ローディング中

Loading...

日々のお弁当のおかずに困ることはありませんか?そんなときは、栄養が高く万能なピーマンがおすすめです。電子レンジで簡単にできる和え物や肉詰めは、冷凍保存もOK!いろんな味のレシピを覚えて、レギュラーメニュー化させませんか?

お弁当のおかずにピーマンをチョイス!

ピーマンは、炒める、揚げる、煮る、和える……と、さまざまな調理方法ができる野菜です。レシピは、和えものや肉詰め、天ぷら、パスタなど、和食から洋食、中華までたくさんあります。

ピーマンは切り方ひとつで食感が変わり、火の通し方で味も変わるので、食べていても飽きません。夕食のおかずにはもちろん、簡単で保存のきくレシピを覚えておくと、お弁当のひと品としてもぴったりですよ。

電子レンジを使ったピーマンの簡単レシピ6選

1. ピーマンのレンジ和え

酒、しょう油、みりんにかつお節と、少ない調味料でつくる和風の和えものです。縦切りしたピーマンは水でさっと通して、そのまま耐熱容器でラップをして電子レンジで蒸します。レンジ加熱のあとは、必ず水気を切ってから調味料と合わせましょう。

シンプルな味付けなので、このレシピを覚えておけば、ごま油を足して中華風、炒りごまを合わせて栄養価アップなどいろいろできそうですね。

2.無限ピーマン

ピーマン×電子レンジの料理で、忘れてはいけないのが無限ピーマンですよね!ツナの旨みとピーマンのほろ苦さが絶妙にマッチして、まさに無限に食べられちゃいます。冷めてもおいしいおかずは、お弁当に必須です♩

2. ピーマンとちくわの和えもの

ピーマンとちくわを切って、調味料とともに耐熱ボウルで電子レンジで加熱します。ラップをするときは、ふんわりとかけると蒸し加減がよくなりますよ。ちくわは味がしっかり出るので、一緒に食べることでピーマンの苦味がやさしくなります。

3. ピーマンの味噌ゴマ和え

砂糖、味噌、醤油と、少ない調味料でできる和風の和え物です。電子レンジで加熱した後は、水気をしっかりと切るとごまの風味が際立ちます。味噌は好みに合わせて、分量を調節してみてください。砂糖の甘さがあるので、ピーマンが苦手な子どもも食べやすく仕上がります。

4. ピーマンの塩昆布ナムル

ごま油を使うと、和風に偏りがちな和え物も味にバリエーションが広がります。塩昆布からうま味が出るので、少し寝かせると味がしっかりつくレシピです。前日に仕込んで常備菜として置いておくと、お弁当や朝ごはんにピッタリ。ご飯に混ぜてもおいしくいただけます。

5. ピーマンのカレー和え

白だしで軽く塩気をつけて、カレーパウダーで食欲をそそる味に仕上げます。ピーマンやニンジンは、できるだけ細切りにしておくとすぐに加熱ができるので、急いで作るお弁当にピッタリです。

白だしをビネガーに変えると、簡単なマリネにもなります。カレー味は、グリルしたお肉などの付け合わせにも◎

6. ピーマンとジャコの和え物

新もののジャコがお店に並び始める春先から初夏、ピーマンも同じようにつやつやっとした大ぶりのものが並び始めます。

味付けはジャコから塩気が出るので、それを想定してください。きび砂糖を使うことで、ほんのりとやさしい甘さに仕上がります。食材はボウルひとつに入れて加熱できる、お手軽レシピです。

子どもに人気!ピーマンの肉詰めレシピ7選

7. ピーマンの肉詰め焼き

肉詰めは、子どもから大人まで大好きなメニューのひとつ。定番を覚えておくと、ソースを代用することで味がバラエティに広がります。

肉詰めのポイントは、作った肉種をピーマンに詰める際には、内側に小麦粉を薄くまぶし、肉を詰めたら表面にも薄く小麦粉をつけること。ピーマンから肉種がはがれるのを防いでくれます。

チリソースにケチャップやトンカツソースなどを加えてうま味と甘さをだすことで、子どもが食べやすい味に仕上がりますよ。

8. 和風ピーマンの肉詰め

ピーマンまるごと1個にひき肉を詰めた、ボリュームのあるひと品。フライパンで加熱するときは、焼き目をつけて蒸し焼きにすると全体に火が通ります。すこし種が大きくて火の通りが難しいと感じたら、最後にレンジで少し加熱をして調整してください。

大根おろしとポン酢、ショウガで風味が立ち、あっさりといただけそうです。

9. ピーマンとシイタケの肉詰め

こちらのレシピは、シイタケの肉詰めもいっしょに焼いています。火が通るまでしっかりと蒸し焼きにすると、ふっくらとボリュームのある肉詰めに仕上がりますよ。全体に火が通ったら何度かひっくり返して、おいしそうな焼き目をつけましょう。最後に肉側を上にして、チーズをのせて完成です。

