ローディング中

Loading...

「ポーリッシュポタリー」は、ポーランド生まれの陶食器。さまざまな柄があり、キュートなデザインが目を引きます。どんな種類の柄や食器があるのか、扱う際の注意点などについてご紹介。マグカップからカトラリーまで、お気に入りのアイテムを探しましょう!

ポーランド発の陶器「ポーリッシュポタリー」

みなさんは、普段使う食器をどのように選んでいますか?
「食卓を明るくしたい」「ちょっと変わったデザインのものが欲しい」……そんな考えをお持ちの方におすすめなのが、ポーランドの伝統的な陶食器である「ポーリッシュポタリー」。

絵柄の種類が豊富で、さまざまなタイプの食器があるので、選んだり集めたりするのも楽しいですよ!上手に使えば、食卓をぐっと華やかなものにすることも可能です。デザインの種類や食卓のコーディネイトなどを参考にして、自分のイメージにぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

ポーリッシュポタリーとは?

ポーリッシュポタリーは、ポーランド生まれの陶器のこと。ひとつひとつが職人の手によって作られています。豊富な絵柄は、手作業によって模様をスタンプしたり、絵筆で着色することで生み出されるものです。キュートさと陶器の温かさが融合した、伝統的な食器類なんですよ。

ポーリッシュポタリーの特徴

受注生産のハンドメイド

ポーリッシュポタリーは製造元が在庫を持たないため、流通業者からの受注によって生産されるハンドメイド商品です。各社の基準に合格した一級品しか流通せず、ひとつひとつが手作りなので、世界に唯一無二のアイテムと言っても過言ではないでしょう。自分好みの絵柄を集めるのが楽しくなる要因にもなりますね。

オーブンも電子レンジもOKで使い勝手抜群

ポーリッシュポタリーは製造の過程で有害な物質が一切使用されず、電子レンジ、オーブン、そして食洗機にも対応可能な丈夫で使い勝手の良い食器です。EUと日本の安全基準を通過したものが流通しているので、安心して使用できます。「安心・安全・丈夫」の三拍子で、普段使いにもぴったりです。

コストコでも購入可能!

コストコマニア、コストコ好きも必見!ポーリッシュポタリーは、コストコでも購入可能なんです。コストコにはワクワクするような商品がたくさん陳列されていますが、ポーリッシュポタリーもそれらと一緒に楽しみながら選べます。コストコ会員の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

柄の種類が豊富なのも嬉しい!

伝統柄

スタンプを押すことで描く、比較的シンプルな絵付けの柄です。「ピーコックアイ」「モスキート」などと呼ばれる各製造元に共通した伝統的なものや、構図がシンプルであったり色数が少ないものが中心。

ポーリッシュポタリーのなかでは、もっとも安価に手に入れることのできるタイプとなっています。

ハイスタンダード柄

伝統柄よりも構図が複雑で、色数が多いものが「ハイスタンダード柄」と呼ばれています。伝統柄から派生したもの、次に紹介する「ユニーク柄」と伝統柄の中間のタイプのものなど、多少手の込んだデザインとなっています。

伝統柄に比べ、より高度な技術が要求されるデザインといえるでしょう。そのため、伝統柄よりも少し値が張るようです。

ユニーク柄

ポーランド語の「UNIKAT」は「独特・独自」という意味。その名の通り「ユニーク柄」は、各製造元らしさが表現された特徴的なデザインが中心となった柄です。

スタンプのみ使う場合はより構図や色数が複雑で、絵筆を使った着色の度合いも高くなり、難しい技術が必要となっています。価格は、伝統柄の1.5倍から2倍程度のものが多いようです。

アート柄

各製造元が芸術性を追求したデザインのものが「アート柄」。デザイナーがつく場合もあり、絵付けができる職人が少なく、より高度な技術を要するデザインとなっています。

そのため、伝統柄の3倍ほどの値段がつくこともあります。少々値が張りますが、より個性的なものが欲しい方はこちらがおすすめです。

ポーリッシュポタリーにはどんな食器がある?

マグカップ

ポーリッシュポタリーのマグカップは、丸みのあるデザインのものが多く、美しい曲線が柔和な印象を与えてくれます。日常のなかでも頻繁に使用することの多いマグカップですから、柄の種類やデザインによって使い分けるのも楽しいでしょう。ほっこりした気分になりたいときにもおすすめです。

グラタン皿

ポーリッシュポタリーは陶器ということで、オーブンを利用した料理にもうってつけ!そこで欲しくなるのがグラタン皿でしょう。小さいものから大きいものまで、さまざまなサイズが展開しており、用途に合わせて商品を選ぶのも楽しそうです。底が深いので、スープや煮物にも使えるでしょう。

