ローディング中

Loading...

甘酸っぱくてジューシーなプラム。どんな食べ方をすればいいのか、意外とご存じない方も多いのではないでしょうか?皮まで食べても大丈夫?種の取り方は?今回は、生でもおいしいプラムの食べ方を詳しくご紹介します。

プラムの食べ方がわからない…

早いものでは5月から真夏にかけて、店頭に並ぶ色鮮やかなプラム。見た目はとってもおいしそうですが、その食べ方について意外と詳しくご存じない方も多いのではないでしょうか。

皮はむいて食べるのが正しいのか、それとも丸ごと食べられるものなのか……。中には熟れる前のグリーンがかった皮の果実もあり、これ、食べておいしいの?と悩むこともありますよね。

そんなプラムのおいしい食べ方や目からウロコの種の取り方をご紹介しちゃいます♪健康に良いフルーツは、積極的に食生活に取り入れたいですよね。悩むことなくプラムの果実パワーをあますことなくチャージしましょう!

プラムは皮までまるごと食べられる!

プラムの皮はとても薄いので、りんごなどの果実と同じく、丸かじりできるフルーツなんです。少し酸味のある皮の部分も、まるごと食べることで、ジューシーな実に対しての良いアクセントになります。

そして実は、プラムは特に皮の部分に食物繊維やポリフェノール、アントシアニンなどの栄養が豊富に含まれています。なので、栄養価を考えると、皮ごと食べた方がもちろんいいのです。

そうはいっても、ものによっては皮は食べづらいし、丸かじりすると種の周りの繊維が残ってしまったりして、食べ終わってから口の中が不快になることもありますよね。そんなプラムをまるごと食べる方法をご紹介します!
▼ブルーベリーも皮まで丸ごと食べられます!

まるごと!プラムの食べ方

種の取り方

プラムを水できれいに洗い、アボカドをカットするときのように種のまわりを一周するように包丁を入れます。両手でプラムを持ち、包丁を入れた部分を中央にして、ぐるっとひねるときれいに半分に割れ、種のない半分、種のついた半分に分かれます。種のついた半分は、包丁の角などの尖った部分を使って、引っ掛けるようにしてを種を取り除きます

塩を振って食べる

種が取れたら、皮ごと食べやすいサイズにカットします。そのままでも甘酸っぱくておいしいのですが、塩をほんの少し振ると甘みが増して、よりおいしくいただけます

ちなみにスモモも皮ごと

プラムに似たフルーツにスモモがありますよね。スモモという言葉はプラムの和名。桃よりも酸っぱいところから「ス」+「モモ」でスモモなんです。そんなスモモもプラム同様に皮ごといただけけます。真っ赤なツヤツヤの果実は食欲をそそりますよね。ぜひ皮ごと、その栄養を召し上がってみてください。

皮をむいて食べる方法

もちろん、プラムの皮をむく・むかないはお好みで。種をとり、適度なサイズにカットしたら、包丁を使って剥がすようにすると皮がむけます。カットするときに、縦に包丁を入れ、りんごの様な半月型にしておくと、皮がむきやすくなり、見た目もよくなるのでおすすめです。よく熟しているものは、桃のように指先でゆっくりめくるようにすると、きれいに皮がむけますよ。

プラムの食べごろ

プラムは食べごろになってくると、赤みが増して香りが強くなってきます。指で押すと柔らかく感じるものが熟れている証。ただ、プラムはとてもいたみやすいので、店頭で選ぶ際には強く押さないようにして下さいね。触れてみて固い場合には、新聞紙に包み、風通しの良いところに置いて、2~3日追熟させると、ちょうど食べごろになります。

プラムをおいしく食べるレシピ

続いてはプラムをおいしく食べるレシピをご紹介します!また、プラムには加熱しても変化しない栄養素が多く含まれています。生でも加工しても、プラムのヘルシーなパワーは取り入れたいもの。色々なレシピをぜひ試してみてくださいね。

ジャム

電子レンジで作る、プラムジャムの簡単レシピです。鍋を使わないので、焦がしてしまう心配もなく、初心者の方でも気軽に作れます。まずはプラムを適当な大きさに切り、ボウルに入れます。グラニュー糖とレモン果汁を加えたら電子レンジで加熱。アク取りをして、さらに電子レンジにかけます。その後もアクがあれば取り除き再度レンジで加熱。レンジから取り出したら、残りのアクと種を取り除いて完成です。

プラムのコンポート

見た目もかわいい、プラムのコンポートです。レストランで食べる味が手軽におうちで再現出来ます。

鍋に水を入れ、白ワインと砂糖、輪切りレモン、ローリエを加え沸騰させます。沸騰したらプラムを入れ、煮くずれないように煮詰めます。できたら火をとめ、少し冷めてから冷蔵庫で冷やして完成。真夏にぴったりなお洒落レシピの完成です。そのまま食べても、ヨーグルトやアイスクリームに添えても楽しめます。

