ローディング中

Loading...

おでんや煮物でお馴染みの「がんもどき」、じつは簡単に手作りができるのをご存知ですか?今回は自家製がんもどきの作り方、人気の煮物やバリエーション豊富ながんもどき活用レシピ16選をご紹介します。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

自家製がんもどきを作ってみませんか?

おでんや煮物でお馴染みのがんもどきは、だし汁がじゅわっとしみたほっとする味、和の家庭料理に欠かせない食材です。
がんもどきは豆腐の加工品の一種、水切りした豆腐を練って、人参・きくらげ・れんこんなどを混ぜて丸め、油で揚げた料理です。
また「ひりょうず」「ひりゅうず(飛龍頭)」とも言われることがありますが、この独特な名前の語源はポルトガル語で「フィリョース」という小麦粉と卵を混ぜて油で揚げたお菓子に由来しています。
がんもどきの食べ方は、やはり煮物が人気です。しっかりと含んだ煮汁の旨味がじゅわーっとでてきます。おでんはもちろん、ナスや大根・しいたけなど野菜一緒に炊き合わせて優しい味に。肉類と組み合わせて食べごたえのある主菜にと楽しめますよ。

がんもどきの作り方

がんもどきの作り方

Photo by suncatch

がんもどきは意外と簡単に手作りできます。お好きな具材でアレンジのバリエーションも広がりますよ♩

材料(直径6cm8個分)

材料(直径6cm8個分)

Photo by suncatch

木綿豆腐……300g
人参……50g
刻みネギ……大さじ2
干し椎茸……2枚(水で戻す)
乾燥ひじき……大さじ2(水で戻す)
卵……1個
塩……小さじ1/2
片栗粉……大さじ3

作り方

1. 豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱皿にのせ電子レンジで3分加熱し水切りします。
作り方

Photo by suncatch

2. 豆腐をくずし入れ、みじん切りの人参と椎茸、他の材料を全部入れてよく混ぜます。
作り方

Photo by suncatch

3. 2を8等分して丸め、180℃の油で揚げます。
作り方

Photo by suncatch

4. 表面がこんがりときつね色になればできあがりです。
作り方

Photo by suncatch

キッチンペーパーの上にあげて、余分な油を落としましょう。
作り方

Photo by suncatch

揚げたてはサクサクなので、熱いうちに食べてくださいね♩

市販のがんもは油抜きでおいしく

市販のがんもどきを使うときは、調理前に熱湯をさっと回しかけて油抜きをしましょう。余分な油を抜いてカロリーカットすることができます。
また、油抜きによって出汁のしみ込みが良くなり、中まで味を含んだおいしい煮物に仕上がります。

ほかにもある!自家製がんもどきの作り方4選

1. 簡単!はんぺん入りひじきがんも

こちらははひじきの煮物をリメイク、はんぺん入りで味付けいらずの簡単メニューです。袋ごと手で揉みほぐしたはんぺん・豆腐・ひじきの煮物・卵・片栗粉を混ぜて、油で揚げます。ひじきの煮物が少なめの時は、めんつゆで少し味を足してくださいね。

2. ヘルシー♩イワシ入りひとくちがんも

青魚が苦手な方でもおいしく食べられる、イワシのひとくちがんもも簡単に作ることができます。豆腐は電子レンジで水切りし、イワシは開いて骨を取り除き包丁でたたきます。千切り人参・小口ネギ・乾燥ひじき・塩・すりおろし生姜・片栗粉を加えて混ぜ、ひと口大に丸めて油で揚げれば完成。イワシの代わりにアジや鶏ミンチにで作ってもおいしいですよ。ひじきは豆腐の水分を吸うので乾燥したまま混ぜてOK。

3. 水切りいらずの厚揚げがんも

豆腐の代わりに厚揚げを使って自家製がんもを作るという方法もありますよ。キクラゲはカップの水に入れ、レンジでチンして戻します。厚揚げは熱湯をかけて油抜きし、外皮を切り落とし細かく刻み、中身はボウルに入れ泡だて器でつぶします。千切りにしたキクラゲ・人参・卵や桜エビなどすべての材料を加えて混ぜ、空気を抜き成形します。フライパンで揚げ焼にすれば完成です。

4. うずらと枝豆の洋風がんも

枝豆入りの洋風がんもは、外がカリッと中はふわっのおいしさです。水切りした木綿豆腐に枝豆と鶏がらスープ・塩を混ぜて成型し、茹でたうずら卵をうめ込み丸めて、油で揚げます。枝豆の食感がアクセント、うずら卵との色合いもきれいですね。

▼がんもどきを揚げないバージョンもあります!

