ローディング中

Loading...

いろいろなお料理に大活躍のひき肉、冷凍保存したひき肉の上手な解凍方法をご存じですか?一度凍らせてしまうと、解凍する際に表面だけが溶けておいしくなくなることも。ひき肉の上手な冷凍の仕方と解凍方法をご紹介!作り置きの参考にもなりますよ!

カチンコチンのひき肉を解凍

冷凍してカチンコチンになったひき肉、みなさんはどのように解凍していますか。解凍する十分な時間がないとき、ついまま凍ったままのひき肉をフライパンに入れて調理しようとしていないでしょうか?また、凍って固いひき肉を、包丁で無理に切るのも気が引けます。

ひき肉は表面積が広いため、塊のお肉よりも劣化がはやく傷みやすいのが特徴。ひき肉の中でも鶏ひき肉は、豚肉や牛肉よりも水分が多く、より傷みやすいといいます。ひき肉をおいしい状態のまま解凍するには、ちょっとしたコツが必要になるんですよ。

梅雨から夏にかけては細菌が増殖しやすい時期。間違った解凍方法をすると食中毒を引き起こしてしまうことも。今回はひき肉の正しい解凍方法とそのコツについてご紹介します。

冷蔵庫にうつして解凍

冷凍保存しておいたひき肉を一番おいしく解凍する方法は、冷蔵庫でゆっくり解凍することです。冷凍庫から冷蔵庫へ移し、時間をかけて解凍することで、おいしい状態を維持できます。

やり方

ひき肉100gあたりを冷蔵庫に移して解凍する目安は、およそ1時間。冷凍時に100gずつラップにくるんで冷凍庫へ入れて保存し、解凍時には必要な分量を、調理の2時間くらい前に冷蔵庫へ移しておけばよいでしょう。

メリット

冷蔵庫での解凍は、熱を加えることなく解凍できますので、解凍時にお肉から出る汁(ドリップ)を少なくできます。ゆっくり解凍することでお肉の劣化を抑えることができ、冷凍する前の新鮮なお肉に近い状態に近づけられます。

時間はかかりますが、手間がかからずにできるので、時間に余裕がある時はおすすめの解凍方法です。

電子レンジで解凍

冷蔵庫での解凍が一番おいしい状態に戻りますが、時間がかかってしまうのが難点ですね。短時間で解凍したいと言う場合は、電子レンジでの解凍方法がおすすめです。

やり方

電子レンジで解凍する場合は、ラップを取り外し、キッチンペーパーの上にのせて電子レンジで加熱します。解凍モードがある方は解凍モードを使い、ない場合は、150W〜200W程の弱加熱で解凍しましょう。

ひき肉100gにつき約2分程で解凍できますが、電子レンジはどうしても均等に加熱することが難しく、熱の通り方にムラができやすくなります。電子レンジを使う時には、何回かお肉の様子を見ながら熱を加えるようにしてください。また、加熱した部分は細菌が繁殖しやすくなりますので、加熱後はすぐに調理しましょう。

メリット

電子レンジを使う一番のメリットはやはり、短時間でできること。急いでいるときや時間がないときには利用できますね。

流水で解凍

短時間で解凍したい、でも加熱するのは避けたいという方には流水解凍がおすすめです。冷蔵庫で解凍するよりも早くでき、熱を加えることなく解凍できます。

やり方

ジップ付き保存用袋など、しっかり密閉できるものにひき肉を入れ、ボウルに入れた水に浸しながらゆっくり溶かします。お肉が直接水に触れないように、袋は必ず密封できるもの使ってくださいね。ひき肉を保存袋の上から軽く揉むようにすると、さらに早く解凍できます。

メリット

お肉の温度を急激に上げないため、この解凍方法も肉汁(ドリップ)が出にくく、おいしさを保つ事ができます。また、時短もできるのがよいですね。

炒め物向きの解凍方法

冷凍ひき肉をそのまま炒め物に使えるおすすめの解凍方法です。味噌炒めや、キーマカレー、麻婆豆腐、鶏そぼろなどに便利ですよ。

手順

1 冷凍の際にラップしていた場合には、ラップをはがします。
2 フライパンに1の冷凍ひき肉(200g目安)を入れて、水70ミリリットルを加えて蓋をします。
3 強火で3分加熱します。
4 3分経ったら火を止め、1分余熱をします。

フライパンの中で蒸されて解凍されるため、解凍にムラが少なく短時間でひき肉の芯まで解凍ができます。解凍後は、そのままフライパンでひき肉を炒めて、野菜や調味料を入れるだけで簡単に料理ができますよ。解凍する時間を短縮できるだけでなく、洗い物も少なくすむのが嬉しいですよね。

室温での解凍は基本NG

急いで解凍したいからと言って室温で解凍することはおすすめしません。なぜなら、室温は食品に細菌が繁殖しやすい危険な温度だからです。特に夏場の自然解凍はやめましょう。先に溶ける外側から傷みはじめ、ひき肉の中心部辺りが解凍される頃には、外側は長い間常温にさらされていることになります。

火を通せば問題ないと思っている方も多いようですが、中までしっかりと火が通ってないと、サルモネラ菌などの食中毒にかかる可能性があります。特に子供や妊婦、高齢者など抵抗力の弱い方は、重い症状になりやすいため、十分に気をつけましょう。

食中毒に注意

食中毒は一年中発生していますが、特に梅雨の時期から夏にかけては、湿気が高く細菌の増殖が活発になってきます。中でも鶏肉や牛肉に付着する大腸菌は、夏場に起こる食中毒の中で発生件数の多い原因のひとつです。

