ローディング中

Loading...

お肉をガッツリ食べたい!というときに思いつく焼肉ですが、家でやりたくても煙や匂いが気になって諦めてしまう人、少なくないですよね。今回は、家で焼肉を行う際の煙や匂い対策、おいしく食べるコツなどを詳しくご紹介します。

家で焼肉を100倍楽しむ!

自宅での焼肉は、焼肉屋さんでの焼肉より手軽に楽しむことができていいですよね。でも、煙や匂いが気になったり、後片付けが面倒だったり、大変な点もあるのが悩みどころです。そして味は焼肉屋さんには敵わないと思いがちな家での焼肉ですが、コツをつかめば家でもおいしい焼肉が楽しめます。

今回は煙や匂い対策はもちろん、家で焼肉を100倍楽しむための方法をご紹介します。

焼肉屋さん並みにおいしく食べる方法

自宅で食べる焼肉と焼肉屋さんで食べる焼肉での一番大きな違いはやっぱり味ですよね。お肉そのものの味だけでなく、焼き方やタレでも焼肉の味は大きく変わってきます。自宅で焼肉屋さんのようなおいしい焼肉を食べるにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、焼肉屋さん並みの焼肉を自宅で味わうためのポイントをお伝えします!

ホットプレートではなく直火で

自宅にあるホットプレートで焼肉を食べているご家庭は、結構多いかと思います。もちろんホットプレートでもお肉を焼くことはできるのですが、今一つの味になりがち。ホットプレートだと網や専用の鉄板などとは違い、余分な脂や水分が落ちないため、べったりとした焼き上がりになってしまいます。

また、温度もそこまで高くないので、焼くのに時間がかかり、お肉の旨味が流れ出てしまうことも。食後、脂がべったりとついたプレートを洗うのも一苦労です。

そんな問題をクリアできるのが、家庭用の焼肉器です。

高温の直火で、余分な脂と水分を落としながら焼くことができる優れもの。カセットグリルタイプであればコンセントも必要なく、窓や換気扇の近くに持って行って焼くことも可能です。一万円以下で買うことができるので、焼肉屋さんに行くことを考えればコスパも悪くありません。

専用の加工がされているものであれば、こびりついたお肉の脂も簡単に洗い落とすことができます。一台あると好きなときにおいしい焼肉が楽しめるので、焼肉好きのご家庭にはおすすめですよ。

お肉は専門店で買う

ついつい、いつものスーパーで買いがちなお肉ですが、焼肉をするならば断然、お肉の専門店である精肉店で買うのがおすすめです。特にホルモンが充実している精肉店は、お肉の種類も豊富で、焼肉用のお肉も充実している可能性大ですよ。スーパーでは見かけないような部位があったり、鮮度が高いお肉を扱っていることが多いので、ぜひ近くの精肉店を探してみてください。商店街の中で見かける精肉店など、普段は行かない場所へ足を伸ばして開拓するのも楽しいですよ。

焼く前にお肉は常温に

焼肉を焼く前の下準備として重要なのが、お肉の温度です。必ず常温に戻してから焼いてください。常温に戻すことで、お肉の表面を焼いたときに肉汁が流れ出るのを防ぐことができます。これだけで焼肉のおいしさはグンとアップします。

また、お肉の中の温度を表面と同じにすることで、表面だけ焼けて中は焼けていない、という生焼けの失敗を防ぐことができます。中まで火を通そうと思ってよく焼いたら表面が焦げてしまった、中までじっくり焼こうと思って弱火にしたら肉汁が流れ出てしまった、といった失敗はよくあります。このような失敗をしないためにも、お肉は常温に戻すのが大切なのです。

肉屋の自家製ダレを使う

市販の焼肉のタレはお肉だけでなく、ごはんにもよく合って食べやすいのですが、一般向けで味の特徴がさほどありません。また、味が濃く作られているので、どんな部位のお肉を食べても同じ味のように感じてしまいます。せっかくおいしいお肉を買ってきてもお肉本来の味を楽しめないのはもったいないですよね。

そんなときはお肉を買った精肉店で売っているタレを使いましょう。焼肉用のお肉を扱っている精肉店であれば、そのお肉に合う味の自家製ダレを売っていることがよくあります。自家製ダレは精肉店によって個性が出るので、複数買い集めて色々試してみるのもおすすめです。
▼こんな焼肉の部位が人気みたいですよ!

煙・匂いをおさえる方法

自宅での焼肉で気になるのは煙ですよね。うまく換気しても煙は発生してしまうのが、焼肉の困ったところ。煙のせいでカーテンや布製家具に匂いがついてしまった、という苦い経験をしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

では、そんな煙を少しでも抑えるためにはどうすればいいのでしょうか?