プラムのピューレ

プラムが旬の時期にだけ作れる、期間限定のレシピです。

鍋に種をとったプラムと他の材料を入れ、火にかけます。アクが出てきたら取りのぞき、シロップに色がついてくるまで、火を入れてから冷まします。これをゴムベラで混ぜながら漉して、シロップとピューレに分ければできあがりです。甘いのがお好きな方は砂糖を増やしてもOK!シロップは真夏にかき氷にとろりとかけて、ピューレはお料理に使っても便利ですね。

プラムのブランデーケーキ

プラムのブランデー酒を使った、香り高くしっとりとした上品なケーキ。焼き上がってからも時々ブランデーを塗ることで1ヶ月くらい寝かせられるようです。

バターと砂糖を合わせ、溶き卵を入れます。混ざったら刻んだプラムを入れて混ぜます。薄力粉とベーキングパウダーも入れます。オーブンシートを敷いた型に生地を流し入れ、オーブンで焼きます。型から取り出し、ブランデーを塗って冷蔵庫で寝かせ、3日目頃に一度取り出してブランデーを塗って寝かせます。それを繰り返せば、1ヶ月ほど寝かせることができ、より芳醇な香りになります。

プラムのシャーベット

鮮やかなプラムの色そのままの爽やかなシャーベット。プラムの他は砂糖、水、レモン汁だけで簡単に作れます。時々ホイッパーで混ぜながら冷やすことで、口溶けなめらかなシャーベットに仕上がるそうです。

まず、種にそって切れ目を入れたプラムと材料を全て入れ、中火にかけます。沸騰したら煮て火を止め、冷めるまで放置。こし器で漉しながら皮と種を取り除いたら、タッパー等にいれ冷凍庫で冷やしかためれば出来上がり。

たったこれだけで暑い夏にぴったりのカラフルなシャーベットが楽しめるんですね!

プラム酒

ブランデーを使った少し大人なプラム酒です。プラムの果実をまるごと漬けて作るので、可愛い保存容器に入れて、漬け込む期間を楽しむのもいいですね。

ヘタを取ったプラムを洗い、水気をとり、楊枝で全体的に刺していきます。プラムと半量程度の氷砂糖をプラム→氷砂糖→プラムの順に瓶に入れ、最後にプラムと同量程度のブランデーを注ぎます。密閉し、ひっくり返して馴染ませたら、冷暗所で保管。早くて1週間程度で飲めますが、漬け込む期間はお好みでどうぞ。

お好みのプラムの食べ方を見つけよう!

プラムのおいしい食べ方、いかがでしたか?

甘酸っぱいプラムには、ビタミンの他にも女性に嬉しい葉酸や鉄分などもバランスよく含まれています。色鮮やかなプラムのレシピを眺めているだけでも、元気になってきませんか?

生で食べても加工してもおいしいプラム、ぜひ、ふだんの食生活に取り入れて健康的な暮らしに役立ててくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

常備しているはずなのに、あんまり使い道がわからないポッカレモン。賞味期限が近づき、困った経験をする方も多かったのではないでしょうか。そこで手軽にビタミンCが取れて、実は重宝するポッカレモンの簡単レシピをご紹介…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

さつまいも レシピ まとめ

さつまいもの美味しい時期がやってきます。旬になると大きなさつまいもが売られ、ひと品作るだけでは残ってしまうこともあります。そんな時、簡単に作れるさつまいもおかずで、おいしく残さず食べられるレシピをご紹介します。

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ポトフ レシピ まとめ 作り置き

フランス料理の1つである「ポトフ」の美味しいレシピをまとめました。野菜をたっぷり摂れるので、女性にはとても嬉しい料理ですよね!作り方も色々ありますので、見てみてくださいね。

レシピ まとめ

餃子の皮=餃子を包むものという認識でいましたが、これが意外にも他の料理にも参加できてしまうらしいんです。餃子の皮があまって困ったことはありませんか?このレシピを使ってあまった皮も上手に料理に使っちゃいましょう!

うどん レシピ まとめ

うどんは1年中通して美味しく食べられる食材ですよね♫これからの時期はそろそろ冷たいうどんも食べたくなる。今回は、そんなうどんの時短アレンジレシピを5つご紹介します。最後に、お得なお取り寄せ情報もあるのでお見逃…

アレンジレシピ おつまみ おやつ ピザ まとめ

おつまみやおやつとしてもピッタリな「油揚げピザ」のレシピを8つご紹介します。ピザは食べたいけど、作るのはめんどう……。そんな方は手軽に作れる油揚げピザを作りませんか?フライパンで作れる(レシピ)もあるので、挑…

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

レシピ カクテル

「カイピリーニャ」ってご存じですか?ライムのさわやかさがたまらない、ブラジル定番のカクテルなんです。今回はカイピリーニャとはなにか、その味や作り方について詳しくご紹介します。これからのあなたの定番カクテルにな…

レシピ

居酒屋メニューでもよく見かけるしんじょ。海老や蟹が入ったしんじょを揚げものやお吸い物でいただくことが多いですね。練りものの一種ですが、はんぺんやかまぼことはどう違うのでしょうか?しんじょについて詳しく調べてみ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る