ローディング中

Loading...

バルサミコ酢というと、日本では赤みがかった黒色のものが一般的ですよね。でも、本場イタリアでは透明な「ホワイトバルサミコ酢」も日常的な調味料なのだとか。マイルドな味わいが特徴の、ホワイトバルサミコ酢についてご紹介します。

マイルドな味わい♩「ホワイトバルサミコ酢」

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
まるでウイスキーのような黄金色に輝く液体――実はこれ、バルサミコ酢なんです。
バルサミコ酢というと、日本では赤みがかった黒色のものが一般的ですが、本場イタリアではこの透明な「ホワイトバルサミコ酢」も日常的な調味料なのだとか。
見た目もですが、何よりも驚くのはその味わいです。「これがバルサミコ酢!?」と衝撃を受けること間違いなしのマイルドさ。なかでも有機JAS認証の「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」は別格で、なんとそのまま飲んでも美味しいんです!

フルーティな甘さに驚く「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」

https://macaro-ni.jp/41462

<シナグロ>ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ(250ml)2,000円(税込)

一般的な黒色のバルサミコ酢は、料理に少量入れるだけでコクと風味を与えてくれる調味料。一方で、あの主張の強いまったりとした甘みと酸味が苦手という方もいるかもしれません。
対してこの「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」は、フルーティさが特徴。バルサミコ酢独特の風味やコク、甘さもありながら、ぶどう本来のスッキリとした味わいが際立っており、とことんやさしい口あたりです。
ドレッシングなど調理に使うのはもちろん、ワインのように料理と合わせながら「飲んでも」美味しいのでは? とワイングラスに注ぎたくなってしまうほどなんです。

黒色のバルサミコ酢とは何が違うの?

一般的な黒色のバルサミコ酢との違いは何によるものなのでしょうか? 「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」を販売する<シナグロ>の加藤貴一さんによると、違いは、「濃縮方法」、そしてぶどう果汁に混ぜる「ワインビネガー」にあるのだとか。
「ぶどうの品種は、同ブランドの黒色のバルサミコ酢『バルサミコ・ディ・モデナ・ビオ』と同じトレッビアーノ種です。『バルサミコ・ディ・モデナ・ビオ』は、搾汁したぶどう果汁を70~85℃の高温で10時間以上煮込み、赤ワインビネガーと混ぜ合わせますが、『ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ』は30℃の低温で短時間濃縮。さらに白ワインビネガーと混ぜ合わせることで白ぶどう本来の爽やかな色、香りが残るんです」
そんなホワイトバルサミコ酢のなかでも「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」の味わいはスペシャルなものだそう。
「ほかのホワイトバルサミコ酢にはなかなかないこの色や味わいは、原料のぶどうにこだわっているからこそのうまみなのです」

有機にこだわっているからこそのマイルドさ

有機栽培へのこだわりが生み出す黄金のバルサミコ酢。生産者であるカッターニ家は、バルサミコ酢の本場イタリア・モデナで19世紀ごろから生産を行っています。長年にわたりぶどうの品種・環境を保護しながら有機栽培を行ってきた同社は、1993年にはオーガニック認証の始まりとともにバルサミコ酢市場でオーガニック認証を得た最初の生産者となりました。
「有機栽培で生産することにとことんこだわっているため、変色しやすいホワイトバルサミコ酢にも酸化防止剤は使っていません。甘みが強いですが、もちろん砂糖なども不使用です。

また、モストコットと呼ばれるぶどう果汁の割合が、混ぜ合わせる白ワインビネガーよりも多いことも特徴です。そのため、ここまでぶどう本来の甘みと、熟成・発酵による独特の香りが際立ったバルサミコ酢に仕上がるんです」

オリーブオイルと1:2で究極のドレッシングに!

