ローディング中

Loading...

赤ちゃんの生後100日ごろに行われる伝統的なお祝い事「お食い初め」。料理の意味やレシピをご存じですか?初めて経験する方にとって、わからないことが多いものです。ここでは、お食い初めのオーソドックスなレシピと意味を紹介します。

お食い初めの料理、どうすればいい?

お食い初めというのは、生後100日ごろに行われる、日本の伝統的なお祝い事です。赤ちゃんが「一生食べ物に困らず、すくすくと成長できますように」という願いが込められているのです。

お食い初めの期限や由来というのは、はっきりとはわかっていません。文献によると、平安時代の頃から行われていることがわかっています。さらに、室町時代には多くの、お食い初めの記録が残っていることから、このお祝い事は古くから連綿と行われてきているのです。

元々、お餅を食べさせていたようなのですが、江戸時代になって現在の形になりました。

どんなことをするの?

お食い初めは、生後100日前後の赤ちゃんに初めての食べ物を用意して、食べる真似をさせる行事です。実際に100日前後というのは生後3ヵ月を過ぎたあたりですから、母乳やミルクで成長している時期。離乳食にもまだ早い段階です。

そのような時期ですから、お食い初めと言っても、実際に食べさせるわけではありません。あくまでもお祝いの儀式として食べる真似をするだけなのですが、それでも用意する食事は多彩なものになります。

とは言っても、現在ではお食い初めの簡素化も進んでいて、記念写真を撮るだけ、あるいはネットなどで宅配サービスの「お食い初めセット」を注文して済ませることも多くなってきたようです。

ここでは、古式に則ったお食い初めの料理や意味について紹介します。

お食い初めの料理と意味

お食い初めのメニューは、日本料理の基本である、一汁三菜を基本としています。まずは、お食い初め用の「祝い膳」を用意します。お食い初めのメニューには地域ならではのものがありますので、ここでは一般的なものを紹介しています。

また、食器については男の子用のものと、女の子の用のもので色が違うので注意しましょう。男の子用は側が朱色で、女の子用の側は黒色になります。

鯛はお祝い事には必ず出てくる魚です。「めでたい」の語呂合わせもあって、お祝い事には欠かせない魚といえます。身近なところでは、横綱襲名の祝いの席で、新横綱が大きな鯛を持っているのが印象的です。

このように、古くからめでたい席では、鯛の尾頭付きが日本ではつきものとされてきました。それは、お食い初めのお祝い事でも同じです。

また、鯛には人の先頭に立てるように、という意味があります。形だけとは言っても、赤ちゃんの口につけるのでしっかりと火を通しておきましょう

赤飯

おめでたい行事のときに欠かせないのが赤飯です。もちろん、赤飯ではなく、季節の食材を混ぜたご飯や白米でも問題ありません。ご飯は各地域の特徴が出やすい部分ですから、その点にも注意したほうがいいです。

お赤飯にこだわらないのでしたら、旬のものをいれた炊き込みご飯も、お食い初めのメニューに彩りを添えそうです。見た目が華やかになりますから、白米よりも豪華に見えます。

お吸い物

お吸い物には、「おっぱいを飲んですくすくと成長しますように」という願いが込められいます。食材には季節のものをいれるようにします。

日本料理では、古来、一汁三菜が徹底されてきました。その一汁となっているのがお吸い物なのです。質素なものが多い中で、野菜は人参など彩りのいいものを入れるのが基本と言えます。

煮物

煮物はおめでたい意味で、昆布やタケノコなど、海の幸・山の幸をふんだんに入れ、さらに旬を感じさせるものを準備するようにします。お祝い事ですから、紅白を人参と大根で彩ると縁起が良いとされています。

現在においては、旬を意識しなくてもほとんどの食材が手に入るので、食材選びに困ることはなさそうです。

香の物

香の物は、しわができるまで、長寿でいられますように、との願いを込めて梅干しを添えることが多いようです。旬の食材を入れることが多いので、これにも各地域の名産や特産などが入る部分ですね。

反対に何を入れるか迷うときは、梅干しをちょこんと乗せているだけでも問題はありません。

歯固めの石

主に、香の物に、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めて「歯固めの石」を添えます。これも地域によってはタコや栗などを添えるところもあります。

お食い初めの順番と食べ方

繰り返しになりますが、お食い初めといっても生後100日のお祝い事ですから、実際に食べるわけではありません。離乳食にもまだ早い時期なので、実際には食べさせる真似をするだけです。

ここでは、実際のお食い初めの作法を順番に説明します。

ご飯・お吸い物・お魚の順番に食べる

お食い初めの食べ方にも順番があります。基本的には、ご飯、お吸い物、お魚の順番に食べさせる真似をします。また、地域によっては、ご飯、お吸い物、ご飯、お吸い物、魚、ご飯、お吸い物の順番に、3回繰り返して食べさせる真似をするところもあります。