10. シャキシャキれんこん入り

肉ダネにれんこんを加えるとシャキシャキ食感になり、栄養も倍増!れんこんの代わりに玉ねぎを用いると、甘味のあるタネに仕上がりますよ。お肉のジューシーさとれんこんの食感が、やみつきになるひと品です。

11. 木綿豆腐を入れてふわふわ食感♩

肉ダネに木綿豆腐を入れると、さらにふんわりとやわらかい肉詰めができます。合いびきではなく鶏ひき肉を使うと、あっさりとヘルシーです。ソースはポン酢とみりんをベースにして、ワサビでサッパリと。ソースに肉詰めを焼いた後に残った肉汁を加えると、うま味が増しておいしさも倍増しますよ。

12. お弁当に詰めやすく食べやすい!

大き目のピーマンは縦半分に切ると、お弁当の中がギュウギュウになって、食べるには子どもに大きかったりしますよね。そんなときは横に厚めに切って、タネを詰めると食べやすい肉詰めができます。

カラフルピーマンを使うと、見た目が華やかになって、おいしそうです。肉ダネにはベーコンをカットして入れるとうま味がアップして、ジューシーな肉詰めに仕上がります。

13. まろやかトマトソースととろけるチーズで

バターでまろやかに仕上げた簡単トマトソースをかけて、イタリア料理風に。仕上げはとろけるチーズをのせていただきます。

こちらのレシピはソースを電子レンジで作ることができ、忙しい朝も楽ちん!バターを溶ける寸前に取り出すと、ソースのハネや分離がありません。とろけるチーズの代わりに粉チーズを振りかけても、トマトソースとの相性がよさそうです。

そのほか人気のピーマンレシピ7選

14.ピーマン卵焼き

ピーマンの緑色と赤色、卵の黄色で、お弁当にもおすすめの鮮やかな卵焼きです。卵液は塩コショウ、酒、しょう油でシンプルに。フライパンでピーマンを炒めたら卵液を入れて、干し桜エビを入れます。

桜エビを入れることで、塩気とうま味が出ておかずにピッタリ!ほんのりと甘さが欲しい方は、卵液にお好みで砂糖を入れてみてください。

15. ジャコピーマン

ジャコの香ばしさとピーマンの相性がよく、お弁当のご飯にのせて、ふりかけ風にもできるレシピです。ピーマン、ニンジンを炒めた後にジャコを入れて、さらに炒めて風味を出します。白ごまを入れて全体の具に絡まったら、調味料を入れて、水気が飛ぶまで炒ってください。

16. ナスとピーマンのツナみそ炒め

しっかりとした味で、思わずご飯が進むレシピです。こちらにはナスもいっしょに入っていますが、ピーマンのみでもOK。フライパンで具材を一気に炒めたら、合わせ味噌を入れて絡めるように炒めましょう。ニンジンを入れても彩りよく仕上がりそうです。

17. ピーマンのかき揚げ

白ごまがポイントの、ピーマンと赤ピーマンが華やかなかき揚げです。ツナを白ごまと混ぜ合わせ、サッと油で揚げるのが香ばしい味わいのポイント。

フライパンに炒めるときより少し多めの油を入れて、焼くように揚げると油切れがよくヘルシーに仕上がります。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもピッタリ!

18. ピーマンとベーコンのソテーマリネ

マリネにしてすこし多めに作っておくと、常備菜として重宝します。お弁当に入れる際は前日に作って味をしっかりと染み込ませ、マリネ液の水気を切ってお弁当に詰めるとよいでしょう。

ベーコンといっしょに炒めることで、うま味が増し食欲をそそります。サッパリとした味わいは、特に暑い時期のお弁当にピッタリです。

19. 砂肝とピーマンのバター炒め

薄切りにした砂肝を使って、サッとピーマンと炒めます。全体に火が通ったら調味料を加えてできあがりです。砂肝のコリコリとした食感がたまらない一品!お弁当のにもよいですが、おつまみにも最適なレシピです。

20. 目玉焼きとピーマンのマスタード和え

フライパンで同時に調理ができる時短レシピ!目玉焼きを作りながらピーマンもいっしょに加熱、卵の黄身が少し固まりかけたら火の通ったピーマンに絡めてでき上りです。粒マスタードで和えればサッパリと仕上がり、お弁当にも朝食にもおすすめ!