焼肉専用のプレートを使う

焼肉専用のプレートを使う

出典:楽天市場

焼肉プレート Y3 フッ素加工 CB-P-Y3 イワタニ Iwatani

¥1650

楽天市場で購入
煙の出にくい焼肉専用のプレートを使う方法です。肉の油が直接火などの熱源に触れないので、煙が出にくくなります。油のはねが少なくなる、後片付けが楽など、専用だからこそのメリットがたくさんあります。千円台で買えるものも多いので、試す価値ありです。

フライパンやホットプレートにアルミ箔を敷く

フライパンやホットプレートで焼肉を焼く場合に使える裏技です。くしゃくしゃに皺をつけたアルミ箔をフライパンやホットプレートに敷いて、その上で焼肉を焼くだけ。こうすることでお肉から出た余分な脂がアルミ箔の隙間に溜まり、煙の元である焦げを作らないようにすることができます。

余分な脂が落ちるのでおいしさもアップするのですよ。そして、フライパンやホットプレートに直接お肉が触れないので後片付けがとても簡単です。焦げを落とすためにゴシゴシ洗わなくていいのは、とても助かりますよね。
▼おすすめのホットプレートが知りたい!

簡単にできる!お肉の下味

タレ以外に焼肉の味を決める重要な鍵を握るのが、お肉の下味です。早く食べたい気持ちを抑え、ひと手間加えるだけで各段においしい焼肉を食べることができます。味をしっかり染み込ませるために、余裕がある場合は前日から漬け込むのもいいでしょう。今回は、おすすめの下味の付け方をご紹介します。

ごま油・塩こしょう・ニンニク

とても簡単だけれど、確実にお肉をおいしくしてくれる方法です。用意するのは、お肉がつかる程度のごま油と適量の塩こしょう、すりおろしニンニクの3つだけ。ニンニクはチューブタイプの生ニンニクでも代用できます。これらをジッパー付き袋にお肉と一緒に入れてしっかり揉み込みます。あとは時間の限りそのまま漬け置きしてください。しっかりと味が付けば、タレなしでもお肉の味を楽しむことができます。

この下味の素晴らしいところはお肉の種類を選ばないところです。牛肉、豚肉、鶏肉などすべてのお肉に使うことができます。辛味もなく食べやすいので、子どもたちにも人気の味です。

市販の焼肉のタレ・料理酒・みりん

市販の焼肉のタレを本格的な味に変える下味の付け方です。

市販の焼肉のタレに料理酒とみりんを混ぜ、お肉を入れて漬け込むだけです。料理酒とみりんは1対1の分量で、お肉が浸る程度の量の焼肉のタレに加えてください。30分以上はしっかりと漬け込んでくださいね。お好みでニンニクやごま油、レモン汁などを加えるとさらに風味が増して本格的な味わいになります。

ベースが市販の焼肉のタレなので、失敗知らずで下味を付けることができます。辛めの味付けがお好みの方は辛口タイプの焼肉のタレを使えば、それだけで大人の味になりますよ。

食べ方、焼き方のコツ

焼肉屋さんで焼肉を食べるとき、店員の方はおいしく焼ける順番でお肉を運んでくれますよね。家での焼肉をする際にも、食べ方や焼き方に、おいしく食べるためのコツがあるのです。焼肉屋さんとは少し違った、自宅焼肉ならではのコツをご紹介します。

フライパンやプレートはよく温めておく

お肉を焼くフライパンやプレートは、150度から200度くらいに温めてください。箸から水を垂らしたときに、ジュっと蒸発すればOKです。ただし、高温過ぎると焦げる原因になるので、温め過ぎには注意しましょう。鉄板から15センチほど離して手をかざし、6秒から7秒耐えられる温度が適温です。

温度を確認する際に、やけどをしないようにくれぐれも気を付けてくださいね。温度設定ができるホットプレートの場合は、あらかじめ200度に設定するようにしましょう。

脂の多いお肉から焼く

焼肉屋さんの場合は、あさっりとした味のタン塩から食べる場合が多いかと思います。

自宅焼肉の場合は味で焼く順番を決めるのではなく、脂の多いお肉から焼いてください。フライパンやプレートに脂をなじませるためです。特に買ったばかりのフライパンやプレートの場合は、しっかりと脂をなじませる必要があります。こうすることで、お肉がフライパンやプレートの表面にひっついて肉汁がこぼれないようにすることができます。

