ローディング中

Loading...

ラディッシュはサラダの彩を飾るだけじゃなく、食べ方によって色々な料理に活用できる便利な野菜。漬物、焼いたり、煮たりと、熱を加える食べ方もおすすめです。サラダはもとより、ラディッシュのおすすめの食べ方をご紹介します。

ラディッシュの色々な食べ方が知りたい

大根のように見えるものの、大根の仲間と言ってしまったいいのか、どのように調理すればよいのか、いまひとつ分からない少々不思議な野菜、ラディッシュ。その赤くてコロンとしたかわいらしいフォルムが特徴です。

結論から言うと、ラディッシュは大根の仲間です。大根同様の栄養があり、酵素も豊富。ビタミンCも豊富に含まれています。葉の中にはカルシウムやビタミンB1・B2・ビタミンC・鉄分などが含まれ、綺麗な若い葉は、えぐみもありません。

ラディッシュは、サラダを彩ったり、生食や酢の物にすることが主な調理法ですが、熱を加えても食べられます。洋風、和風、中華風どれでもおいしく食べられますし、葉と根も丸ごと食べられる便利で栄養満点の野菜なのです。

今回は、そんなラディッシュのおいしい食べ方やおすすめレシピについてご紹介します。

ラディッシュは生のままでも食べられる!

結論から言うと、ラディッシュは生のままでも食べられます。丸くて赤く、彩りがよくなるため、薄く切ってサラダに沿えるだけで一気に華やかさが増します

シャキシャキとした歯ごたえなので、マリネなどにもおすすめ!小さめのラディッシュなら、アボカドやたらこなどお好みのディップを用意し、そのままぱくっと食べるのもおいしいですね。以下に、生ラディッシュのサラダをご紹介します。

ラディッシュのサラダ

レタスやきゅうり、ハムなどお好みの具材を洗ってカットし、スライスしたラディッシュを盛る簡単サラダです。

こちらのレシピでは、コブドレッシングを使用していますが、フレンチドレッシングなど酸味のあるものでも良いですね。ラディッシュを添えるだけで一気に華やかさが増します。
▼こんなにおしゃれな食べ方も!

ラディッシュの葉も生で食べる!

ラディッシュの葉は、えぐみが少なく柔らかいため、捨てずに食べましょう。お浸しにしてもいいですし、和え物にしてもいいですね。刻んで他の野菜と合わせ、ラタトゥイユやピクルスなどにしても良いかもしれません。

塩もみしたラディッシュの葉を刻み、お味噌汁の具にしてもおいしいですよ。マヨネーズをつけてそのまま食べても良いですね。柔らかめの葉っぱなら軽く塩もみして生で、硬めなら、炒め物などにしてもムダなくいただきましょう。

ラディッシュの葉も、ビタミンCなどの栄養素がたくさん含まれています。捨てるなんてもったいない!

おめでたい紅白も?ラディッシュの種類

ラディッシュには、一般的な赤いもの以外にも様々な種類があります。なかでも特徴的なのが紅白のラディッシュです。

通常の丸みはなくなりますが、根の先の部分が白くなっており、マリネなどにおすすめ!
サクッとした歯ざわりと辛み、美しい赤色が特徴です。

このほか、赤・白・紫・ピンク・薄桃紫色の5色のラディッシュもあり、「カラフルファイブ」という名前で販売されているそうです。辛みがなく、葉っぱも柔らかく食べやすいようです。

さらに、一般的なラディッシュよりも細長いラディッシュもあります。これはたまたまでなく、そのような種類が別にあるのだとか。味は、通常のラディッシュと変わらず、生でも食べられ、シャキシャキしているそうです。

多少風味や見た目の違いはあれど、どれも大根ですので、赤い丸のラディッシュと同じように調理ができるそうですよ。サラダなどに色を添えることで重宝されていますが、様々な調理法でそのおいしさを引き出してみたいですよね。
▼ラディッシュのレシピをもっと知りたい!

ラディッシュの日本名

ラディッシュとは英語名で、和名を「二十日大根(はつかだいこん)」と言います。原産地はヨーロッパで、日本には明治時代に伝わった野菜で、見た目はカブに似てますが、大根の仲間です。

ラディッシュは20日程度で早く収穫ができることから二十日大根(はつかだいこん)と名付けられました。植物学的には大根自体のルーツは、ラディッシュが長い間に品種改良されてきたものとも言われているので、葉も似ていることも味が同じなのも当然なのかもしれません。

ちなみに、清涼な気候を好む性質のラディッシュは、湿らせたキッチンペーパーにくるみ、根と葉を切り離して保存するのがよいそうですよ。

ラディッシュの生食おすすめレシピ

まずは、生のラディッシュならではの食感を存分に楽しめるレシピをご紹介します。どれも簡単に作れるものばかりですよ。

酢玉ねぎ入りチョップドサラダ

たくさんの野菜を同じ大きさに切って、スプーンで食べる人気のチョップドサラダ!仕込んで微塵切りの「酢玉ねぎ」と一緒に和えれば健康・美容に役立つ一皿に。季節のフルーツを添えてビタミン・ミネラルを補給しましょう!