少量の菌でも感染して体内に入ると、2日から一週間程、発熱や腹痛、嘔吐や下痢などの症状が現れます。ひき肉に限ったことではありませんが、解凍時はお肉の取り扱いに十分注意し、解凍後は内部までしっかりと加熱してから食べるようにしましょう。

解凍時のポイント

いくつか解凍方法をご紹介してきました。それらの方法を使う際に、いくつかのポイントがあります。ぜひポイントをマスターして美味しくいただきましょう。

解凍したてのお肉をすぐに使わない

冷蔵庫に移して解凍したものや、流水して解凍した場合は、冷たいお肉をそのまますぐには使わず、少し置いてから調理するとよいでしょう。なぜなら、お肉は急激な温度変化を与えると、硬くなってしまう性質があるため、少し常温にならして調理すると、ふっくらとした食感に仕上がることができます。

ただし、電子レンジなどで加熱して解凍した場合は、解凍後すぐに調理しましょう。

常温に近づけて使う

10分程度室温にさらして急激な温度変化をなくすことで、お肉がパサパサになったり硬くなったりするのを防ぎ、おいしいお肉の状態で調理することができます。
▼解凍したひき肉をおいしく料理!

冷凍の仕方も重要

冷凍されたひき肉をおいしくいただくためには、解凍方法も大切ですが、冷凍保存の仕方も重要。ひき肉の冷凍方法におけるいくつかのポイントをご紹介します。

ひき肉の冷凍方法

ひき肉は表面積が大きいため酸化しやすく、すぐに劣化してしまいます。そのため、買ってきたらその日使う分と保存する分を分け、保存する分はすぐに冷凍しましょう。

1 しっかり密閉して保存する
ひき肉を保存する時は、ラップをしたらジップロックなどの密閉できる保存袋などに入れ、なるべく薄く平らにして冷凍庫へ入れます。しっかり空気も抜いておきましょう。

2 小分けにして冷凍保存する
一回分(一人前)または100グラムずつなど、次に使う時に解凍しやすい量に分けておくと便利です。

3 できるだけ素早く冷凍する
冷凍庫へ入れるとき、金属トレイなどの上にのせて保存すると急速に冷凍ができ、雑菌の繁殖を防ぐことができます。トレイがない場合には、アルミ箔で代用するとよいでしょう。

解凍したひき肉が余ったからと言って、再冷凍をするのはやめましょう。ひき肉の水分や肉汁が出やすくなり、加熱した後にお肉が硬くなっておいしくありません。

冷凍保存期間

冷凍してしまえば、いつまでも食べられると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ひき肉は、冷凍保存してから約1ヶ月程を目安に使い切りましょう。

上手に解凍して、ひき肉をフル活用

ひき肉の解凍方法について、いかがでしたか?カチカチに凍ったひき肉の解凍は、つい無理に熱を加えがちな方も多かったかもしれません。冷凍する際に小分けにして保存すれば、包丁の刃を傷めてひき肉をカットする必要もありませんよ。

電子レンジやフライパンを使った解凍方法は解凍する際に熱が通ってしまいますが、流水解凍や冷蔵庫に移す解凍の仕方であれば、買ってきた時のひき肉に近い状態になりますので、ハンバーグのタネなどにも使いやすいですよね。

今回の内容を参考に、ぜひ上手にひき肉を冷凍、解凍してみてくださいね。
▼ ひき肉でこんなレシピ試してみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

小松菜 レシピ

アクが少なく、おひたしや炒め物など使い勝手のよい小松菜。じつは、生食できるってご存知ですか?今回は、小松菜を生で食べる方法、上手な冷凍方法、おすすめレシピまで、小松菜の生食について詳しくお伝えします。

オクラ レシピ

歯ごたえと独特なねばりがおいしいオクラ。オクラは固そうに見えますが、生で食べられるのをご存じですか?他の食材とも相性のよいオクラ。カットしてさっと他の野菜と和えるだけでもおいしいサラダになります。オクラの下処…

レシピ

カレーやポトフのレシピに登場するローリエ。無いときには代用品でなんとかできるんですよ。たった1枚使いだけなのに、買い物に出るのは面倒ですよね。お肉やお魚の臭みをとってくれる、大切な存在のローリエですが、ご家庭…

レシピ まとめ

茹でるとキレイな緑色になる「絹さや」は、お料理や、お弁当の彩りとしても使える名脇役!そんな絹さやを使った人気の卵とじ、味噌汁、サラダレシピを一挙ご紹介します。いつでも使えて便利な冷凍方法も覚えておくと便利です…

ピザ

芸能人御用達のお取り寄せ冷凍ピザ「森山ナポリ」。1枚ずつ手作業で作られるカリカリもちもちのピザは、宅配ピザよりも安くておいしいと大人気なんだそうです。冷凍庫に常備しておくととっても便利な食品なので、みなさんの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介しま…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

バター まとめ

最近は深刻なバター不足...スーパーの棚からバターがなくなったなんて話も耳にしますが、じゃあバターの代用品になる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバター代わりの食材についてお話したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

レシピ マフィン スイーツ チョコレート

クリスマスにもぴったりのマフィンを作りませんか?ホワイトチョコとラズベリーを使って甘酸っぱさが絶妙のスイーツです。おもてなしの一品にもなりますし、お友達へのギフトにもできますよ!最後にラズベリーの健康効果につ…

レシピ まとめ サンドイッチ

南フランス、ニース生まれのサラダを丸いパンに詰めたサンドウィッチ、パン・バーニャ。数種類の生野菜のもつ素朴な味を、独特の形のパンに挟んで楽しむ、とてもヘルシーでおしゃれなスタイルのサンドウィッチです。今回、海…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...