プレート

食卓の主役を張るメイン料理用などに欲しいのが、プレートタイプの食器です。また、一番柄のパターンが分かりやすく、食卓全体の印象に関わる食器ともいえるでしょう。盛り付けによって柄を変えたり、ワンプレートに使用してみたりと、使い方次第でいろいろと楽しめそうです。

ボウル

サラダを盛ったり、小さいものなら小鉢として利用したり、形状や大きさによって用途が変わってくるボウル。ラウンド、スクエア、シャル、ハートなど、さまざまなフォルムのものが販売されており、ユニークなものは思わず「かわいい!」と言って手に取ってみたくなるかもしれません。

りんごポット

ちょっと変わったフォルムの「りんごポット」。さまざまな使い方ができますが、なんといっても、りんごをまるごと使って焼きりんごを作れてしまうのがすごい!作り方はとっても簡単で、下処理をしたりんごにシュガーバターを詰め、ふたをしてオーブンで焼くだけ。ぜひ一度試してみてくださいね。

ティーポット

お茶を楽しみたい方は、ぜひティーポットもチェックしてみてください。丸くてキュートなフォルムが、卓上でひそかに存在感を醸し出してくれます。ポットウォーマーというあまり見かけない食器もあり、それと一緒に使えばよりポーリッシュポタリーらしさを楽しむことができますよ。

カップ&ソーサー

ちょっとおしゃれなティータイムを演出するためにも、カップとソーサーのセットには注目したいもの。やはり柄がそろっているほうが統一感が出て、食卓も美しくなるので、ぜひ絵柄はセットのものを選びたいものですね。

お気に入りのポーリッシュポタリーと、お気に入りに茶葉で、よりいっそう楽しい時間を過ごせるでしょう。

カトラリー

カトラリーにも繊細な絵付けがされていて、陶器の温かさとかわいらしいデザインが同時に楽しめるようになっています。スプーンは大小さまざまなサイズが展開され、ほかにもナイフやフォーク、れんげなどが販売されています。

ポーリッシュポタリーを使うときの注意点

急激な温度変化に注意

急激な温度変化は、陶器にダメージを与えます。「冷蔵庫に入れていたものは常温に戻してからオーブンに入れる」「食器が高温の状態で冷水をかけない」など、急激な温度変化にさらすことのないように注意しましょう。

陶器の性質を理解し、上手に付き合っていくことができれば、長く愛用することが可能です。

直火はNG

ガスの火や固定燃料などの強い火力は、陶器にダメージを与え、割れの原因となります。直火を使って調理をするのは避けるようにしましょう。比較的火力が抑えられたろうそくの火ならば使用可能ですが、食器が高温になるので扱いには十分に注意してください。安全第一でいきましょう!

取り扱いは丁寧に

いくら丈夫といっても、高いところから落とすなど、大きな衝撃を与えれば当然割れる可能性が高いので、丁寧に取り扱うようにしましょう。

せっかく手に入れたお気に入りの食器なのですから、丁寧に長く使用したいものですね。世界に唯一無二の作品を、長い時間のなかで楽しむようにしましょう。

ポーリッシュポタリーの食卓コーディネート7選

1.簡単な朝食もキュートでおしゃれに!

※マグカップがポーリッシュポタリーです。

サンドイッチとコーヒーというシンプルな朝食も、ポーリッシュポタリーを使用すると明るい印象になります。朝は気持ちよく食事をとり、元気に一日を始めたいもの。ポーリッシュポタリーで、より爽やかで明るい朝食を楽しんでみてはいかが?

2.定食にだって馴染んじゃう

ポーリッシュポタリーは、日本的な定食にも意外とマッチします。木製のトレーの上に、上手にポーリッシュポタリーを配置すれば、昨日の残り物などもおしゃれに彩ることができますよ。盛り付けや配置の組み合わせを工夫するのも面白そうです。

3.和洋を問わずに使えるのはうれしい!

ポーリッシュポタリーというと、ついつい洋食など海外の雰囲気が出る料理をセレクトしたくなってしまいますが、純和風な料理にも使うことができます。どこか独特な、和洋折衷しているような食卓ができあがるでしょう。

4.家族の団らんにもぴったり

家族で食卓を囲むときにも、ポーリッシュポタリーは活躍します。とくに木製製品との相性がいいので、ポーリッシュポタリーを使った食卓のコーディネートの参考にしてみてください。落ち着きと華やかさが融和したような空間ができあがるでしょう。

5.ワンプレートでかわいくエコに

ワンプレートランチにも、ポーリッシュポタリーはぴったり!小鉢なども上手に使用して、かわいいワンプレートに仕上げましょう。お昼の日差しのなかで、ぬくもりあるランチタイムを過ごしてみませんか?