他の膳がある場合の食べ方

お食い初めのお祝い事は古くから行われているので、地方色の出やすいものです。一般的な献立を紹介していますが、地域によっては他の膳が出る場合もあります。そのときは、地域のしきたりに詳しい人の助言を聞くようにしましょう。

現代は古式に則らずに自由にお祝いをする風潮もあります。その一方で古式に則った由緒正しい、お食い初めをすることもいまだに少なくありません。儀式を継承する意味でもしっかりとした作法を学んでおきたいものです。

歯固めの儀式

お食い初めの中で重要な儀式となっているのが、歯固めの儀式です。これは文字通り、石のような丈夫な歯が生えてきますように……という願いが込められています。そこで気になるのは、歯固めの儀式に使われる石です。

この石は、どこで手に入れたらいいのでしょうか。歯固めの石の入手方法はいくつかあるようです。

一つは、神社です。神社によってはお宮参りの祈祷を行ってもらった歳に、祝いの箸などと一緒に歯固めの石を授かる場合もあるとのことです。

もう一つの方法も、同じ神社です。地域には必ず氏神様を祭る神社があります。その境内にある小石を譲り受けて歯固めの石に使用するのです。歯固めの儀式が終わった際に、小石は神社に返すようにしましょう。

お食い初めの食器

お食い初めで使う食材を入れる食器も、どんなものにしたらよいか気になりますよね。お食い初めは古くからあるしきたりですから、入れ物にも気を使いたいもの。では、お食い初めにはどのような食器を用いたらいいのでしょうか。ここでは、お食い初めの食器について説明します。

基本は漆

お食い初めの食材を入れる食器は、基本的には漆器を用います。そこまでこだわらなければ、通常の食器でも代用は可能です。お食い初めでは、正式なものとして、祝い膳を用意します。箸は柳の白木で、両端が細くなっているものが祝い箸として古くから使われてきました。

箸は祝い箸として、お宮参りなどで神社から振る舞われることもあります。家紋は、婚家(嫁ぎ先)のものを入れることが多いです。もっとも、昔ながらの正式な漆器やお膳を使うことは現在ではそれほど多くありません。食器に関しても強くこだわる必要はないと言ってもいいです。極端に言えば、家にある食器を使っても問題ありません。

女の子は黒塗り・男の子は朱塗り

お膳は紋付きとなり、男の子なら全部が朱塗りの膳となります。そして、女の子なら外側が黒塗りとなり、内側が朱塗りの漆器を使用することが一般的です。このお膳は母方の実家から贈られることが一般的。家紋は婚家(嫁ぎ先)のものをいれます。

これも形式的なもので、代々伝わっているような家でしたら、それを使えばいいのですが、一般家庭でここまで徹底するほうが現代では少なくなっているようです。

お食い初め食器の通販

お食い初め食器の通販

出典:楽天市場

【和食器】初膳セット/朱色 男の子用/黒色 女の子用/日本製/お食い初め・お食い初めセット・お食い初め膳/御百日祝い/生

¥3240

楽天市場で購入
高級感のある初膳セットで、お食い初めに最適です。ギフトとして利用できるので、贈り物にも良いでしょう。男の子用には朱色の漆器となっていて、女の子四用には外側が黒色の漆器となっています。

食器については4点セットとなります。ご飯茶碗に、お汁茶碗、そしてそばや梅干しなどを入れるつぼ茶碗、平茶碗には煮物や紅白の餅を入れます。それぞれ蓋がついているので取り皿、さらには鯛をいれる皿に利用します。

宅配サービスの利用方法

赤ちゃんが生まれて100日頃に祝うのが、お食い初めです。赤ちゃんの将来にとって大切なお祝い事ですから、盛大にお祝いをしたいのですが、食材を全て揃えるのは大変です。そのようなときに便利なのが、お食い初めの食材の宅配サービスです。

現在のお食い初めの宅配サービスは、材料が送られてきて、こちらで料理するものではありません。必要な料理が全てできあがった状態で届くので、簡単な準備だけで十分なのです。食器なども、宅配サービスに入っている入れ物で代用できますので、まさにオールインワンとなっているお手軽セットとなっています。

もちろん、簡単にできているからといっても、お食い初めの儀式が簡単なものになるわけではありません。食材を作る手間、用意する手間が省けるだけ、儀式に手間暇をかけることができ、お食い初めのお祝いがより有意義なものになります。

