ローディング中

Loading...

横浜市綱島の味噌汁専門店「ミソイ」。味噌、肉、魚、野菜、お米。全ての食材を選び抜いて提供!好きなものを好きなだけ注文することができるビュッフェスタイルで、自分だけの定食をつくることができます。ミソイの魅力をご紹介します。

和風のファストフードが綱島に!

2017年2月10日、横浜市綱島 に「ミソイ(MISOY)」というお店がオープンしました。ごはん、味噌汁、おかずを選んで、自分だけのオリジナル定食がつくれるビュッフェスタイルのお店です。そして、日本人にとって大切な存在である「味噌」にフォーカスをあてた、味噌汁専門店です。

こだわり味噌をつかった味噌汁は、「今まで食べていた味噌汁と全然違う!とてもおいしい!」と話題になっております。豚汁といった定番のものはもちろん、洋風にアレンジされたものまで、さまざまな味噌汁があります。

2013年にユネスコ無形文化遺産にも登録され、今世界中が注目している「和食」。和食をコンセプトにし、豊富なメニューを提供しています。健康志向のグルメ志向の方に、いまオススメの「MISOY」の魅力を詳しくご紹介します。

小鉢ビュッフェスタイルの「ミソイ」

綱島駅から徒歩1分~青い建物が目印

ミソイは東急東横線網島駅のすぐ近くにあります。網島駅で降りたら東口から出ます。そのまま駅に背を向けて歩いていきます。バスターミナル沿いに横断歩道がありますので、そちらを横断して徒歩1分。青い建物が目印です。

外観は、おしゃれなカフェのよう。まさか和食のお店だとは思いつきません。濃い紺色の壁に、真っ白な「MISOY」の名前がとても映えています。大きなガラスを使っているので、店内の様子も確認できます。お子さま連れでも、混雑していないときを狙って入店できますね。
お店に入ってみますと、とても明るく温かい空間が広がっています。テーブルやカウンターは木を基調としたデザイン。壁や天井は解放感がある白色。木の温かさと、清潔感ある白がマッチして、とてもスタイリッシュな空間になっています。椅子や壁にポイントで使われている赤色も、おしゃれな空間を演出しています。

1階はカウンター席が5席、2階はカウンター席とテーブル席が合わせて25席。サッと食べたいときは1階、ゆっくり食べたいときには2階がおすすめです。

MISO+SOY=MISOY

店名である「MISOY」はちょっと変わった名前。このMISOYという名前は、MISO(味噌)とSOY(大豆)を合わせてつくられた造語です。社長である篠原正義さんが、「味噌と大豆を使う、素晴らしい日本食の文化を世界へ広めたい」という思いを込めてネーミングしました。

食は生活の基本。バランスのいい食生活は、心を育てて生活も豊かにする。そう信じて、ミソイの店員一同「ミソシルズ」は、心をこめたおもてなしをしています。

ミソイは魅力たっぷり!

選び抜いた味噌を、いちばんおいしい形で提供

看板商品である味噌汁の味の決め手となる味噌。そして、ミソイという名前の由来にもなっている味噌。ミソイは、その魂ともいえる味噌とひたむきに向き合っています。

九州麦味噌、信州味噌など全国各地から厳選された味噌は、それぞれの味噌といちばん合う出汁と具材と合わせています。開発には日本料理人とも協力して、1年余りの月日を費やしたそうです。

ミソイの魅力のひとつは、全国各地の味噌をいちばんおいしい形で味わうことができること。これは、その地域の味噌を味わってもらうことによって、その地域の活性化に協力したいという思いもあるからだそう。

味噌汁は日替わり

提供される味噌汁は、日替わりで数種類の中から選ぶことができます。具だくさんで食べごたえ十分な豚汁、鮭がおいしい北海道汁、貝の旨味が凝縮されたしじみ汁あさり汁などがあります。

ほかにも、和×洋のコラボイタリアン汁といった、ミソイでしか味わうことができないユニークな味噌汁も提供しています。このイタリアン汁は、チーズのコクが効いたバジル風味のイタリアン味噌スープに、トマトやキャベツなどの野菜がたっぷりと入っており、女性の人気も高いそう。

そして、テイクアウトで味噌玉という商品も提供しています。この味噌玉は、お湯で溶かすだけでミソイのおいしい味噌汁を手軽に楽しむことができます。

ごはんは「白米」or「雑穀米」

おいしい味噌汁とご飯は、最高な組み合わせ。ミソイはお米にも妥協しません。ミソイのお米は、お米のプロ「すえひろ」から仕入れられています。すえひろは、農家から直送された新鮮でおいしいお米を幅広く取り揃えていることを強みとしています。

そのすえひろと協力し、ミソイの味噌汁とおかずにいちばん合うお米を厳選しました。選ばれたお米は、白米は長野県産こしひかり、雑穀米は新潟県産の五十穀。

このおいしいごはんを、自分が食べたい量だけ茶碗に盛って、210円となっています。白米と雑穀米の両方を盛り付けてもOK。自分が食べたい方を、自分が食べたい分だけ盛り付けることができます。

