ローディング中

Loading...

和食に欠かせない味噌。お味噌汁を毎日飲む方も多いでしょう。お料理によく使う味噌ですが、大さじ一杯の量がどれくらいか、ご存じですか?味噌大さじ1杯の重さを知っておけば、軽量スプーンがなくても、使いたい分量が量れます。お味噌のカロリーもご紹介!

味噌の大さじ1杯の量

古くから日本で使われてきた味噌。お味噌汁や田楽、麹味噌など、お味噌は毎日の食事に必ずと言っていいほど登場する身近な調味料ですよね。

日頃からなじみのある味噌ですが、味噌の大さじ1杯は、どのくらいの量なのか、ご存じですか?レシピでよくみかける「大さじ○杯」、重さがわからない場合には、軽量スプーンがないと量れないですよね。味噌大さじ1杯のグラム数を知っておけば、軽量スプーンがなくても、レシピの指示通りにお料理を作ることができます。

味噌大さじ1杯ののグラム数やカロリーなど、知っておくと便利な計量方法についてご紹介します。

大さじ1杯、何グラム?

味噌大さじ1杯は、およそ18グラムです。しょうゆ、みりんの大さじ1杯も同様なので、覚えておくと便利ですよ。ちなみに、水、酒、酢の場合には大さじ1杯=15グラム、小さじ1杯=5グラム。お料理の際には参考にしてみてくださいね。

小さじ1杯なら

味噌の小さじ1杯=およそ6グラムです。小さじは、大さじの1/3。この量も覚えておくと、小さじしかない場合や、大さじしかない場合にも計量の参考になります。

50グラムを計りたいとき

大さじ1杯や小さじ1杯の重さを知っておけば、量りがなくても計量スプーンで50グラムを量ることもできます。ぴったり正確には量れませんが、だいたいの計量の目安にはなりますよ。

小さじ5杯で30グラム、大さじ1杯=18グラム、合わせて48グラムになりますから、あとほんの少し足せば50グラムです。

それぞれの味噌のグラム数、カロリー、塩分

味噌といえば様々な種類がありますが、味噌大さじ1杯の重さは基本は変わりません。しかし、大さじ1杯分のカロリーや塩分はやや異なります。メーカーによって多少の差異がありますので、おおよそのカロリー、塩分をご紹介いたします。

白味噌

白味噌はあっさりとしていて甘みがあり、味噌によっては、粒が残っていて、食感を楽しむことができますよ。味噌汁はあっさりとしたものが好きという方はこちらの白味噌を使うことをオススメします。

塩分濃度は約5%です。カロリーは100gに対して約192kcalです。

赤味噌

白味噌に対して赤味噌は、熟成を経ているためにコクがあり香りが強いことが特徴です。コクがあるものが好きという方はこちらの赤味噌を使うことをオススメします。どちらの特徴も味わいたいという方は、白味噌と赤味噌の合わせ味噌というのも楽しんでいただけますよ。

塩分濃度は約10%です。カロリーは100gに対して約186kcalです。

西京味噌

西京味噌は白味噌のひとつで、呼び名は関東でついたと言われています。甘さが目立つ味の特徴から、甘味噌とも呼ばれています。同じ白味噌でも信州の白味噌とは、また違ったものになります。

塩分やカロリーは、前述した白味噌とほぼ変わりありません。

八丁味噌

八丁味噌の名前の由来ともなっている岡崎市は愛知県にあります。そのために、愛知県を中心とし、岐阜、三重などで愛用されています。原材料は大豆と塩のみ。塩を、大豆を元にした豆麴と麹菌の抑制と発酵熟成のために加えますが、それ以外は何も加えていないのだそう。防腐剤なども使用しないため、安心ですね。

八丁味噌の塩分濃度は約11%です。カロリーは100gに対して約216kcalです。

麦味噌

麦味噌は九州全域、山口県、愛媛県で主に消費されている味噌です。塩分が低く、麹を使う量が多いので香りも甘みも強い味噌です。関東などで作られている麦味噌は塩分が少し高めになります。麦味噌で味噌汁を作った場合、黒い線のようなものが残るため、味噌こしをするのを忘れずに。

麦味噌の塩分濃度は約11%です。カロリーは100gに対して約198kcalです。

豆味噌

豆味噌とは、日本の中でも愛知県、三重県、岐阜県を中心として作られている味噌です。麹を使わずに大豆と塩だけで作られ、味も渋みがあって濃厚です。種類の名前ではなく、産地の名前で呼ばれて親しまれています。

豆味噌の塩分濃度は約11%ほど、カロリーは100gに対して約217kcalです。

甘味噌

味噌は、甘口、辛口というように味によって分けられます。辛さ加減は、食塩の量によりますが、もう一つの決め手は「麹歩合」です。「麹歩合」とは原料の大豆に対する米や麦の比率のこと。塩分が一定なら、麹歩合が高いほうが甘口になります。

甘味噌の塩分濃度は約6%ほどと控えめ。カロリーは100gに対して約216kcalです。

豆板醤

豆板醤は中華料理の中でも四川料理でよく使われる、ピリッと辛い発酵調味料です。主原料はそら豆・赤唐辛子などとなっています。麻婆豆腐をはじめ、担々麺、バンバンジー、魚の炒め煮、肉と野菜の炒めものなどの調味料として使われます。辛さをだすだけでなく、コクのある風味と少し酸味のある香りがつきます。

豆板醤の塩分濃度は約17%と高めです。カロリーは100gに対して約60kcalです。

甜麺醤

甜麺醤は主に中華料理で使われる甘い味噌で、そのまま料理に添えて食べたり、炒め物や煮物の隠し味や味付けに使われます。小麦粉と塩を混ぜたものに麹を加えて醸造されたもので、色は黒か赤褐色です。中華料理の回鍋肉、北京ダック、麻婆豆腐などに使われます。生のまま食べることもできますが、火を通すことにより強い香りが出ます。

甜麺醤の塩分濃度は約6%です。カロリーは100gに対して約260kcalです。

コチュジャン

コチュジャンは米やもち米に麹・粉唐辛子などを合わせて発酵させた韓国の味噌です。甘みとコクがあり、ビビンバに添えたり、チゲなどの鍋物、炒め物、和え物の調味に幅広く使われます。

コチュジャンの塩分濃度は約8%です。カロリーは100gに対して約256kcalです。

ポピュラーな味噌料理に使う味噌の量?