簡単に済ませる、というだけではなく現代にマッチした、お食い初めのお祝いと考えていいと思います。

通販を利用

通販を利用

出典:楽天市場

お食い初めセット壱【ランキングお食い初め1位常連】これがあればお食い初めの儀式が出来ます【今だけ天然鯛姿焼きサイズアップ

¥10800

楽天市場で購入
これ一つで、お食い初めのお祝いができる、まさにオールインワンのセットです。「赤ちゃんが一生食べることに困らないように」という願いがこもった大切な儀式が、お食い初め。忙しい現代人にマッチしており、お食い初めの宅配サービスもここまで来た!という感じの豪華さです。

豪華な茶碗がセットになったものもありますので、全てお任せにしてしまうのも良いと思います。お食い初めの食材にかける時間がなくなりますので、その分、赤ちゃんにしっかりと愛情を注ぐことができます。多彩な宅配サービスのメニューの中から最適なものを選んでください。

一生に一度!有意義な「お食い初め」を。

赤ちゃんが生まれると、お宮参りなどさまざまな行事があります。その行事の中でも、お食い初めは豪華にしたいものですが、初めてとなると何かと気苦労が多いものです。

嫁ぎ先の風習に合わせたものにしたらいいのか、夫婦で全てお食い初めを取り仕切るようにしたらいいのか、決まりごとも少なくないでしょう。しかし肝心なのは、赤ちゃんの成長と幸せをみんなで願う、ということ。その気持ちがあれば、気苦労も吹き飛ぶはずです。

また、細かいことがわからなければ、すべてを宅配サービスに任せるという方法もあります。こだわればこだわるほど味わい深い、お食い初めの儀式ができますし、宅配サービスで済ますことで産後間もない母親の負担をへらすこともできます。ライフスタイルに合わせて、赤ちゃん本位のお食い初めの儀式にしたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ケーキ スイーツ

今SNSで話題の「スマッシュケーキ」を知っていますか?海外ではお馴染みの、1歳の誕生日をお祝いするためのケーキを取り扱う「スマッシュケーキ」のオンラインショップがオープン♩身体に優しいキュートなケーキでぜひお…

おやつ まとめ

生後7~8ヶ月の赤ちゃんから大人まで楽しめる、優しい味わいの「たまごボーロ」。今回は、基本のレシピや気になるカロリー、人気のアレンジをご紹介します!材料3つでとっても簡単なので、おやつにぜひ作ってみてください…

レシピ きのこ まとめ

食物繊維たっぷりのおいしいエリンギは、ソテーや蒸し料理など、さまざまなレシピもあり使いやすい食材。下ごしらえも簡単なエリンギはちょっとボリュームをもたせたい時にも大活躍!副菜からメインにまでエリンギレシピの魅…

お子さんが一歳のお誕生日を迎える日は、家族にとっての大切な記念日です。古くから行われている一升餅でのお祝いを我が家でも……と考えているご家庭も多いのではないでしょうか?そのルーツや現在人気の祝い方を知って、素…

大さじや小さじは料理するときに便利なアイテム。レシピでもよく見かけますよね。でも、大さじや小さじが家にない場合は、どれくらいの量を足したらよいんでしょう?大さじと小さじの分量の違いなど、大さじ小さじがなくても…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 作り置き まとめ

人気ブロガーYUKAさんから学ぶ時短レシピ弁当のご紹介です。お金と時間をかけずに作れるレシピは、ご家庭で重宝すること間違いなし!お子様や旦那様のお弁当はもちろん、働く女性の方にも最適です。毎日のお弁当作りや献…

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

レシピ 調味料 まとめ バター

濃厚で爽やかな味が人気を呼んでいるレモンバター。肉、魚、野菜、そしてスイーツにも使える優秀な調味料です。いつもの味付けに代わり映えがしない・・・と思っている方は試してみてはいかがでしょうか?

ヨーグルト まとめ

塩ヨーグルトとは塩とヨーグルトを混ぜ合わせた簡単にできちゃうもの。今これが注目を集めているのです☆美肌・ダイエット効果、免疫力アップにも良いのです☆ではこの「塩ヨーグルト」を使ったレシピはどの様なものがあるの…

レシピ お弁当 チーズ まとめ

食卓の一品やお弁当の具材、おつまみやおやつにも役立つチーズインおかずの紹介です。ボリュームのあるものからヘルシーなものまでレパートリー豊富!チーズを入れる料理がマンネリ化してしまっている方はぜひレシピを参考に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

調味料 サラダ

ENNES株式会社が2015年9月に販売を始めたフルーツソルト「フルッソ(Flusso)」が新しくて面白いと各メディアや料理のプロから注目を集めています。凍結粉砕したフルーツを、西オーストラリア産の天然湖塩と…

レシピ クレープ カフェ

冬の時期に合わせてイチゴがスーパーに並ぶようになりましたね。家でつくると何となく中途半端になるクレープの盛り付けを、ちょっとオシャレにする方法をご紹介。献立共有アプリ「コンダッテ」の人気主夫アンちゃんの盛り付…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る