お好みのおかずをチョイス

おかずも、好きなものを好きなだけ選ぶことができます。おかずによって、それぞれ値段がつけられています。選ぶおかずの種類と数にもよりますが、だいたい一人あたり1,000~1,500円くらいが相場となっています。

おかずは、日によって数10種類提供されています。味噌から揚げ、鶏の味噌焼き、サバの味噌煮といった看板商品の味噌を使ったもの。新鮮な野菜を使った、グリーンサラダやトマトの味噌漬け。和食の定番きんぴら、ひじき、ふろふき大根。ごはんのお供、塩辛や納豆、梅干しなどもあります。

定食はアレンジし放題♩

人気NO.1~味噌から揚げ

左下:味噌唐揚げ240円

ミソイの数あるおかずの中でも、人気NO.1が「味噌から揚げ」(240円)です。味の決め手は、選び抜かれた信州味噌。醤油よりもコクがあり奥深い味に。そして揚げることで、味噌がこんがりと香ばしく。ご飯にも合う最高のおかずです。

そのほかにも、ヨーグルトが隠し味の「鶏の味噌焼き」(240円)といった、味噌を使ったお肉のおかずも充実しています。ヘルシー志向の方はもちろん、がっつり食べたい育ち盛りのお子さんも大満足ですよ。

ヘルシー志向の方に~お魚もオススメ

中央:さばの味噌煮290円

日本食がヘルシーで健康的であるとは、世界的にも認められています。ミソイには、お肉だけではなく、ヘルシーなお魚のおかずも充実しています。

ミソイといえば味噌。味噌を使ったおかずといえば、「サバの味噌煮」(290円)は外せません。サバに合う味噌を厳選し、サバと味噌どちらの味もしっかりと味わうことができるひと品となっています。

右下:旬魚の焼き290円

旬のお魚を使った焼き物もおすすめ。こちらの「旬魚の焼き」(290円)は、そのときにいちばんおいしい旬のお魚をいただけます。日本食は四季の移ろいを大切にするもの。そのときにいちばんおいしい食材をいただくことは、四季がある日本だけの幸せかもしれませんね。

この写真は鮭を使ったもので、「甘じょっぱい味でご飯を何杯でも食べられそう!」と、とても評判でした。

隠れた逸品~自慢の大粒南高梅

左上:自慢の大粒南高梅90円

こちらは「自慢の大粒南高梅」(90円)。梅の爽やかな香りと酸味が、口いっぱいに広がります。ご飯のお供にはもちろん、〆にもぴったりです。

こだわり野菜もおいしい!

左上:グリーンサラダ210円

ミソイは、野菜も新鮮なものを厳選して使っています。お店で出される食材は、ミソイが誇りを持って提供しています。

こちらの「グリーンサラダ」(210円)は、ぜひプラスしたいひと品。ドレッシングもオリジナルのものを5種類用意されているので、その日の気分によって選ぶことができます。

左上:トマトの味噌漬け90円

箸休めにおすすめが、こちらの「トマトの味噌漬け」(90円)です。トマトの味噌漬けとは、味噌を扱うミソイならではのひと品ですね。トマトと味噌、どちらも旨味がたっぷりな組み合わせ。合わさっておいしさが格段とアップしています。味噌の甘味、トマトの酸味のバランスもとてもいいそう。

テイクアウトの味噌玉も種類豊富!

味噌玉とは、戦国時代に武将達が用いていた保存食を、現代風にアレンジしたものです。味噌と乾燥した具材を丸めたもので、お湯で溶かすだけで簡単にお店の味を楽しむことができます。職場にはお湯が用意されているところも多いので、味噌玉を持っていけば簡単にあたたかい味噌汁をいただくことができます。

味噌は菌でできている食品なので、乾燥させたりせずにそのまま生でいただくことが、いちばんおいしい食べ方だそう。味噌玉は、おいしい味噌汁をお客様に味わってもらうために、研究に研究を重ねて開発されたものなのです。そして、その見た目もポイント。まんまるでかわいらしいフォルムに、具材が飾りのよう。和菓子のような繊細な美しさは、手土産にも喜ばれそうです。

バリエーション豊かな味噌玉

2017年4月時点でのラインナップは5種類。また、テイクアウトのみでの販売となっています。2017年内には、10種類まで増やす予定だそう。現在のラインナップは以下の5種類となっています。

【ふわふわ味噌玉(190円)】
わかめとお揚げ入り。出汁を吸ったお揚げが絶品な味噌玉。

【ネギと油揚げの味噌玉190円】
馴染み深い具で、ほっと一息。どこか懐かしい味噌玉。

【彩り味噌玉280円】
ほうれん草と海老入り。カラフルで華やかな味噌玉。

【ネバネバ味噌玉280円】
体に優しい食材を。ヘルシーな味噌玉。

【キノコ味噌玉280円】
たくさんのキノコを味わえる、旨味たっぷりな味噌玉。

おいしく飲むコツ

味噌の風味や香りは、加熱すると飛んでしまいます。鍋に移して加熱したりせずに、規定の量の熱湯を注いでいただきましょう。

一緒におにぎりもおすすめ!