22.じゃがいもとピーマンの塩炒め

じゃがいもとピーマンがあればできる、簡単おかずです。じゃがいもを千切りにしたり、炒めたりする作業があるため、前日に作っておくといいかもしれませんね。食感の違うふたつの野菜が、食欲をかきたてること間違いなしです!

お弁当のための作り置きなら冷凍保存

朝はなにかとバタバタしていて、お弁当作りに時間を割けないことが多いですよね。そんなときは、冷凍保存がおすすめ。

あらかじめ小分けにしておくと便利

和え物などは、調理後に仕切りカップに小分けして冷凍しておくと、解凍せずにそのままを詰められます。冷凍食品にもそのような商品がありますが、やっぱり手作りのおかずをお弁当には入れてあげたいですよね♩

形が決まっているものは密閉袋に

肉詰めなどの大きいものは、ラップしてから密閉袋やタッパーに詰めて空気に触れないように冷凍をしましょう。

肉詰めは焼く前の状態で冷凍し、前日に冷蔵庫で解凍して朝に焼いてもよいですが、焼いて仕上げたものは解凍してお弁当に詰めるときに、すこし電子レンジで温め直してソースを付けてお弁当箱に詰めるとよいですね。

明日のお弁当にはピーマンのおかずを♩

手際よく簡単にできるピーマンレシピで、きっと明日のお弁当作りが楽ちん!特に電子レンジを活用することで、忙しい朝にも手早くできたての一品ができます。メインのおかずになる肉詰めは、味に飽きたらソースを工夫して違う味を取り入れると、保存した肉詰めも頻繁に使えるレギュラーメニューに!

ピーマンのレシピはバラエティに富んでいるので、上手に活用して毎日のお弁当づくりを時短にして楽しみましょう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牡蠣 レシピ まとめ

プリッとした食感と、ミルキーな味わいが特徴の「牡蠣」。あなたはいつも、どのようにして食べていますか?今回は、牡蠣の魅力を最大限に楽しめるレシピを集めてみました!定番はもちろん、生での食べ方やおつまみレシピなど…

新大久保 サムギョプサル ランチ エスニック 韓国料理 まとめ

今回は、新大久保で人気のランチを厳選!ひとりでも入りやすいお店や、ランチで嬉しい安いお店もご紹介します。新大久保の定番であるサムギョプサルといった韓国料理だけでなく、インドやトルコなど、旅行気分で楽しんでみま…

豊洲 ランチ 子連れ 個室 まとめ

都会的でかつ開放感のある東京・豊洲には、おいしいランチが食べられるお店がいっぱい!ここでは、豊洲でランチがおすすめのお店を22店舗ピックアップ。若い家族がおおいエリアでもあり、子連れの人にも便利なお店もたくさ…

カレー スープカレー スープ レシピ まとめ

ココナッツミルクを効かせたエスニックなものから、出汁の旨みが身に染みる和風なものまで・・・カレースープがあると、それだけで食卓が豪華になりますよね。今回は、簡単にできておいしい、絶品カレースープレシピをご紹介…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

アボカド レシピ まとめ

ビタミンEたっぷりの栄養価の高いアボカドと、ビタミンCたっぷりの苺を使ったアレンジレシピをご紹介します。甘酸っぱい苺と濃厚なアボカドは、一見合わないように思われがちですが、実は相性抜群なんですよ♪

レシピ まとめ

キヌアは普通の精米と比較して少ない炭水化物でタンパク質が2倍、食物繊維が8倍、また10倍のカルシウムを含んでいるそうです。低GI値でもあるので、他のヘルシーな食材と組み合わせればダイエットに有効な食品なんです…

レシピ チーズ トースト まとめ

チーズとトーストは相性がバツグン!朝食やブランチなどにぴったりのチーズを使ったトーストのアレンジレシピのご紹介です。食事系からデザート系まで幅広いアレンジレシピをぜひご家庭でも♪

おつまみ 女子会 レシピ まとめ

ミルフィーユと言えばパイとクリームを重ねたケーキが有名ですが、様々な材料を重ねて作る「ミルフィーユおつまみ」もおいしいみたいです♪今回は簡単にできるおしゃれなレシピをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

小麦粉=薄力粉、そんな風に考えている人が多いのではないでしょうか。でも気をつけていないと料理で大失敗してしまうかもしれませんよ。きちんとした知識で小麦粉を使い分けられるように、小麦粉の種類についてご紹介します。

レシピ ローストビーフ

使い勝手の良さからじわじわと人気を集めているグリルインロースター。家庭で魚料理やグラタン、ダッチオーブン風の本格料理が作れて、お手入れも簡単!知れば知るほど、あなたも使ってみたくなるはずです。今すぐチェックし…

KIBO LABO キボー ラボ

山口県出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病...

https://www.facebook.com/KIBOLABO421/

ページTOPに戻る