フライパンやプレートに脂がなじんだ後は、好きなお肉を好きな順番で焼いてくださいね。

野菜は焼く前にレンジで加熱する

焼肉のフライパンやプレートで野菜を一緒に焼いて食べようと思っても、表面だけ焦げて中は固いままになってしまうことってありますよね。

そんな生焼けを防ぐために、野菜は事前にレンジで加熱してから焼いてください。生のままだと焼くのに時間がかかり場所も取ってしまうので、表面に少し焦げ色が付いた程度で食べられるよう下準備をしておきましょう。

特に人参や玉ねぎなどの火が通りにくい野菜は、しっかりとレンジで加熱してください。逆に火の通りやすいキャベツやピーマンなどは加熱しすぎるとしなびてしまうので、野菜の種類によって加熱時間は調整してくださいね。つい残りがちな野菜も、こうすることでお肉と一緒に食べることができますよ。

肉汁をこぼさないように焼く

お肉の旨味である肉汁は、焼くときにこぼさないよう注意が必要です。肉汁をできるだけこぼさないためには、焼いているときに出来るだけお肉に触れないことがポイントです。

焼けているかどうか気になって、ついつい何度もお肉をひっくり返してしまう、という方は、我慢して少し待つようにしてみてくださいね。ひっくり返すときにせっかくの肉汁がお肉の中から流れ出てしまいますよ。

お肉に触るのは、表面を焼くためにフライパンやプレートに乗せるとき、裏面を焼くためにひっくり返すとき、食べるときの3回だけと覚えてください。

厚めのお肉は3割焼けたらひっくり返す

カルビやロースなどの厚めのお肉はひっくり返すタイミングが難しいですよね。薄いお肉であれば表面の色や肉汁の量などで、ひっくり返すタイミングがわかるけれど、厚いお肉の場合、中まで焼けているかわかりにくいものです。

厚いお肉の場合は、お肉を横から見て3割焼けたらひっくり返すタイミングです。また、ひっくり返すときにフライパンやプレートの上の脂をお肉になじませるようにこすりつけると、よりおいしく焼き上げることができます。ひっくり返した後は、表面を焼いたときの半分の時間を目安に焼いてください

これで中身がちょうどよく焼けたベストタイミングでお肉をいただくことができます。

家での焼肉を思う存分、楽しもう!

家での焼肉であれば帰りの車の運転も必要ないので、大人は全員お酒を飲むことができます。お肉が苦手な子ども用には、プレートの隅で焼きそばを焼くことだってできちゃいます。家族のスタイルに合わせた焼肉ができるのは、自宅ならではですよね。

今回ご紹介した煙の対策方法や、焼肉をもっとおいしく食べるコツなどを実践して、家族との自宅焼肉を思う存分、楽しんでください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

パン レシピ

時間が経って、フワフワだったパンが固い!というショックな出来事がたまに起こりますよね。固いパンを柔らかくする方法や、おすすめのアレンジパンレシピをまとめました。手軽にできる方法ばかりなので、すぐに実践できます…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

サラダ レシピ まとめ

色とりどりのフルーツサラダ、焼きみかんのブームとともに気になる存在ではないですか?今回は酸味をオレンジ系果物で出す、見た目が華やかで見ているだけで元気になる16のフルーツサラダをご紹介します。ビタミンCをサラ…

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

フルーツ グラタン まとめ

フルーツ大好きだけど冷えが気になる…そんなあなたにおすすめのフルーツグラタンレシピをご紹介します。甘酸っぱくて幸せな香りに包まれる至極のひと時♪めんどくさがりな人にも簡単に作れるレシピから、本格的なレシピまで…

レシピ おつまみ お弁当 アレンジレシピ まとめ

スーパーはもちろん、コンビニでもすぐ手に入るカニカマ。サラダやおつまみにぴったりの食材ですが、実はアレンジレシピがとっても豊富なんです。さっと簡単に作れるものから、メインのおかずになっちゃうものまで、8つのレ…

レシピ おつまみ まとめ アレンジレシピ

ポテトチップそのまま食べてもおいしくてついつい食べすぎちゃいます。でも、コストコのポテチ大袋!アメリカンサイズ!!もてあます事ありません?ポテトチップをお料理に使って一気に消費!大丈夫♡だっておいもが原料です…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

おしゃれ スイーツ

手のひらサイズがかわいい日本伝統の「豆皿」の食卓を彩るのにピッタリの万能さをご紹介します!見た目のかわいさはもちろん、どんな料理にも合う万能さも魅力の一つ。色々な豆皿と、豆皿が彩る素敵な食卓を是非ご覧ください♫

レシピ 海老 パクチー スープ

タイ料理で人気の「トムヤンクン」。自宅で本格的な味を再現したい…そんなときは簡単レシピでさくっと絶品トムヤムクンを作っちゃいましょう♩じわじわ来る辛味と酸味は、一度食べたらやみつき必至。今日の食卓にぜひ並べて…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る