味噌玉のお供には、「おにぎりの詰め合わせ(500円)」もおすすめです。おにぎりのお米は、長野県産こしひかりと新潟県産五十穀を使用。人気NO.1おかず味噌から揚げ、ほっこりおいしい出汁巻、箸休めに嬉しいきんぴらもセットになった大満足な商品です。

ミソイで、日本食の文化を再認識!

今回オープンされた網島店は、ミソイ0号店とされています。これは、ゆくゆくは世界中にお店を出店し、日本食の魅力を伝えたいという願いが込められているからです。ますます日本食の注目度がアップしていくかもしれません。

ヘルシーで健康にもよいとされている日本食。私たちの先祖がつくりあげ、伝えてきてくれたその伝統。四季折々の食材を大切にし、季節の移ろいも表現する繊細な精神。身近すぎて忘れてしまっている日本食の素晴らしさを、ミソイで再認識しませんか?

店舗情報

■店舗名:MISOY(ミソイ)
■最寄駅:東横線綱島駅
■住所:神奈川県横浜市港北区綱島東1-6-2
■電話番号:045-642-5467
■営業時間:10:00~22:00(L.O. 21:30)
■定休日:なし
■参考URL:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14066171/
■公式facebook:https://www.facebook.com/omisoy/

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根 和食 まとめ

昆布だしで優しく煮込んだ大根に、味噌だれをかけて楽しむ「ふろふき大根」。今回は、しっかり下処理で本格的な味に仕上がる基本のレシピや、圧力鍋やレンジで作れる人気の簡単アレンジなど、ふろふき大根レシピをたっぷりと…

ハロウィン ホテル ビュッフェ

ホテルニューオータニ幕張のティー&カクテル「ザ・ラウンジ」で、『スイーツ&サンドウィッチビュッフェ~栗とぶどうの収穫祭~』開催!3種のモンブランやフレッシュぶどう食べ比べ、“ちょい怖”メニューなどでハロウィン…

銀座 和食 ランチ まとめ

銀座でランチというと、ちょっぴりお高めという印象ですが、今回は比較的リーズナブルなおすすめの和食ランチをご紹介します。安くてボリューム満点のお店、1000円以下で食べられるお店、個室のあるお店などを集めてみま…

レシピ 和食 スイーツ サラダ スープ まとめ

大豆というと、五目豆などの煮物を連想しがち。しかし、実は洋食やスープ、スイーツにも使える万能食材なんです。今回は、幅広いジャンルの大豆レシピをご紹介します。乾燥大豆を戻す手間がない、水煮大豆を使う簡単なレシピ…

さつまいも レシピ まとめ

秋が旬の甘いさつまいも。美容と栄養満点のさつまいもをまるごと美味しくいただくには、なんと言ってもお味噌汁が一番! 定番から新しい組み合わせの簡単レシピ20品をご紹介します。ほっこり美味しいさつまいもの新しい組…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パンケーキ ハワイアン おしゃれ 原宿 スイーツ まとめ

「パンケーキなう」このツイートが出来ていない女の子はすぐさま行くべきです! 見た目も味も完璧なパンケーキの写真をアップしてくださいね。

ラザニア ランチ 表参道 まとめ 東京

ミートとパスタとチーズの相性がたまりません!ラザニアって突然とても食べたくなるんですよね。そんな私みたいな人もきっと多いはず。今回は、表参道、田町、渋谷、恵比寿、赤坂、銀座など、美味しい、超美味しいラザニアが…

渋谷 カフェ コーヒー まとめ

渋谷に数あるカフェの中でも、おしゃれで居心地抜群、さらに可愛いラテ・アートが楽しめるお店をPickUp!お茶する楽しみが増えちゃいますね!

シュークリーム スイーツ お土産 おしゃれ まとめ

シュークリームといえば丸い形が定番ですが、四角いシュークリームだってあるんです。見た目はなんともおしゃれ。手土産にもしても喜ばれること間違いなしです♪

まとめ お土産 長崎 お菓子

長崎といえばカステラ!たしかにカステラは甘くてふわふわでおいしいですよね。でも、ほかにもいろいろあるんです。カステラ大好きの甘党向けからお酒大好きの辛党向けまで、押さえておきたい長崎のおいしいお土産をご紹介し…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チーズ レシピ まとめ

カマンベールチーズを使った人気レシピを7点ご紹介します。いつもはシンプルなおつまみ止まりなカマンベールチーズを今回は、大胆にかつおしゃれに使ったレシピをご紹介します。簡単なものばかりなので、ぜひ作ってみてくだ…

スイーツ ティラミス ハイブリッドスイーツ

滋賀県にある大津市の「ルメルシエ」というクレープ屋さんが販売している人気のハイブリッドスイーツ「ティラミル」。楽天ランキング1位やモンドセレクションを受賞したティラミスとミルクレープを組み合わせたスイーツです♪

調理師 製菓衛生師 kii

調理師、製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。...

https://kii-kitchen.blogspot.jp

ページTOPに戻る