ローディング中

Loading...

カレーにはそれぞれのご家庭で隠し味が入っているものです。中でもおすすめなのが、チョコ!専門店のようなコクのある味になるんですよ。カレーにチョコを入れるタイミングや量、そして隠し味入りのカレーレシピをご紹介していきます。

チョコはカレーをおいしくする隠し味

カレーの隠し味は、これまでもさまざまなものが話題になりました。ご家庭によって、これは絶対に使用すると決めている隠し味もあるでしょう。様々な隠し味がある中で、チョコがお勧めということはご存知でしたか?
チョコを加えることによって、どんなカレーが出来上がるのか、さらに入れるタイミングや量などを詳しくご紹介します。

チョコ入りカレーはどんな味?

なぜチョコを隠し味に加えることがおすすめなのでしょうか?どのような味がするんだろう、と気になる方もいるでしょう。チョコを入れたからといって、カレーがチョコレートの味になってしまうわけではありませんよ。

隠し味にチョコを加えることによって、コクが深くなるとともに辛さがマイルドになり、ほんのりとした甘みが加わります。ここでの甘味は砂糖による甘みではなく高級感のある甘味ですので、プロが作るような高級カレーに近づけることができるのです。

ちなみにより深みのある味わいに仕上げたい場合は、インスタントコーヒーを加えるのがおすすめです。分量や入れるタイミングなどはこちらで詳しくご紹介しています。

チョコの入れ方

カレーの隠し味としてチョコを使用する際には、どのように入れればよいのでしょうか?入れるタイミングや分量についてお話します。

おすすめの分量

カレーの隠し味に使うチョコの分量は、お鍋ひとつに対して1カケから2カケを目安にしましょう。お鍋の大きさによっても変わってくるのでまず1カケ入れてみて、味見をしてください。コクなどが足りないようであれば2カケを加えてみましょう。

入れるタイミング

チョコを加えるタイミングは、カレーのルーと同時に加えるのが良いです。ただしチョコを入れるときには以下のポイントを意識してください。

入れ方のポイント

チョコを加える時、そしてカレーのルーを加える時には、必ず火を止めてください。火をつけたまま加えてしまうとカレーのルーが固まり、きれいに溶けてくれないことがあります。

同時に、チョコを入れることによってカレールーとチョコが固まってしまい、滑らかに溶けてくれないことがあるので注意しましょう!できればチョコはあらかじめ電子レンジなどで軽く溶かした状態でお鍋の中に加えてください

チョコの種類によって味が変わる

カレーの隠し味に加えるチョコはどのようなチョコが良いのでしょうか?チョコと一口に言ってもミルクチョコ、ビターチョコなど甘さも違うさまざまなものがあります。

食べやすく、おすすめなのはごく一般的なミルクチョコです。板チョコでもオリジナルのものが販売されているので、そういったもので良いでしょう。お酒が加えられているものやピーナツが入っているのもおすすめですよ。風味が格段にアップします。

また、ホワイトチョコを入れることによりチーズのような風味をほんのりと楽しむことが可能です。カレーとチーズの相性は非常に良いので、ミルクチョコを加えチーズ風味になったカレーを食べてみるのも良いでしょう。

チョコがない時のおすすめの隠し味

おすすめなのは分かったけれどチョコがない!という場合には、どのような隠し味を入れるのが良いのでしょうか?カレーをおいしくするための隠し味についてご紹介します。

ジャム・はちみつ

フルーツを使ったジャム、そしてはちみつは、ミルクチョコを隠し味に使った場合と同様にコクとマイルドさがプラスされます。ジャムに関しては特に決まりはありませんので、お好みのものを加えましょう。