がんもどきの人気煮物レシピ8選

1. がんもどきの煮物

心がほっとするがんもどきの煮物は、ぜひマスターしたいメニューです。がんもどきは熱湯をかけて油抜きし、ナスは縦半分に切り皮に細かく切り込みを入れます。薄口醤油の合わせだし汁で、がんもどきを煮てからナス・しいたけ・いんげんを加えてさらに煮含めればできあがり。煮含めたがんもどきとナスにだし汁がじゅわっとしみて、おいしそうですね。

2. 大根手羽先がんものうま煮

大根に手羽先とがんものコク・旨味がしっかりとしみこんだ煮物は、食べごたえのある和の主菜です。熱湯で油抜きしたがんも、米の研ぎ汁で下茹でした大根、さっと表面を炒めた手羽先を甘辛だし汁で煮ます。大根が軟らかくなれば火を止め器に盛り付けます。大根の葉(無ければ青菜)をさっと塩ゆでしたものをのせ、からしをトッピングすれば完成です。

3. がんもどきのキムチ煮

こちらはピリッとした味わい、ご飯のおかずやお酒のおつまみにピッタリながんもどきのキムチ煮です。がんもどきは熱湯をかけて油抜きし、キムチは食べやすい大きさにざく切りします。醤油・砂糖・酒・だし汁でがんもどきを煮含め、キムチを加え強火で煮て、白ごまをかければ完成です。

4. ひりょうずの炊き合わせ

ひりょうず(がんもどき)とカブの上品な炊き合わせは柚子の香りがアクセント。ひりょうずは油抜きし、カブは葉を切り落として皮をむき櫛切りにします。葉の部分は塩茹でして3cmに切っておきます。調味料とだし汁を合わせて煮立たせ、ひりょうずとカブを加えて落し蓋をし弱火で煮ます。仕上げに葉を加えてさっと煮ればできあがり。器に盛り柚子の削ぎ皮をのせ、一味唐辛子を振ってお召し上がりください。

5. 冷製♩がんものおろし煮びたし

がんもどきと言えばほっこりと温かい煮物のイメージですが、冷やしてさっぱりと食べる夏向きのメニューもありますよ。めんつゆに生姜のすりおろしを混ぜて煮立たせたつけ汁に、揚げたての自家製がんもを浸します。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし大根おろしと小口ネギをトッピングすれば、爽やかながんものおろし煮浸しの完成です。

6. さつまいもとがんもの含め煮

甘いさつまいもとがんもの含め煮は、心がほっこりとする優しげな和惣菜です。小さめのさつまいもをきれいに水洗いし、皮ごと輪切りにして水に30分浸けアク抜きします。がんもどきは熱湯をかけて油抜きします。鍋に薄口醤油・砂糖・みりん・だし汁を合わせ、がんもどき・さつまいもを加えて強火にかけ、煮立ったら落し蓋をして中火で煮含めれば完成です。

7. コク旨!牛肉とがんもどきの煮物

だしの味をしっかり含むがんもどき、牛肉の薄切りと一緒に甘辛く煮ると、コクと旨味たっぷりの食べごたえのあるおかずになりますよ。牛肉とひと口がんもをさっと炒め、水・だし醤油・砂糖・酒などを加えて煮詰めます。仕上げに茹でたスナップえんどうで彩りを。ごはんがすすみそうなメニューですね。

8. さっぱり爽やかに~ひりょうずとタケノコの梅煮

旬の柔らかいたけのことひりょうず(がんもどき)を梅入りのだし汁と醤油・みりんなどで炊いた、見た目も上品な煮物です。ひりょうずは熱湯で油抜きし、水煮たけのこ・しめじ・青ネギと一緒にだし汁で煮ます。ふたをした鍋から蒸気が出てきたら、包丁で叩いた梅干し・醤油・みりん・酒を加えてさっと煮ればできあがり。火を止めてしばらく置いて味を含ませてから盛り付けましょう。

意外と合う!? がんもどきのアイデアレシピ4選

1. 和洋ミックス♩がんものチーズ焼き

がんもどきを使ったメニューは煮物だけじゃありません、ヘルシーな和洋ミックスのチーズ焼きはいかがですか?がんもどきは並べやすい大きさに切り、フライパンで焼きます。耐熱皿に並べ、めんつゆかだし醤油を回しかけてピザ用チーズをたっぷりのせます。オーブントースターで焼き、ネギと一味唐辛子をかければできあがり、熱々をフーフーしながらたべたいひと品です。

