仕上げ、最後に温泉卵をのせれば水餃子チゲスープの完成です。

加えるのはコチュジャンや七味唐辛子、一味唐辛子、輪切り唐辛子など……「これでもか」というくらい激辛志向なので、辛いものに耐性のない方は要注意!

水餃子鍋のレシピ4選

1.水餃子鍋

こちらは、あっさりとした味付けで楽しむ水餃子鍋のレシピです。もやし、ニラ、にんじん、エノキダケなどの野菜と水餃子を、鶏ガラスープの素で作った鍋スープで楽しみます。スープは水の代わりに昆布出汁などで作ると、より美味な仕上がりに。

水餃子はポン酢とラー油、酢醤油などお好みのタレでいただきましょう。

2.もやし、ニラ、長ネギの水餃子鍋

こちらはもやし、ニラ、長ネギを使ったシンプルな水餃子鍋のレシピ。鍋のスープは簡単に作ることができ、具材はいずれもすぐに煮えるので、短時間で鍋を作って楽しみたいときにおすすめです。

お気に入りのラー油を入れれば、ぴりっとした辛味がプラスされて食欲増進の効果あり!とくに香味ラー油を使うとおいしいですよ。

3.お野菜たっぷり♩おひとり様鍋

「ひとりのときだって鍋が食べたい!」という方は、こちらのレシピを参考にしてみてください。鶏ガラスープの素や麺つゆで作った鍋スープの中に野菜をたっぷりと入れ、水餃子や肉団子、うどんなども入れます!

煮るだけでちゃちゃっと一食分まかなえるこちらのお鍋レシピで、身も心も温めましょう。

4.餃子坦々鍋

ごまの風味とコクを楽しむことができる、餃子担々鍋のレシピがこちら。お鍋のスープは、ごましゃぶのタレやごまドレッシングを使用して作ります。練りごまを用意しなくていいので、簡単に坦々味を楽しむことができてうれしい!

担々麺などの味わいが好きな方やピリ辛好きの方は、ぜひこちらのレシピを参考にしてみてくださいね。

具材で簡単アレンジ!水餃子レシピ6選

1.豚キムチ水餃子

こちらは豚バラ肉と白菜キムチを使った、豚キムチ風味の水餃子レシピ。豚バラ肉は包丁でみじん切りにするので、粗めのお肉の食感を楽しむことができます。キムチ入りなので、いつもとはちょっぴり違ったピリ辛の味わいがクセになる!

レシピのなかで紹介されているニンニクダレも絶品なので、ぜひお試しあれ。

2.レンコンの水餃子

こちらは、レンコンと白ネギを使用した水餃子のレシピです。レンコンをみじん切りにしてタネの中に入れることで、シャキシャキとした食感が楽しい水餃子ができあがります。

レンコンの歯ごたえを楽しみつつ、水餃子特有のつるっとした食感も同時に楽しみたい方は、ぜひこちらのレシピを参考に!

3.えびの水餃子

こちらは、ヘルシーでさっぱりとしたえび水餃子のレシピです。お肉は使用せず、冷凍むきえびとはんぺんを使用してタネを作ります。

えびのぷりぷりとした食感と旨味を楽しむことができる、海鮮風味の水餃子!レシピもシンプルで作りやすいので、普段の餃子のタネに飽きてきた方はこちらをどうぞ。
▼こちらのえび餃子はいかが?

4.大葉たっぷり!さっぱり水餃子

こちらは、大葉を使用した風味豊かな水餃子のレシピです。タネにはひき肉とむき海老を入れ、異なる食感を楽しめます。大葉もたっぷり使用して、さっぱりとした味わいなので何個でも口に運べそう!

レシピ内で紹介されている梅肉ダレをつければ、より上品な風味を楽しむことができますよ。

5.しいたけたっぷり水餃子

こちらはしいたけの旨味をたっぷり含んだ、ジューシーな水餃子のレシピです。しいたけをふんだんに使用し、さらに油揚げを使うのがユニークなポイント。ヘルシーにかさ増しが可能です!