ツナと塩麹のバーニャカウダ

アンチョビの代わりに、ツナ缶と塩麹で仕上げたバーニャカウダソースです。にんじん、いんげん、きゅうり、ラディッシュなどの野菜は食べやすい大きさにカット。こちらのレシピでは野菜のカッティングにもこだわっており、とてもフォトジェニック!旨味が凝縮されたツナ缶をオイルごと使うことで、よりいっそう美味しくなります。

ラディッシュの漬物レシピ

次は、ラディッシュを使った漬け物レシピをご紹介します。洋風レシピのイメージが強いラディッシュですが、淡白な味わいは和風のものとの相性も抜群です。

ラディッシュのナムル

ラディッシュの葉まで丸ごと使ったレシピです。ラディッシュは食べやすい大きさにカットし、すりおろしたにんにくと塩、ごま油で和え、いりごまを散らせばできあがり!ごま油の香ばしい香りが食欲をそそります。

ラディッシュの甘酢漬け

箸休めや常備菜としても便利なラディッシュの甘酢漬けです。砂糖や塩、酢を合わせた甘酢に浸けておくだけでできあがり!大根の辛みが消え、これならばお子様もおいしく食べてくれるかもしれませんね。

メインになるラディッシュレシピ

脇役のイメージが強いラディッシュですが、使い方次第では立派なメイン料理に!次に、メインになるラディッシュレシピをご紹介します。

混ぜ込みちらし寿司

塩もみきゅうりとラディッシュのシャキシャキ食感がおいしい夏ちらしです。ひき肉とれんこんを入れたひじき煮をご飯に加え、塩揉みしたきゅうりとラディッシュを混ぜ合わせたら出来上がり!

混ぜるだけでできる簡単ちらしは、夏休みなどお子様の長期休暇中にもおすすめ!白ご飯でも良いですが、雑穀米などを使用すれば栄養価もあがり、見た目も華やかになりますよ。

大根カルパッチョ

ホームパーティーにおすすめ!フォトジェニックな大根カルパッチョです。サーモンやえびなどお好みのシーフードとトマト、ラディッシュをマリネ液に漬け込んでいきます。取り出して写真のように交互に並べ、パセリを散らせばできあがり!パセリの代わりにラディッシュの葉を活用すればムダがなくて良いですね。

ラディッシュの葉のおすすめレシピ

ラディッシュの葉を捨ててしまうなんてもったいない!次に、ラディッシュの葉を使ったおすすめレシピをご紹介します。

ラディッシュの葉っぱおにぎり

ラディッシュの葉っぱを混ぜ合わせたおにぎりです。ラディッシュの葉を細かく刻み、ごま油でいため、ごはんと合わせるだけ!いりごまを加えることで食感がと良くなりますよ。ごま油の香ばしい香りが食欲をそそります。

ラディッシュの葉でピリ辛ふりかけ

ラディッシュの葉は食べやすい大きさにカットし、すりおろしたにんにくとともにごま油で炒めます。コチュジャン、中華だしの素を加え、しんなりしてきたらできあがり!ご飯のほか、豆腐や茹で野菜のディップとしても活用できそうですね。

食卓を彩るラディッシュを上手に活用!

ラディッシュは、サラダや酢の物、漬物にしてどんな食べ方でもおいしい野菜です。生のままでも、焼いても、煮ても、炒めても、フライにしてもよいでしょう。シャキシャキした食感も本当にみずみずしいですし、辛みの抜けたラディッシュはまた違ったおいしさが楽しめます。葉までおいしく食べられてしまうのですから、本当にすぐれものですね。

新鮮なラディッシュが手に入ったら、いろいろな食べ方を試してみましょう。食べ方も本当に豊富で、栄養も文句がありません、色や形も豊富なため、彩りも良いラディッシュを上手に料理できたら、おしゃれな楽しい食卓ができそうですね!
▼ほかの人気レシピも見てみよう

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

イカ まとめ

佐賀県名物「呼子のイカ」を知っていますか?他のイカとどんな違いがあるの?と気になりますね。呼子のイカは、スーパーで買えるイカとは全く違います!今回は、佐賀県民が愛してやまない驚きの美味しさを持つ呼子のイカと、…

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

まとめ

2017年夏、ビーチにフラミンゴを連れて行く若者が急増中!今夏はフラミンゴデザインが大ブームとなり、世界中でかわいいフラミンゴグッズが販売されているんですよ。お皿やマグカップ、ストローまでピンク一色!大人気の…

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 焼きそば アレンジレシピ

スーパーで3食入りで販売されている焼きそば。そこに一緒についてくる粉末ソースの元。液体ではないので麺が柔らかくなりすぎずちょうどいいんですよね。でも、困るのが余ってしまったとき・・。今回はその余った粉末ソース…

レシピ まとめ

「しそ」の良い香りって食欲をそそりますよね♡でも、「しそ」には食欲をそそるだけではなく、身体によって良いものがたくさん含まれているんです。料理の添えに置かれていることが多い食材ですが、その「添え」にも意味があ…

レシピ まとめ キャベツ

美味しく、これがポイントです。購入してから時間が経って、クタッてしまったキャベツを、すてずに美味しく食べるレシピ、ありますよ。冷蔵庫に元気の無いキャベツが眠っている人必見のまとめレシピです。

レシピ おつまみ お弁当 アレンジレシピ まとめ

スーパーはもちろん、コンビニでもすぐ手に入るカニカマ。サラダやおつまみにぴったりの食材ですが、実はアレンジレシピがとっても豊富なんです。さっと簡単に作れるものから、メインのおかずになっちゃうものまで、8つのレ…

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

東京 スイーツ 和菓子 ところてん まとめ

今回は、東京都内でおすすめのところてんが食べられるお店をまとめてみました!昔から日本にある素朴な味わいが懐かしい和のスイーツで、気持ちもゆったりできそうです。夏はヘルシーにところてん♪皆さんもぜひ味わいに行っ…

みかん アイスクリーム

セブンイレブン限定で発売されたアイス「みかん氷」が話題になっているようです。フタを開けるとシロップ漬けのみかんがごっそりと乗っています!28%のみかんの果汁・果肉が入っているかき氷は食べ応えもバッチリ!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る