2. ヘルシー&ボリューミー♩デミオムがんも

がんもどきの上にふんわりオムレツとデミグラスソース、なんともボリューミーでヘルシーな洋食メニューです。バターとにんにくチューブを入れたフライパンに火をつけます。がんもどきを手でちぎりながら加えて炒め、耐熱のグラタン皿に流し入れます。同じフライパンでプレーンオムレツを作り、がんもどきの上にのせ市販のデミグラスソースをかけます。チーズをトッピングして、オーブントースターで焼けば完成です。

3. カンタン!たこ焼きがんもどき

こちらは簡単で楽しいアイデアレシピ、ひと口がんもどきをたこ焼き風にアレンジしたメニューです。ひと口がんもを耐熱皿に並べ、十字に切り目を入れます。親指大に切ったちくわと紅ショウガを切り目に押し込み、全体にごま油を回しかけてトースターで焼きます。ソース・ネギ・かつお節・マヨネーズをトッピングしてどうぞ!糖質が気になる方にもおすすめのメニューです。

4. 朝食にパパッと作れる~小がんもの塩えのき蒸し

こちらも簡単スピードメニュー、和朝食にピッタリなひと品です。ひと口がんもは、熱湯をかけて油抜きします。ざく切りのえのき茸・塩・ゴマ油を混ぜ、がんもと一緒にフライパンに入れ蓋をして中火にかけます。温まったら火を弱め、1〜2分蒸し焼きにして火を止めます。小口ネギを散らしてお召し上がりください、ごま油の風味がポイントです。

がんもどきを毎日の食卓に♩

自家製がんもどきの作り方、バラエティ豊かな煮物と活用レシピ、いかがでしたか?お好きな具材を混ぜたがんもどきは手づくりならでは、家庭料理の楽しみが広がりそうですね。ほっこりと幸せな気持ちになる煮物の数々、意外な組み合わせのがんも活用レシピ、どちらも朝食に夕食にと役立ちそうです。ぜひあなたもがんもどきのメニューにチャレンジしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

中華料理 チャーハン 中華 まとめ

中華料理屋で人気を誇る「チャーハン」!今回はそんな中華の定番メニューにスポット当ててみました。都内でやみつきになる絶品チャーハンを堪能できる穴場スポットをご紹介します。気になるお店をチェックしてみてくださいね。

まとめ

仕事・家事・育児に忙しい女性にとって、パパッと作れる時短レシピは強い味方。今回は、人気の時短レシピ25選をご紹介します。夕食のメイン料理・あと一品の副菜・ランチ・お弁当・ティータイムのお菓子まで、どれも10分…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

レシピ まとめ サラダ

私がコールスローをはじめて知ったのはケンタッキーのメニューでしたが、今や日本でもすっかり定着してきましたね。そんなコールスローのアレンジレシピをご紹介します。

レシピ まとめ キャベツ

春キャベツのおいしい季節です。香ばしいアンチョビと合わせると一段とおいしさが引き立つようですよ。アンチョビと言うとちょっと高価にも思えますが、最近は100円ショップでも扱いがあるようです。手軽においしく旬のも…

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

寿司 韓国料理 レシピ まとめ アレンジレシピ

キンパとは韓国風海苔巻きのこと。ごま油を薄く塗った海苔と様々な具材を巻いた韓国の家庭料理が、日本のご家庭でも簡単に作れるということで人気がじわじわ上がっています♪ 今回はそんなキンパのアレンジレシピをご紹介☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ケータリング お弁当

雑誌やテレビの撮影現場などでモデルさんから大人気という「MOMOE(モモエ)」のケータリングごはん。見た目も彩り鮮やかでおしゃれなことに加え、無農薬・無添加の食材を使ったヘルシーなからだに優しいごはんらしいで…

北海道 お土産 スイーツ 成田空港

北海道の新千歳空港に江崎グリコが手掛ける「キャラメルキッチン(CARAMEL KITCHEN)」がオープン!店内で作られているキャラメルがそのまま店頭に。まさに出来立てなんです♪ど北海道産の食材を贅沢に使用し…

suncatch

美味しいものを人と分かち合うことが大好き。 食と健康情報にアンテナ...

ページTOPに戻る