ローディング中

Loading...

家にコンビーフの缶詰があっても、どんな食べ方をすればよいかわからない、という人も多いのでは?じつは、お肉版のツナ缶のようなイメージで案外使えるんです。コンビーフのおいしい食べ方やレシピをご紹介します。

コンビーフのおいしい食べ方

今日はお買い物に行かずに済ませたい!でも簡単に力のつく食材、何か無かったかな……実はこんな時に、コンビーフが大活躍することをご存じですか?

コンビーフといえば缶詰が一般的ですが、レトルトパックや、ソーセージ状に密閉されたものもあります。最近ではパック入りで、電子レンジで温められる便利な商品も発売されています。また、保存食品として誕生しているため、長期保存が可能なのも嬉しいですよね。

そのまま?和える?焼く?煮る?コンビーフなら、どの方法でもおいしく調理出来ちゃうのです。そこで今回は、コンビーフを使ったオススメのレシピをいくつかご紹介します。

コンビーフはそのまま食べられる?

コンビーフは牛肉で作られたツナ缶のようなイメージで、製法も基本的には似ています。そのため、ツナ缶と同じような食べ方が可能なのです。

では、缶を開けて、特に調理もせずそのままでも食べられるのでしょうか。実はそのままでもいけちゃうのです。缶詰でも有名なメーカーのホームページにも記載されており、製造過程で缶に密閉して、高温殺菌しているので問題ないとのことです。ただ、それぞれのメーカーにより異なりますので、パッケージの記載を必ず確認するようにしてください。

ちなみに昔のドラマで、主人公がコンビーフにかじりつき、牛乳を飲むというシーンがあったそうです。コンビーフの存在を初めて知ったのも、そのドラマがきっかけという人も多いことでしょう。当時はそんな豪快な食べ方が流行っていたそうです。

とはいえ、いくらなんでもそのままかぶりつくなんて……という方が多数派ですよね。そこで次は、そのままのコンビーフにちょい足しでアレンジする食べ方をご紹介いたします。

コンビーフにちょい足しする食べ方

マヨネーズをかける

ほんの少し手を加え、食べやすく、飽きのこない工夫をしましょう。

まず使うのは、冷蔵庫に必ずある、マヨネーズ!これは合わない理由はありませんよね。マヨネーズが加わることで、味がまろやかになり、ほぐして使っても食べやすくなります。七味唐辛子やドライパセリやバジルをかけると、ビールにもぴったりです。

クラッカーがあれば、ワインと一緒に頂くのも雰囲気が出てオシャレですよね。また忙しい朝には、サッとパンに挟んでサンドイッチするのも良いかもしれません。

お醤油をかける

次は、お醤油。こちらも必ずお持ちの調味料の一つですよね。ほぐしたコンビーフにサッとかけるだけでおつまみにもなります。さらにご飯にのせて、卵の黄身をオンすれば、立派などんぶりに大変身です。卵を加えることで、よりクリーミーな味わいになりオススメですよ。手間いらずで、栄養もしっかりとれるため、朝食にぴったりのレシピですよね。

案外ツナ缶のような感覚で、しかも家にある調味料でアレンジ出来ると分かり、さっそく試してみてくなった方も多いはず。でも、もう少し栄養バランスの面も気にしたいという方のために、野菜も摂れて、体に優しい、とても簡単なレシピを続けてご紹介します!

そのまま使う食べ方

コンビーフのポテトサラダ

まずは、ただ混ぜるだけのコンビーフの簡単ポテトサラダをご紹介します。

作り方は、茹でたじゃがいもをつぶし、コンビーフ、マヨネーズ、調味料を加えて味付けするだけ。トッピングにカリカリのオニオンフライをのせると良いアクセントにもなりますよ。食感に変化も出て、何より香ばしくて最高です。

また、最近流行りの作り置きにしたり、付け合わせにも使えたりと便利です。バケットにのせて食べるのも、パンと塩気が合ってオススメですよ。じゃがいもとの相性がぴったりな、コンビーフ。お肉の独特な風味が苦手な方でも大丈夫。じゃがいもやマヨネーズと一緒にすることで、まろやかになり、食べやすくなります。

