ローディング中

Loading...

イチゴって果物のイメージがありますが、実際には野菜と果物のどちらかなのか、ご存じですか?今回は、イチゴは野菜なのか果物なのか、詳しく調べてみました!おすすめの保存方法やレシピなども併せてご紹介します!

イチゴって野菜?果物?

甘酸っぱくておいしい春の味覚であるイチゴ。見た目もかわいくてみんな大好きですよね。そんなイチゴは果物なのか、野菜なのか、気にしたことはありますか?

樹になるりんごやオレンジは果物で、そうでないメロンやスイカは野菜に分類されることが多いかと思います。では、イチゴはどちらに分類されるのでしょうか?

今回はイチゴの分類とおすすめレシピ、保存方法を合わせてご紹介します。

イチゴは野菜であり、果物!

イチゴは野菜であり果物

農林水産省によるとイチゴは野菜に分類されるそうです。しかし、果実的な利用をすることから果物的野菜として扱われるとの記載もあります。野菜であり、果物でもあるということですね。

ですが、農林水産省が生産や出荷の統計をとる上では、イチゴは果樹として分類されるそうです。この「果樹」とは樹になる木本性などの永年作物のことを指すので、樹にならないイチゴは本来含まれません。それにもかかわらず統計をとる上では果樹なので、イチゴの分類がややこしいことはよくわかります。

メロンやスイカも同じ

イチゴの他に野菜に分類はされるけれど、果実的野菜として扱われるものにメロンやスイカがあります。共通点はやはり樹にならずに地面に張って育つところです。樹ではなく、草にできる実ということが野菜に分類されるポイントのようですね。

果物と野菜の違い

では、果物と野菜の違いは何なのでしょうか?明確な定義はあるのでしょうか?

農林水産省によると、定義はあるもののどれも確固たるものではないそうです。
一般的には次の4つの特性があるものが野菜とされています。

1.田畑に栽培されること
2.米やパンのような主食ではなく、副食物であること
3.形がわからなくなるような加工を前提としないこと
4.木ではなく、草であること

これらをすべて満たすものは野菜です。そうすると、やはりイチゴは野菜ですよね。結果として、生産者は野菜として育て、販売者は果物として売り、購入者も果物として買い、農林水産省は果樹として統計を取るという状況になっているようです。

イチゴはおかずになる?

では、みなさんは「野菜とはどのようなものですか?」と聞かれたら、何と説明しますか?消費者の一般的な感覚としては、野菜は食事になるけれど果物は食事になりにくいと考えるのが自然ではないでしょうか。

イチゴは分類的には野菜ですが、料理に使うとしても主にデザートですし、おかずというイメージはほとんどありませんよね。ですが、イチゴの味の特徴は甘酸っぱさだけなので、その風味をうまく使えばおかずにもなるかもしれませんよ。
▼もっと詳しく知りたい方は、こちら!

イチゴをおかずに!おすすめレシピ

果物の印象が強いけれど実は野菜であるイチゴを使ったおかずのレシピを紹介します。いつもの食べ方とは少し違う、イチゴの野菜としての新しい一面を楽しんでみてください!

イチゴとクリームチーズのオムレツ

ふわふわの卵の中にイチゴとクリームチーズが入ったおしゃれなメニューです。イチゴの酸味をクリームチーズがまろやかにするので、とても食べやすい仕上がりです。スパークリングワインやシャンパン、白ワインにも合うのでおつまみとしてもおすすめですよ。

作り方はとても簡単で、イチゴとクリームチーズを1センチ角に切って卵で包むだけです。ソースやケチャップは使わずに、イチゴの風味を楽しんで食べてください。イチゴがない場合はイチジクを入れるなどのアレンジもできます。

イチゴと生ハムのショートパスタ

イチゴを使った見た目にもかわいいパスタです。真っ赤なイチゴの盛り付けが鮮やかで、おもてなし料理にもぴったり。生ハムと粉チーズの塩味でお酒との相性も抜群なので、パーティ料理としてもおすすめです。

作り方のポイントはショートパスタを茹でた後に流水で洗い、荒熱を取るところです。こうすることで、イチゴや生ハムが熱くなることが防げます。冷製パスタではないので、冷やす必要がないのも簡単でいいですね。イチゴの甘酸っぱさをうまく活かしたレシピです。

イチゴと海老の中華風サラダ

イチゴにさわやかな中華風の味をつける斬新なレシピです。食べてみると、意外な相性の良さに驚くこと必至です。

ブラウンシュガーを入れることで甘味と風味を加え、さらにイチゴとトマトの酸味も抑えられています。葉物野菜が入っていないので、お子様にも食べやすいサラダです。イチゴの味だけでなく、エビのぷりぷりとした食感やきゅうりのしゃきしゃき感も楽しむことができます。

やっぱりデザートに!イチゴレシピ

そのまま食べてもおいしいイチゴですが、デザートに入れるとさらにおいしく食べられますよね。イチゴをよりおいしく食べられるデザートレシピも紹介します!