6.ハート型で特別な時間を

ちょっと特殊なハート型の食器を使って、特別感たっぷりの食卓をコーディネートすることができます。ハートの形の特徴を活かして、それぞれの箇所にかわいく食材を盛り付ければ、とってもキュートなひと皿ができあがりますよ。

7.デザートをサーブするのも楽しくなる

買ってきたお菓子、あるいはご自宅で焼き上げたケーキなどを、ポーリッシュポタリーの上にのせて、取り皿やカップにもこだわれば、おもてなしにもぴったりのコーディネートになるでしょう。デザートを取り分けるのが楽しくなりそうです。

ポーリッシュポタリーの食器を集めてみない?

ポーランド南西部の街とその周辺で作られる「ポーリッシュポタリー」。その絵付け技法の確立は、二度にわたる世界大戦と深い関わりがあり、歴史を深く感じさせる食器類でもあります。

長い時間のなかで受け継がれてきた伝統的な技法と、その遊び心を感じさせるポーリッシュポタリー。さまざまな変遷を経て、わたしたちの目にとまるようになったポーリッシュポタリーに、歴史のロマンをちょっと感じながら、食卓に彩りを持たせてみてくださいね。
▼お気に入りの食器で素敵な食卓を♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

耐熱性に優れ、軽くて丈夫なメラミンカップ。汚れにくくて衛生的、熱いものを入れても手で持てるため、様々なシーンで活用できるのが人気の秘密です。今回は、大人も子供も楽しめるデザイン豊富なメラミンカップについてご紹…

グラタンやドリアなど、オーブンを使う料理は数多くありますよね。そこで気になるのは、「どのお皿がオーブンで使用できるのか」ということ。今回はオーブン皿の特徴や、ないときの代用方法、おすすめしたいオーブン皿などを…

かわいい食器や雑貨、DIY素材などでおなじみの100円ショップ・セリア。そのセリアから新商品、猫とうさぎがデザインされた北欧風の食器が登場しました。今回は、独特のタッチで描かれた猫とうさぎの食器についてご紹介…

まとめ

日頃から何かとよく使うグラスにはさまざまな種類があります。ただ飲み物を飲むだけではなく、テーブルを飾ったり、用途によって味や飲み心地まで変わることを知っていましたか?人気のグラスやプレゼントにおすすめのブラン…

バター

何年も同じバターナイフを使っているという方は要注目!ここ数年でバターナイフは大きく進化したのです!そこで今回は、機能性の高さでヒットしている売れ筋のバターナイフをご紹介。その機能性の高さは、まさに画期的です……

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

夫婦やカップルにとって、ペアの物ってとっても嬉しいですよね。定番なのはマグカップだと思いますが、今回はとってもかわいくておしゃれな"おちょこ"をご紹介します。これらのおちょこで是非二人揃ってお酒を飲んで中を深…

おしゃれ まとめ

日本でもとっても有名なブランド「マリメッコ」。花のイラストが印象的ですが、その他にもポップで素敵なデザインがたくさんあるんですよ!今回はそんなマリメッコのおしゃれでかわいい食器のまとめをご紹介します♪

お菓子 ドリンク まとめ

最近テレビでも紹介された遊べる本屋「ヴィレッジ・ヴァンガード」。本屋さんだけどいろんなグルメ関連雑貨もあり面白い!と今だ人気の絶えない本屋さんです。まだ行ったことが無い人は、一度行くとハマるかも‥。

おしゃれ まとめ

お料理の最中に着るエプロンは自分のお気に入りのものを使いたいですよね。今回は「シンプル」、「ファッション」、「ガーリー」別のエプロンのブランドをご紹介します。ぜひご自分のお気に入りのデザインを見つけてください…

おしゃれ まとめ

皆さんはまな板にこだわっていますか?料理の度に使うまな板だからこそ、こだわると生活がちょっとハッピーになるのかもしれませんね♪今回は毎日使いたくなるようなおしゃれな「まな板」をまとめました。皆さんもお気に入り…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

恵比寿 ダイニングバー おしゃれ イタリアン

今は放送されていませんが、以前「グータンヌーボ」という番組があったのをご存知でしょうか?そこで、大きな水槽をバックにお話しているシーンを見たことがあるかと思います。そう、「ラグシス」はそのお店なんです!おしゃ…

鎌倉 スイーツ 和菓子 お土産 まとめ

知る人ぞ知る、実はスイーツ天国の古都鎌倉。日本庭園を眺めながらいただく和菓子や、素敵な洋館でいただくクラシックなケーキから本場イタリア人シェフがつくる本格ジェラートまでそのラインナップは古都の歴史に勝るとも劣…

tumu

こんにちは。新人ライターのtumuです。日本の文化を知り、伝えてい...

ページTOPに戻る