ママレードジャムを加えると、さっぱりとしたカレーに仕上がります。ブルーベリーやイチゴジャムなどは比較的甘さが強く、さらにコクを出す際におすすめです。

はちみつはカレーの隠し味として鉄板ですね。ジャムや蜂蜜をカレーに加える際にはカレーのルーがしっかりと溶けてから少量ずつ加えましょう。

ヨーグルト・牛乳

ヨーグルトや牛乳を加えるとカレーのスパイシーな味がまろやかになり、同時にコクを出すことができます。ヨーグルトや牛乳を加える際は、早い段階で加えてしまうのではなく、仕上げに加えていきましょう。お皿に盛り付けた後、ヨーグルトや牛乳などを大さじ一杯程度トッピングしてもよいですよ。

バナナ

バナナはスライスする、またはみじん切りにして加えましょう。ジューサーやブレンダーがあれば、ペーストにしたバナナを加えるのが1番です。バナナを加えるとコクが深くなり甘味がプラスされるので、野菜をたっぷり使ったカレーなどにおすすめの隠し味です。

バナナを隠し味にする際は、カレーのルーが溶けてからバナナを加え、弱火で少し煮込みましょう。そうすることでバナナがしっかりとカレーになじみ、味のバランスを整えてくれます。

しょうゆ

カレーに醤油を入れるのは驚いてしまう隠し味かもしれません。しかし盛り付けをしたカレーに醤油をかけて食べるという方もいるようです。醤油を加えることで、カレーにはしっかりとしたコクが加わり深い味わいになります。

盛り付けたカレーに醤油をかけるのではなく、お鍋に醤油を投入する場合は、カレールーがしっかりと溶け、火を止める直前に醤油を加えて全体的に混ぜましょう

ごく少量でも醤油を加えるだけでコクがプラスされます。入れすぎには注意してくださいね!醤油を入れすぎてしまうと醤油の味が強くなってしまうので、カレーの風味が弱くなってしまいます。

バター

バターカレーという王道メニューがあるほど、カレーとバターの相性はよいことがわかっています。全面的にバターを押し出すのではなく、隠し味にバターを1かけ程加えるとコク、そしてまろやかさを出すことができますよ。隠し味として加えるのであればバターの風味が強くなってしまうことはなく、コク深くて一晩寝かせたようなカレーになります。

隠し味の入れ方がわかるカレーレシピ

カレーに隠し味を加えるタイミングや、おいしくなる方法が分かるカレーのレシピを記載します。

チョコ入りビーフカレー

塩コショウをしっかりと揉み込んだ牛肉を使い、フライパンで野菜を炒めてから本格的に煮込んでいきます。お肉にもしっかり焼き色をつけて鍋に投入しますので、それぞれの素材の味が引き立ち本格的なカレーを食べることができます。

カレールーを溶かし、その後しばらく煮込んでから隠し味のチョコレートを加え、2分ほど煮て火を止めます。ご飯にもバターやドライパセリを混ぜておきましょう。見た目にもオシャレなカレーですね。

ご飯にはパセリではなく、ターメリックを混ぜて炊いておけばターメリックライスで、より本格的なカレーを食べることができるでしょう。

ヨーグルト入りポークカレー

脂身の少ない豚肉を一口大にカットし、あらかじめ下味をつけておきます。お肉に焼き色をつけて赤ワインで風味をアップさせたところでお鍋に投入。ブイヨンやローリエを加えて風味の高い高級感のあるカレーを作りましょう。

お肉をお鍋に投入した時点でジャガイモなどのお野菜をフライパンで炒め、ある程度火が通ったらお鍋に加えて煮込んでいきます。市販のルーを加えて溶かした後、隠し味のヨーグルトを加え、2分ほど煮込んだら完成。

トッピングにレーズンやピクルスを使えば、おしゃれなカフェのようなカレーになりますよ。

バナナ入り野菜入りカレー

使用するお野菜はあらかじめ下処理をしておきます。特にナスはアク抜きが必要ですので一口大にカットして水にさらしておきましょう。お肉の代わりにソーセージを炒め、しっかりと香りを引き出した後ブイヨンスープやその他のお野菜を加えて煮こんでいきます。市販のカレールーと同時にバナナを加え、溶かしていきましょう。味を調えたら完成です。