イチゴの香りのお花餅

桜餅の作り方をベースにした、お花のようなかわいい見た目のデザートです。生地にイチゴ果汁を混ぜて作る天然色素のピンク色がポイント。桜餅を作ろうと思ったのに桜の葉っぱがない、というときにも活用できるレシピですよ。
生地は白玉粉と薄力粉に砂糖とイチゴを混ぜ、ちょうどいい固さまで水を足してフライパンで焼くだけで作れます。イチゴを手でつぶしながら混ぜる作業は、小さなお子様にも簡単です。ホットプレートでも焼けるので、家族みんなで楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。

ホットケーキトライフル

おうちで作れるカフェメニューとしても人気のイチゴのトライフルです。ホットケーキとイチゴ、カスタードクリームがベースなので初心者さんでも簡単に作れますよ。
ホットケーキは蓋をして蒸し焼きにすると、しっとりふんわり仕上がります。お好みでバナナなどのフルーツを入れてもよいですね。すぐに作れるので、急な来客のお茶受けにもおすすめです。

フローズンヨーグルトムース

はちみつ入りのヨーグルトとイチゴのピューレが2層になったフローズンムースです。
コンビニなどで売っているカップ入りかき氷のサクレを入れることで、レモンの風味とシャリシャリ感が楽しめます。イチゴはピューレにするので、冷凍保存しておいたものや見た目が悪くなってしまったものを使うこともできます。
▼こんなデザートもおすすめ!

保存するなら野菜室

せっかく奮発して買ってきたイチゴ、わりと速く傷んでしまいますよね。パックのままだと下の方から身が崩れてきてしまった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。ここでは、イチゴの最適な保存方法をご紹介します。

常温保存

基本的にイチゴは常温保存には向いていません。お店から持って帰ってきたら、できるだけ早く冷蔵庫の野菜室へ入れてください。また、イチゴのパックは輸送に適したものであり保存には適していません。その日中に食べる場合でも、早めにパックから出してください。

冷蔵保存

イチゴは冷蔵庫の野菜室で1週間程度は保存できます。しかし、4日から5日程度で食べきらないと味は落ちてしまいます。

野菜室へ入れる前には、イチゴをパックから取り出し、浅めのタッパーや容器に移してください。底にキッチンペーパーを敷いて、ヘタを下にして重ならないように並べると痛みにくくなります。タッパーの蓋やラップを忘れずにして、空気に触れないようにしてから保存します。

なお、イチゴは水分がつくと傷みやすくなるので、洗わずに保存してください。もちろん食べる前には洗ってくださいね。また、ヘタを先に取るとそこから傷んでしまうので食べる直前に取るようにしましょう。

冷凍保存

イチゴは冷凍保存が可能です。冷凍すれば1か月から2か月は保存できます。傷んでしまう前に早めに冷凍保存しておいしさをキープしましょう。

冷凍する前にはイチゴを水で洗ってください。水分をよく拭き取って、ヘタも先に取ってしまいます。フリーザーバッグに入れて空気を軽く抜いてから、冷凍庫へ入れてください。
食べるときは、解凍せず半解凍のシャーベット状態でシャキシャキ感を楽しみましょう。完全に解凍してしまうと、食感が変わっておいしくありません。

ジャムやピューレ等に加工して使う場合は、解凍しても問題はないですよ。

イチゴは果物でもあり、野菜でもある

スーパーで買い物をしているときに「これは野菜だけどこれは果物」なんてあまり意識しないかと思いますが、考えてみると面白いですよね。

果物的な野菜とは逆に、野菜的な果物としてはアボカドがあります。イチゴ、メロン、スイカ、アボカドは野菜か果物かわかりにくものの代表的存在です。

一概には言えませんが、樹になっているのは果物、地面に張って育つのは野菜と覚えるのが一番簡単です。様々な農産物が買える今だからこそ、定義に縛られず野菜と果物の違いを自分なりに考えてみるもの楽しいですよ。
▼ こちらの記事もおすすめ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも

食卓に登場することも多いじゃがいも。みなさんは、じゃがいもの賞味期限を知っていますか?気がついたら芽がでていることも多いはず。冷凍はできる?食べないほうがよい状態は?賞味期限から保存方法まで、じゃがいもをおい…

レシピ

気づくとしなしなになってしまうキュウリ、キュウリは冷凍保存で長持ちさせられます。キュウリの上手な冷凍方法と保存期間についてご紹介。ちょっと多めに買った場合も、冷凍庫に入れてしまえば最後までおいしく食べられます…

アヒージョ レシピ まとめ

おうちバルやホムパで人気のアヒージョ。今回は、そんなアヒージョのおすすめレシピを10選ご紹介します。じゃがいもやミニトマト、マッシュルームなどをたっぷりと使った作り方に、エビやタコ、牡蠣などを使ったレシピまで…

ナス まとめ

食材の長期保存と言えば冷凍ですが、ナスも冷凍保存することができるのでしょうか?どんな方法がベスト?今回は、ナスを長持ちさせる冷凍保存の方法と保存期間、さらに冷凍ナスの活用レシピをご紹介します!ぜひお役立てくだ…

レシピ 中華 まとめ

中華料理の高級調味料「XO醬」。名前は知っているけれど、ご家庭では使ったことがないという方も多いのではないでしょうか!? そこで今回は、XO醬の使い方、XO醬を使った簡単レシピなど、すぐ使ってみたくなる情報を…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

レシピ

オリーブペンギンをご存じでしょうか。ワインやカクテルのお供として人気のオリーブで作ったペンギンで、あまりにリアルなビジュアルがかわいいと話題なんです。今回はオリーブペンギンの作り方や、オリーブペンギンのアイデ…

和菓子 羊羹

五穀屋さんの「発酵さしすせそ羊羹」はご存知ですか?ちょっと珍しい食材を使った羊羹で、コロンと丸い艶やかな見た目が「まるで宝石のよう!」とSNSで話題になっているみたいですよ。今回は気になる味わいから、購入方法…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る