・コンビーフのチーズトースト

続いては、昔ながらの商店街の喫茶店で出てきそうなメニューです。こんがりと焼いたトーストに、お醤油とマヨネーズで下味を付けたコンビーフ、チーズ、そしてお野菜をサンドしたら、コンビーフのチーズトーストの完成です。

トーストの食感と、程よい塩加減のコンビーフとチーズの口どけが絶妙です。忙しい朝でも、ボリューム満点で、しっかり栄養も取れますよね。彩りも良いので、お弁当にしても喜ばれますよ。

メインになるコンビーフの食べ方

コンビーフのパエリア

パエリアにコンビーフ?と驚きの方も多いかもしれませんが、意外にもコンビーフでおいしいパエリアが出来ちゃうのです。

ニンニクを効かせたオイルで炒めた野菜に、お米の代わりにショートパスタ、スープとコンビーフを加えて煮ます。仕上げにトマトをのせて、ふたをして蒸らすだけ。コンビーフの塩味と野菜の甘みが調和して、とてもおいしい仕上がりになります。

また、おうちにパエリア鍋があれば、リーズナブルなのに、食卓が華やぐ一品になりますよ。とても簡単なのに、パーティーにも出せて嬉しいですね。今回ご紹介のレシピは、ショートパスタを使ってますが、もちろんお米でもおいしくできます。パエリア鍋がなくても、フライパンで大丈夫。気軽に試してみましょう!

コンビーフのパスタ

次は、塩味を生かした、野菜たっぷり簡単パスタメニューです。

たっぷりのお湯でパスタを茹で、茹であがる直前に、キャベツも入れて一緒にざるに取ります。また別のフライパンで、ニンニクと唐辛子を効かせたオリーブオイルでコンビーフを炒めます。そして最後にパスタのゆで汁を加え、少し煮詰めたあと、パスタとキャベツを入れ和えれば完成です。

ペペロンチーノにコンビーフを加えるだけで、ちょっぴり豪華に仕上がります。どれも冷蔵庫にある食材でできてしまうのも、オススメのポイントです。キャベツの代わりに、ほうれん草、アスパラ、ブロッコリーも合いますし、春は菜の花。夏はなす、秋はきのこ、冬は白菜、と季節ごとにアレンジしても楽しいですね。

コンビーフの焼うどん

次は、ほぐれたコンビーフが麺と絡み合った絶品焼うどんです。和風でもコンビーフを味わえるのは驚きですね。

コンビーフ、コーン、うどんをフライパンひとつでサッと和えるだけ。仕上げにネギとのりをぱらりとふって、出来上がりです。味付けはお醤油とこしょうを少々、それだけで十分な一品なのです。またコーンとも相性がいいので、コーン缶を常備していれば、いつでもコンビーフとコーンを使っておかずが出来るのも、おいしいトリビアですよ!

焼いて食べる

じゃがいもとコンビーフのマヨグラタン

お次は、少し応用編となりますが、無水鍋「バーミキュラ」を使って作る、蒸し焼きグラタンです。じゃがいもを皮ごと蒸し、玉ねぎとほぐしたコンビーフ、マヨネーズを加え、さらに蒸します。仕上げに塩コショウとパセリを飾れば出来上がりです。

コンビーフの適度な油分がじゃがいもをしっとりと仕上げてくれます。普通のグラタンと違い、ホワイトソースを用意する手間がないので、時短にもなりますよね。

ちなみに無水鍋がない時は、オーブンでも出来るので安心してください。ただその場合、そのままだとパサつきやすいので、ホワイトソースをかけた方が良いかもしれません。とろけるチーズもあればよりコクのある味わいも楽しめますよ。

コンビーフと玉ねぎの卵とじ

お次は、ご飯が絶対欲しくなる一品です。コンビーフ、玉ねぎの順に炒め、玉ねぎが半透明になったら、溶き卵を回して半熟で火を止め、お醤油をひとまわしするだけ。お皿に盛って、仕上げにブラックペッパーとネギをふれば、出来上がりです!