この特別なホワイトバルサミコ酢の美味しさを味わうなら、まずはドレッシングで。「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」1、エクストラ・バージン・オリーブオイル2の割合で混ぜるだけで、レストラン顔負けの究極のドレッシングが完成してしまうんです!
「合わせるオリーブオイルは、イタリア南部のシチリアなどで作られたものなど、バルサミコ酢の存在感に負けないストロングな味わいのものがおすすめです。ホワイトバルサミコ酢の甘みと酸味、オイルのパンチとコクのバランスが最高にいいのがこの比率だと思います」
特に<シナグロ>で扱っているゾットペラ社の「有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル」なら、パンチの利いた味わいで、塩を入れずともしっかりとした味わいのドレッシングに。
「合わせる食材は、特に苦みのあるものと相性抜群です。ベビーリーフ、ルッコラのサラダにかけると素晴らしい味わいに仕上がります。春先の時期なら春キャベツや新たまねぎなどもおすすめですね。サラダ以外ではカルパッチョもおすすめです」
さっそく教わったベビーリーフとルッコラ、それに生ハムを加えたサラダにドレッシングをかけて食べてみたのですが、野菜の苦みにドレッシングのパンチが絶妙で箸が止まらなくなるほどの美味しさ! 1束をあっという間に完食してしまいました。
ブームの予感のホワイトバルサミコ酢。その美味しさをぜひ一度味わってみてほしいです!
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

調味料

宮城県の今野醸造から本格派みそのパウダー「ミソルト」が登場しました!忙しい料理中も片手で簡単に使えますし、仕上げにサッとふりかけるだけで、本格みその風味が漂います。ミシュランシェフも使用するという今話題の最新…

おつまみ

おせちやちらし寿司に使われることの多い酢れんこん。既製品は酢が強かったり、薄くスライスされていて歯ごたえがイマイチなこともしばしばです。でも、手づくりなら、絶妙なシャキシャキ感をキープできますよ!しかも、鍋ひ…

調味料 レシピ

「ポン酢しょうゆ」をご存じですか?ポン酢ではなくポン酢しょうゆです。名前を見れば、なんとなく想像がつきそうだけれどもポン酢との違ってなに?使い方は違うの?ポン酢しょうゆについて、ポン酢との違いも含めてご紹介し…

サラダ まとめ

コーヒー豆や輸入食材で人気の「カルディ」。多くの商品の中でも、リピーター続出のドレッシングが話題になっています。まだ知らないという方のために、「カルディ」のドレッシングの中からおすすめの26商品をご紹介します♩

調味料 和食

料理の「さしすせそ」ってご存じですか?「さしすせそ」は一文字ずつ調味料を表しています。また、料理をする時に「さしすせそ」の順番で行うと味付けが上手にいくと言われているんですよ。「さしすせそ」それぞれの調味料と…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

まとめ マフィン スイーツ

コストコの人気商品といえば、大きなマフィンもその1つ。ボリュームたっぷりで美味しいことから、コストコに行くと買う!という方も多いですよね♪そんなコストコの人気マフィンをまとめました。

スイーツ まとめ

ドライブの楽しみの一つはサービスエリアでのグルメですよね♪今回は、中央自動車道のサービスエリアで食べたいスイーツをまとめてみました。そこでしか味わえないグルメもあるのでぜひ立ち寄ってみてください。

東京 スイーツ お菓子 お土産 まとめ

1991年に発売されて以来、東京土産として長く愛され続けている「東京ばな奈」。実はさまざまな種類があるのをご存知ですか?ふわふわのスポンジがおいしい「東京ばな奈」のバリエーションをまとめてご紹介します。

ゼリー まとめ

暑い毎日の清涼剤。冷たいデザートはいかがですか?お取り寄せできる、夏にぴったりの涼しげで美味しいゼリーを集めてみました♪目に美しく舌に涼しく、気持ちもワクワクするような一品をどうぞ。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

カレー カフェ

白ごはんを雑穀ごはんに置き換えるだけでいつものカレーライスの栄養価がグンと上がる 「#雑穀カレーボウル」を作ってみませんか?カフェ風のおしゃれプレートが手軽に作れちゃいますよ♩人気のテーブルウェアが当たるイン…

金沢 焼肉 まとめ

自然と会話が溢れる焼肉。能登牛が有名な金沢でも焼肉屋さんはたくさんあります。今回は評価が高い「かなめ」や安さがウリの「たかちゃん」など、数ある焼肉屋さんの中からおすすめ店を厳選してご紹介!お腹も心も大満足間違…

カフェ

旅行に来たら朝ごはんも楽しみたい♡札幌でモーニングがおいしいカフェをご紹介♪老舗純喫茶、本州から上陸したカフェなど厳選6店をご案内☆朝から幸せを感じましょう(*´∀`)

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...

ページTOPに戻る