普段私たちが食べているお味噌料理には、どのくらいの量の味噌が使われているのでしょうか?大さじで表すとおおよそどのくらいなのかを表記してみました。

味噌汁は大さじ3〜4杯

一般的なみそ汁に使う味噌の量は、大さじ3〜4杯が目安です。

豆腐などの具材をを適当な大きさに切り、麩は水につけて柔らかくなったら水気を切っておきましょう。油揚げは熱湯をかけて油抜きをしてから細切りにしておきます。鍋にだし汁を入れて中火にかけ、煮立ってから麩と油揚げを加えます。

もう一度煮立ったら、豆腐を加え、味噌を溶かします。仕上げに刻んだネギを加えて器によそったら、でき上がりです。お味噌の量は好みによりますので、味見をしながら加減してくださいね。

もつ煮込みは大さじ4〜5杯

もつ煮込みに使う味噌の量は、大さじ4〜5杯が目安です。

牛もつは白い油部分を取り除いておきます。すじ肉は水洗いして、酒、塩、しょうがを加えた熱湯に入れて煮立った後少し茹でてください。水に取りきれいに洗って食べやすい大きさにカットします。板こんにゃくは一口大に切り、鍋に水と一緒に入れて強火にかけて、煮立ったらザルにあげておきます。

大根とにんじんは皮を剥いて、いちょう切りに。鍋にだし汁、酒、牛もつ、牛すじ肉、こんにゃく、大根、にんじんを入れてから、強火にかけ、煮立ったら弱火煮込みます。調味料と白味噌を混ぜ合わせて、しょうがの千切りを鍋に加えます。煮汁が半分くらいになるまで煮込み、ネギを散らしたらできあがりです。

田楽味噌は大さじ4〜5杯

田楽を作る場合のお味噌の量の目安は、大さじ4〜5杯が目安です。田楽は甘味噌や辛味噌、白や赤などの異なる味噌を混ぜて作るのも珍しくありませんよね。

ナスの田楽は、ナスのヘタを切り落として縦半分にカット。皮よりも少し内側のところにぐるっと一周切り込みを入れて、断面に格子状に切り込みを入れます。白味噌、八丁味噌、砂糖、だし汁、酒を鍋に入れて火にかけます。フライパンにごま油を熱してナスの切り口を下にして焼きます。焼いた面に合わせた味噌をぬり、オーブントースターで焼きましょう。

焼けたナスに白ごまを散らして器に盛ったらでき上がりです。

味噌料理上手になろう!

味噌の大さじ1杯の量についていかがでしたか?重さを知っておくだけで、計量スプーン、または量りのどちらかがあればレシピにある通りの分量が量れますよね。おいしいお味噌ですが、比較的塩分が高めの食材ですので、目分量で使って塩辛くなってしまうことも避けられます。

同じお味噌でも、種類によって塩分やカロリーが異なることもわかりましたよね。今回の内容を参考に、お料理や食べる人の好みによって調整してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

とんかつ

とんかつを作るとき、どの肉の部位を使用していますか?そもそも、とんかつにおすすめの部位ってあるのでしょうか?ロースやヒレなどそれぞれの部位の特徴や、とんかつに仕上げたときのカロリーなどについて詳しくご紹介しま…

サムギョプサル レシピ 韓国料理

韓国料理の定番ともいえる「サムギョプサル」ですが、みなさんはどんな料理か説明できますか?サムギョプサルとは、韓国語でどういう意味なのか…。食べ方や気になるカロリーまで、まるっとご紹介したいと思います。…

レシピ パスタ まとめ

暑くなると食欲も低下しがちで、しっかりと野菜をとれているか心配ですよね。ですが、なすと玉ねぎの組み合わせは、お味噌汁や炒め物などレパートリーも豊富。夏バテ予防におすすめの豚肉ともベストマッチ!今回は、炒め物や…

レシピ キャベツ じゃがいも まとめ

玉ねぎのお味噌汁は、玉ねぎの甘みがあっておいしいですよね。一緒に入れる具材はじゃがいもやキャベツが定番ですが、他にもおいしく食べられるものがありそうです。どんな具材と相性がいいのか、今回は厳選した15種類のレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

唐揚げ 焼きそば

TVアニメ「おそ松さん」ファンに朗報!ローソンの人気ホットスナック「からあげクン」に、「おそ松さん」とのタイアップ商品「ソース焼そば味」が誕生しました!数量限定のオリジナルピックが付属するこの「からあげクン」…

親子丼 鶏肉 鶏肉料理 まとめ

とろ~り卵の優しい味が特徴の「親子丼」。めんつゆを使って短時間で作ったり、ダシをとって本格的な味に仕上げることもできます。今回は、そんな親子丼の基本の作り方&人気レシピたちをご紹介♩おすすめの献立もご紹介する…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る