卵がコンビーフの塩気をマイルドにし、玉ねぎの甘みも引き立つ一品です。ご飯を一緒に炒めて、チャーハンにするのもオススメです。

スキレットオニオン

カフェめしでお馴染みの「スキレット」を使って、簡単おしゃれな一品をご紹介します。スキレットで玉ねぎを炒め、四角く切ったコンビーフを崩さないように炒めます。仕上げにドライパセリとお好みのチーズをトッピングすれば出来上がり!

ワインとも相性抜群で、出来上がりスキレットのまま食卓へ並べれば、見かけもオシャレな一品になります。また、とろけるチーズとともに熱々のままでいただくのもおいしいですよ。

コンビーフの賞味期限

アレンジ次第で、和風でも洋風でもいける、優れもののコンビーフ。それだけにとどまらず、コンビーフをオススメするポイントが他にもあるのです。それは、賞味期限が非常に長いこと!

スーパーでよくみかける缶詰の製品でも3年間持ちます。余談ですが、これはもともと、航海用や軍事用の保存食品として生まれたものだからだそうです。そのため防災用品として備蓄するのも良いかもしれませんね。

ただし一度開封すると、すぐに悪くなってしまいます。缶詰は全てそうですが、別の容器に移し替え、冷蔵保存の上、なるべく早めに使い切りましょう。開けたらできるだけ空気に触れないように、ラップを密着させると良いです。

コンビーフを常備しておいしく食べよう

コンビーフを自宅に何となく置きっぱなしにしていて、あまり活用したことがないという人も多いはず。今回の記事を参考にしていただければ、未開封のままだった缶も開けてみたくなりましたよね。

忙しい日々が続くと、生のお肉では冷凍しても、使い切れず無駄にすることもあります。買い物する時間も惜しい時もあります。缶詰の安い日などにまとめ買いしておき、ストックするだけで安心。いつでも使えて、本当に便利ですよ。

そのままでも食べられる優れものですが、ご紹介したアレンジレシピをぜひ一度試して頂き、今後のおかずのレパートリーに追加してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さつまいも レシピ

今回はホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!好きな人も多い人気メニューですよね。おやつとしてもよいですし、おかずとしてもおすすめ。簡単な作り方、ホッコリ丁寧な味に仕上げる方法など…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ フルーツ おしゃれ まとめ グレープフルーツ

グレープフルーツはダイエット向きの料理に色々と使える優しいフルーツです。低カロリーで繊維とビタミンが含まれていて料理におしゃれなアクセントを添えてくれます。グレープフルーツを使ったフレッシュな味と香りの料理を…

レシピ まとめ パン サンドイッチ

カルボナーラといえばパスタ、はもう一昔前の常識になっているようです!今回はカルボナーラサンドのレシピをご紹介します。色目も美しく栄養も満点♩お子様も一緒に作ってみるのも楽しそうです!

レシピ コロッケ まとめ

油を使わずフライパンやトースターで作る低カロリーコロッケ「揚げないコロッケ」の人気レシピをご紹介します。今回は野菜をたくさん使ったレシピを集めてみました。テレビ番組で特集され注目を集めている「スコップコロッケ…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

新宿 新宿三丁目 インドカレー

新宿でカレーといえば中村屋が有名ですが、おいしいインドカレーを食べられるお店がたくさんあります。スパイス香るカレーと一緒に熱々ナンをほおばれば、お腹も満足なひと品に。さらにスパイシー料理はアルコールとも合うた…

レシピ エスニック まとめ

アジアの麺「ビーフン」はうるち米から作られたもっちり食感のクセのない味が人気です。焼きビーフンは定番ですが、さっぱり系のサラダにも使えますよ。ナンプラーやパクチーを入れると、おうちでアジアンテイストの料理が簡…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る