お皿に盛り付けた後、サヤインゲンやパプリカなどをトッピングしても良いでしょう。野菜をたっぷりと食べることができ、なおかつバナナを隠し味に使うことでほんのりとした甘さも楽しめるカレーです。

市販のカレーをよりおいしくするポイント

自宅でカレーを作る際にはカレー粉ではなく、市販のカレールーを使用するというご家庭がほとんどではないでしょうか。多くの種類のカレールーが販売されていますが、おいしいカレーを作る際には数種類のカレールーを混ぜましょう

1種類だけではなく、2種類または3種類のカレールーを混ぜることで味に深みが出て本格的なカレーになりますよ。どのカレールーをどのくらい使うといった配合に関しても、自分なりのオリジナルを探してみてはいかがでしょうか?

トッピングに工夫

上でご紹介したような隠し味を加えることで十分本格的な味わいに近づけることができます。 しかしそれだけではなく、カレーにトッピングをすると、より本格的な味わいを楽しむことができますよ。トッピングに関しては好みがありますが、以下のような食材をトッピングに考えてみるのがオススメ。
・フライドオニオン
フライドオニオンは食感が良くなるだけではなく、香ばしくなります。

・とろけるチーズ
とろけるチーズをたっぷりとトッピングしたカレーは、コクのあるカレーが食べたい時にぴったり。また、チーズのコクによってカレーの辛さが紛れるので、少々スパイシーなカレーでもたっぷり食べられます。

・お好みソース
お好みソースは甘みが強いので、ごく少量をトッピングに使うことでフルーティなカレーに早変わりします。

・ケチャップミートボール
ケチャップ味のミートボールを加えると、ボリュームもプラスされ、なおかつほんのりトマト風味になるのでライスだけではなくパスタやうどんを主食にして食べる時でもおすすめです。

カレー+チョコで味わい深い仕上がりに

市販のカレールーを数種類使うだけでもカレーはおいしくなります。しかし、そこに自分なりの隠し味を加えることによって、あなたにしか作ることのできないカレーの出来上がり!

今回はチョコに注目しましたが、カレーには様々な隠し味があります。自分なりにベストな隠し味を見つけていきましょう。複数の隠し味をバランスよく混ぜてもおいしいカレーが見つかるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

「ホムパのトリセツ」第3回となる今回は、ずぼらな人の強いミカタ!そのままドーンと並べるだけでフォトジェニックな食卓になるおしゃれな調理器具を7つご紹介します。見た目がいいだけでなく、実用的!入手と同時にホムパ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

カレー スープカレー スープ レシピ まとめ

ココナッツミルクを効かせたエスニックなものから、出汁の旨みが身に染みる和風なものまで・・・カレースープがあると、それだけで食卓が豪華になりますよね。今回は、簡単にできておいしい、絶品カレースープレシピをご紹介…

カレー レシピ

愛くるしい風貌で好かれるパンダ。そんなパンダをモチーフにした「パンダカレー」を知っていますか?とってもかわいい上に意外と簡単に作れることから話題になったんです。今回は「パンダカレー」の作り方とアレンジレシピを…

レシピ パスタ カレー トマト スープ まとめ

トマト缶を使ったパスタ、スープ、煮込み料理など、人気のレシピをご紹介します。トマト缶があれば、トマト料理をお手軽に、おいしく作れますよ。ときにはおしゃれに、ヘルシーにしてくれることも♩便利なトマト缶を、いろい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

寿司

最近、回転寿司でネタだけを食べてシャリを残す人たちが増えていると、ニュースやネットで騒がれています。なぜ彼らは、シャリを残すのでしょうか。その身勝手な理由にネット上では、「金を払えば何をしてもいいのか」と非難…

じゃがいも レシピ アレンジレシピ お弁当 おつまみ まとめ

秋はじゃがいもが旬。そんなじゃがいもで作る「じゃがいもボール」が、もちもちでおいしいとSNSでいま大人気!今回はポテトボールの基本の作り方や、アレンジレシピをご紹介いたします。簡単に作ることができるので、ぜひ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る