葉物はキャベツを使用するので、白菜が出回っていないときなどにはこちらのレシピが役に立ちます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

6.梅しそ水餃子

こちらは、鶏ひき肉を使用した梅しそ水餃子のレシピ。鶏ひき肉を使うことで、豚ひき肉を使った水餃子よりもさっぱりとヘルシーな味わいに!さらに大葉と梅肉の風味がプラスされることで、食べやすさ抜群の水餃子に仕上がります。

食欲のないときでも、こちらの水餃子ならしっかり栄養補給できそうです。

水餃子のつけダレ人気レシピ3選

1.ニラの万能調味料

こちらは、ニラの香りが食慾をそそる万能調味料のレシピ。ニラの香り成分と醤油のアミノ酸が合わさり、旨味がたっぷりと出た調味料ができあがります。しょうがのすりおろしを入れることで、よりすっきりとした味わいに。

餃子のタレとして使うだけでなく、豆腐やご飯の上にかけてもおいしい調味料です。

2.薬味の醤油漬け

長ネギの青い部分を余らせている場合は、こちらのレシピを参考にしてみてください。ニンニクやしょうが、長ネギの青い部分をみじん切りにして、醤油と一味唐辛子で漬けるだけ!

こちらを基礎として、ごま油や酢を加えたり、コチュジャンを加えて韓国風にしてみたりと、味の変化を楽しむことができますよ。

3.絶品コチュだれ

こちらはコチュジャンを使用した、赤みのあるタレのレシピです。タマネギをみりんで煮て、とろっと甘みのある状態にし、そこにコチュジャンなどの調味料を入れることで完成!

コチュジャンの辛味がよい刺激となって、餃子をたくさん食べることができそう。ちょっと変わったこちらの「赤い」タレを、ぜひ試してみてくださいね。

水餃子を冷凍するには?

水餃子を冷凍する場合は、具を皮で包んだ状態で保存します。餃子をお互いにくっつかないようにラップを敷いたバットの上に置き、冷凍庫に入れて固めましょう。固まったら密閉袋などに入れかえて、冷凍庫で保存しておきます。こうすることで、餃子をひとつずつ取り出すことができる状態になります。

使うときは、水餃子としても、焼き餃子としても活用できますよ!ぜひ、いろいろなレシピに使ってみてくださいね。
▼冷凍保存に便利なグッズ発見!

水餃子は魅力に溢れてる!

今回は、水餃子の基本の作り方からアレンジレシピまで、さまざまなものをご紹介しました。水餃子は焼き餃子よりもさっぱりと楽しむことができるので、今まで焼き餃子中心だったという方は、この機会にぜひ試してみてくださいね。

水餃子は具材によっても味わいが変化するので、今回ご紹介したレシピを参考に、自分でいろいろな具材をためしてみるのも面白いかも。皮で包む工程をご家族やお友達と一緒に楽しむなど、餃子作りには魅力がたっぷり!ぜひ、一度トライしてみてくださいね。
▼こちらの餃子レシピもチェック!
▼餃子の日の献立はこれで決まり!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

まとめ

プロがつくったのかと思うほど、素晴らしいクオリティのキャラ弁がたくさんSNSに投稿されています。その中でも根強い人気を誇るキャラ弁がアニマル弁当。びっくりするようなかわいい動物達がたくさん♩今回はかわいいキャ…

レシピ まとめ

常備しているはずなのに、あんまり使い道がわからないポッカレモン。賞味期限が近づき、困った経験をする方も多かったのではないでしょうか。そこで手軽にビタミンCが取れて、実は重宝するポッカレモンの簡単レシピをご紹介…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ たけのこ

春は筍の季節ですね。「旬」にたけかんむりがついて「筍」と書くぐらい季節限定のものですから、この時期に味わわないともったいない!上手にアク抜きをして食べてみましょう。おすすめのレシピをご紹介します。

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

タコス レシピ メキシコ料理 まとめ

タコベルの日本再上陸でなにかと話題のテクス・メクス料理。テクス・メクス料理とは、メキシコ風のアメリカ料理のことでとっても食べやすくて一度食べるとクセになるおいしさ。実はおうちでも簡単に作れるって知ってましたか?

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

レシピ まとめ

タモリさんと言えば、「笑っていいとも」を長年帯番組として司会を務め、ギネスブックに記録を残すほどのすごい人ですが、お料理の腕も絶品。さてそんなタモリさんのレシピを再現している方がやっぱりたくさんいらっしゃるみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

かぼちゃ ハロウィン レシピ

まったく火を使わないで完成するキーマカレーのレシピをご紹介!旬のかぼちゃをたっぷり入れて、マイルドな味に仕上げています。フライパンもお鍋も使わない、誰でもできる簡単調理。でもスパイスをきかせて大人も満足できる…

ひょろい見た目にだまされないで!いかにもスカスカに見えるあのきのこには、驚くほど豊富な栄養が詰まっているんです。今回は、美容にも健康にもよくてその上低カロリーという大正義なヘルシー食材・えのきについて、詳し〜…

tumu

こんにちは。新人ライターのtumuです。日本の文化を知り、伝えてい...

ページTOPに戻る